子供のダイエット方法は?運動や食事で肥満を改善!効率が良いやり方も!

食生活の欧米化により、子供の肥満が増加傾向にあります。子供の肥満は、大人になってから生活習慣病などにかかってしまう可能性があります。そこで今回は、運動や食事などによる子供のダイエット方法についてご紹介します。ダイエットを行ってお子さんの健康を見届けましょう。

子供のダイエット方法は?運動や食事で肥満を改善!効率が良いやり方も!

目次

  1. 子供の健康診断で肥満という結果に…
  2. 子供の平均体重はどれくらい?
  3. 子供が運動不足になってしまう原因は?
  4. 子供が肥満になる食生活はどんなこと?
  5. 子供のダイエット方法をご紹介!
  6. 運動をするなら楽しく続けられるものを選ぶ
  7. 食事制限はせずにカロリーを調整する
  8. 家事の手伝いをさせて体を動かす
  9. お菓子を食べる回数などルールを決める
  10. 家族で会話しながらゆっくり食事をする
  11. 好き嫌いせずバランス良く食べる
  12. 子供がダイエットを継続するコツ
  13. 子供の肥満を改善できるダイエットレシピ
  14. 料理の味付けを薄くするコツ
  15. 子供のうちに肥満体質を改善させましょう!

子供の健康診断で肥満という結果に…

子供が学校で健康診断を受けて「肥満」と診断されてしまったら親としても心配になってしまいますよね。大人になってからの肥満は、不健康でもあるため運動や食事などに気を付けて改善していかなければいけません。子供は成長期でもあるため、たくさんご飯を食べさせたいという親御さんもいらっしゃるでしょう。

でも、大人と同じように子供の肥満も早いうちに改善しなければいけません。なぜならば、大人になてから生活習慣病になってしまったり、肥満体質になってしまったりと健康被害に影響を及ぼす可能性があるからです。子供のうちに健康的な生活をするのがとても大切になってきます。肥満と診断されたのであれば、この機会に子供のダイエットを決行しましょう!

子供の平均体重はどれくらい?

まずは、子供の平均体重がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。身長によっても体重の差は変わってきますが、平均体重を見て、子供がどれくらいの肥満なのかを数字を見て知ることが大切です。

男の子の平均体重

5歳は18.9kg、6歳は21.3kg、7歳は23.9kg、8歳は26.9kg、9歳は30.4kg、10歳は34.0kg、11歳は38.2kg、12歳は43.9kg、13歳は48.8kg、14歳は53.9kg、15歳は59.0kgとなっています。

女の子の平均体重

5歳は18.5kg、6歳は20.8kg、7歳は23.4kg、8歳は26.4kg、9歳は29.7kg、10歳は33.9kg、11歳は38.8kg、12歳は43.6kg、13歳は47.3kg、14歳は49.9kg、15歳は51.5kgとなっています。

子供が運動不足になってしまう原因は?

ゲームをする

現代の子供が運動不足になってしまう原因の一つに、ゲームをする時間が増えたということが挙げあれます。ゲーム機などがなかった時代は、子供の遊びと言えば外でかけっこをしたり、球技などをして体を動かす遊びをしていました。楽しみながら自然と体を動かしているので肥満体質の子供も少なかったのです。

ゲームが普及してから、子供達の遊びの中心がゲームとなってしまい、その分じっと座ったままの状態が多くなり、運動する機会が減ってしまったのです。

テレビを観る

ゲームなどと同じように、テレビも子供向けのアニメなどが増えたことによってテレビの前にかじりつく子供も多くなりました。大人であれば、テレビを観ながらストレッチなどをしてながら運動をすることができますが、テレビに夢中になっている子供は運動やダイエットのことなど考える余裕がありません。

遊ぶ場所が少ない

近年では、ビルやマンションなど様々な建物が建てられ、子供の遊び場でもある公園や広場が少なくなっています。一昔前は、公園に子供達が集まってにぎやかに遊んでいる光景を目にすることが多くありましたが、最近ではあまり公園自体を見ることが少なくなってきました。遊ぶ場所がないことによって子供が運動する機会も減ってきているのです。

歩く機会が少ない

交通が便利になった現代では、子供だけでなく大人も歩く機会が少なくなってしまいました。運動を心掛けなくても、自然と歩くことが運動やダイエットになっているのですが、歩く機会がないとそれだけ体を動かす機会もなくなってしまいます。

親が子供を外に出さない

外は車などが多く走っているので危険なため、子供を外出させない親御さんも多くいらっしゃいます。家の外が安全な場所であれば一人でも安心して外出させられますが、大きな道路や川沿いなどあると心配で外出をさせたくありませんよね。家にいることが多くなった子供達が増えたことによって、肥満の子供も増加傾向にあるのです。

Thumb運動不足を解消しよう!怖い症状・体への影響!おすすめストレッチまとめ

子供が肥満になる食生活はどんなこと?

外食が多い

肥満の子供が増加傾向にあるのは、食生活の変化が大きく関係しています。現代では、共働きの親も増えてきているのでご飯を作る時間もなく、外食や出前などで済ませてしまう家庭も少なくありません。また、子供にお金だけ渡し外食させる親もいます。

外食は高カロリーのものが多く、子供の好きなお肉などばかり食べているとあっという間に肥満になってしまいます。子供が小さいうちは、なるべく親御さんの手作り料理を食べさせることが大切です。

ジュースなど糖質が多いものを好む

美味しいジュースには糖質がたっぷり含まれています。ジュースだけでなく、コーラなどの炭酸飲料にも糖質がたくさん使われているので、それらの過剰摂取により子供が肥満となってしまうこともあるのです。食事だけでなく、飲み物にも気を遣って子供に与えるようにしましょう。

親自身も肥満

子供が食事で肥満になってしまう原因として、親自身も肥満であることも考えられます。たくさん食べる家庭では、家族全員が肥満体質であることも多いでしょう。親御さんと同じ量のご飯を子供に与えていると、あっという間に子供も肥満になってしまいます。

料理の味付けが濃い

外食などと同じように、家庭で料理を作っていたとしても、味付けが濃いものばかりだと子供が肥満になってしまうことがあります。特に、洋食などは味付けも濃く、カロリーも多いため和食中心の食事に変えるなどの工夫が必要です。

子供のダイエット方法をご紹介!

子供に最適なダイエット方法

子供が肥満になってしまう原因についてご紹介しましたが、親御さんは思い当たることがあったのではないでしょうか?続いては、子供のダイエット方法をご紹介したいと思います。大人がダイエットを始めようとすると、自分自身の気持ちで動いているので成功することも多くあるでしょう。

ただ、子供のうちは自分が肥満であったり、ダイエットをしなければいけないという意識は弱いもの。子供が肥満を改善するダイエットを行うにはどのような方法があるのでしょうか?

運動をするなら楽しく続けられるものを選ぶ

子供のダイエットは楽しく運動!

子供がダイエットを行う上で一番良い方法は運動でもあります。現代の子供たちは体を動かす機会がほとんどありません。学校の体育の授業でも1時間程度の運動しかしていません。その他の授業はずっと座っていることが多いですし、家から学校までの距離が近ければ歩く機会もほとんどありません。

また、自転車などに乗っている子供は、歩くよりも運動量は減ってしまいます。そんな子供達には、楽しく運動ができることをさせることが大切です。最近ではあまり見かけなくなってしまいましたが、一輪車などに乗って遊んだり、縄跳びやキャッチボールなど楽しめる遊びでダイエットをさせましょう。

なかなか遊ぶ場所がないという場合は、家で卓球をしたりダンスなどをして体を動かしながら楽しくダイエットするのも良いでしょう。ゲームが好きな子供であれば、遊びながら体を動かすゲームなども効果的です。ダイエットを強要するのではなく、子供が楽しんで体を動かしながらダイエットができる環境を作るようにすることが大切です。

食事制限はせずにカロリーを調整する

子供のダイエットはカロリーに注意

子供は成長期でもあるので、ダイエットのために食事を極端に減らすのは避けましょう。大人でのダイエットと同じように食事制限をするのではなく、高カロリーなものを食べ過ぎないなど注意する必要があります。ダイエットをさせるには、揚げ物や炭水化物の多いご飯や麺類、パンなどを控えるようにしましょう。

炭水化物をたくさん摂るのではなく、おかずを多めにして野菜もなるべく食べるようにしましょう。食べ盛りなので、たくさん食べさせるのは良いことでもありますが、ダイエットをさせようとして栄養が偏らないように気を付けることが大切です。

Thumb鍋料理のカロリーはどれくらい?ダイエット中にも食べられる低カロリー鍋!

家事の手伝いをさせて体を動かす

子供のダイエットはお手伝いでカロリーを消費

子供が肥満になってしまうと、体が重くなり運動することを嫌がってしまうこともあります。そんな時は、無理にダイエットで運動させるのではなく、家事など手伝いをさせて自然と体を動かすようにしましょう。お風呂掃除やトイレ掃除、床の雑巾がけなどがカロリーも消費しやすいので肥満改善にもなります。

ただ、家事をやらせるだけでは子供もやる気は起きないので、お小遣いをあげたり、ご褒美を用意するなどして子供を積極的にダイエットさせましょう。休日などは親御さんの手伝いとして車の洗車などを手伝ったりするのも良いダイエットになります。

お菓子を食べる回数などルールを決める

子供のダイエットはお菓子を食べ過ぎない

子供にお菓子を与える時に、食べる回数などルールを決めると食べ過ぎ防止になります。お菓子は子供にとって大好物でもありますが、脂質や糖質が多く高カロリーなものばかりです。ポテトチップスなどは大きな袋のまま与えるのではなく、小分けになったものを選ぶようにしましょう。

また、宿題をしたら一つ食べる、部屋を片付けたら一つ食べるなど1日に食べる回数を決めましょう。家族でルールを作ることによって子供もそれらを守ってくれるようになるでしょう。子供の目の届くところにお菓子は置かずに、ご褒美としてお菓子を少しずつあげてください。

そして、なるべくカロリーが少な目のお菓子を選ぶなどダイエットを意識して親御さんもお菓子を選ぶようにしてください。

Thumb太らない間食の仕方!ダイエット中におすすめのコンビニお菓子・おやつ・食べ物

家族で会話しながらゆっくり食事をする

子供のダイエットはゆっくりの食事が大切

親御さんが忙しかったりすると、家で一人でご飯を食べる子供もいると思います。一人でのご飯は寂しさもありササっと食べてしまう傾向にあります。食事は、ゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べるのが良いと言われています。なるべく家族そろってゆっくりと会話を楽しみながら食事をすると食べ過ぎ防止にもなります。

好き嫌いせずバランス良く食べる

子供のダイエットはバランスの良い食事

子供のダイエットだけでなく、健康面でもバランスの良い食事を摂ることが大切です。子供が好き嫌いが多いとどうしても好きなものばかり食べてしまい、栄養が偏ってしまいます。もし、嫌いな野菜などがある場合は調理法を工夫して、嫌いな野菜が入っているとわからないようにしましょう。

調理法によっては、意外にも子供も食べられることが多くあるのです。親御さんがレシピなどを工夫して、少しずつ子供の好き嫌いを改善させることが大切です。

Thumbバランスの良い食事とは?栄養や献立・どれだけ食べるのかチェック

子供がダイエットを継続するコツ

親も一緒に子供とダイエット

子供がダイエットをする時に、一人で頑張らせるのではなく親御さんも一緒に子供のダイエットを手助けしましょう。子供だけでなく、大人もダイエットをする時には協力してくれる人や一緒に頑張れる人がいなければなかなか続けるのは難しいですよね。

親御さんは揚げ物たっぷりの食事なのに、子供が質素な食事になってしまっては子供のやる気もなくなってしまいます。一緒になってダイエットを行うことで子供の肥満も改善していくのです。

子供に無理にダイエットを押し付けない

運動や食事などで子供にダイエットをさせようと思っても、なかなか子供は嫌がって自らダイエットをしようとはしません。無理にダイエットを強要するのではなく、自然と子供の肥満を改善させていく努力が必要となります。ダイエットをしているという意識をさせずに、楽しく体を動かしたり美味しいレシピで子供にストレスを与えないようにしましょう。

バランスの良いレシピ作り

子供のダイエットが続くには、レシピを工夫することも大切です。野菜をたくさん食べて欲しいからと、サラダや蒸しただけの野菜などは子供はなかなか食べてくれません。ペースト状にして嫌いな野菜がわからないようにするなどの工夫をしましょう。

子供のダイエットのためにレシピ作りをするのはとても大変なことでもありますが、新しいレシピも増えることによって楽しい気持ちにもなりますし、新たな発見もできるはず。親御さんもストレスをためないように、楽しく子供のダイエットを手助けすることが大切です。

子供の肥満を改善できるダイエットレシピ

食べる楽しみを奪わないレシピ作りが大切

食べ盛り、育ち盛りの子供にとって食事は楽しみの一つでもありますよね。特に肥満の子供は食べることが生活でも重要になっているかもしれません。そんな子供の楽しみを取るわけにはいけませんので、肥満を改善できるレシピ作りをしましょう。最近では糖質制限ダイエットが流行していますが、子供のダイエットでも糖質制限は効果的です。

また、レシピにタンパク質を多く含む食材を入れるようにしましょう。タンパク質は主に肉、魚、卵、豆類に含まれています。お肉が大好きな子供の場合は、から揚げやとんかつなど揚げ物を控えて、鍋のおかずとして入れたり、煮物にするなど脂質を控えるレシピにしましょう。

また、朝食をしっかりと摂ることで肥満を改善することもできます。朝食を摂らないと、栄養が足りずに脳が脂肪を蓄えようと考えるため、筋肉ばかりが減ってしまい逆に太ってしまうこともあるのです。朝食をしっかりと食べさせ、脂質や糖質を控えたタンパク質多めのレシピを心掛けて子供に食べさせてあげましょう。

Thumbささみのダイエットレシピ!ヘルシーで人気!さらに糖質制限もOK!

料理の味付けを薄くするコツ

薄味でダイエット効果

子供のダイエットには、味付けを薄くしたレシピ作りも大切です。ついつい味付けが濃くなってしまうという場合は、香辛料などを使って料理に風味をつけましょう。カレー粉やこしょう、しょうが、バジル、しそなどを使うと味が濃くなったような錯覚になるのです。

また、お酢やトマトなどの酸味も加えることによって味が濃くなったように感じます。どうしても塩分の多い料理になってしまう場合は、副菜などその他のレシピは薄めの味付けにするなどの工夫をしましょう。

子供のうちに肥満体質を改善させましょう!

子供の肥満は大人になってから肥満体質になってしまうこともあります。肥満体質にならないよう子供のうちから肥満を改善する必要があります。そのためには、親御さんの努力や工夫が大切となります。子供一人だけに頑張らせるのではなく、親子共に肥満と向き合って、ストレスを与えずに楽しくダイエットをしていきましょう。

もっとダイエットに関する情報が知りたいアナタへ!

Thumbパンダイエットの方法まとめ!おすすめの種類と太りにくい食べ方を紹介
Thumb自転車で痩せるこぎ方とコツ!ダイエットに効果的な時間や消費カロリーは?
Thumb冬のダイエットは痩せやすい!おすすめの方法や運動・食事のコツとは?
Thumbお腹が空いた時の対処法は?夜中やダイエット中でもおすすめの方法

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-09 時点

新着一覧