赤系の髪色は色落ちしやすい?温もりカラーでおすすめのヘアスタイルまとめ

赤系の髪色は色落ちしやすいとよく聞きますね。どのヘアカラーの色も無限ではなく有限であることから必ず色は落ちます。その中でも赤が特に色落ちしやすいとよく聞かれる髪色なんです。今回はそんな赤系の髪色の噂や対策やおすすめヘアスタイル等の情報をまとめてみました。

赤系の髪色は色落ちしやすい?温もりカラーでおすすめのヘアスタイルまとめ

目次

  1. 本当に赤系の髪色は染めてもすぐ色落ちしてしまうのか?
  2. 赤系の髪色にするにはまずブリーチ?
  3. 髪色を赤くする方法の一つ、ヘアカラーとは?
  4. 赤系の髪色を少しでも長持ちさせる方法!
  5. 赤の髪色に初挑戦したい人必見!話題の「暗髪カラー」とは?
  6. 赤系の髪色にした直後は風呂場の壁や地面などにも注意を!
  7. 髪色チェンジなら赤茶色がおすすめ?
  8. 今話題の髪色、赤ベースの暗髪で清潔感アップ!
  9. 髪色は赤茶色でナチュラルヘアも人気です!
  10. 赤系は色落ちしやすいのは本当!髪にあったシャンプーをしよう!

本当に赤系の髪色は染めてもすぐ色落ちしてしまうのか?

赤系は美容室で染めても、市販のヘアカラーで染めてもどちらも色が入りにくいとか色が落ちやすい、とよく聞きますよね。染めて一週間も立たないうちにただの茶色になってしまったというのもよく聞かれるし経験されてる方も多いのではないでしょうか?

やはりみなさん赤系の髪色の落ちやすさに悩んでるようですね・・・。落ちたらまた染めに行ってまた落ちる→染めるの繰り返しで髪のダメージも悩みの種でもありますね。美容院でおすすめのカラートリートメントの効果があればいいのですが。

赤系の髪色にするにはまずブリーチ?

日本人の髪色は、基本的に黒髪が多いですよね。それは、メラニン色素であるユウメラニンというものが多いので黒髪の方が多いのです。逆に地毛がブロンドヘアの場合は、フェオメラニンというメラニンの中でも違う色素が多いので髪色が違うのです。

地毛がブロンドの人に比べ、地毛が黒髪等の暗めの色の人はカラー自体の効果が薄く非常に色が入りにくいのです!なので明るくしたい場合はまずブリーチをして黒い色を抜かなければならないのです!

ブリーチとは?

ブリーチというのは、髪の色を抜く漂白剤のようなものです。日本人は殆どの方が黒髪なので、ブロンドなどの明るい色にしたい場合は、まずブリーチ剤で髪の色素を抜いてからのほうが、ヘアーカラー剤で染めるときれいに染まります。

市販のブリーチ剤は非常に強力です!髪や肌が弱い人は、美容院で美容師と相談して、髪質に合ったおすすめのブリーチを施してもらうのをおすすめします!

ブリーチをする目的というのは、暗めの色を抜いて新たに髪色を入れることに適しています。しかし、ブリーチをしてしまうと漂白剤を髪に塗っているのと同じで、暗めだった髪色が白くなってしまいます。色素を抜くときに髪の栄養もごっそりと抜かれてしまうため、髪へのダメージはとても大きいのです。

髪色を赤くする方法の一つ、ヘアカラーとは?

ヘアカラーとは、地毛の黒髪の上からカラーをのせて施すことを言います。赤やピンクのカラー剤で茶色に近い色を作ることもできます。グレーのカラー剤で今人気のアッシュを作ることもできます!

ブリーチよりはヘアカラーの方が髪は傷みにくいですが、ヘアカラーだけではブロンドのような明るい髪にすることは出来ません。より明るくしたい場合には、ブリーチで脱色後、ヘアカラーで一気に暗い色から明るい色にする方法が効果的です!

赤系の髪色を少しでも長持ちさせる方法!

暗い髪色から明るい髪色するためにはブリーチでユウメラニンを破壊しなければならないという事を理解しましたでしょうか?次は少しでも明るめの髪色を持続させるためのおすすめで効果的な方法の紹介です!

希望のカラーが明るければ明るいだけ多くのユウメラニンを破壊する必要があるのです。そしてユウメラニンを破壊すれば破壊するだけ髪のダメージも大きくなります!髪や肌が弱い方は細心の注意をもってカラーリングしなければならないということです。

赤系のヘアカラーは酸性染料を髪に入れる必要があります。酸性染料は色素が大きい為、髪の中まで浸透せず、表面しか染まらないのです。その結果、シャンプーなどで染料が洗い流されてしまい、色落ちしやすくなってしまうというわけです!

赤色の落ちを少なくするおすすめの方法としましてまず、シャンプーをする際は頭皮を中心に洗うようにしましょう!シャンプーも弱酸性の物を選んだ方が効果的です!お店やネットで調べてから購入するようにしましょう!

トリートメントを付ける時も、揉みこみすぎると髪の中の色素も一緒に揉みだされてしまうため、軽く馴染ませてコームで優しくコーミングして馴染ませるのをおすすめします!

赤系の髪色は熱に弱いという性質もあります!ドライヤーを充てる時も髪から10センチ程離して、長く当てないようにしなくてはなりません!髪を洗う時のお湯の温度にも注意が必要です!

色を長持ちさせる?今話題のピンクシャンプーとは?

みなさんはピンクシャンプーと言う商品を知っていますか?この商品なんと赤などの明るめの髪のヘアカラーの色持ちをよくすると言われている商品なんです!赤系の髪色は色落ちしやすいと言われているので、長持ちさせてくれるシャンプーがあるのはうれしいですね。

こちらの商品は、ロフトやドン・キホーテ、ネット通販サイト、薬局などでも購入が可能です。使用は3日に1回でもいいとの事ですが毎日使用しても問題ないとの事です。

ピンクシャンプーは赤系等の明るめの髪じゃないと効果がない?

人気のピンクシャンプーですがなんと黒髪等の暗めの色には効果がないそうです。髪色が明るめの茶色なら赤味は入るみたいです。各種SNS等の報告でも茶髪は変色するとの報告が沢山上がってますね!

値段は通常のシャンプーに比べると少し高めになっていますが、ダメージが少なく明るめの髪なら比較的簡単に染まってくれるということなのでこの値段でも人気が出るのも頷けます。シャンプー感覚で使用できるのでムラなども少なくできそうです!

ピンクシャンプーのほかにパープルシャンプーもあります!

ピンクシャンプーの他にもパープルシャンプーもあるみたいですね!こちらも名前の通りに紫色の色素が配合されています!こちらのパープルシャンプーで長持ちさせるのが効果的な髪色はアッシュやミルクティー系のカラーにバッチリだそうです!

ピンクシャンプーもパープルシャンプーもお風呂場や壁などに泡が飛んで付く可能性があります!すぐに洗い流せば色は落ちるとのことですが注意が必要です!

シャンプーですので指を使うことになると思います。爪のすきまに入って後から大事な洋服に付くこともあるそうです。シャンプー後は念入りに爪の間も洗った方がいいみたいです。気になる方はビニール手袋を使うと手間が省けますよ!

赤の髪色に初挑戦したい人必見!話題の「暗髪カラー」とは?

明るさを出したい場合は暗い髪色からブリーチして12トーン程、明るくする必要があるのですが、そうするとどうしても色落ちがしやすくなってしまいます。

暗髪カラーとは大体はブリーチして6から7トーン程の事を言います。こちらのほうが倍くらいの持続性があり、色落ちしても比較的綺麗な髪色を保っていられるというので効果的でおすすめですね!

赤系の髪色にした直後は風呂場の壁や地面などにも注意を!

ヘアカラーやヘアマニキュアなどは風呂場の壁や地面に付くと非常に落ちにくいです!特にカラーリングした直後のシャンプーなどは真っ赤なので、細心の注意が必要になるのです!

忘れがちな「排水溝」も注意が必要です!染料は最終的にここに流れ着くわけで、実は一番汚れる場所でもあるのです。汚れるのが嫌な人は、予めビニールシートなどで周りを覆ってシャンプーするのをおすすめします!

美容師が髪色のおススメを赤と言ったらヤバい?

みなさんは美容院で美容師の方から赤系の髪色をおすすめされた経験はありますか?それか赤色にしたくてたまらない!と思ったことはありませんか?なんと、その理由があるという事なので調べてみました!

衝撃的なツイートですね・・・。もっとも全ての美容師さんがそういう考えではないとは思いたいですね。ですがこのツイートには同意する意見や髪色の赤を進める理由が分かったなどのリツイートが沢山寄せられてるそうです。

髪色チェンジなら赤茶色がおすすめ?

赤みのある髪色は肌色とも馴染みやすいので、ナチュラルな雰囲気を演出してくれます!人気の赤茶色は比較的男女ウケのいい優しい髪色のためおすすめですね!

ナチュラルなショートヘアで男女のウケもいい!落ち着きがある大人可愛い印象のヘアスタイルです!ショートヘアーは清潔感も効果的に出してくれるがまたポイントが高いですね!

今話題の髪色、赤ベースの暗髪で清潔感アップ!

ストレートの暗めのショートボブヘアが大人気ですね!街中でも結構このヘアスタイルの女性をよく目にします!明るめに比べて暗めのカラーは清潔感があるヘアスタイルになりやすいそうなのでおすすめですよ!

髪色は赤茶色でナチュラルヘアも人気です!

毛先をカールさせたロングヘアです!ゆるふわ質感を優しく引き立てる赤茶色のヘアカラーは非常に効果的です!暗めのカラーでもこちらのヘアスタイルなら十分引き立ててくれそうです!

赤系は色落ちしやすいのは本当!髪にあったシャンプーをしよう!

明るめの色の中でも赤系が特に落ちやすいというのを分かっていただけたでしょうか?この記事でも紹介したピンクシャンプーなどを上手に使い対策していくことが大事になってくるようです!

各種SNS等を調べてみてもみなさんは赤系のカラーは色落ちが気になるみたいですね。対策をしっかり立ててカラーリングする必要がありますね。ヘアカラーやブリーチ等は髪を非常に痛めやすいのでトリートメントなどのケアを忘れずにカラーリング生活をエンジョイしてくださいね!

関連するまとめ

Thumbヘアカラーは赤で女性らしさを!レッド・ピンク系の人気ヘアスタイル特集
Thumbミルクティーヘアカラー特集!髪色をかわいくして、おしゃれ女子に!
Thumb茶色の髪色ヘアカタログ!暗めのブラウンヘアカラーが人気!
Thumbピンクグレージュのヘアカラーが人気!おすすめの可愛い髪型は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-12-03 時点

新着一覧