離乳食におすすめの鍋は?出産祝いにもおすすめの使いやすい鍋の選び方

赤ちゃんが初めて食べる離乳食は真心込めて手作りしてあげたいものですよね。でも育児や家事が忙しい中、効率よく離乳食を作れたらいいなと思いませんか?初めての離乳食作りに使いやすくて便利な小さめな鍋の選び方をご紹介します。もちろん小さめ鍋は出産祝いにもおすすめです。

離乳食におすすめの鍋は?出産祝いにもおすすめの使いやすい鍋の選び方

目次

  1. 初めての離乳食作りを効率よく進めていくためには?
  2. なぜ離乳食作りには小さめの鍋が便利なの?
  3. 離乳食作りに便利な鍋の選び方は?
  4. 離乳食作りの鍋はどんな材質のものがおすすめ?
  5. 離乳食を作る時の鍋の材質や熱源にも気をつけよう
  6. 離乳食作りが終わった後でも長く使える鍋の選び方を
  7. 離乳食以外でも使える小さめ鍋の選び方
  8. 出産祝いにもおすすめな小さめな鍋
  9. 離乳食の取り分け調理におすすめな鍋の選び方
  10. 野菜をじっくり煮込みたい時におすすめな鍋の選び方
  11. 簡単お手軽調理におすすめな鍋の選び方 
  12. お手入れが簡単で持ちやすい軽い鍋の選び方
  13. 出産祝いにおすすめなおしゃれな鍋の選び方
  14. 小さめ鍋で初めての離乳食作りを便利でお手軽に
  15. 愛着の持てる鍋を選んで離乳食作りも一つの思い出に

初めての離乳食作りを効率よく進めていくためには?

家事や育児をしながらの離乳食作りは何かと大変

離乳食を始める時期は個人差がありますが、生後5ヶ月から6ヶ月くらいに始める事が多いです。この時期はママ自身も育児に少しずつ慣れてきた頃とはいえ、離乳食作りと同時に日々の育児と家事等をしていくのは何かと大変です。

それと同時に赤ちゃんのペースに合わせて生活スタイルも変わっていくので慣れない事でいっぱいだと思うので、ママも赤ちゃんも無理をしない離乳食作りを目指していきましょう。

大人が食べる料理とは大きく違う離乳食

赤ちゃんが食べる離乳食は大人が食べる料理とは味付けや量、作り方が大きく異なります。赤ちゃんのために心を込めて美味しい離乳食を作ってあげたい、でもどのような調理器具を使えばいいのか迷う事が多いです。特に離乳食作りが初めての場合は作り方にも戸惑う事が多いと思います。美味しい離乳食作りのためにも使いやすい調理器具を調べていきましょう。

何かと忙しい育児や家事の中でできるだけママの負担を減らして、毎日の離乳食作りを楽しく簡単に効率よく進めていきましょう。だからこそ離乳食作りには小さめの鍋がおすすめなのです。小さめ鍋でお手軽に美味しい離乳食を作っていってみましょう。

Thumb離乳食の便利グッズをチェック!おすすめの調理器具やアイテムは?

なぜ離乳食作りには小さめの鍋が便利なの?

離乳食作りには小さめの鍋が便利

鍋の大きさは15センチ前後で片手で持てる片手鍋がおすすめです。大きさは手のひらを広げて少し小さいくらいが便利です。18センチ以上の鍋だと作る分量に対して底面積が広くなり、水分が飛びすぎて焦げやすくなってしまうので離乳食作りにはあまり向いていません。それに比べて小さめな鍋は片手でも持ちやすい上に食材が少量であっても煮込む事がでます。

初めのうちは作る離乳食の量も種類も少ない

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんは、初めからたくさんの量を食べる事は難しいものです。その日は気に入って食べてくれていても次の日には食べなかったりという事もよくありますし、せっかく作っても全く食べてくれないという事もあります。少量の食材を小さめの鍋でお手軽に調理して、赤ちゃんが食べてくれそうなものを一緒に探す気持ちでいましょう。

初めのうちは作った離乳食が残ってしまっても、冷凍保存できて数日で使いきれる量で作るのをおすすめします。食べられる物の種類が増えてくるといろんな素材で離乳食を作る機会も増えていきます。赤ちゃんが離乳食に慣れていくように、ママ自身も離乳食作りに少しずつ慣れていきましょう。

小さめの鍋なら火が早めに通りやすい

大きい鍋にお水を入れて沸かす場合、沸くまでかなり時間がかかります。でも小さめな鍋であれば早めにお湯が沸きますし、食材に火も通りやすくなり野菜や魚、お肉を調理するのに最適です。小さめな鍋を使って離乳食作りを簡単にしていきましょう。

Thumb離乳食の冷凍方法!作り置きの保存の仕方や期間・解凍のやり方を伝授

離乳食作りに便利な鍋の選び方は?

手軽に使えて手軽に洗う事ができる鍋

毎日使う上で大事なのは使いやすさです。軽すぎず重過ぎない適度な重さの鍋というのも大事なポイントです。特に育児中は手首に負担がかかり、腱鞘炎になりやすくなっていますので持ちやすさも重視しましょう。手軽に取り出して使えて、洗う事ができたほうが離乳食作りもはかどります。

調理の仕方を工夫しやすい鍋

離乳食初期は赤ちゃんが食べやすいお粥やスープ等、水分が多目のものを作ります。赤ちゃんの成長とともに調理の仕方も変わっていきますし、だしを取ったりして味付けの幅を広げたり食材の柔らかさも変えていきます。

様々な種類の食材でいろんな料理を作っていくようになり、調理の仕方を工夫していく事が多くなります。なので離乳食は一回に作る量が少ないことを考えて調理する時に火加減が見やすく、熱伝導が良い小さめな鍋を選びましょう。

離乳食作りの鍋はどんな材質のものがおすすめ?

調理する材料と鍋の相性も考える選び方を

鍋の材質は様々です。鍋に使われている材質によるメリット、デメリットをご紹介します。調理する材料によっては鍋の材質と相性が良くない場合もあるので、それらを見極めて自分が使いやすそうな鍋を選びましょう。

鋳物ホーロー製の鍋…琺瑯(ほうろう)はベースとなる金属にガラス質でコーティングしたものです。食材の臭いがつきにくくて錆びにくく、酸やアルカリに強いのが特徴です。厚めの鉄がベースとなっているので温まるのはゆっくりですが、熱を鍋全体にじっくりと伝えて食材を柔らかく仕上げます。

ジャムやシチュー等の煮込み料理に最適です。表面がガラス質なので急激な温度変化や衝撃に弱いので気をつけましょう。

アルミホーロー製の鍋…食材の臭いがつきにくく、錆びにくいのが特徴です。アルミがベースになっているので軽くて持ちやすく比較的早めに温まりやすくなっています。さっと食材を茹でたり、温めたい時等の急ぎの調理やソース作り等に最適です。表面がガラス質なので酸やアルカリには強いですが、急激な温度変化や衝撃に弱いので注意が必要です。

ステンレス製の鍋…軽くて錆びにくく、酸やアルカリに強くて比較的早めに温まりやすいく熱が逃げにくいのが特徴です。忙しい時の急ぎの調理に最適でお味噌汁やスープ作りにも便利です。離乳食で野菜を湯通ししたい時等にも使えます。衝撃や変形、急激な温度変化に強いので毎日の調理にも重宝しますが、ホーロー製と比べて焦げ付きやすいので火加減には気をつけましょう。

アルミ製の鍋…軽くて錆びにくいのが特徴です。熱伝導が早くて温まりやすく、うどんやインスタントラーメン等を手早く作りたい時の急ぎの調理に最適です。急激な温度変化に強いので毎日の調理にも重宝します。

軽いぶん変形しやすく、酸やアルカリには弱いので特に果物などを使うジャム作りには向いていません。焦げ付きやすいので調理する時の火加減やお手入れの仕方には気をつけましょう。

離乳食を作る時の鍋の材質や熱源にも気をつけよう

小さめな鍋は底の部分も小さくなるので五徳に置きにくい場合もあります。ご家庭のガスコンロの五徳に安定して乗るサイズかを確認しておきましょう。

電磁調理器の種類によっては威力が弱くなったりする場合があるので、対応する径の大きさを必ず確認してください。鍋自体も電磁調理器に対応するかどうかも購入する前にきちんと確認しておきましょう。

離乳食作りが終わった後でも長く使える鍋の選び方を

離乳食を作る期間は意外と短い

離乳食の期間は母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんが「飲む」から「食べる」への成長を促す準備期間でもあります。そして離乳食の期間は個人差はありますが約1年くらいです。その後は赤ちゃんの成長とともに食べられる量や種類が増えてくると大人の食事から取り分けて作ったり、食べたりする事が増えていきますので離乳食を作る期間は意外と短いのです。

長い目で見ると離乳食作りに使う鍋や道具もできるだけ長く使えたほうがお得で便利です。離乳食作りでも使いやすく、離乳食作りが終わっても長く使えそうな普段使いとしても重宝する使いやすい鍋をみつけましょう。

離乳食以外でも使える小さめ鍋の選び方

毎日の料理やちょっとした調理にも使える鍋を

離乳食作りだけに限らず、普段料理する時に使う鍋の他に小さめな鍋があると非常に便利です。料理用のソースを作りたい時や少量の野菜の下茹で等にも重宝します。ボール代わりに切った野菜を入れておく事もできたりと様々な使い方が可能です。

離乳食作りの他に小さめな鍋はホットミルクを作ったり、ココアやレモネード等の温かい飲み物を作る時にも使えます。ちょっと温めなおしたい時にも便利です。季節の果物で作るジャム作りにもちょうどいい大きさです。お菓子作りでカスタードクリーム等を作る時やチョコレートを湯せんで溶かしたい時にも使いやすいのでおすすめです。

お弁当作りで使う野菜等を茹でたりする時の下ごしらえにも小さめな鍋は便利です。他のお弁当のおかずを作りながら使う事ができるので、少しでも時短したい忙しい朝にはぴったりです。

一人前のラーメンやもう一品欲しい時のスープやお味噌汁を作るのにも便利です。風邪を引いた時等にお粥を作る時にもおすすめですし、忙しい時でも小さめな鍋は後片付けも簡単です。

出産祝いにもおすすめな小さめな鍋

使いやすくて愛着が持てる鍋を選ぼう

プレゼントを渡す相手の好みにもよりますが、出産祝いでは愛着が持てる可愛らしいフォルムや色の鍋を選ぶのも良いでしょう。さらにそれに加えて離乳食作りや毎日の料理でも使いやすい鍋がおすすめです。その中で特におすすめなホーロー製、ステンレス製の鍋を主にご紹介したいと思います。

離乳食の取り分け調理におすすめな鍋の選び方

赤ちゃんの分だけを作る時、もしくは大人の材料から取り分けて別々に調理する時に便利なのが小さめな鍋です。ハニーウェアのミルクパンは軽くて持ちやすく注ぎ口があるので他の保存容器等に移し替えたい時に便利です。離乳食の冷凍保存に重宝します。その他に大人用に調理していた料理を取り分けておいたり、温め直したい時にも便利で使いやすい鍋です。

野菜をじっくり煮込みたい時におすすめな鍋の選び方

加熱時に焦げにくく、材料を入れても温度が下がりにくいといった長所を持っているル・クルーゼ。他の鍋と比べて重めの鍋ですが小さめの片手鍋タイプもあります。離乳食初期は野菜をペースト状にする事が多いので、野菜等をじっくりコトコトと煮込みたい時におすすめです。

淡いピンクと白がとても可愛らしい印象の鍋です。使うのが楽しくなるような見た目で離乳食作りがはかどりそうです。

蓋にも重みがあるので鍋の中の熱や水分が逃げにくい特徴があるシャスール。保温性が抜群なので普通の鍋よりも短時間で食材に熱を通すことができます。もちろんじっくりと煮込みたい時にもおすすめの鍋です。煮込むことで野菜を柔らかくして優しい甘みを引き出してくれます。

簡単お手軽調理におすすめな鍋の選び方 

ステンレス製の鍋は軽くて使いやすく、熱伝導が良いという長所があります。ジオ・プロダクトの鍋は機能美を重視していて、使いやすくシンプルで無駄の無いデザインの鍋です。さっと取り出して使えて、後片付けも楽なところもおすすめです。

ツヴィリングもステンレス製でシンプルな美しさ、スタイリッシュなデザインと機能性を兼ね備えている鍋です。また優れた熱伝導と蓄熱性があるので調理しやすいと高く評価されている鍋です。ステンレス製の鍋は毎日使う鍋として調理しやすく、お手入れも簡単なところが良い点だと思います。

お手入れが簡単で持ちやすい軽い鍋の選び方

テフロン加工の鍋は炒める事もできる

お手入れが簡単と言えばテフロン加工の鍋です。煮る前に少し炒める事もできます。もし焦がしてしまっても焦げや汚れを洗い流しやすくなっていてお手入れが簡単です。深型で小さめなサイズのものが使いやすく、ガラス蓋付属の鍋もあるので調理の幅も広がります。

収納のしやすさも大事

マイヤースターシェフの鍋はフッ素加工されていて調理も後片付けもしやすくなっています。またこの鍋は蓋の持ち手が平らになるので使い終わった後の収納もしやすくなっています。

出産祝いにおすすめなおしゃれな鍋の選び方

可愛い形や色合いで使いやすいミルクパン

ハニーウェアの蓋付きミルクパン。こちらも注ぎ口があり使い勝手がいい鍋です。蓋付きなので少し煮込みたい時や食材を蒸らしたい時、一時的に冷蔵庫で保存しておきたい時に便利です。丸みをおびていてかわいい形をしています。

こちらもハニーウェアのミルクパンです。コンパクトで可愛らしい形の鍋です。他にもいろんな色があり選ぶ事ができます。離乳食作りにはもちろん、温かいココアやソースを作るのに重宝しそうです。

キャラクター柄の鍋で離乳食作りを楽しく

ミッフィーのミルクパンです。キャラクターつきの鍋もかわいいので離乳食作りも楽しくなりそうですし、お子さんも喜んでくれそうですね。このミッフィーのミルクパンは内側にメモリがついているので作る量が一目でわかって使いやすくなっています。

こちらもミッフィーのミルクパンです。持ち手が木製で温かみがあります。かわいいキャラクター柄の鍋は毎日の離乳食作りを楽しくしてくれそうですね。プレゼントにも最適です。

ちょっと珍しい鍋もあると離乳食作りも楽しい

ちょっと珍しい陶器の鍋をご紹介します。馬場勝文さんのミルクパンです。陶器製でもちろん耐熱性なので直火も大丈夫です。(ただし電磁調理器は不可)離乳食以外にもちょっとした煮込み料理やお粥を炊く時に重宝しそうですね。渋い色合いでありながらころんとしたフォルムが可愛らしい鍋です。

小さめ鍋で初めての離乳食作りを便利でお手軽に

育児で忙しい時は便利でお手軽にが一番

赤ちゃんが初めて食べる離乳食を真心込めて作ってあげたいという気持ちはもちろん大切です。初めての育児では何かと張り切り過ぎてしまいがちですが、育児では思い通りにいかないような事もあったりします。

負担をなるべく減らしてうまく時間を使いつつ、効率よくできたほうが気持ち的にもとても楽だと思います。まずは便利な小さめ鍋を使って気楽にお手軽に離乳食を作ってみましょう。

愛着の持てる鍋を選んで離乳食作りも一つの思い出に

育児も離乳食作りも楽しいと思えるように

育児も離乳食作りも初めはわからない事ばかりで大変だと思います。その忙しい育児や家事の中、便利で小さめな鍋の選び方一つで効率もかなり変わり負担も減ります。育児も離乳食作りも楽しいと思えるような、使いやすくて愛着の持てる鍋を見つけていただけたらと思います。

そしてママも赤ちゃんも無理をせずにが一番ですので、自分にとって使いやすい便利な小さめな鍋を見つけて育児も離乳食作りも適度に頑張って楽しんでいきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-31 時点

新着一覧