子供に持たせるスマホのおすすめは?小学生向けスマホランキング!

最近は安全面や連絡がすぐに取れる様になどの理由で、小学生の子供にスマホを持たせる家庭も多くなりました。この記事では、格安の物からGPS機能付きの物など、おすすめのスマホランキングと子供のスマホ依存について家庭出来る対策ランキングをご紹介いたします。

子供に持たせるスマホのおすすめは?小学生向けスマホランキング!

目次

  1. 小学生の子供達が持っているスマホ
  2. 小学生の子供にスマホを持たせる理由とは?
  3. ①子供の塾や習い事の送迎のため
  4. ②子供がスマホを欲しいと言ったから
  5. 子供がスマホでする事ランキング第4位!「LINE」
  6. 子供がスマホでする事ランキング第3位「情報収集」
  7. 子供がスマホでする事ランキング第2位!「動画」
  8. 子供がスマホでする事ランキング第1位!『スマホのゲームアプリ』
  9. スマホ格安おすすめランキング第4位「NTTdocomo forジュニア」
  10. おすすめ格安スマホランキング第3位「イオンモバイル」
  11. おすすめ格安スマホランキング第2位!「au miraie f」
  12. おすすめ格安スマホランキング第1位!「TONE MOBILE」
  13. 子供に携帯を使用させる時の家庭内のルール
  14. 「スマホ依存」にならないためのルール
  15. LINEやSNSをする上での伝えるべきこと
  16. 子供を守るアプリランキングNO1の「まもるゾウ+2」
  17. その他アプリを利用して出来る事
  18. 子供を守りながら安心便利なスマホ生活を!

小学生の子供達が持っているスマホ

最近では、昨年から今年にかけて2倍に増えるなど小学生の内からスマホを子供に持たせている家庭が年々増えています。始めてスマホを持たせる時期も低年齢化が進み60%の小学生の子供がスマホを持っていると言われています。

小学生の子供にスマホを持たせる理由とは?

最近では、地震や台風などの震災も増え誘拐や事故など子供が巻き込まれる事件や事故など、スマホを持たせる1番の理由は、保護者の多くは不安から安全を考えすぐに連絡が取れる手段として小学生の低学年の内から子供にスマホを持たせる家庭が年々増えているようです。

①子供の塾や習い事の送迎のため

子供が小学校に入学すると、塾だけでなくピアノ・習字・水泳・スポーツなどに約8割の小学生が習い事をしていると言われています。平日は、学校が終わってから通うため夜遅くなることも多く、終わる時間が決まっていても特に塾などは残って聞くなど時間通りに終わらない事も多いようです。

共働き家庭や保護者がお迎えに行けない時などは、子供に1人で行って帰って来てもらうや駅まで迎えに行くなどの家庭も多いようです。その際に、すぐに連絡が取れたり位置情報が分かるスマホや携帯は安全確認が出来る道具として必須になっています。

今注目の子供送迎サービス

塾や習い事の送迎を60%以上の保護者の方が負担に思っているそうです。しかし子供の安全面を考えると、スマホで連絡を取れても1人で夜遅く帰宅させるのは不安という現実もあり、最近注目されているサービスが塾や習い事だけでなく、保育所や学童などの送迎をお願いできるや送迎代行サービスを利用している家庭も増えて来ています。

②子供がスマホを欲しいと言ったから

少数の割合ですが、親がスマホや携帯を持っている事で小さな内から身近にあり、ゲームなどをスマホを借り遊んでいる子供も多くいます。友達がスマホや携帯を持ったことで自分も欲しくなり、買って欲しいとねだりその事がきっかけで保護者が仕方なく小学生の内からスマホや携帯を持たせる理由となっています。

子供がスマホでする事ランキング第4位!「LINE」

学校以外で友達と、LINEで繋がっている事が多くリアルタイムで会話・スタンプ・写真などを送信し合うことが楽しめます。一方で、時間を忘れて長時間してしまうなどしていく内にスマホ依存になったり、子供同士のトラブルの原因にもなっています。LINEを始める前に親子でしっかりルールを決めたり子供を守るための設定をする必要が出てきます。

子供同士のLINEトラブル

LINEをしていく中で、「既読スルー」や「未読放置」といった事をしてしまうと嫌われるという不安で何時間もLINEをしてしまう子供も少なくありません。この事で「LINE依存」や「SNS依存」といった問題も起きています。LINEを始める前に親子でしっかり約束やルールを決める事が必要です。

電話や会って話しているのとは違い、相手の状態が分からないLINEでは自分が送っても既読が付かなかったり、既読スルーされると無視をされたような気分になったり、自分が相手を不愉快にしてしまったのではないかと不安になってしまいます。素直にその事を言えるといいのでしょうが、一方的な思い込みでトラブルやいじめにつながるケースもあります。

LINEをする上で家庭で子供に出来る事は?

子供にスマホを持たせる上で、約束をしたりスマホ自体に制限をかけますが、もう1つ大事な事としてLINEをする上で、言葉が過激になったり強い口調になってしまいがちです。相手の立場にたって考えるという事などを子供にきちんと教えるという事も必要と思います。

LINEでの特にいじめやトラブルの原因になる「既読スルー」や「未読放置」については、相手の都合を考える力を子供につけさせる必要性があります。楽しむコミニュケーションの1つとして子供同士が利用し、モラルを守ることが依存予防に必要な事の1つと思います。

子供がスマホでする事ランキング第3位「情報収集」

スマホは、勉強の事からアニメ・好きな芸能人・話題の事など知りたいことを検索すればすぐに情報収集ができます。辞書や本から調べる力や実際に聞く事でのコミュニケーション能力が付くので、スマホ以外での情報収集の大切さや方法など、親が教えたり始めは一緒にするなどしていく事も必要だと思います。

重要なのは「子どもの目の前にある世界」はほんの一部にすぎないと親が教えることです。「受け身の情報収集」ばかりをしている子供が多いです。ほとんどの子供がLINEやツイッターを確認してるか、芸能ニュースを眺めるだけでしょう。本来であれば情報発信をしたり、自分の知りたい情報を積極的に情報収集するべきです。

子供がスマホでする事ランキング第2位!「動画」

最近の調査では、10代・20代がTVよりも動画を視聴時間の方が多い事や小学生のなりたい職業ランキング「YouTuberになりたい」がランクインするなど、子供にとってスマホで簡単に好きな動画を視聴できる「YouTube」動画はとても身近になものになっています。

子供に人気のYouTube動画は?

子供の好きな動画は、ゲームの実況・人気YouTuber「HIKAKIN」や「はじめしゃちょ」・好きなミュージックビデオです。

子供がスマホでする事ランキング第1位!『スマホのゲームアプリ』

スマホを持った子供たちが、1番興味を持つゲームアプリです。簡単に好きなゲームをダウンロードでき、手軽に出来るスマホアプリのゲームは、子供にとって魅力が詰まっています。

子供に人気のスマホゲーム

大人にも子供にも人気の「パズドラ」。パズルをそろえて敵を攻撃する人気のスマホゲームです。その日にしか取れないアイテムやイベントなどがあります。レア度の高い(強い)キャラクターをたくさん引くためには課金が必要です。

キャラクターがかわいい「ディズニーツムツム」。ディズニーキャラクターのツムを時間内で消していくスマホゲームです。イベントでは、新しいツムをゲットするためにミッションをクリアしていくスマホゲームです。

全世界で、大人にも子供にも人気の「ポケモンGO」です。街中にいるポケモンを自分のスマホを通して、子供でも簡単にゲットして育て、進化させていき戦わせるスマホゲームです。全世界で人気のポケモンを自分のスマホでゲット出来るので、ポケモン好きには夢のようなゲームです。

スマホゲームをする上でのお約束

車の運転中や歩きスマホなどで、事故やマナーの悪さでニュースにもなりました。楽しくスマホゲームをするためにも、ケガや子供を守るためにもスマホゲームをする前に子どもとルールや約束をすることをおすすめします。

子供のスマホゲーム依存の問題

ゲームによっては毎日決められた時間にアイテムがもらえたり、期間限定のイベントなどがあり使命感にかられてはまっていく事も多いようです。スマホを止める様に声をかけられてもなかなか止めれなくなっていく子供も多く、スマホを子供に持たせたことで長時間の使用が親の悩みの1つになっています。

スマホゲーム依存とは?

スマホゲームに依存してしまうと、自分ではなかなか止められなくなります。最初に親子で決めたルールを守らなくなったり、学力の低下が起きてもそれでも止められないなど色々な問題が起きてしまいます。スマホゲームの依存は大人だけでなく、子供の社会問題になっています。

基本的にゲームは、プレイヤーの脳を強く刺激するように作られています。そのため、プレイヤーは脳が興奮状態になり、快楽物質であるドーパミンが大量に分泌されます。ドーパミンが放出されると、「楽しい」「幸せ」などのポジティブな気持ちになり、やる気や元気が出てきます。その結果、ゲームに深く集中してのめり込んでしまいます。

子供のスマホゲームによる高額課金の問題

スマホでの課金が1番多い理由としては、自分のキャラクターを強くする為にレア度が高いキャラクターやアイテムが欲しくて、ガチャを回す為に課金するようです。機能制限設定で、App内での購入をオフにしておかないと、購入ボタン押すだけで簡単に課金出来てしまいます。

高額課金を防止するには?

深く考えずに子供が、簡単にスマホで課金をしてしまい何百万円の請求がきたケースがあります。子どもを安全に守るために、各携帯会社のオプションでアプリ制限あるので契約をする際に内容を確認して加入をするのがおすすめです。

スマホ格安おすすめランキング第4位「NTTdocomo forジュニア」

ご契約者の子回線となるなど条件がありますが、「キッズケータイプラスが」2年契約で月々500円で使用できます。毎月のご利用料金を1年間1,500円割引する「ドコモの学割」や家族で加入することで割引があるなど色々なプランがあります。

子供を安全に守る機能は?

月々無料で、年齢に応じてゲームアプリ起動制限や通話の相手先選択などが出来る「あんしんフィルターfor docomo」やコンテンツやアプリを制限できる「フィルタリングサービス」があります。

場所確認や「はなれたよ検索」など子供の安心を守る為に月々\200円で加入できる「イマドコサーチ」・毎年3000ポイント12歳までもらえたりプラス50GB小学校卒業までもらえる「ドコモ子育て応援プログラム」など子供を守り応援するサービスが充実している点はおすすめです。

おすすめ格安スマホランキング第3位「イオンモバイル」

イオンモバイルの料金プランは、HPの料金シュミレーションができシンプルで分かりやすいのも特徴です。家族でデータ容量を分け合えたり、最低通信使用料が\480円からなど格安プランや子供にスマホを持たせる上での安心安全も充実しています。また、解約金がない点もおすすめです。

子供を安全に守る機能は?

月々\150円で格安で加入できる、「子ともパック」は有害サイトやアプリから守る・子供のスマホやSNSの利用データを分析し検知しSNSいじめから守る・子供が安心安全にスマホを利用できるように家族で見守る「スマモリ」など11本の人気のアプリが利用できます。

おすすめ格安スマホランキング第2位!「au miraie f」

子供の居場所を知るGPS機能は、オプションになりプラス\300円でつける事が可能です。他社との電話通話は、終日20円/30秒っており月々\3000円代でスマホを利用できるのは格安で子どもにおすすめのスマホです。

子供を安全に守る機能は?

Webフェルタリング機能・利用時間制限・カメラ付き防犯機能・不適切な言葉の自動チャック機能・月間データ容量2GBなどで\3800円前後で月々スマホを利用できます。

おすすめ格安スマホランキング第1位!「TONE MOBILE」

格安スマホで、月々\1000円で使用できます。TONEをはじめとする各種050電話への無料通話・インターネット使い放題・子供を見守る機能・歩きスマホ禁止・詐欺から守る安心機能が付いています。

090.080.070から始まる番号にプラス750円でかけ放題・親子割・など格安なオプションや格安に購入できるキャンペーンもあります。

子供を安全に守る機能は?

子供の位置情報・連絡先やアプリの制限・利用時間自動設定・Webフェルタリング機能などお子様を見守る機能が充実したスマホです。子供を守る「TONEファミリー」オプションは、月々1000円の中に含まれており格安で利用でき子供もしっかり守れるプランやオプションがあるスマホのためおすすめNo.1です!

子供に携帯を使用させる時の家庭内のルール

子供にスマホを持たせて時に、スマホには子供に魅力的なゲームアプリ・動画・LINEなどあるため、子供の依存が後々親の悩みやなってしまい、使用時間についての決め事はとても大切なルールです。食事中やトイレの中まで持って行き使用するなど、どんどんエスカレートしていくため使用する場所や保管も重要になってきます。

食事中やトイレの中まで持って行き使用するなど、どんどんエスカレートしていくため使用する時間・場所・保管の置き場も重要になってきます。

「スマホ依存」にならないためのルール

スマホは便利な反面、「スマホゲーム依存症」・「LINE依存」や「SNS依存」など大人だけでなく子供の中でも大きな問題になっています。

その1、スマホ使用のルールは、自分で決めさせる。その2、スマホを触っている時、声をかける。その3、スマホより興味をあるものと出逢わせる。その4、約束を破った時は禁止より、振り返りをさせる。スマホに支配されるのではなく、活用できる子供に育てましょう!

スマホを子供に与える時に、依存について親もしっかり理解し親子でルールを決め守らなかった時にどうするかを事前に決める事が、スマホ依存を防止する上で重要になります。

LINEやSNSをする上での伝えるべきこと

LINEやSNSでは、相手の顔が見えないので言葉が過激になってしまったり「既読が付かない」・「既読スルー」という言葉が当たり前の様に使われるなど、スマホによるトラブルも増えています。

スマホトラブルから子供を守るには?

LINEやSNSは、友達や知らない人と手軽にできるコミュニケーションツールです。楽しい反面LINEトラブルやいじめ、SNSには危険も沢山あり、取り組みや学校による指導なども行われています。家庭で子供に危険性やモラルをきちんと伝える事も非常に重要になっています。

1番大事なことは、子供に携帯を渡す前に時々チェックする約束を事前に伝えるなどして、言葉が過激な時や逆にLINEいじめにあっていないかなど確認し、相手の立場にたって考える事を教える事や自分の子供がトラブルに巻き込まれていないかなど注意することも大切です。

スマホトラブルから子供を守る機能とは?

携帯会社によって、不適切な言葉の自動チャック機能・SNSの利用データを分析し検知しSNSいじめから守る機能・制限機能など子供を安心安全に守るおすすめなオプション加入することやアプリを利用するなどスマホ側で出来る事をする事も重要です。

子供を守るアプリランキングNO1の「まもるゾウ+2」

電話やアプリの制限をかける「チャイルド・ガード」機能を使用する方のみ、保護者の方は無料で月々\150円で使用できます。

「まもるゾウ+2」で出来る事とは?

「アプリの利用状況を把握」・Google Playアプリを勝手にダウンロード出来なくする事も可能など「アプリの使用を制限」・発信先・着信元を指定や1回の通話時間を指定できるなど「電話の利用を制限」・「災害時の安否確認」・「帰宅を通知でお知らせ」機能が充実しておりおすすめのアプリです。

その他アプリを利用して出来る事

子供を守る為に家庭での約束以外に、契約をする際に制限や歩き防止など様々なオプションや無料で使用できるものが各携帯会社によって違います。その他にもiPhoneやAndroidによって違いはありますが、利用制限や歩きスマホ防止などアプリをダウンロードすること子供の依存や安全などから守る事が出来ます。

子供の居場所が分かるアプリ

Life360-子供の見守り、家族と位置情報共有アプリは無料で使用できます。子供がちゃんと目的地に到着したり帰利が遅い時など心配の際に使えるだけでなく、災害時の時にも役に立つアプリです。

通話やアプリの制限が出来るアプリ

あんしんモードは、「歩きスマホ」・「アプリの起動やインストール」・「Wi-Fi接続を制限」・「通話発着信制限」することで出来るので、スマホゲーム依存や事故などを防げます。

子供を守りながら安心便利なスマホ生活を!

子供がスマホを持つことで、すぐに連絡を取れる事で便利で安心だけでなく居場所検索が出来る事で、事件や事故のニュースが多い日常の不安から解消できます。一方で、スマホには動画やゲームなど子供に魅力な物もたくさんあります。

家庭で約束やルールを子供と話し合って決める事で、スマホ依存やトラブルを未然に防ぐことが出来ます。親が一方的に決まるのではなく一緒に考え、ルールを破った時はどうするのかも決め実行することが子供を守ることになります。子供を守りながら安心安全なスマホ生活を子供と一緒に考えていきましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-17 時点

新着一覧