一人暮らしのベッドでおすすめサイズは?選び方や注意すべきポイントまとめ

一人暮らしをする際に必要な家具で欠かせないのがベッド。しかし一人暮らしのベッドを選ぶ時、どんな大きさがいいのか、どんな機能が便利なのかなかなかわかりにくいですよね。今回はそんな一人暮らしの方向けにベッドの選び方や注意点についてまとめました。

一人暮らしのベッドでおすすめサイズは?選び方や注意すべきポイントまとめ

目次

  1. なぜベッドが必要なのか?
  2. 一人暮らしにベッドは必要?
  3. 一人暮らし用のベッドを選ぶ際はダニ・カビ対策を忘れずに
  4. 一人暮らし世帯はベッドの質で睡眠の質が決まる!?
  5. 一人暮らしだからこそベッドを選ぶ
  6. 一人暮らし用ベッドの選び方と注意点
  7. 一人暮らしの方はベッドの大きさに注意しよう
  8. 一人暮らしのベッドを選ぶ際に必要なサイズ一覧
  9. 一人暮らし用ベッドのおすすめサイズ!【8畳以下の部屋】
  10. 一人暮らし用ベッドのおすすめサイズ!【8畳以上の部屋】
  11. 一人暮らし用ベッドの色が部屋の色調を整える!?
  12. 一人暮らし用ベッドとセットでマットレスを選ぼう!
  13. ベッドのマットレスの選び方と注意点
  14. 一人暮らしでベッドを選ぶならこの時期がベスト!
  15. ベッドを選ぶ際は家具販売店へ足を運ぼう!

なぜベッドが必要なのか?

一人暮らしが始まるしベッドを購入しようとお考えの方!なぜベッドが必要か考えたことはありますか?一人暮らしをするとなると家具を揃えないといけない=ベッドは必須と考えているのであれば、一度立ち止まって考えて見ましょう!

一人暮らしにベッドは必要?

一人暮らしにベッドは必要か?結論からいうと、「ベッドはあった方が良い」といえます。ではなぜ一人暮らし世帯にベッドが必要になってくるのでしょうか?

その理由は大きく2つあります。まず一つ目はダニ・カビ対策。ベッドと床に布団を敷いて寝るのには大きな違いがあるのです。そして一人暮らし用のベッドがあった方がいい理由二つ目はベッドの質=睡眠の質だからです。自分にあったベッドとマットレスを使用することで睡眠の質はグッと向上するのです!

と言われても、なかなか理解しづらいと思うので、もう少し細かく一人暮らしの方がベッドを使用した方がいい理由をご紹介していきましょう!

一人暮らし用のベッドを選ぶ際はダニ・カビ対策を忘れずに

ダニやカビはベッドなどの寝具につきものと言えます。いわばどこの家庭にも生息している言われており、ベッドなどを清潔にしないとアトピーなどの健康被害も出てきてしまうのです。一人暮らし世帯も例外ではありません。

まずカビは65%以上の湿度と20~25度の温度の環境下で繁殖すると言われています。湿度が高ければカビはどんどん繁殖していき、寝具の衛生は悪くなってしまいます。そんなカビを防ぐための解決策の一つが通気性の良い一人暮らし用のベッドを使用することなのです。

通気性の良い一人暮らし用のベッドを使用すると通気性は非常によく、カビが発生しにくいと言われています。またベッドによっても通気性を向上させるため、すのこタイプだったり4脚で支えるのみの一人暮らし用ベッドも多数販売されています。

そしてダニですが、ダニも寝具に棲みつく代表格ですよね。お布団に棲みついたダニが死骸となったままその上に寝てしまうとアレルギーやアトピーなどを引き起こすと言われています。ベッドだとある程度の高さがあるので床に布団を敷いて寝るよりかは比較的衛生的に良い環境で睡眠がとれます。

Thumbすのこのベッドにカビ!カビを除去する方法・対策を徹底解説!

一人暮らし世帯はベッドの質で睡眠の質が決まる!?

一人暮らしの方がベッドを使用する理由の二つ目はやはり、ベッドの質で睡眠の質が決まるということではないでしょうか?ベッドを使用するときに必ず必要なマットレス。このマットレスとベッドは人の睡眠に大きな影響を与えます。

またこのベッドの寝心地がいい、このマットレスが自分の姿勢に合っているというのは、人それぞれ違いますよね。つまり実際寝具店などに足を運び、実際に寝てみることが重要です。一人暮らしの方に限らず、人からおすすめされたものが必ずしも自分の寝姿勢にも合うということはありません。

また床に敷いた布団に寝ていて朝起きたら腰や背中が痛かった、なんだか眠れている気がしないという経験をお持ちの方も多いんじゃないでしょうか。単なる寝心地と言えど、睡眠の質を考えるのであれば、寝心地を追求する必要があります。一人暮らし世帯ならなおさら睡眠の質を向上させることが可能なのです!

一人暮らしだからこそベッドを選ぶ

一人暮らしの方がベッドを選ぶ理由を大きく2つ紹介しましたが、いざベッドを選ぼうとしても、そのサイズや特徴などは多種多様です。ただ、家族や他の人の事情を考慮しなくて良いので、本当に自分の寝姿勢、寝心地、そして趣味にあったベッドを選ぶことができますよね。これこそ一人暮らしの特権ですよ!

また、ベッドは家具のなかでも最も大きな家具の一つ。1Kなど一人暮らしに多いタイプの部屋だと、ベッドのタイプや色調で一気に部屋のイメージも変わってしまいます。そこで一人暮らし世帯注目のベッドの選び方をご紹介していきます。

一人暮らし用ベッドの選び方と注意点

一人暮らし用のベッドの選び方と注意点をご紹介していきます。しかしおすすめのベッドは人によって十人十色です。これは万人におすすめです、とは言えないのがベッドの特徴です。では一人暮らし用のベッドを選ぶ際はどんな視点で検討すればよいのでしょうか?

まずはベッドの大きさです。ベッドといえどもそのサイズは何種類も存在します。一人暮らし用のシングルタイプのベッドから、3人家族全員が寝られるキングサイズのベッドなど・・・・。一人暮らし世帯でもどれくらいのスペースを確保できるかというのを考慮しながら選ぶ必要があります。

そして次にベッドの色調です。先ほども触れたようにベッドは最も大きな家具の一つ。ベッドの色一つで部屋の雰囲気やイメージは一変してしまいます。実際一人暮らし世帯の部屋にベッドを配置したときに部屋のイメージと合わない、なんてことにならないよう注意が必要です。

次にマットレスです。ベッドを購入する際にほとんどの方がこのマットレスを購入します。寝心地を決めるのはほとんどの場合、マットレスの仕組みとも言えます。それ故、一人暮らしだからこそマットレスの質にこだわってみましょう。

そして最後は購入時期です。気になるベッドがあった!自分の寝姿勢にぴったりのベッドがあった!でも価格を見ると…予算オーバー…なんてことにならないようにベッドが安くなる購入時期をご紹介します。一人暮らしの費用を抑えるためには必見です!

Thumbソファーベッドのおすすめ20選!寝心地抜群なおしゃれなソファーは?

一人暮らしの方はベッドの大きさに注意しよう

ではまず最初にベッドの大きさについてご紹介していきましょう。一人暮らし世帯に限らず一般的に流通しているベッドの大きさは全部で6種類。一人暮らし世帯向けのシングルサイズから、親子向けのキングサイズまであります。今回は一人暮らしの方向けにサイズ別の特徴をまとめました。

一人暮らしのベッドを選ぶ際に必要なサイズ一覧

一人暮らしの方がベッドを選ぶ際に気になるのはベッドの大きさ。一人暮らしだとせいぜい一人用、もしくは少しゆったりめで2人が寝られるくらいの大きさがベストですよね。そこでまずはベッドのサイズについて一挙ご紹介します。

一人暮らし用ベッドのおすすめサイズ!【8畳以下の部屋】

東京で一人暮らしをするとなるとだいたい6畳程度、地方都市でもおそらく8畳程度がほとんどじゃないでしょうか?そこでまずは一人暮らしの家を6畳〜8畳程度だと仮定してご紹介していきますね。

シングルベッド

まずはシングルベッドです。一人暮らしの方には最もスタンダードなサイズでしょう。シングルベッドとは幅が100cmです。シングルベッドはそのコンパクトさから、収納付き、ロフト付きなどアレンジが楽しめるところが特徴ですね!

セミダブルベッド

次にセミダブルベッドです。一人暮らしの方で少しゆったり眠りたいという方にはオススメのベッドのサイズです。セミダブルベッドは幅が120cmです。一人暮らしでなくとも、小柄な女性なら2人寝られる大きさです。

セミダブルの選び方の注意点は、セミダブル用の布団や毛布が少ないということ。セミダブルベッドの布団や毛布はダブルベッドの大きさのものを使用することになるでしょう。

ダブルベッド

次にダブルベッドです。大人が2人寝られる大きさのサイズ感です。また一人暮らしでも大柄な方がゆったり寝るのには最適でしょう。ただ6畳から8畳程度の一人暮らしの部屋で配置できるベッドのサイズはダブルベッドが限界でしょう。

一人暮らしでなくとも、新婚の夫婦や新生活を始めるカップルなどにもオススメのサイズです。要はダブルベッドは名の通り2人で寝ることを想定したベッドですので、一人暮らし世帯が使用するならば、よほど大柄な方でない限り、スペースが余ってしまうかもしれません。

一人暮らし用ベッドのおすすめサイズ!【8畳以上の部屋】

地方の大学に進学して一人暮らしをする方、地方に転勤になり一人暮らしをする方。理由は様々ですが、東京などの大都市ではなく地方都市に一人暮らしをする場合、嬉しいのは部屋の広さですよね。

地方都市で一人暮らしをするのであれば、8畳以上の部屋も少なくありません。そこで8畳以上の部屋に一人暮らしをする方にオススメのベッドのサイズをご紹介していきましょう。

ワイドダブルベッド

まずは、ワイドダブルベッドです。ダブルベッドのサイズはシングルベッドの1.5倍で、幅は150cm程度あります。ただし、日本ではあまり出回っていないタイプなので布団や毛布はダブルベッドのサイズのもので代替する必要があります。

ダブルベッドのサイズでも十分だけど、せっかくならもう少し贅沢してゆったりと睡眠を摂りたいという一人暮らし世帯の方には最適な大きさでしょう。

クイーンベッド

次にクイーンベッドです。クイーンベッドは幅が160cmあるので、大人が2人ゆったり寝られるサイズです。一人暮らしの方だと十分過ぎる大きさです。地方都市なので一人暮らしでも寝室があるという方で、睡眠が何よりも大切!という方が選ぶベッドのサイズでしょう。

キングベッド

最後にキングベッドの紹介です。一人暮らしの方でキングベッドを選ぶ方はほとんどいないと言ってもよいでしょう。ただ日本に流通する最も大きなベッドのサイズですので、紹介はしておきますね。キングベッドは幅180cmあり、大人2人子供1人が寝ても十分な大きさです。

一人暮らし世帯であれば、ベッドで部屋いっぱいになってしまうかもしれません。さらに1人で寝るには大きすぎるサイズですので、一人暮らし世帯でキングベッドを選ぶ人はほとんどいないといえますね。

一人暮らし用ベッドの色が部屋の色調を整える!?

一人暮らし用のベッドの大きさが決まれば次に一人暮らしのベッドの色合いを決めていきましょう。一人暮らしの部屋の大きさは限られています。それ故ベッドなどの大型家具の色合いは部屋の色調や雰囲気も決定づけてしまうということが1つの注意点です。

では、一人暮らしの部屋の大きさを考慮したとき、おすすめのベッドの色合いはどんな色があるのでしょうか?

ブラウン

まずはブラウンのベッドです。一人暮らしの方がよく選ぶシングルベッドにはブラウンが最も多いでしょう。一人暮らし世帯の部屋の大きさを考慮すると、ブラウンは部屋に温かみを演出する一方で、床や壁の色に馴染みやすいので悩んだ時にはブラウン!という選び方も1つの得策でしょう。

ダークブラウン

次にダークブラウンなどの暗めの色合いのベッドです。一人暮らしをする男性で部屋の色調をシックな感じにしたいという方も多いんじゃないでしょうか?そんな一人暮らし世帯にはダークブラウンなどの暗めのベッドがおすすめです。

注意点としては、ベッドの色合いが暗めなので、部屋の色調も暗めになります。他の家具がブラウンや明るい色でまとめているのに、ベッドだけシックな色合いだと部屋全体の色調が崩れることなってしまいます。選び方の注意点としては部屋の家具の色をしっかり考慮して、配置した時の部屋の色調を想像することが大切です!

ホワイト

女性にダントツ、おすすめなのがホワイトです。ホワイトのベッドはどんな部屋にも合わせやすく、他の家具との相性も抜群です。さらに現在多くの家の天井が白っぽいので、白のベッドを置くと少し部屋が広くなったように感じられるのもおすすめです。

また一人暮らし世帯の部屋にホワイトのベッドを配置すると部屋が明るく感じられます。一人暮らし世帯特有の部屋の圧迫感も感じずに過ごせるのもホワイトのベッドの特徴ですね。

その他の色(モスグリーンなど)

余り見かけることはありませんが、モスグリーンや藍色など、少し色味に特徴のあるベッドもあります。そのようなベッドの選び方の注意点は、一人暮らしの家に配置したときの他の家具とマッチするかどうかです。一度想像してみて、ベッドの色合いが部屋の色調を壊さないか確かめてみましょう。

単にベッドの色といっても一人暮らしの家の色調や雰囲気に与える影響は非常に大きいです。一人暮らし世帯にとって、一度配置した時の雰囲気を想像するということはベッドの選び方としてはおすすめの方法と言えますね!

Thumb風水でベッドの位置と方角はどこがいい?寝るだけで幸運を呼び込む方法

一人暮らし用ベッドとセットでマットレスを選ぼう!

一人暮らし用のベッドを選べたら、次にマットレスを選びましょう。マットレスはベッドと同様、人間の睡眠の質に大きな影響を与える寝具の1つです。一人暮らし世帯にとっては1人だからこそこだわれるポイントでもあります!そこでまずはマットレスの種類から見ていきましょう。

ポケットコイルスプリング

ポケットコイルスプリングとは最も一般的なマットレスの仕組みの1つです。振動が伝わりにくく、市販されているマットレスには最も使用されています。国産のマットレスの9割以上がこのポケットコイルスプリングを採用しているとも言われています。

つまりポケットコイルスプリングは寝姿勢や寝心地を追求し、最も質の良い眠りを生み出す仕組みだと言えますね。自分の寝心地を優先できる一人暮らし世帯のマットレス選び。是非、家具販売店に足を運んだときにはその感触を確かめてみてください。

オープンコイルスプリング

次にオープンコイルスプリングと呼ばれる仕組みです。オープンコイルスプリングは少し硬めのマットレスをお求めの方におすすめのマットレスの仕組みです。昔硬いベッドが好まれた時代に開発された仕組みですが、格安のマットレスなどには現在も使用されています。

マットレスの選び方の注意点としては、このオープンコイルスプリングには気をつけましょう。マットレスが硬い故、腰や背中を痛める可能性があります。もちろん低反発素材だと寝心地が悪くなる一人暮らしの方などは一度お試しいただくことをおすすめします。

ベッドのマットレスの選び方と注意点

ベッドのマットレスの選び方は、まずなによりも実際に寝てみることをおすすめします。どれだけマットレスの仕組みを理解しても、一度寝てみてその寝心地を確かめるには敵いません。実際に家具販売店に足を運び、実際に感触を確かめる選び方がポイントです。

ベッドのマットレスの注意点としては、その素材と通気性です。実際寝心地が良ければ、次はマットレスの通気性を調べましょう。あまりにも素材が密に詰まっていると風通しが悪くカビやダニの温床になりやすくなります。家具販売店のスタッフなどに素材について質問することがおすすめです。

一人暮らしだからこそこだわれるマットレス。是非、よく検討してから購入することをおすすめします。

一人暮らしでベッドを選ぶならこの時期がベスト!

一人暮らしが決まって、あとは一人暮らし用のベッドを調べて、購入するだけ!という方…少し待ってください!一人暮らしの方がベッドを購入する時期はよく検討する必要があります。一人暮らしをするのにも費用がかさむという方はなおさらベッドの購入時期を調べましょう。

今回は一人暮らしの方がベッドを購入するおすすめの時期をご紹介します。正しい時期に購入して一人暮らしの新生活の費用を少しでも抑えましょう。

棚卸しの時期

まず棚卸しの時期を狙いましょう。棚卸しの時期とは2月や8月が多いと言われています。少しでも在庫を減らしたい販売店としては価格を少し下げてでも売ってしまいたいというのが本音です。それ故、在庫が一気に処分される棚卸しの時期はベッドの購入時期としておすすめの時期なのです。

特に一人暮らしをすると決まる時期にもよりますが、大学生などは試験が終わった2月中旬、下旬などには一人暮らしの準備としてベッドの購入を検討したほうがよいでしょう。

新商品の投入時期

一人暮らしを初めて数年経ち、そろそろベッドを買い替えたいという方は、新商品の投入時期を待ちましょう。新商品が投入される時期は型の古いベッドが若干値下がりします。一人暮らしの方でベッドの買い替えを検討されている方は、是非新商品の投入時期に注目しておきましょう。

新生活キャンペーン後

一人暮らしが長くベッドの買い替え検討している方、また今までは布団で寝ていたけどベッドの購入を考えている一人暮らしの方におすすめの時期の1つが新生活キャンペーン後の5月あたりです。

多くの家具販売店では、一人暮らし世帯に向けて「新生活応援!」などでまとめ売りをすることが多いです。しかしそんな4月のセール期が終わるとベッドなどの大型家具の需要は落ち着きます。一人暮らしの方でベッドの購入を検討されている方は是非セール直後、5月の購入を検討しましょう。

ベッドを選ぶ際は家具販売店へ足を運ぼう!

さて、一人暮らしの方のベッドの選び方、いかがでしたでしょうか?ベッドといっても大型家具ですので、一人暮らしの方にとっては、大きな買い物ですよね。それ故、ベッドを選ぶ際には必ず家具販売店に足を運びましょう。

スマホでワンクリックで購入するのも可能ですが、やはり寝心地や感触は自分で足を運び体験してみないとわかりません。是非一人暮らしの快適な生活のためにも、自分の足で動くことが大切です!

Thumbベッドおすすめメーカーまとめ!一人暮しには?失敗しない選び方

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-23 時点

新着一覧