シルバーアクセの手入れと磨き方!黒ずみ・変色の原因や落とし方のコツは?

男女共に人気のあるシルバーアクセですが、気が付くと黒ずみが!どうせならピカピカの状態で身に着けたいですよね。今回は、シルバーアクセの手入れや磨き方、黒ずみの原因についてご紹介します。簡単に出来る磨き方でこまめにお手入れをしましょう。

シルバーアクセの手入れと磨き方!黒ずみ・変色の原因や落とし方のコツは?

目次

  1. シルバーのその黒ずみ、気にならない?
  2. そもそも黒ずみの原因は?
  3. 黒ずみの落とし方のコツは?
  4. シルバー専用の磨き布でピカピカに
  5. 磨きにくい黒ずみはシルバー洗浄液で
  6. 重曹を使って黒ずみを浮かす
  7. 塩を使っても綺麗になる
  8. 石付きのシルバーアクセのお手入れとは?
  9. つや消し加工がしてある場合の手入れ方法は?
  10. 日頃のお手入れ方法って?
  11. 磨き上げたシルバーアクセの保管方法は?
  12. シルバーを扱う上で注意したい点は?
  13. お手入れ方法の失敗例ってあるの?
  14. <おまけ>セルフで!いぶし銀の施し方
  15. シルバーを手入れして黒ずみとサヨナラしよう

シルバーのその黒ずみ、気にならない?

デザイン性が高くて手触りも良いシルバーアクセサリーですが、気が付くと黒くなって変色してしまっていた、なんてことありませんか?シルバーが黒ずむことを利用してデザインされているアクセサリーもありますが、そうでない場合は手入れがされていないだけのアクセサリーになってしまいます。どうせなら新品同様の輝きのあるシルバーを身に着けたいですよね。

今回は、シルバーアクセサリーのお手入れ方法や磨き方についてご紹介していきます。厄介な黒ずみの原因やその落とし方のコツについてもお伝えしていこうと思います。シルバーアクセサリーをセルフクリーニングでピカピカな状態に復活させてあげましょう。

磨いたシルバーの保管方法や石付き・つや消し加工がしてあるシルバーについてのお手入れ方法もご紹介します。

Thumbお揃いアイテム・カップル編!おすすめの小物からさりげないアクセサリーまで

そもそも黒ずみの原因は?

硫黄が原因で変色する

金属の変色と言うと「酸化」と思われるようですが、銀は通常の状態で酸化するということはありません。空気(大気)の成分は窒素と酸素が主ですが、ほんの僅かながらに含まれている「硫黄」が銀と反応することが原因であの黒ずみが発生します。この現象を「硫化」と言います。また、塩素と反応することでも黒ずみを発生させる原因にもなり、それは「塩化」と呼ばれます。

これらの原因からシルバーを遠ざけることで、アクセサリーが黒ずんでしまうことを回避することが出来ます。日常生活においても黒ずみの原因となる要素は多々あります。汗や皮脂でも黒ずみの原因になるそうですので、身に着けた後はそのまま置いておかずにきちんとお手入れをしないと真っ黒く変色してしまいます。

シルバーが変色していると金属アレルギーを起こしそうなイメージがありますが、銀は金属アレルギーの原因になりにくい金属です。アクセサリーをしていて金属アレルギーになった時は、メッキ加工をしていてそれが溶けだしたことが原因です。実はプラチナや金も金属アレルギーになる可能性があります。金属アレルギーが心配な方はシルバーがおすすめですよ。

Thumbアクセサリーの意味!つける場所やモチーフから読みとれる?

黒ずみの落とし方のコツは?

シルバーの磨き方は色々ある

それでは、変色してしまったシルバーの輝きを取り戻す方法とコツを見ていこうと思います。シルバーをピカピカにする方法はいくつかあります。専用の磨き布や洗浄液で取り除く方法、重曹や塩を使って落とす方法がありますので、コツも含めてそれぞれのやり方をご紹介していきます。シルバー磨きのコツは、優しく磨いてやりすぎないのがポイントですよ。

Thumbアクセサリーの人気おすすめブランドは?大人かわいいジュエリーまとめ

シルバー専用の磨き布でピカピカに

黒ずみのあるシルバーの手入れ方法&磨き方①

まず最初にご紹介するお手入れ方法は、シルバー専用のクロスで磨く方法です。一番ポピュラーなお手入れ方法ですが、ピカピカにするには少しコツがあります。

黒ずんできた、と思ってそのまま専用クロスで拭くのではなく、軽く水洗いしてから水気を取り、その後クロスで磨いていきます。汚れがついたままだとなかなか綺麗にならないので、最初に汚れを落とすのがコツになります。

シルバーを触った時に跡が付いてしまうほど、汗や皮脂が原因で油膜を張ってしまうことがあります。そういった場合には、水洗いだけでは落ちないので中性洗剤を使って油膜を落としていきましょう。その後水気をふき取ってクロスで磨き上がれば綺麗な輝きを取り戻すことが出来ます。油膜でくすんでいる場合は、洗剤で洗うだけでも綺麗になりますよ。

Thumb100均商品でハンドメイド!アクセサリー・雑貨の作り方まとめ!

磨きにくい黒ずみはシルバー洗浄液で

黒ずみのあるシルバーの手入れ方法&磨き方②

次のお手入れ方法ですが、専用の洗浄液を使っていく方法です。リングなどクロスで磨けるタイプのアクセサリーなら良いのですが、ネックレスなどの複雑な形をしていて磨きにくいものやクロスで磨いただけでは落ちない黒ずみに使用します。洗浄液は黒ずみを落とす力が強力なので、数秒浸けるだけであっという間にピカピカになります。

シルバー洗浄液の使い方ですが、アクセサリーが入る容器を準備して、そこに洗浄液を適量入れ、綺麗にしたいアクセサリーを入れます。洗浄液によって浸けていい時間が変わりますが、5~10秒程度浸したらすぐに引き上げます。パッケージに表示されている秒数より長く浸してしまうと、銀の表面が荒れてしまうので注意しましょう。

洗浄液からアクセサリーを引き上げたら、水洗いして布などで水気をふき取れば完了です。肌が弱いという方は、手袋をしてピンセットなどで掴んで作業を行いましょう。使う手袋はゴム製ではなくビニール製の手袋を使用してください。数秒浸けるだけなのでこれと言ったコツはありませんので、手早く黒ずみを落としたい方は洗浄液がおすすめです。

Thumbプチプラのアクセサリーブランド紹介!大人にもおすすめショップ&通販

重曹を使って黒ずみを浮かす

黒ずみのあるシルバーの手入れ方法&磨き方③

洗浄液がない、手荒れが心配、強力すぎてちょっと怖い、という方は重曹を使って黒ずみを落とすお手入れ方法がおすすめです。

お掃除用の重曹でももちろん良いのですが、不純物がほとんど入っていない食用や薬用の重曹の方がきめ細かい粉になっているのでこちらを使います。それと、熱湯、アルミホイル、熱に強い容器を使います。小さい鍋やフライパンなどでもOKです。

まず、アルミホイルをある程度の大きさに切ってくしゃくしゃとしてから広げます。ツルっとした状態よりデコボコがある方が重曹を反応させやすくなるので、破けない程度にくしゃっとさせて容器に敷きましょう。そこにアクセサリーを並べ、その上から重曹をかけていきます。結構たっぷりめに掛けた方が洗浄効果は高くなります。

そこへ熱湯を重曹を溶かすようにしてかけていきます。そうするとブクブクと反応し始めて硫黄のニオイがしていきます。硫化している証拠ですね。重曹はアルカリ性、硫黄は酸性なので化学反応を起こしてシュワシュワとし始めるというわけです。しばらく放置すると輝きを取り戻します。後は水洗いして水気をふき取れば完了です。

Thumb重曹スプレーは消臭や油汚れに強い効果が!作り方や室内別の使い方を調査!

塩を使っても綺麗になる

黒ずみのあるシルバーの手入れ方法&磨き方④

もっと簡単にどのご家庭でもある「塩」を使ったお手入れ方法もあります。重曹と同じように熱湯をかけても良いのですが、温度が下がると黒ずみが落ちにくくなってしまうので鍋で煮るという方法がおすすめです。使う材料は、塩、アルミホイル、鍋、熱湯の4つです。お湯はあらかじめ沸かしておき、アルミホイルは先ほどのようにくしゃっとしてから鍋に広げます。

そこに変色したシルバーアクセサリーを並べ、塩を振りかけていきます。コツとしては、シルバーとアルミホイルが接していることです。塩はたっぷりめにかけておきましょう。そこへ熱湯を入れたら火にかけて煮ていきます。硫化の度合いやアクセサリーの量でも変わりますが、数分煮ると黒ずみが落ちていきます。綺麗になったら取り出し、水洗いして水気をふき取りましょう。

Thumbガラスドームアクセサリーが可愛い♪パーツは100均で購入・ピアスの作り方紹介

石付きのシルバーアクセのお手入れとは?

黒ずみのあるシルバーの手入れ方法&磨き方⑤

石付きのシルバーアクセサリーを身に着けるという方も多いと思います。シルバーの黒ずみを綺麗にしようと思って洗浄液に浸けてしまうと、石をダメにしてしまうこともあります。ガイヤやルビーなどの比較的硬い透明な石に関してはシルバー洗浄液を使っても大丈夫なのですが、パールやトルコ石などの不透明な石はとてもデリケートな宝石ですので注意が必要です。

もし洗浄液に入れてしまった場合、パールの場合は泡が出て溶けてしまい、トルコ石の場合は緑色に変色してしまいます。デリケートな石が付いているアクセサリーの場合は、専用クロスで磨くか、洗浄液を綿棒に浸して石に触らないようにして磨いていって下さい。洗浄液のパッケージに使える石の種類が記載されていますので、しっかりと読んでから使用しましょう。

Thumb自分へのご褒美なに選ぶ?ジュエリー・アクセサリー・スイーツまとめ!

つや消し加工がしてある場合の手入れ方法は?

黒ずみのあるシルバーの手入れ方法&磨き方⑥

デザイン性を高めるために、光沢を出す部分と光沢のないマットな仕上げにしてあるリングなどがあると思います。時間が経つにつれてつや消し加工がしてある部分が黒ずんできた、ということもあるでしょう。

元々そういったデザインの場合は良いのですが、そうでない場合は折角の素敵なリングが台無しになってしまいます。これもちょっとしたコツで落とすことが出来ます。

まず、凹凸があるリングの場合はホコリが溜まっていることがあるのでブラシなどでホコリを除去します。超音波洗浄器があるととても便利です。ホコリを取ったら、シルバー洗浄液に浸けるか綿棒に洗浄液を付けてつや消し加工がしてある部分を磨いていきましょう。研磨剤が入っているものを使ってしまうと、削れてつや消しではなくなってしまうので注意しましょう!

Thumbウエディングのアクセサリーやアイテムはどう選ぶ?マナーってあるの?

日頃のお手入れ方法って?

使う毎に柔らかい布で磨き上げる

シルバーアクセサリーは日頃使っている分には変色はほとんどしませんが、どうしても汗や皮脂などがついてしまいます。少しでも黒ずんでしまわないようにするには、日頃のお手入れが必要になってきます。毎日身に着ける場合でも、使った後はお手入れをしましょう。

お手入れ方法はとても簡単です。研磨剤の入っていない柔らかい素材の布で汚れをふき取るだけです。日頃使っている場合はたったこれだけのお手入れで輝きは持続します。くすんできたような気がしてきたら、中性洗剤で洗ったり研磨剤の入った専用クロスで磨きましょう。

Thumbビーズアクセサリーの作り方!ピアスからブレスレッド、指輪まで!

磨き上げたシルバーアクセの保管方法は?

外気をシャットダウンして黒ずみ知らず

折角綺麗にしたシルバーアクセサリーも、そのままジュエリーボックスに入れておいてはまた黒ずんできてしまいます。もう一度輝きを取り戻すためにお手入れをしなければならないと思うと面倒ですよね。

そうならない為にもシルバーの保管方法がポイントになってきます。変色させずに保管するコツとしては、外気に触れさせないこと。硫化させなければいいだけの話です。

アクセサリーを買った時についてくる柔らかい袋の中に入れておくだけでは、常に空気に触れていつ状態になってしまいます。アクセサリーを保管する場合は、銀は柔らかいのでアクセサリー同士がぶつかると傷がついてしまうので、1つ1つ小分けにして保管します。

そして、ここで使うのがファスナー付きの保存袋です。保存袋にしまってからジュエリーボックスにしまいましょう。

100均にも売っている小さいタイプのファスナー付き保存袋にアクセサリーを入れ、できるだけ空気を抜いてファスナーを閉めます。これだけで空気との接触を避けることが出来ます。ネックレスの場合、そのまま袋に入れるとチェーンが絡まってしまうことがあるので、柔らかい布で包んでから保存袋にしまうとごちゃごちゃにならずに済みますよ。

Thumbアクセサリーの収納をおしゃれに!100均で手作りボックスを画像でご紹介!

シルバーを扱う上で注意したい点は?

銀はちょっとしたことでも硫化を起こしやすくなります。シルバーアクセサリーを付けたまま硫黄成分が入った温泉に入ったり、硫黄が含まれるゴム製品が触れているだけでも硫化は進みます。温泉の場合、硫黄の蒸気が立ち込めているだけでも変色してしまいますので外して出来るだけ触れさせないようにしましょう。

それと、塩素系の漂白剤にも注意しましょう。素手で触ることはないとは思いますが、塩素系漂白剤に銀が触れても変色するので触らないように注意しましょう。変色もそうですが、何よりぶつけると傷が付きやすい金属です。何か作業をする場合は、リングなどのアクセサリーを外してから作業を行いましょう。

Thumb妊娠中は温泉に入っても大丈夫?妊婦におすすめの効果・成分や注意点

お手入れ方法の失敗例ってあるの?

手入れを間違えると大変なことに

石付きのアクセサリーもそうでしたが、ちょっとお手入れの方法を間違えるととんでもないことが起こってしまいます。クロスや重曹などのお手入れ方法は特にないのですが、気を付けたいのは洗浄液です。

うっかり長く浸してしまうと、黒ずみが取れるどころか銀の表面がザラついてしまいます。これは洗浄液に含まれる酸で表面の銀を溶かし、極々小さな穴を開けたことが原因です。

そうなった銀の表面は曇った状態に見えてしまい、どんなにクロスで磨いても輝きを取り戻すことは不可能になってしまいます。長く浸ければ浸けるだけ表面は荒れていきます。表面にムラが出てきてしまって大切なアクセサリーが台無しになるので、注意書きに従って洗浄して下さいね。

Thumb樹脂粘土を使ったアクセサリーの作り方まとめ!【ピアス・ネックレス】

<おまけ>セルフで!いぶし銀の施し方

磨き布で風合いを出す

くすんだ感じの渋みを出せるいぶし処理がしてあるアクセサリーってかっこいいですよね。女性の場合はあまり身に着けないかもしれませんが、普通のシルバーアクセサリーでも自分でいぶし処理をすることが出来ます。専用のいぶし液に茶色くなるまで浸けるだけの簡単な加工方法です。いぶし液は彫金のお店やネットで購入可能です。

いぶし液にそのまま浸けこんでも良いのですが、全体的にコントラストを付けるようにして部分的にいぶし処理をしても素敵なアクセサリーになります。ちなみに、このいぶし液は別名「硫化液」です。人工的に硫化の状態を作り出す加工になるので、強力ないぶし液を使うと黒っぽい銀になります。失敗したらクロスで磨けば落ちるので、色々試してみてはいかがでしょうか。

Thumbシルバーアクセサリーを手作り!シルバークレイを使った簡単な作り方とは?

シルバーを手入れして黒ずみとサヨナラしよう

今回は、シルバーアクセサリーのお手入れ方法についてご紹介してきました。クロスや洗浄液を使う以外にも黒ずみを取り除く方法があるのは驚きですよね。日頃のお手入れもそうですが、黒ずみが洋服に付着すると落ちないので、黒ずんできたらクロス等で磨いてピカピカの素敵なシルバーアクセサリーを身に着けましょう。保管方法にも気を付けて下さいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-04 時点

新着一覧