パンダイエットの方法まとめ!おすすめの種類と太りにくい食べ方を紹介

パンダイエットのおすすめの方法や太りにくい食べ方についてまとめました。パンでダイエットをするためには太りにくいパンの種類やおすすめの食べ方を取り入れていく方法が大切です。おすすめのパンの種類や太りにくい食べ方でパンダイエットの方法を活用しましょう!

パンダイエットの方法まとめ!おすすめの種類と太りにくい食べ方を紹介

目次

  1. パンでダイエットができる太りにくいおすすめの食べ方を知りたい!
  2. パンがダイエットに向かないイメージがあるのはなぜ?
  3. ダイエット中は太りにくいパンの食べ方取り入れることが大切
  4. ダイエットに最適!太りにくいおすすめのパンの種類は?
  5. こんな種類のパンもダイエット中におすすめ
  6. 簡単なクラウドブレッドがダイエットにおすすめ
  7. クラウドブレッドの簡単レシピは?
  8. ダイエットに最適!コンビニで買える低糖質なパン
  9. ダイエット中は避けておきたいパンの種類は?
  10. 食べ過ぎないことがパンをダイエット中に食べるときに大切
  11. ダイエット中におすすめしたいパンの食べ方
  12. 栄養バランスを考えてダイエット中にパンを食べる方法
  13. ヘルシーなサンドイッチにしてダイエット中にパンを楽しもう
  14. ダイエットを進めるには有酸素運動を取り入れる方法が最適
  15. おすすめの種類や太りにくい食べ方でパンを楽しもう

パンでダイエットができる太りにくいおすすめの食べ方を知りたい!

ダイエット中はパンを避けがち

ダイエット中はカロリーや糖質をおさえるためにパンを食べるのを避けることがよくありますよね。パンを食べると太るというイメージがあることからダイエット中は食べるのをやめている方も多いのではないでしょうか。けれどもパンが好きな人の場合、パンを我慢することによってダイエットのストレスがたまり、結局は暴飲暴食の原因になってしまいます。

ダイエット中だったとしても太りにくい食べ方やパンの種類を工夫することによって安心して食べることができるようになります。ダイエット中にどうしてもパンが食べたい!ということになったらそういった工夫を加えながらパンを食べてダイエットをしてみてはいかがですか。ダイエット中でも安心な太りにくいパンの食べ方をチェックしていきましょう。

おすすめの方法でパンダイエットを実践しよう

「太りにくいパンの種類ってどんなもの?」「ダイエット中もおすすめのパンの食べ方を知りたい!」という場合に役立つダイエット中のパンの食べ方についてまとめました。パンの食べ方をチェックしておけば、ダイエット中でも美味しくいただくことができます。ヘルシーで美味しいパンの食べ方を取り入れて、ダイエット中も満足感のある食事を楽しみましょう。

Thumb冬のダイエットは痩せやすい!おすすめの方法や運動・食事のコツとは?

パンがダイエットに向かないイメージがあるのはなぜ?

砂糖やバターなどが含まれている

それでは、まずはなぜパンがダイエットに向いていないのかをチェックしていきましょう。パンがダイエットに向いていない理由としてまずあげられるのがパンにはバターや卵がたくさん含まれている種類が意外と多いということです。見た目ではわからないかもしれませんが、バターや卵がたくさん使われていることでカロリーがアップし、太る原因となるのが問題。

腹持ちが悪く食べ過ぎてしまう

パンはご飯と比べると腹持ちが悪い主食と言われています。なので、パンを少量食べても満足ができずに結局はたくさんのパンを食べてしまうことに。そうなるとダイエットをしていてもパンのおかげでカロリー過多になり結局は太る原因になってしまいます。

このようにパンがダイエットに向いていないと言われる理由はいろいろあります。それでは、どうしたらヘルシーにパンを食べることができるようになるのでしょうか。

ダイエット中は太りにくいパンの食べ方取り入れることが大切

ダイエット中でも太らない食べ方なら大丈夫

ダイエット中であったとしてもパンが食べたい!という気持ちになることがよくありますよね。そういった場合は太りにくい食べ方を取り入れていくことが大切になります。パンがダイエットの妨げになる原因はいろいろありますが、その原因を排除していくことによって太りにくい食べ方を取り入れることができるようになるのでぜひ活用していきましょう。

パンが好きなのになかなか食べられないとストレスが溜まってしまいますよね。ヘルシーな食べ方さえチェックしておけばそういったストレスもなくして美味しくパンを食べることができるようになります。太る原因になるパンの食べ方や種類を避けながらダイエット中も美味しくパンを食べていきましょう!

種類や食べ方を工夫して美味しくパンを食べよう

太りにくい食べ方を実践するためにはポイントをおさえていくことが大切になります。ちょっとしたポイントをおさえることによってダイエット中でも安心してパンを食べることができるようになるので、ぜひ取り入れていきたいですね。太りにくいパンの種類やおすすめの食べ方をチェックしながら、健康的なパンの食事を楽しんでいきましょう!

ダイエットに最適!太りにくいおすすめのパンの種類は?

全粒粉やライ麦などを使ったパン

それでは、まずはダイエットにおすすめのパンの種類を見ていきましょう。ダイエットに最適なパンの種類としてあげられるのが全粒粉やライ麦を使ったパンです。パンが太る原因になる要因の1つは血糖値の急激な上昇が挙げられるのがポイント。普通の小麦粉を使ったパンの場合は血糖値が上がりやすく、脂肪を溜め込みやすい状態になってしまいます。

一方で全粒粉やライ麦といったものを原料として使っているパンは血糖値が上がりにくいのでダイエット向き。なるべく血糖値を上げずにパンを楽しみたいときにおすすめです。

ベーグルやバゲットもおすすめ

そのほかには卵やバターを使っていないパンの種類を選ぶことも大切になります。シンプルな材料で作られているパンとしてあげられるのがベーグルやバゲットといったパンの種類。これらのパンの種類はバターや卵を使用していないので、ヘルシーにいただくことができます。これにプラスして全粒粉やライ麦で作られているバゲットやベーグルだとさらにダイエット向き。

こんな種類のパンもダイエット中におすすめ

ふすまパン

続いてダイエット中におすすめしたいパンの種類がふすまパンになります。ふすまは、低糖質でビタミン&ミネラルが豊富な便利な食材。これをパンの原料として使うことで血糖値を上げにくい状態でパンを楽しむことができるようになります。食物繊維が豊富で便秘解消につなげられるのも嬉しいポイント。栄養豊富なふすまパンもぜひダイエットに活用してみてくださいね。

おからや豆腐を使ったパン

ほかには、おからや豆腐を使ったパンもおすすめ。おからには豊富な食物繊維が含まれるのに加えてタンパク質もたくさん含まれているのが嬉しいポイントです。おからを使うことで糖質やカロリーをおさえることができ、ヘルシーにパンを楽しめるのが魅力。

豆腐を使ったパンもおすすめです。豆腐を入れることで食物繊維やタンパク質がプラスされ、もちもちとした食感も楽しめるのが特徴。このようにパンの種類によってはダイエット中に食べても大丈夫なものが多くあるので、ダイエット中にパンが食べたくなったら取り入れてみてくださいね。

簡単なクラウドブレッドがダイエットにおすすめ

小麦粉を使わないクラウドブレッドが話題

「低糖質なパンをダイエット中に取り入れたい!」という場合におすすめなのがクラウドブレッド。クラウドブレッドは卵やクリームチーズなどを使い、小麦粉は使わないのでヘルシーにパンを楽しむことができると評判になっているレシピです。小麦粉を使わないのにふかふかとしたパンのような味わいを楽しむことができ、ダイエット中に取り入れるのに最適。

発酵不要の方法で作れる

パンを作るとなると発酵時間が必要となってきますが、クラウドブレッドの場合は発酵するのは不要です。発酵をしなくても良いのですぐに作ることができ、忙しい朝の時間帯でも気軽に作れるのが嬉しいポイント。「ダイエット中だけれども食べ応えのあるものを簡単に作りたいな」という場合にクラウドブレッドを作ってみてはいかがですか。

クラウドブレッドの簡単レシピは?

クラウドブレッドに必要な材料

それでは、クラウドブレッドに必要な材料をチェックしていきましょう。クラウドブレッドに必要となるのがクリームチーズ45g、卵3個、ベーキングパウダー小さじ1/4、お好みの甘味料大さじ2になります。甘味料の量は好みに合わせて調整していきましょう。メープルシロップやはちみつなど栄養も豊富な甘味料を使うのもおすすめです。

気軽に作れるレシピ

まずは、卵黄と卵白を分けましょう。卵黄は室温で柔らかくしたクリームチーズと混ぜ合わせます。なめらかな状態になったらベーキングパウダーも混ぜてください。卵白はしっかりと泡立ててメレンゲを作ります。ツノがピンっとたつくらいまで泡立ててから卵黄の入ったボウルにうつしましょう。

ヘラなどでさっくりと混ぜたらオーブンシートをしいた鉄板の上に生地をのせます。お好みの大きさに生地をのせたら160℃で予熱したオーブンで20分ほど焼いたら完成。そのまま食べても良いですし、お好みの具材を挟んでサンドイッチ風にするのもおすすめです。ハーブやチーズを混ぜて風味づけをするのも美味しいので試してみてくださいね。

ダイエットに最適!コンビニで買える低糖質なパン

気軽に買えるブランパンが便利

「もっと気軽にヘルシーなパンを食べたい!」という場合に役立つのがコンビニで購入することができるブランパンです。ブランパンは低糖質でカロリーも低いことからダイエットにぴったり。ふんわりとした食感で味も美味しく、ダイエット中にパンが食べたいときに役立ちます。気軽に美味しいパンを食べたいときに活用してみてはいかがですか。

ビタミンやミネラルも豊富

パンに含まれているブランはビタミンやミネラルなどの栄養も豊富なのが嬉しいポイント。そのまま食べるだけでなく、半分にカットしてから具材を挟めば簡単なサンドイッチにすることもできます。野菜やハムなどお好みの具材をはさんでブランパンのサンドイッチを楽しんでみてはいかがですか?いろいろな工夫をすればダイエット中でも安心してパンが楽しめそうですね。

ダイエット中は避けておきたいパンの種類は?

クロワッサンやデニッシュ

それでは、逆にダイエット中は避けておきたいパンの種類をチェックしていきましょう。ダイエット中に避けておきたいパンとしてあげられるのがバターがたくさん練りこまれたクロワッサンやデニッシュといったパンになります。これらのパンはカロリーが高いのに加えて腹持ちもあまりよくないのでダイエットには不向き。なるべく避けるようにしましょう。

菓子パンや惣菜パン

続いて避けておきたいのが菓子パンや惣菜パンといった種類のパンになります。これらにもバターや卵がたくさん使われている可能性が高くなるので気をつけましょう。また、惣菜パンの場合はコロッケや焼きそばといった高カロリーな食材をはさんでいることもあるので必然的に糖質やカロリーが高くなってしまいます。こういったところに気をつけてパンを食べてくださいね。

食べ過ぎないことがパンをダイエット中に食べるときに大切

どんなにヘルシーなパンでも食べ過ぎると太る

気をつけておきたいポイントとしてあげられるのが、食べ過ぎないこと。いくらヘルシーなパンだったとしても食べ過ぎるとカロリーや糖質のとりすぎになりダイエットの妨げになってしまいます。食べ過ぎないように意識して主食として食べることによってダイエットに役立てられるので気をつけてくださいね。

適量を決めて食べる方法がおすすめ

パンに含まれているカロリーや糖質をチェックして、1日に食べるパンの分量を決めておくのがおすすめ。最初から分量を決めておけば食べ過ぎの予防になります。食べ過ぎないように意識しながらバランスをとってパンを食べてみてくださいね。

Thumbレコーディングダイエットで減量!効果的な正しい記録の方法とは?

ダイエット中におすすめしたいパンの食べ方

野菜スープや野菜サラダなどを先に食べる方法がおすすめ

ダイエット中にパンを食べる場合は食べ方に気をつけていく必要があります。まず気をつけておきたいのが空腹時にいきなりパンを食べないということ。血糖値の上がりにくい種類のパンだったとしても、空腹時に食べるとやはり血糖値は上がってしまいます。

そうならないようにおすすめなのが最初に野菜スープや野菜サラダを食べる方法。最初に血糖値が上がりにくい野菜スープや野菜サラダを食べることによって緩やかに血糖値を上げられるようになります。そういったことを意識してパンを食べてみてくださいね。

しっかりとよく噛む方法が効果的

食べ過ぎを防ぐためにしっかりとよく噛んで食べることも大切になります。よく噛むことによって満腹中枢が刺激されて少量のパンでも満足感を得られるのがポイント。早食いはお腹にたまらず、満腹感も得られにくくなってしまうので気をつけてくださいね。全粒粉やライ麦パンといったパンの種類なら噛みごたえがあるので自然と満腹感を得られやすくなります。

栄養バランスを考えてダイエット中にパンを食べる方法

ダイエット中は栄養を整える方法も大切

ダイエットにおいて栄養バランスを整えることはとても大切なポイントになります。栄養に偏りがあると肌荒れや便秘などを引き起こしてしまう可能性があり、せっかくダイエットをしても理想的な状態になれなくなってしまうので気をつけましょう。

タンパク質や野菜類を一緒にとろう

パンの他に野菜やタンパク質といった栄養をバランスよく取り入れることで健康的にダイエットができるようになります。パンを主食とし、バランスのとれたおかずを取り入れていきましょう。ヘルシーな食材を活用すれば美味しくダイエットをすることができます。

Thumbおかずサラダの人気レシピ!カフェ風ヘルシー料理はダイエットに最適

ヘルシーなサンドイッチにしてダイエット中にパンを楽しもう

野菜やタンパク質を使ったヘルシーサンドイッチが人気

ヘルシーなパンを使ってサンドイッチを作るのもおすすめ。野菜やタンパク質を使ったサンドイッチであればボリュームがありながらも栄養をしっかりととることができるようになります。タンパク質は低脂肪なササミや鶏胸肉を活用していきましょう。

SNS映えもばっちり

野菜をたくさん入れたサンドイッチは見た目もきれいでSNS映えもばっちり。ダイエットのモチベーションを上げるためにおしゃれな食卓の写真を撮影して楽しんでみるのも良いかもしれないですね。いろいろな食材を加えながら、ヘルシーで美味しいサンドイッチを作っていきましょう。

ダイエットを進めるには有酸素運動を取り入れる方法が最適

パンの食事に気をつけるだけでなく運動もすると太りにくい

効率的にダイエットをするためには体を動かすことも重要になります。運動をすることによって太りにくい体を手に入れられるので、ぜひ意識しておきたいですね。

ウォーキングや水泳などを取り入れよう

基本的にはウォーキングや水泳といった有酸素運動がおすすめです。また、体を引き締めるために筋トレを行うのも良いですね。運動を効果的に併用していけば理想の体型に近づきやすくなるので意識しながら運動をしていくようにしましょう!

Thumb自転車で痩せるこぎ方とコツ!ダイエットに効果的な時間や消費カロリーは?

おすすめの種類や太りにくい食べ方でパンを楽しもう

ダイエット中でもパンが食べたい場合はどういった種類のパンであれば安心して食べられるのかチェックしていく必要があります。全粒粉やライ麦粉といった種類のパンを取り入れていけば栄養もとれるのに加えて、血糖値の上昇をおさえながら美味しくパンをいただけるのが嬉しいポイント。食べ方にも工夫をして、ダイエット中もパンを楽しんでみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧