お香の効果がすごい!浄化作用や場所・香り別の効能について紹介

色々な効果を持っているお香。最近は、お家でお香を楽しむ方が増えてきています。そこで今回ご紹介するのは、香りだけのイメージではなく、お香が持っている効果やたくさんある香りの中からピックアップした種類の香り別の効果もご紹介します。正しく活用して効果をゲットです。

お香の効果がすごい!浄化作用や場所・香り別の効能について紹介

目次

  1. お香の効果はこんなにもあった!?効果的な活用法を徹底解剖!
  2. お香ってどんなアイテム?
  3. お香の選び方って?
  4. お香の効果の前に…種類をチェック!
  5. お香の効果はコレ!
  6. お香を使った浄化効果とは?
  7. お香を置く効果的な場所って?
  8. お香を焚く時の注意点
  9. グリーン&ハーブ系のお香の特徴や効果
  10. スパイス系のお香の特徴や効果
  11. フローラル系のお香にはどんな効果がある?
  12. シトラス系のお香にはどんなスッキリ効果があるの?
  13. エキゾチック系&バルサム系のお香にあったこんな特徴&効果!
  14. 効果的!?おすすめのお香をご紹介!
  15. お香を活かして効果的に使おう!

お香の効果はこんなにもあった!?効果的な活用法を徹底解剖!

最近は、暮らしの中で身近になって来ているお香。好き嫌いは分かれますが、その効果は、色々なものがあります。今回は、そんなお香にスポットを当てて、お香の効果はもちろん、暮らしの中でお香を役立てるためのコツ、さらには、お香の香り別の効果効能をご紹介していきます。

お香ってどんなアイテム?

まず最初にお送りするのは、暮らしの中でのお香の焚き方ではなく、その前にお香についての基礎知識からご紹介していきます。今暮らしの中で、何気なく使っているけどイマイチわからないという方も一度お香の基本的なことからチェックしてみましょう。

お香は…【上流階級の遊びからきている】

お香は、もともとは仏教に通ずるもので室町時代に発展した香りを当て合う香道という上流階級の遊びからきているそうです。形から線香のイメージがアロマテラビーのように癒しや芳香などにも効果が注目されています。

お香の原理とは?

お香は、先に火をつけて消した後に煙を漂わせて楽しむ形で使います。お香には、昔から邪気や浄化などの効果もあるとされていて、魔除けにも使われて来たそうです。心の効果だけでなく、神秘的な効果は後ほど詳しくご紹介します。

お香の選び方って?

次は、お香を暮らしの中に取り入れる時に考慮しておきたい選び方です。お香の選び方には、色んな視点がありますが、その中でも3つのポイントをご紹介していきましょう。

選び方①種類で選ぶ

1つめのお香の選び方は、お香の種類で選ぶことです。お香の種類は大きく分けて3つの種類があります。それぞれにメリットや特徴があり、どこを重視するかによって選ぶ種類が変わります。

選び方②効果で選ぶ

2つめのお香の選び方は、お香の効果からお香を選ぶことです。お香の効果は、心身的に効果が期待出来ますし、自分が得たいさまざまな効果をもとにお香をチョイスすることが可能です。

選び方③香りで選ぶ

3つめのお香の選び方は、香りで選ぶ方法です。お香の香りは、グリーン系やハーブ系、フローラル系などありとあらゆる種類の香りが存在します。人それぞれお好みの香りが違うので、自分の感覚を信じてお香の香りチョイスするのも1つの方法です。

お香の効果の前に…種類をチェック!

先ほどご紹介したお香の選び方をさらに詳しくお届けします。まずは、お香の基礎知識の1つである種類についてです。暮らしの中でどんな形のお香がピッタリなのか、自分の暮らしと照らし合わせながらチェックしていきましょう。

種類①直立タイプ

1つめのお香の種類は、直立タイプのお香です。一番スタンダードなお香の形で仏事などにも使う線香もその1つです。専用のものに立てて火をつけて香りを楽しみます。長さによって燃焼の時間が比例しますし、香りが均一に広がるそうです。

種類②コーンタイプ

2つめのお香の種類は、コーンタイプです。円錐状の形になっていて、一番先のところに火をつけて使います。先が細くなるところから下に行くに連れて面積が広くなる分、香りが強くなるそうです。さらに、灰はそのまま残るので、片付ける時にも簡単です。

種類③渦巻きタイプ

3つめの種類は、まるで蚊取り線香のような渦巻きタイプの形です。燃焼している時間は、先ほどの直立タイプやコーンタイプに比べて長く、広い部屋や空気の出入りが多い場所に活用したりするとおすすめです。時間が長い分、途中で消したい時は、その部分を折ったり、クリップで挟んでおくとGOODです。

お香の効果はコレ!

それでは、先ほどから何度も登場しているお香の効果を詳しくご紹介していきましょう。お香の効果には、さまざまなものがあります。主に心身への効果が期待出来ますが、これは、香りによっても効果が異なります。まずは、大きなお香の効果から一緒に見ていきましょう。

効果①リラックス効果

1つめのお香の効果は、リラックス効果です。現代は、色んな要因が重なり、ストレスを多く感じる社会になっています。ストレスから病気になる方も多く存在しています。お香には、心を落ち着かせてくれたり、暮らしの中で失われてしまう気力を回復させてくれる効果も期待出来るそうです。

効果②気持ちを切り替えてくれる効果

2つめのお香の効果は、気持ちをスッキリ切り替えてくれる効果です。どうしても塞ぎがちな気持ちを前向きにしてくれて、明るい気持ちをくれます。気持ちを癒し、切り替えてくれるお香で暮らしの中の嫌な気持ちをリセットしていきましょう。

効果③浄化効果

3つめのお香の効果は、浄化の効果です。お香の香りがその場所に漂うエネルギーを浄化してくれると言われています。お香は香りだけでなく、火の力や煙の力が室内にあるネガティブなエネルギーをポジティブエネルギーに変えてくれるそうです。

お香を使った浄化効果とは?

それでは、さらに詳しくお香使った浄化効果について触れていきましょう。お香を使った浄化の効果とは、一体どういうことなのでしょうか?暮らしの中で、癒し効果のイメージが強いお香の浄化効果をお話ししていきましょう。

浄化とは?

浄化とは、まるで空間の掃除みたいなものです、「気=エネルギー」を切り替えてくれます。エネルギーは、目には見えないですが、ポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギーがあると言われており、ネガティブエネルギーが籠ると悪いことが続いたり、自分自身の元気もなくなったりします。それをお香で浄化してポジティブへと導くのです。

お香が浄化に効果的だと言われる理由は?

お香の浄化のポイントとなるのは、「香り・火・煙」の3つです。悪い香りがネガティブなエネルギーを持っているので、おこうの良い香りで浄化してあげる必要がありますし、火の力は、昔から悪いものを焼き尽くすと言われています。

そして、お香の香りを部屋中に広げてくれる煙は、ネガティブなものを可視化してくれると言われており、お香を焚く時は、部屋の煙が消えるまで待ったり、ネガティブなエネルギーと一緒に換気してしまうのもGOODのようです。

お香を置く効果的な場所って?

次は、お香を置くためにおすすめの場所をいくつかご紹介します。お香は、色んな場所に置くことが出来ますが、おすすめな香りやポイントが場所によって違います。その中でも代表的な場所を3つお届けします。

おすすめの場所①プライベートルーム

お香を置くおすすめの場所の1つめは、プライベートルームやリビングです。ホッと一息つける場所でもあるプライベートルームやリビングルームにお香を置くことで、その場所の空気がほのかな香りに包まれます。おすすめのお香の形は、スティックタイプやコーンタイプの燃え尽きてしまう種類です。

おすすめの場所②玄関

2つめのお香を置くおすすめの場所は、玄関です。玄関は、人が入って来た時に始めに足を踏み入れる場所です。ドアを開けた時に漂う香りで、そのお家に印象が決まります。そんな玄関をお香で彩ってお客様をお出迎えしましょう。

おすすめの場所③トイレや洗面所

3つめのおすすめの場所は、洗面所とトイレです。水周りの場所には、爽やかな香りで空気をリフレッシュする必要がありますし、トイレに関しては、邪気が溜まりやすいと言われています。空間を清める意味もありますし、トイレの香りもリフレッシュさせてくれます。

お香を焚く時の注意点

次にご紹介するのは、お香を焚く時の注意点です。お香を焚く時には、いくつかの注意点があります。今からお届けする注意点を頭に入れながら活用してあげましょう。

注意点①換気をしながら焚こう

1つめの注意点は、お香を焚きながら換気を行うことです。癒し効果のあるお香ですが、窓を閉め切ったままで焚いてしまうと逆効果になってしまう恐れがあります。煙が籠ってしまう恐れもあるので、換気を取り入れながら使いましょう。

注意点②そばから離れない

2つめの注意点は、お香のそばから離れないということです。火を使う分、周りに引火しやすいものがあったり、その場所から離れてしまうとふとした時にも危険です。暮らしの中で、活用する時は、必ずそばにいて焚くようにしましょう。

注意点③風が来る場所で焚かない

3つめの注意点は、風が来る場所で焚かないということです。風が強いエアコンの下などで焚くと煙が流れてしまう可能性があります。お香は、香りが癒しのポイントです。癒しの効果を得るためにも大切なことです。

グリーン&ハーブ系のお香の特徴や効果

ここからは、癒しの効果を発揮してくれるおすすめの香りをタイプ別にご紹介します。まずは、グリーン系&ハーブ系の香りです。森林系をイメージするような香りと頭をスッキリさせてくれる効果を持つハーブ系の香りからスタートです。

その①ホワイトセージ

2つめは、セージです。その中でもホワイトセージがスタンダードで古来から浄化の効果があると言われています。ネイティブアメリカの神聖な儀式を執り行う前に使用したそうです。ホワイトセージには、気持ちを癒して和らげてくれる効果があるそうです。

その②シダー

シダーとは、正式名称「シダーウッド」と言われていて針葉樹でさまざまな種類があります。シダーウッドの香りは、意志を強く持つことをサポートしてくれたりしながら、意識を安定させてくれる効果があります。目標を固めたり、何かを成し遂げる時の心持ちをサポートしてくれるそうです。

スパイス系のお香の特徴や効果

2つめのお香の香りの系統は、スパイス系の香りです。香辛料にも使われるスパイス系ですが、その刺激の強さから心を刺激してくれて悩みを解決してしまうほど、気分をしっかり上げてくれる効果が期待出来る系統の香りです。

その①バニラ

2つめのお香の香りであるバニラは、甘い香りが特徴のお菓子には、欠かせない香りです。今は、インドネシアなどで栽培されており、特徴的な甘い香りが緊張を和らげて幸せな気分をくれます。さらに、マイナスの気分を+にしてくれる効果が期待出来ます。

その②ジンジャー

3つめの香りは、ジンジャーです。その名の通り、刺激的な香りから気力をくれたり、強い意志力や決断力をくれる効果が期待出来ます。まるで、背中を押してくれるような目標に向かって頑張るための闘志をくれるそうです。癒しというよりも行動をくれる力をくれます。

フローラル系のお香にはどんな効果がある?

次は、フローラル系の香りのお香をご紹介します。今までは、葉っぱなどが中心でしたがフローラル系は、花びらのから作られる香りになります。女性らしい優しい香りのお香をいくつかご紹介します。

その①ジャスミン

ジャスミンは、インドやモロッコなどが原産の低木です。花の部分から香りを抽出して、ストレスを抱えた心を癒してくれたり、イライラした気持ちを鎮めて前向きな気持ちをくれます。さらに、リラックス効果もあるので、ゆったりとした癒しがほしい時は、おすすめです。

その②ラベンダー

ラベンダーは、お香やアロマの中でとてもスタンダードな香りとなっています。古代ローマ時代からハーブとして利用されており、オイルとしても重宝されて来たそうです。ラベンダーは、安眠効果があるということをよく耳にしますが、感情のバランスを整えて、心を落ち着かせてくれる効果があると言われています。

シトラス系のお香にはどんなスッキリ効果があるの?

次は、シトラス系のさっぱりとした香りです。シトラス系の香りには、気分をスッキリとリフレッシュさせてくれる効果が期待出来ます。重くなっていた気持ちを持ち直して明るくしてくれるような香りが揃っています。

その①レモングラス

レモングラスとは、インド原産の植物で「アジアの薬草」と言われているそうです。レモンのような香りがすることからその名がつけられました。レモングラスの香りには、心をリフレッシュさせてくれる効果が期待出来て、手中力を上げたい時におすすめと言われています。

その②オレンジ

シトラス系の中でもオレンジは、とても人気の香りです。オレンジの香りには、心を癒してリラックスさせてくれてエネルギーを与えてくれる効果があると言われています。頭が固まり過ぎてしまっている方も、オレンジの香りを嗅ぐことで考えを柔軟にしてくれるそうです。

エキゾチック系&バルサム系のお香にあったこんな特徴&効果!

次は、少し歴史を感じさせてくれるようなオリエンタルな香りのお香をご紹介します。東南アジアなどに生息する植物から採れた香りだそうです。その香りを嗅ぐだけで、まるでアジアに行ったような気分になります。そして、もう1つのバルサム系は、木の樹脂から採った香りのお香です。

その①チャンダン

チャンダンという香りは、お香の香りラインナップの中で必ずと言っていいほどある香りです。インドのお香の定番と言われている香りになります。チャンダンは、日本語で白檀と言われている香りの木です。心を癒してくれるリラックス効果や安眠効果があると言われています。

その②フランキンセンス

フランキンセンスという香りは、昔から神のオーラを纏った香りと言われていて、お部屋の浄化にぴったりのお香だそうです。その昔、フランキンセンスは、太陽の神であるラーに捧げられた香りとも言われているそうです。瞑想する時におすすめの香りとなっています。

効果的!?おすすめのお香をご紹介!

最後にご紹介するのは、おすすめのお香です。暮らしの中で手軽にゲット出来るお香のブランドをご紹介していきます。

おすすめ①HEM

HEMは、インドのお香ブランドの中でも一番人気のブランドです。香りの種類が豊富でその数は、200種類ほどになります。通販はもちろん、どこの雑貨屋さんに行っても必ずと言っていいほど目にするお香になります。種類は、スティックタイプとコーンタイプがあります。

おすすめ②GONESH

ガーネッシュは、アメリカ生まれのお香ブランドで、名前の由来は、インドで学問やお金の神として崇められているガネーシャから来たそうです。ラインナップが豊富で、スティックやコーンタイプのお香だけでなく、車の芳香剤やソープなどと幅広いシーンで香りを楽しめるようになっています。

Thumbお香のおすすめ人気ランキング!定番や女性向けの人気商品を紹介

お香を活かして効果的に使おう!

お香は、色々な楽しみ方があります。さらに、たくさんの種類があるので、自分のお気に入りの香りを選ぶことが出来ます。今回特集したお香の効果や焚き方を参考にしながら毎日の暮らしに役立ててみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-22 時点

新着一覧