卵の食べ過ぎは大丈夫?間違った常識と1日何個が上限なのか調査

卵を食べ過ぎないための1日の上限や間違いのない卵の常識についてまとめました。健康に良い卵ですが、食べ過ぎは間違い。1日の上限の常識を知ることで卵の食べ過ぎを防ぐことができます。間違いのない卵の常識をチェックして1日の上限を守りながら食べ過ぎを防ぎましょう。

卵の食べ過ぎは大丈夫?間違った常識と1日何個が上限なのか調査

目次

  1. 卵を食べ過ぎないために1日の上限の常識を知りたい
  2. 卵の食べ過ぎはコレステロール値をあげるのは間違い常識?
  3. 卵の食べ過ぎはカロリー過多になる
  4. 卵を食べ過ぎないための1日の上限の常識は?
  5. 卵を食べ過ぎなければ肌に良い栄養を摂取できる
  6. 免疫力向上にも卵が役立つ
  7. 気軽に卵が食べられるゆで卵の作り方のポイント
  8. ゆで卵を好みの加熱具合に仕上げる時間の目安
  9. ほかにもある!美味しい卵の食べ方
  10. 間違い常識を知って、卵の食べ過ぎには気をつけよう!

卵を食べ過ぎないために1日の上限の常識を知りたい

卵は1日何個まで良いのか常識を知っておくと安心

身近な食材として頻繁に使うことの多い卵。卵焼きやスクランブルエッグ、オムレツなどいろいろなシーンで卵料理に出会いますよね。最近はSNS映えする半熟卵がのった料理も人気を集め、卵を食べる機会も多いのではないでしょうか。そんな卵ですが、健康的に楽しむためにはやはり食べ過ぎない量を知っておきたいところ。1日何個までが上限なのか知っておくことが重要です。

卵の常識には正しいものも間違いのあるものもいろいろ世間では言われているので、しっかりと卵の知識を備えておくことが大切になります。どのくらいの量であれば1日に卵を食べても大丈夫なのか知っておけば安心して卵料理を楽しむことができますよね。卵を日常的に役立てるためにも、卵についても基本的な知識を身につけておきましょう!

間違い常識を知って卵の食べ過ぎに気をつけていこう

「卵の間違い常識にはどういったものがある?」「卵は1日あたりどのくらい食べても大丈夫?」といったときに役立つ卵の情報についてまとめました。卵は食べ過ぎを防げば健康に役立つ栄養がたくさん含まれているので、ぜひ活用していきたいですよね。美味しく卵を食べるためにも1日の上限を把握して、卵の健康効果を取り入れていきましょう。

Thumbゆで卵のタンパク質の量は生卵よりも多い?加熱で変性がカギ?

卵の食べ過ぎはコレステロール値をあげるのは間違い常識?

卵には善玉コレステロールを増やす成分が含まれている

卵について昔から言われてきた常識としてあげられるのが、卵は悪玉コレステロールを増やすのではないかということです。卵の食べ過ぎ=コレステロール値を上げるという常識が一般的になっていましたが、最近の情報では一概にはそうは言えないことがわかっていることをご存知でしょうか。

そもそもコレステロールには善玉と悪玉の2種類がありますが、卵を食べることによって増えると言われているのが善玉コレステロール。善玉コレステロールは体に良い影響を与えくれるので増えても大丈夫です。逆に悪玉コレステロールを減らす働きも期待することができるので、生活習慣の乱れが気になる方にもおすすめ。

食べ過ぎなければ卵は体に良いことは常識になっている

昔は卵はコレステロール値を上げると考えられてきましたが、現在では健康を保つために欠かせない食材として重宝されています。食べ過ぎを防げば卵は健康的な体づくりのサポートになるので、ぜひ取り入れていきたいですね。こうした卵の間違い常識を排除しておくことによって卵を有効活用することができるので、ぜひ覚えておいてはいかがですか。

卵の食べ過ぎはカロリー過多になる

卵は1個あたりは意外とカロリーが高い

卵は健康に良い栄養をたくさん含んでいますが、食べ過ぎには気をつけましょう。卵を食べ過ぎることによる悪影響としてあげられるのがカロリーの摂取しすぎになるということです。卵はSで64kcalほど、Mで66kcalほど、Lで90kcalほどとされているのがポイント。卵は意外とカロリーが高いので、たくさん食べるとあっという間にカロリーオーバーになってしまいます。

上限を設定しない食べ過ぎはカロリーを摂取しすぎになる

卵が健康に良いからといって上限を設定せずにたくさん食べ続けるとカロリーのとりすぎになってしまいます。カロリーのとりすぎによって脂肪にかわってしまってはせっかく健康のために卵を食べているのに意味がないですよね。そうならないためにどのくらいの分量であれば健康的に卵を食べられるのかを把握しておいて、美味しく卵をいただいていきましょう。

卵を食べ過ぎないための1日の上限の常識は?

1日あたり2〜3個くらいが上限

それでは、食べ過ぎにならない卵の分量の上限についてチェックしていきましょう。卵の食べ過ぎにならない分量は1日あたり2〜3個くらいになります。このくらいの分量であればカロリーの摂取しすぎにならず、食べ過ぎにもならないので大丈夫なのではないでしょうか。筋トレなどをしている方の場合は1日あたり3個くらい食べてもカロリー消費できるのでOKです。

上限を目安に食べ過ぎないようにしよう

上限を目安にしていけば、1日に卵を食べ過ぎることなく美味しくいただけるようになります。半熟卵を丼にトッピングしたり、卵かけご飯を作ってみたりといったように卵の分量の上限を把握しながら卵を食べていきたいですね。オムライスなど卵の量が把握しづらい料理を外食などで食べる場合は、翌日は卵の量を控えるなどの工夫をしておくと良いのではないでしょうか。

Thumbゆで卵ダイエットの効果がすごい!口コミでも続々と成功の声が!

卵を食べ過ぎなければ肌に良い栄養を摂取できる

肌細胞に必要な必須アミノ酸が豊富

卵は食べ過ぎなければさまざまな良い影響を与えてくれるのが嬉しいポイント。まずあげられるのが卵の美肌効果です。卵には必須アミノ酸が豊富に含まれているのが魅力。必須アミノ酸は肌細胞の生成に役立つことができるので、若々しい肌を保ちたい場合に最適です。必須アミノ酸は健康的な肌作りに欠かせないので、ぜひ卵から摂取しておきたいですね。

肌のターンオーバーを促進するビタミンB群

続いてあげられる卵の栄養がビタミンB群。ビタミンB群は肌のターンオーバーに欠かすことができない栄養として知られています。肌のターンオーバーが促進されることによって新しい角質と古い角質が入れ替わり、綺麗な肌の状態を保てるのが嬉しいポイント。肌のターンオーバーが鈍ると肌の老化の原因になってしまうので、ぜひ取り入れておきたいですね。

免疫力向上にも卵が役立つ

必須アミノ酸が免疫細胞をサポート

卵に含まれる必須アミノ酸は、免疫細胞の機能を高めるのにも役立てることができます。体内にウイルスなどが入ってきた場合、免疫細胞が働いて体を守りますが、免疫細胞が弱っているとウイルスを防ぐことができずに体調不良の原因となってしまうのがポイント。

そうならないように免疫細胞をしっかりと強くしておくことが重要になります。それに役立つのが必須アミノ酸。免疫細胞の働きを強化することができる必須アミノ酸を摂取することで風邪をひきにくい健康な体を手に入れることができます。

そのほかにも免疫強化に最適な栄養が豊富

卵には、必須アミノ酸以外にも免疫細胞を強化するのに最適な栄養が豊富に含まれています。健康的な生活を送りたい場合に卵を役立てることができるのではないでしょうか。1日の上限さえ決めておけば健康的に卵を食べることができるので、ぜひ取り入れておきたいですね。美肌や免疫力効果などのためにも卵を効果的に活用して食事を楽しんでみましょう。

気軽に卵が食べられるゆで卵の作り方のポイント

茹で始めに卵を転がす

気軽に卵を食べる方法といて人気なのがゆで卵ですよね。ゆで卵はちょっとしたポイントをおさえておくことによってさらに美味しく食べることができるので、ぜひチェックしておきましょう。ゆで卵を鍋に入れて沸騰しはじめたら1分ほど転がすのがポイント。こうすることで卵の黄身を中央に持っていくことができます。

茹で上がったら冷水に浸す

卵が茹で上がったら早めに冷水に浸しましょう。卵が温かいままにしておくとどんどん余熱が入ってしまうので、好みの卵の状態とはかけ離れたものになってしまいます。特に半熟卵を作りたい場合は要注意。茹で時間はあっていたとしても冷水に浸さなかったために余熱が入り、半熟ではなくなってしまうことがあるので気をつけてくださいね。

Thumbゆで卵の賞味期限と保存方法を調査!冷蔵庫や常温では何日?

ゆで卵を好みの加熱具合に仕上げる時間の目安

半熟は水から茹でて沸騰後4分後に火を止める

それでは、好みの硬さに仕上げられる卵の茹で時間についてチェックしていきましょう。まずは鍋に水を入れ、卵も加えましょう。蓋をして強火にかけ、沸騰するのを待ちます。沸騰してから中火に落とし、4分ほど加熱したら冷水に浸してください。これで半熟卵のできあがり。いろいろな料理のトッピングに使える半熟卵を楽しんでみてくださいね。

固ゆでは沸騰してから11分後に火を止める

続いて固ゆで卵の作り方について見ていきましょう。卵を鍋の水の中に入れたら強火にかけて蓋をし、沸騰させます。中火に落としてから11分ほどで取り出し、冷水に浸したら固ゆで卵のできあがり。卵は茹で過ぎるとパサパサになってしまうのでほど良い固ゆで卵に仕上げて美味しくいただいてくださいね。固ゆで卵は卵サラダやサンドイッチなどいろいろな方法で使えます。

Thumbゆで卵は水から何分ゆでる?半熟と固ゆでの時間を調べてみた!

ほかにもある!美味しい卵の食べ方

簡単に作れるスクランブルエッグ

ゆで卵以外にも美味しく食べられる卵料理はたくさんあります。料理初心者でも作りやすいのがスクランブルエッグ。味付けをして溶いた卵をフライパンで焼いていくだけで簡単に作れるので朝ごはんにもぴったりです。チーズを加えたり、カレー粉を加えるなどして風味づけすればいろいろな味わいを楽しめるのも嬉しいポイント。

簡単なランチにもぴったりな卵のココット

簡単なランチにも使いやすいのが卵のココット。バターで炒めたほうれん草と耐熱容器に入れて卵を割り入れ、チーズをトッピングします。チーズが溶けるまでトースターで焼いたら卵のココットの完成。バゲットを添えれば食べ応えのある1品になるのでぜひ試してみてくださいね。

間違い常識を知って、卵の食べ過ぎには気をつけよう!

昔は常識だと思っていても現在は間違いとされていることもあるので、正しい知識を身につけながら卵を食べていきたいですね。1日2〜3個の卵を目安にしながら健康的な食卓作りを楽しんでみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-03 時点

新着一覧