ローチョコレートとは?特徴やお肌への効果・栄養成分など徹底調査

皆さんはローチョコレートという名前を耳にしたことがありますか?聞き慣れない方もいるかと思いますが、今回は、ローチョコレートについて特集していきます。ローチョコレートの魅力とも言える効果はもちろん、特徴や栄養についてもたっぷりお届けしていきます。

ローチョコレートとは?特徴やお肌への効果・栄養成分など徹底調査

目次

  1. ローチョコレートがスゴイ!効果や特徴を大特集!
  2. ローチョコレートって何?
  3. ローチョコレートと普通のチョコレートはどこが違う?
  4. ローチョコレートの特徴とは?
  5. ローチョコレートの栄養はココ!
  6. ローチョコレートの健康的な効果は?
  7. ローチョコレートの美容的な効果は?
  8. ローチョコレートは手作り出来る!?食べ方はあるの?
  9. ローチョコレートの基本的な作り方
  10. 大人の苦味が魅力のダークローチョコレート
  11. マカダミアナッツ入りのローチョコレートレシピ
  12. ホワイトローチョコレートのくるみクッキー
  13. アーモンドとココナッツフレークが魅力のローチョコレート
  14. 大人なローチョコレートトリュフ
  15. 今日からローチョコレートを始めよう!

ローチョコレートがスゴイ!効果や特徴を大特集!

料理やお菓子には、さまざまなメニューがあります。その中でも最近注目されているのが、ローチョコレートです。ローチョコレートという名前を見ただけでなんとなくイメージは掴めるかもしれませんが、具体的どんなものかが、ピンと来る方は少ないかと思います。今回は、そのローチョコレートの美容などのお肌への効果や特徴などをまとめてご紹介していきます。

ローチョコレートって何?

最初にお話ししていくのは、ローチョコレートがどんなアイテムなのかというところです。ローチョコレートという名前から皆さんはどんなチョコレートを想像しますか?早速一緒にチェックしていきましょう。

ローチョコレートとは…【非加熱チョコレート】

ローチョコレートとは、直訳すると生のチョコレートになり、非加熱のチョコレートのことを指すそうです。原材料に熱を加えずに48度以下の低温で料理されたチョコレートのことで、さまざまな効果が注目されています。

ローチョコレートと普通のチョコレートはどこが違う?

ここで疑問となって来るのは、ローチョコレートと普通に売っているチョコレートの違いです。果たしてこの2つの違いはどこにあるのでしょうか?次は、ローチョコレートと私たちが普段食べているチョコレートとの違いを比較して見ていきましょう。

普通のチョコレートは?

チョコレートの原料は、「カカオ」です。普通のチョコレートに使われているカカオは、製造工程の中で熱を加えて加工されるため、カカオの中に含まれている栄養素のほとんどが壊れてしまっている可能性があります。さらに、白砂糖などを加えて加工されているチョコレートもあります。

ローチョコレートとの違いは?

その点、ローチョコレートは、「非加熱チョコレート」なため、カカオ自体に熱を加えず乾燥させたローカカオを使用して作られます。その分、カカオの中に栄養素が壊れずそのまま残るそうです。さらに、他の材料が使われていないので、健康面でもGOODです。このような理由がローチョコレートの効果に繋がります。

ローチョコレートの特徴とは?

続いては、ローチョコレートの特徴に注目してお話ししていくことにしましょう。ローチョコレートには、さまざまな特徴があります。この特徴がローチョコレートの魅力でもあり、人気の秘密になっているのではないでしょうか。

特徴①ローカカオ豆を使っていること

ローチョコレートの1つめの特徴は、原料であるカカオにあります。ローカカオとは、先ほども少し触れたようにカカオ豆を非加熱か低温の48度くらいで処理されたカカオを指します。これにカカオバターや天然の甘味料を加えて作られたものが今回の主役であるローカカオチョコレートになります。さらに、脂肪分もカットされているため比較的ヘルシーに摂ることが出来るようです。

特徴②健康と美容面への効果

ローチョコレートの2つめの特徴は、ローチョコレートの栄養素の高さによる健康面や美容面での効果にあります。また後ほど詳しくご紹介していきますが、身体はもちろん、お肌への効果も女性に嬉しい見逃せない特徴になっています。

特徴③栄養が豊富なところ

ローチョコレートの3つめの特徴は、栄養価です。ローチョコレートには、普通のチョコレートだったら加熱によって失われてしまうような栄養素がそのまま残っているそうです。例えば、ポリフェノール、マグネシウムや鉄などのミネラル類、ビタミン類などがあげられます。

ローチョコレートの栄養はココ!

チョコレートの原料であるカカオには、食物繊維やポリフェノール、ミネラル類、ビタミン類などの栄養素がたっぷり詰まっています。これはカカオだけでなく、料理にも言えることですが、栄養素の中には、熱によって失われてしまう栄養素もあります。しかし、ローチョコレートは、非加熱や低温処理のため、栄養素が損なわれずに残ると言われています。

栄養①カカオポリフェノール

1つめの栄養素は、ポリフェノールです。カカオの中に含まれているポリフェノールは、カカオポリフェノールと呼ばれています。しかし、ポリフェノールという栄養素は、赤ワインや緑茶の中にも含まれていますが、他のアイテムに比べてカカオの中に含まれているポリフェノールの量は断トツに多いと言われています。

栄養②トリプトファン

2つめの栄養素は、トリプトファンです。トリプトファンは、アミノ酸の1種で、9つの必須アミノ酸の1つでもあります。このトリプトファンは体内に入るとセロトニンやメラトニンに代謝されるそうです。セロトニンは、人間にとって必要な神経伝達物質の1つで、心の安定や安らぎをくれると言われています。

そして、メラトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれているように人の中にある体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えてくれる役割をしている大切なホルモンです。

ローチョコレートの健康的な効果は?

次は、先ほどから何回も出て来たローチョコレートが持つ健康面と美容面の効果をご紹介していきます。まずは、ローチョコレートが持っている健康面での効果について見ていくことにしましょう。

効果①抗酸化作用がある

健康面での1つめの効果は、抗酸化の効果です。その鍵を握っているのがポリフェノールです。ポリフェノールの抗酸化作用により、ガンなどの原因となる活性酸素を除去してくれると言われています。

効果②血行を促進してくれる

そして2つめの健康面での効果は、血行を促進してくれる効果です。血流が滞ると冷え性や新陳代謝にまで影響していきます。ローチョコレートの中に含まれているビタミンEの効果で、血の巡りを良くして代謝をアップさせてくれる効果が期待出来ます。

ローチョコレートの美容的な効果は?

先ほどは、ローチョコレートの健康面での効果をご紹介しましたが、ここでは、ローチョコレートのお肌などへの美容面での効果に注目してご紹介していきます。このローチョコレートの美容効果は、女性にとって嬉しい効果ですね。

効果①アンチエイジング効果

ローチョコレート、1つめの美容効果は、アンチエイジング効果です。アンチエイジングとは、お肌の老化を防いでくれる効果です。お肌は、ストレス、喫煙、乱れた食生活などにより活性酸素が生まれてそれが老化の原因になることがあります。その活性酸素を取り除いてくれる効果をローチョコレートは、お肌へのアンチエイジング効果を発揮してくれます。

効果②リラックス効果

2つめの美容効果は、お肌だけでなく、心をリラックスさせてくれる効果です。心がいつもストレスを感じていると身体にも心にも良くありません。そんな時、ローチョコレートを摂取することで、心を癒してくれるホルモンが分泌され、リラックス効果をくれるそうです。

ローチョコレートは手作り出来る!?食べ方はあるの?

ここまで、ローチョコレートの特徴や栄養素、効果についてご紹介してきました。ローチョコレートは、市販でも売っていますが、自分で料理して手作りすることは出来るのでしょうか?そして、料理したローチョコレートのおすすめの食べ方はどんなものがあるのでしょうか?

ローチョコレートは…【手作り出来る!】

実は、ローチョコレートは、自分で料理して手作りすることが出来ます。さらには、自分の好みに合わせて苦味なども調節しながら料理することが可能です。材料も少ないのでチャレンジしやすくなっています。後ほど、おすすめのローチョコレートレシピをいくつかご紹介していきますね。

ローチョコレートは…【アレンジするとさらに美味しい】

ローチョコレートのおすすめの食べ方は、色々ありますが、そのままのチョコレートの味を楽しみながらそのまま食べることです。先ほどもお伝えしたようにローチョコレートは、アレンジが効くので、さまざまな具材を加えたり、さらに料理してデザートになったりととても多彩です。

ローチョコレートの基本的な作り方

ここからは、ローチョコレートの基本的な作り方をご紹介していきましょう。まずは、ローチョコレートの基本的なミルクタイプのレシピからです。

材料

ローチョコレートを作る時の材料は、とてもシンプルです。ローカカオバター100g、ローカカオパウダー60g、ココナッツミルクパウダー20g、メープルシロップ60g、塩0.5gを用意しましょう。

作り方

料理をする時は、一気に計量しておいた方が楽なことがあります。材料は、全て計量しておき、お湯を沸かしておきましょう。ローカカオバターを湯煎で溶かしておき、メープルシロップを人肌くらいに温めておいてからそこへ塩を溶かしてあげます。

それが出来たら、湯煎で溶かしたろーカカオバターの中に他の材料を入れてしっかり混ざったら、湯煎からはずしてもったりするまで混ぜ、再び湯煎に入れて少し柔らかくしてから型に入れて冷やしましょう。

大人の苦味が魅力のダークローチョコレート

ここからは、ローチョコレートをちょっとアレンジしたレシピです。最初は、大人の味でもあるダークチョコレートからトライしていきましょう。料理の方法は、先ほどのミルクチョコレートと同様、簡単です。

材料

ダークチョコレートは、女性はもちろん、男性にも人気のある大人のチョコレートが出来上がります。材料は、ローカカオバター120g、ローカカオパウダー70g、ココナッツシュガー70g、塩ひとつまみを用意します。

作り方

ローカカオバターを刻んで湯煎にかけて溶かします。ココナッツシュガーをフードプロセッサーやミキサーにかけて粉状にします。溶かしたローカカオバターにローカカオパウダーと塩を入れてゴムベラで混ぜ合わせたらココナッツシュガーを加えてさらに混ぜます。

時々氷などに当てながらだいたい48度〜27度くらいまでに温度を下げていきます。この間もローチョコレートを混ぜながら温度を保ちます。もう1度湯煎にかけてかき混ぜながら31度まで温めたら、注ぎ口のある計量カップなどに移して、チョコレートの型に流し入れ、30〜1時間くらい冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

マカダミアナッツ入りのローチョコレートレシピ

次は、ゴロッとしたマカダミアナッツが入ったローチョコレートです。シンプルなローチョコレートも魅力的ですが、アレンジの効いたローチョコレートもおすすめです。

材料

ローカカオバター55g、ローカカオパウダー10g、カシューバター20g、メープルシロップ20g、塩ひとつまみ、マカダミアナッツ15粒くらいを用意します。料理や他のお菓子にもよく使われているマカダミアナッツ。優しい食感とまろやかな口当たりがクセになります。

作り方

ローカカオバターをボウルに入れて湯煎で溶かしたら、そこへローカカオパウダーを加えてダマが無くなるまで混ぜ合わせます。カシューバターとメープルシロップを順に加えて、かき混ぜながら全体をまとめましょう。

塩をひとつまみ入れて、型に流し込み、マカダミアナッツも入れ込んだら冷蔵庫で冷やして完成です。

ホワイトローチョコレートのくるみクッキー

次のローチョコレートのレシピは、スタンダードなローチョコレートではなく、ホワイトのローチョコレートで作るくるみクッキーをご紹介します。ローチョコレートは、そのままチョコレートとして食べるだけでなく、料理の仕方で、色んなお菓子に生まれ変わります。

材料

材料は、8人分の量です。生クルミ80g、ココナッツシュガー大さじ2、ローカカオバター大さじ2、ローハニー小さじ1、塩ふたつまみを用意しましょう。

作り方

生のクルミは一晩の間、水に浸けておいてよくすすいでから水を切っておきます。ローカカオバターを湯煎で溶かし、ようかん型の底に合わせてクッキングシートを切って敷いておきましょう。浸水していたクルミをフードプロセッサーにかけて砕いておいたら、砕いた生くるみ、ココナッツシュガー、ローハニー、塩をボウルに移して、へらで良く混ぜ合わせます。

溶かしたローカカオバターを先ほどのボウルに入れて生地全体を混ぜ合わせたら、ようかん型に生地を乗せて平らにならしてから冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めましょう。生地を型からはずしたらお好みの大きさに切り分けて完成です。

アーモンドとココナッツフレークが魅力のローチョコレート

続いてはご紹介するのは、アーモンドとココナッツフレークを使ったサクサク感がポイントのローチョコレートレシピです。ローチョコレートの作り方を覚えれば色んなアレンジに活用することが可能です。

材料

材料は、8人分の量です。ローカカオバター120g、ローカカオパウダー70g、はちみつ50g、ココナッツフレーク大さじ2、アーモンド大さじ2、塩ふたつまみを用意しましょう。

作り方

ローカカオバターは刻んで湯煎で溶かします。ココナッツフレークは軽く炒っておきましょう。ローカカオバターにローカカオパウダー、塩を加えてよく混ぜます。クッキングシートを敷いたパッドを用意してチョコレートを注ぎ入れて、アーモンドを乗せて冷蔵庫で10分ほど冷やしたら、ココナッツフレークを乗せて40時間ほど冷やして完成です。

大人なローチョコレートトリュフ

最後にご紹介するのは、上品なローチョコレートトリュフです。型で作るローチョコレートもGOODですが、誰かにプレゼントする時やちょっと変わったローチョコレートが食べたい時には、このトリュフがおすすめです。

材料

材料は、1人分の量になります。ローカカオ大さじ2、ドライデーツ(ドライ杏子)60g、バニラビーンズ少し、ピーカンナッツ60g、メープルシロップ小さじ1を用意します。

作り方

ミキサーにドライデーツ、ピーカンナッツをミキシングしたら、バニラビーンズとローカカオも入れます。味を見ながら甘さが足りない時は、メープルシロップで甘さを足しましょう。これを手の平で丸く整えて形を作ります。最後にローカカオを周りにまぶして完成です。

今日からローチョコレートを始めよう!

ローチョコレートは、特徴や肌への効果満載の女性にとってとても嬉しい食べ物です。さらに、自分の好みに合わせてさまざまな材料を使ってローチョコレートを作ることが出来ます。健康を始め、美容面でもお肌にプラスになる効果が潜んでいます。おやつなどにローチョコレートを摂って、素肌美人目指しましょう。

もっとチョコレートについて知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumbチョコレートのカフェイン含有量は?1日に摂取していい適正な量とは?
Thumbチョコレートは甘くて美味しいだけじゃない!健康や美容にも良い?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-23 時点

新着一覧