運動会のテントでおすすめは?種類・サイズや人気のワンタッチを紹介

運動会でテントを使用するのは当たり前の時代、一体どんなテントが人気なのか気になるところ。運動会で使うテントを選ぶポイントや仕様など、理解を深めると同時に、使用シーンをイメージしてぴったりのテントを見つけましょう。一つ持っていると大活躍間違いなしです。

運動会のテントでおすすめは?種類・サイズや人気のワンタッチを紹介

目次

  1. 運動会にテントを張るのは当たり前に
  2. 運動会向けテントはワンタッチ式が人気
  3. 運動会におすすめのワンタッチテントは設営方法で選ぼう
  4. 運動会でテントに入る人数で選ぼう
  5. 運動会でも活躍できるテントの仕様で選ぼう
  6. 運動会のテントは定番のブランドで選ぼう
  7. 運動会のテントは柄で選ぼう
  8. 運動会におすすめのワンタッチテント
  9. 運動会ではワンタッチタープテントも人気
  10. 運動会で使用できるワンタッチタープテントはサイズで選ぼう
  11. 運動会で使用するワンタッチタープテントは重量もチェック
  12. 運動会で使えるワンタッチタープテントは素材で選ぼう
  13. 運動会で使用するワンタッチタープテントは屋根の素材で選ぼう
  14. 運動会におすすめのワンタッチタープテント
  15. 運動会ではテントを活用しよう

運動会にテントを張るのは当たり前に

近年の運動会では、テントを張っている風景は当たり前の光景になってきました。家族でテントを張って場所を確保し、その木陰で家族で昼食ということはよく見かけます。少子化や気温上昇による熱中症対策などが原因と考えられます。日中、強い日差しの中に昼食を置いておくことは食中毒になる危険もあるため、今やテントが必需品となっているのでしょう。

運動会の最中、強い日差しを避けられたり、小雨が降ってきたときにも非難できるといったメリットも、テントが広まった理由のひとつと言えるでしょう。今や、運動会でレジャーシートだけを敷いている家族のほうが少なく、テント、テーブル、折りたたみ椅子など、まるでピクニックやアウトドアのような光景に様変わりしています。

一言でテントと言っても、様々なブランドから販売されていることもあり、種類や仕様など、幅広いアイテムがあります。どんな仕様が人気なのか、運動会では何人で使用するのか、持ち運ぶ距離はどれくらいあるのか、など、重視すべきポイントはいくつかあります。運動会での使用シーンを想定して、チェックすべきポイントを知っておくことが大切です。

運動会向けテントはワンタッチ式が人気

運動会で見かけるテントの中でダントツに人気のタイプはワンタッチ式。専用の収納袋から取り出したら、ポーンと放り投げるだけで、テントの形に広がる手軽さが人気の理由といえるでしょう。また、価格もお手頃な点も魅力のひとつです。収納時はコンパクトになり、専用袋には手提げも付いているものが多く、持ち運びに便利な点も運動会用のテントとして選ばれる理由の一つ。

駐車場からの持ち運びを考えると、軽量であることも運動会に使いたいテントの条件といえるでしょう。ワンタッチ式のテントは1kg~2kgのものが多く、お弁当やテーブル、椅子などを一緒に運ぶような運動会にはおすすめです。ネット部分の面があるものが多く、日差しや風通しといった点でも心配することはありません。

女性一人でも設営から撤去まで十分に行えるテントということもあり、運動会でも人気のテントのタイプになります。地面に接している部分はテントのシートだけでは薄いものも多く、レジャーシートを重ねて使用するのがおすすめ。運動会で家族で使用するのであれば、十分な広さのものが選べます。

運動会におすすめのワンタッチテントは設営方法で選ぼう

ワンタッチテントには大きく分けて2種類あります。収納袋から取り出すだけでポンッと自動的に立ち上がるタイプ(ポップアップテントとも呼ばれています)と、傘のように開いて設営するタイプがあります。傘のように開くタイプは、屋根部分のパーツを上に引っ張るだけの簡単設計のものが多く、初心者や女性の方でも手軽にテントを設営することができます。

傘で開くタイプは、ポップアップタイプのテントよりも強度や居住性がよりしっかりとしているタイプになります。ポップアップタイプでも、傘のように開くタイプにしても、ワンタッチでテントの設営ができる点は同じです。設営の手間が大幅に簡略化できるので、運動会のような速やかに場所取りをしたい時などにはとても便利です。

運動会でテントに入る人数で選ぼう

ワンタッチテントを選ぶ時には、使用人数から選ぶ方法があります。運動会となれば、家族だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんなども参加することも多いでしょう。その場合、あまり小さいテントにしてしまうと、誰かは強い日差しのもとでお弁当を食べたりすることになってしまう可能性もあります。

ワンタッチテントは1人用から6人用くらいまであります。それによって、テントのサイズは変わってきます。運動会をより快適に楽しく過ごすために、使用人数からテントの大きさを選ぶといいでしょう。その際、運動会を行う場所や運動会の規模などを考慮し、購入したテントサイズが設営できるのかも考えておくといいでしょう。

運動会でも活躍できるテントの仕様で選ぼう

ワンタッチテントはフルクローズのタイプと、オープンタイプがあります。運動会でおすすめのタイプはオープンタイプ。子供の出番になったらすぐに席を立って応援できるメリットがあります。また、運動会の演目を、日陰で休みながら眺めることもできます。運動会で見かける人気のタイプといえます。

運動会はもちろん、ピクニックや海水浴など、様々なシーンでの活用を考えている方には、使用するシーンを想定してフルクローズもおすすめ。海水浴などで、着替えのスペースとしてテントの使用を考えるのであれば、フルクローズが便利です。他にもUVカット加工の有無や、雨から荷物を守ってくれるのかといった耐水圧などもチェックしてみましょう。

運動会のテントは定番のブランドで選ぼう

ワンタッチテントは様々なブランドから販売されています。商品がたくさんありすぎて決められないという方は、アウトドアブランドのワンタッチテントに決める方法もおすすめです。定番のアウトドアブランドであれば、品質は高いのに、お手頃価格で購入できるというメリットがあります。初心者の方でも安心して使える魅力もありますね。

アウトドアブランドの中でもおすすめなものが、「コールマン」。他にも「ロゴス」や「ドッペルギャンガー」「ケシュア」なども人気です。運動会でも使える折りたたみ椅子やレジャーシートを購入したことがある方なら、見たことがあるブランドばかり。運動会でも使っている人が多いので、多くの人が選んでいるという視点からも安心感がありますね。

運動会のテントは柄で選ぼう

運動会でテント使用が当たり前になっている昨今、運動会の観覧席はテントだらけ、なんてことも。そんなとき、自分のテントの場所がすぐに見付かるようにするためにも、個性的な柄のテントで目立つようにする方法もあります。ボーダー柄やチェック柄、木の葉柄やカモフラなど、様々なデザインが販売されています。

運動会はもちろん、ピクニックや海水浴などで使用するためにワンタッチテントの購入を考えるのであれば、使用頻度からしても、柄やカラーで冒険してみることもいいでしょう。お気に入りの柄や、気持ちが盛り上がるようなデザインのテントにすれば、使うのも楽しみになること間違いなし。折りたたみ椅子やレジャーシートとコーディネイトを楽しんでみてもいいでしょう。

運動会におすすめのワンタッチテント

フィールドドアのワンタッチテント

アウトドアブランドならではの高スペックでとても人気のブランドになります。気軽に使えるワンタッチテントでも、高いUV遮断率や高耐水圧が人気の理由といえるでしょう。サイズも大人が余裕で寝転がることができるサイズから、家族4人程度で使えるサイズまで幅広く展開しています。

キャンパーズコレクションはデザインが豊富

インスタグラムでもよく見かけるキャンパーズコレクションのワンタッチテント。柄の種類が豊富な点が人気の理由といえるでしょう。フルクローズできるタイプや、幅広いサイズ展開など、使用目的に合わせたワンタッチテントが見付かります。一度チェックしてみましょう。

運動会ではワンタッチタープテントも人気

ワンタッチタープとはその名の通り、簡単に設営できるタイプのタープになります。基本的な組み立て方は3ステップ。フレームの支柱を広げ、屋根部分の生地(フライと呼ばれます)をかぶせ、支柱の脚を伸ばすだけ。女性一人でも慣れてしまえば、簡単に設営できてしまう点が魅力といえます。

ワンタッチタープは、自立式タープや、キャノピーとも呼ばれています。ワンタッチタープの中には、突然の雨風にも対応できるよう、サイドパネルやフラップなどのパーツをオプションで組み合わせることも可能なものも。手軽さだけでなく、ある程度のスペックを求めるのであれば、より快適に過ごせるオプションを組み合わせるといいでしょう。

専用の収納袋が付いているタイプのものも多くありますが、持ち運びにはアウトドアワゴンなどがあると便利です。運動会では、テントだけでなく、お弁当があったり、タープテントを使用する人には折りたたみ椅子を合わせて使用する人も多いので、荷物が多くなり運搬が大変になってしまう可能性もあります。

運動会で使用できるワンタッチタープテントはサイズで選ぼう

ワンタッチタープにも様々なサイズがあります。一般的によく出回っているサイズは、200cm~300cm四方と言われています。使い勝手がいいということにもなるので、念頭に入れておくといいでしょう。

ワンタッチタープのサイズが変われば、テントの中で快適に過ごせる人数も変わってきます。目安として、200cm×200cmが3~4人用、250cm×250cmが4~5人用、300cm×300cmが5~6人用となっています。

運動会のように、家族だけでなく、親戚も参加するようなイベントの場合、せっかくの日除けのためのテントに入りきれない、なんてことにならないためにも、使用人数をしっかりと確認しておきましょう。そして、テーブルや椅子を置いて使用することも合わせて確認することも大切です。

運動会で使用するワンタッチタープテントは重量もチェック

ワンタッチタープを選ぶ時に確認しておきたいこととして、重量が挙げられます。運動会などのように、車を横付けできないような場合、車からの運搬がラクに行えるかどうかが変わってきます。ワンタッチタープは組み立てが簡単に行える反面、ポールやフレーム、物によっては屋根部分の布までが一体化になっているものがあり、弱点は重量ともいえます。

また、収納時にかさばる点も念頭に入れておきましょう。そのため、長時間の持ち運びなどには不向きともいえます。家庭にアウトドアワゴンなどが揃っている場合は、重量やかさばる点なども解決できますが、そうでない場合には、実際に持ってみたり、少し歩いてみたりして確認することをおすすめします。

運動会で使えるワンタッチタープテントは素材で選ぼう

ワンタッチタープの素材としてはアルミとスチールの2つがあります。それぞれのメリット、デメリットを理解した上で選ぶ時の参考にしましょう。アルミ製の一番のメリットは軽いという点。運動会での持ち運びでの便利さなどを一番に考慮したい方にはアルミ製のワンタッチタープがおすすめです。その反面、設置したときの安定感や強度は少し低めということも理解しておきましょう。

スチール製のメリットはアルミ製とは反対に、安定感や強度があります。その反面、重量があるというデメリットも。運動会を中心に使用シーンなどを考えて、どちらが最適なのかを判断するといいでしょう。運動会だけでなく、キャンプなどのアウトドアシーンでも使用を考えている方には、スチール製のワンタッチタープテントがおすすめです。

運動会で使用するワンタッチタープテントは屋根の素材で選ぼう

ワンタッチタープテントを見る時には、屋根部分の布地の厚さも確認することをおすすめします。格安のワンタッチタープは、屋根部分の布がとても薄いものが多く、運動会の日除けの為のテントのはずが日差しを十分にカットされない可能性もあります。UVカット加工されているのか、日差しが十分にカットされる厚みがあるのか、確認しましょう。

また、薄い布地の場合、運動会での突然の雨にも対応できない可能性もあります。雨が染みこんでしまって、雨よけにもならない、なんてことにならないよう、しっかりと仕様を確認することをおすすめします。テントとしての役割をきちんと果たせるものを選ぶためにも、細かい部分にも注意を払ってチェックするようにしましょう。

運動会におすすめのワンタッチタープテント

コールマンは王道の人気ブランド

アウトドアブランドで人気の高いコールマンは運動会にぴったりのワンタッチタープでも人気です。折りたたみ椅子やテーブル、レジャーシートなど、運動会で使用する小物類ともコーディネートしやすく、また、飽きのこない定番カラーが人気の理由といえるでしょう。

キャプテンスタッグは幅広い商品から選べる

コールマン同様、アウトドアブランドで人気のキャプテンスタッグ。ワンタッチタープの広さを左右するサイズが豊富に揃っています。大きめのサイズを選んでも、女性でラクに運ぶことができるなど、高スペックが人気の理由といえるでしょう。

Thumb簡単ワンタッチタープおすすめ15選!キャンプで使える選び方やコツは?

運動会ではテントを活用しよう

近年ではアウトドアやキャンプの人気の影響もあり、テントやアウトドアワゴンなどを日常に取り入れてより快適にする人が増えています。運動会が顕著な例ともいえるでしょう。運動会での熱中症や食中毒といった可能性を軽減するためにも、テントを利用して、上手に日陰を作り、体や食事を守る人が増えています。

運動会の様子は、まるで野外フェスのように、テントが立ち並ぶ状況。それが今では当たり前のような光景にもなりつつあります。持ち運びや設営の簡単さから人気となっているテントを上手に活用して、我が子の頑張りを見学しましょう。運動会でのテントの使用などを禁止している学校などもあるので、きちんと確認してから購入を検討することをおすすめします。

運動会でテントを使用する時は、開催場所で設営可能かどうかの確認ももちろん必要ですが、周りの方への配慮も忘れないようにしましょう。観覧席の後ろの方で設営する、通り道をふさぐような場所に設営しない、などの点に注意して、みんなが気持ちよく運動会の応援ができるように心がけ、楽しく快適な運動会にしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧