生後8ヶ月の離乳食の量は?中期におすすめ献立や進め方を調査!

離乳食にも慣れてきて、1日の回数や食べれる種類も増えてきた生後8ヶ月!離乳食はどんなものをあげていますか?生後8ヶ月には食べれる種類も量も増えているのでどんな物をあげればいいか悩んでしまいますよね。そこで、進め方や献立など詳しく見ていきましょう!

生後8ヶ月の離乳食の量は?中期におすすめ献立や進め方を調査!

目次

  1. 生後8ヶ月の離乳食はどんどん成長している!
  2. 生後8ヶ月の離乳食は何期に当たるの?
  3. 生後8ヶ月の離乳食はどんな見た目?
  4. 生後8ヶ月の離乳食はどのくらいの量がベスト?
  5. 生後8ヶ月の離乳食で食べられる物は?
  6. 被らないから飽きない!生後8ヶ月の離乳食でおすすめの献立!
  7. 生後8ヶ月におすすめ!月曜日の離乳食
  8. 生後8ヶ月におすすめ!火曜日の離乳食
  9. 生後8ヶ月におすすめ!水曜日の離乳食
  10. 生後8ヶ月におすすめ!木曜日の離乳食
  11. 生後8ヶ月におすすめ!金曜日の離乳食
  12. 生後8ヶ月におすすめ!土曜日の離乳食
  13. 生後8ヶ月におすすめ!日曜日の離乳食
  14. 生後8ヶ月の離乳食の与え方
  15. 離乳食のレパートリーが増えるとママも楽しめるかも?

生後8ヶ月の離乳食はどんどん成長している!

離乳食が始まってから、離乳食作りを楽しみにしていたママも、または不安にしていたママも生後8ヶ月頃になるとそろそろ慣れてきて、作り置きや取り分けなど自分のスタイルが出来てきた頃ではないでしょうか。生後8ヶ月頃なら、赤ちゃんも離乳食に慣れてきて、拒む事なく食べて来てくれているのではないでしょうか?ご飯タイムが楽しくなってくる時期ですね!

生後8ヶ月になったら、今までの離乳食からステップアップして、次の離乳食に移る時期です!でも、生後8ヶ月頃の離乳食はどんなものが食べられるのでしょうか?食べられる物や量、色々疑問は尽きないはずです!そこで!生後8ヶ月頃の離乳食の量や食べられる物を詳しくご紹介していきましょう!便利な献立もご紹介しているので、これで離乳食に悩まなくて済みますよ?

生後8ヶ月の離乳食は何期に当たるの?

離乳食には、初期、中期、後期、そして完了期の4種類の段階があります。生後8ヶ月頃の離乳食は、どの時期にあたるのでしょうか?初期は、もちろん離乳食が始まったばかりの生後5~6ヶ月ですが、それからステップアップした中期は生後7~8ヶ月頃にあたります。歯が生えてくる時期にあたる中期は、咀嚼して食べ始める大事な時期なんですよ。

生後8ヶ月の赤ちゃんは、動きも活発になってきて色々な事が出来るようになってきます。表情も豊かになってくるので、毎日見ていても飽きないくらい可愛いですよね。歯が生え始めるだけでなく、舌を使ってもぐもぐするのもどんどん上手になって来ます。生後8ヶ月の赤ちゃんは、食べ物にも興味がどんどん出てくる時期なので、食べれる物をたくさんあげたいものです。

生後8ヶ月の離乳食はどんな見た目?

離乳食は、中期など段階を踏んで普通食に近づけていく物です。なので、ペースト状だった初期から中期には食材の形が少し残っている状態に移ります。これは、舌を使って喉に流す動作やもぐもぐ咀嚼をするようになる生後8ヶ月に合わせたもの。ごっくん期だった初期から、中期にはもぐもぐ期とも呼ばれる所以です。見た目も普通食に近づいてきます。

生後8ヶ月の離乳食の見た目の分かりやすさは、お粥が一番分かりやすいかも知れません。良く煮えて、形が崩れ始めているかが目安となり、お粥であれば7倍粥程度になります。スプーンやフォークを当てると柔らかく崩れていくのが目安です。分かりにくい場合には、形を残して調理した後に指で潰してみましょう。簡単に崩れるようであれば大丈夫です。

生後8ヶ月の離乳食はどのくらいの量がベスト?

気になるのが、生後8ヶ月の離乳食の1回の量ですよね。個人差がありますが、生後8ヶ月の離乳食はどのくらい準備して与えればいいのでしょうか?生後8ヶ月の離乳食は、バランスを重視して栄養素ごとに3つに分け、その3つをそれぞれの量与えて行きます。1種類だけ量を守って与えるよりも、食べれる量を3種類揃えてバランス良く与える事を考えると良いでしょう。

まずは生後8ヶ月の離乳食の栄養素ですが、大きく分けて炭水化物とビタミンやミネラル、そしてタンパク質の3種類をバランス良く与える事を考えます。色々な物を食べれるようになり、食べる量も増えてきていますがまだまだ消化器官は未熟。脂質は控え、あまり濃い味にならないように気を付けていかなければなりません。初めての食材の量は、初期同様大匙1から与えます。

それぞれの量ですが、炭水化物は50~80g程度、ビタミンやミネラルは20~30g、そしてタンパク質は10~15gを目安に与えましょう。一々量るのが面倒な場合には、大匙1が15gくらいなので参考にするといいでしょう。必ずこの量を与えなければならない訳ではなく、赤ちゃんの様子を見て食べれる量から始めて大丈夫です!無理をしない程度の量にしてくださいね!

生後8ヶ月の離乳食で食べられる物は?

離乳食中期にはほとんどの物が食べれるようになります。中期でも最後にあたる生後8ヶ月は、色々な食材を食事に混ぜて食べさせていってあげましょう!炭水化物は、食べれない物はありません。初期では食べれなかったコーンフレークも中期には食べられるようになるので、様子を見ながら柔らかくしたものを少しずつ食べさせていってあげましょう!

タンパク質は、初期では食べられなかった鮭や鶏肉、納豆や卵が中期には食べられるようになります。鶏肉はささみなどの脂身が少ない部分から始めましょう。卵は、少量ずつ、卵黄も与えて大丈夫です。豚肉や牛肉は中期ではまだ食べられませんが、生後8ヶ月の終わりごろになってきたら、様子を見て脂身が少ない部分を細かくしてあげていっても良いでしょう。

野菜や果物は離乳食として食べられる物全て食べられるようになります。しかし、きのこに関しては完了期である12~18ヶ月まで食べられません。レトルトの離乳食などで、月齢にあった離乳食を買って与えるのもママにとっては助かるアイテムですよね!レトルトの離乳食も交えながら、楽しく進めていきましょう!離乳食のアイディアにも繋がりますよ。

被らないから飽きない!生後8ヶ月の離乳食でおすすめの献立!

離乳食は、忙しいママにとって考えるのが大変な時もありますよね?そこで!おすすめの献立リストをご紹介していきましょう!曜日ごとに分けていますが、曜日が違ってももちろん大丈夫です。まんべんなく献立リストを作るのはちょっと大変なんて時に、この献立リストがあれば考えなくても済むのでとっても便利ですよ?バランスも良いのでおすすめです!

また、献立リストに沿って与えるのはマンネリも防げます。ちょっとずつ味覚が発達してきている生後8ヶ月の赤ちゃんは、離乳食も続くと飽きてきて食べてくれなくなる子もいます。食器を変えてみたり、献立リストの順番を変えてみたりなど、飽きない工夫もとっても大事!飽きてきたな?と思ったら、いつもと変化を加えて与えてみましょう!

生後8ヶ月におすすめ!月曜日の離乳食

月曜日には和食で行ってみましょうか!まずは野菜と魚の豆乳ポタージュです。作り方は、お好みの魚10gとだし汁を大匙2すり鉢などですり合わせておきます。里芋などのいも類を10g4蒸して潰して先ほどの魚と合わせ、豆乳を大匙2加えてレンジで20秒加熱します。ほうれん草を10g、柔らかく茹でて刻んで盛り付ければ完成です!

お粥を炭水化物といて与えるなら、もう少しお野菜が欲しいですか?それなら、煮物を合わせてみましょう!白菜の葉を2~3枚と大根を5㎜程度の輪切りにして2枚程度、細かく刻んで茹でておきます。そこに鶏そぼろ小匙1とだし汁大匙2を加えてレンジで1分程度加熱すれば完成です!すべてレンジで加熱しても大丈夫ですよ!人参やしらすをプラスすると彩りも!

生後8ヶ月におすすめ!火曜日の離乳食

さて、献立リストも火曜日です!月曜日は和食だったので、火曜日はイタリアンで行ってみましょう。トマトのパスタです!人参と玉ねぎを10gずつすりおろし、トマト30gを皮を剥いてから細かく刻んでおきます。炒めながら、ほぐした魚10gを加え、野菜スープを適量入れて細かくしたパスタを入れてとろみがつきながら柔らかくなるまで煮込めば完成です!

加熱によって、ビタミンやミネラルは損失してしまいます。そこでうまく取り入れたいのが、果物のおやつです!特にバナナはピューレにしやすくて離乳食を作るママの味方!30g程度のバナナをすり潰して与えてみましょう。生後8ヶ月なら、チーズやヨーグルトも離乳食で与えれます。カッテージチーズと合わせると、大人も美味しく食べられます。

生後8ヶ月におすすめ!水曜日の離乳食

水曜日の献立リストは、ほっこりする物にしてみましょう。枝豆と魚のコーン煮をスープ仕立てでいただきます。枝豆10gは柔らかく茹でてすり潰し、魚10gをほぐしておきます。レンジでほぐした魚とクリームコーン10g、豆乳大匙2を加熱して枝豆を盛りつければ完成です!豆乳の代わりに、余った粉ミルクを溶いた物を使っても無駄がなくていいです!

粉ミルクを使う場合には、粉ミルクはお湯で溶きレンジで加熱はしません。魚とクリームコーンだけで加熱しておき、そこに溶いた粉ミルクを合わせて混ぜて作りましょう!粉ミルクは、開封後すぐ使いきらなければなりませんが、離乳食の回数が増えてきた生後8ヶ月はついつい余らせてしまいがちですよね?離乳食でどんどん消費していきましょう!

生後8ヶ月におすすめ!木曜日の離乳食

献立リストも水曜日になりましたね。ちょっと意外なヨーグルトを使ったおかずを試してみましょう。魚とヨーグルトの和え物です!南瓜を蒸してマッシュしておいたものを大匙1とほぐした魚10g、野菜スープを混ぜて滑らかにしておきます。そこにヨーグルト大匙1を混ぜて完成です!滑らかなので、離乳食を食べない時に初期に戻すか悩んだら使える献立リストです!

生後8ヶ月でも、離乳食をどんどん食べてくれる子と、ある時期になると食べなくなってしまう子がいます。離乳食を食べなくなってしまったら、無理をして食べさせる事はしないで初期に戻すか興味がある食べ物にしてみるなど工夫が必要です。初期からまた始めるのが不安な場合には、食べやすい滑らかな和え物や、スープなどを有効活用していきましょう!

ささみと豆腐のトマトスープも、そんな時に使えるおすすめのレシピ!トマトを皮をむいて細かく刻んでおいたものと、豆腐40g、ささみをほぐしたもの10gを野菜スープで伸ばしながら混ぜてレンジで加熱するだけです!トマトの量は、彩りをみながら加えましょう。ささみの代わりに鯛を、トマトの代わりに人参でも美味しいですよ!

生後8ヶ月におすすめ!金曜日の離乳食

献立リストも後半戦!金曜日にはにゅう麵を試してみましょう。そうめん8~10gを砕き、よくよく茹でて水でしっかりと洗いながら塩分を取り除きます。ひきわり納豆を10gさっと湯通ししておき、なすを10g皮を剥いてから細かく刻んで茹でておきます。全てをだし汁1/4カップで煮込めば完成です!離乳食用のそうめんがあれば手軽に出来ますよ。

納豆を使ったレシピはまだあります!ミネラルたっぷりの海苔と和えてみましょう。魚10gをほぐしておき、海苔1/8枚はちぎって少量のお湯でふやかしておきます。ひきわり納豆10gはお湯をかけた後すり潰しておき、だし汁大匙1と全ての材料を合わせて完成です!納豆はまとめて下処理をしておいて、小分けにしてフリージングしておくと楽ちんです。

生後8ヶ月におすすめ!土曜日の離乳食

土曜日の献立リストは、さっぱりとしてみましょう!豆腐と鯛の和え物です!真鯛を10gほぐしておき、皮を剝いた枝豆10gを柔らかく茹でておきます。豆腐も10g一緒に茹でてしまうと楽ちんです。野菜スープやだし汁大匙2と全ての材料をすり合わせれば完成です!赤ちゃんの繊細な味覚を育てる、さっぱりとしたレシピです。

さっぱりな献立リストなので、お粥も野菜と合わせたさっぱり系でいきましょう!人参とキャベツ5gずつをみじん切りにしてだし汁5gと一緒にレンジで柔らかくなるまで加熱しておきます。そこにご飯10gを入れ、再度加熱して完成です!シンプルなレシピですが、野菜の形や色などを認識しながら食べれる食育にもなるレシピです。

生後8ヶ月におすすめ!日曜日の離乳食

献立リストもいよいよ最後!日曜日なのでちょっと豪華にしてみましょう!白身魚のひじきあんかけです。白身魚10gは細かくほぐして盛り付けておきます。水で戻したひじきと細かく刻んだ人参それぞれ15gと、だし汁1/3カップを鍋で加熱します。柔らかくなったら、水溶き片栗粉でトロミをつけて盛りつければ完成です!ひじきのミネラルや鉄分が取れるレシピです。

日曜日には、デザートも欲しいですよね!ヨーグルトとすりおろしりんごのデザートはいかがですか?それぞれ15gずつ合わせるだけです!無糖ヨーグルトを使うのもいいですが、ベビーダノンもおすすめです!元々フルーツの味付けがされているのもありますが、ミックスフルーツになって大人も楽しめます。小分けなので、量る手間もいりません。

生後8ヶ月の離乳食の与え方

生後8ヶ月の赤ちゃんは、とっても元気で離乳食を与えるのが大変!でも、ちょっとしたコツで元気な生後8ヶ月の赤ちゃんでも上手に離乳食を食べてくれるんです。まずは、ベビーチェアなどを生後8ヶ月の赤ちゃんにあったサイズのもので座らせてあげましょう。姿勢が安定すると、生後8ヶ月の赤ちゃんでもあごや舌に力を入れやすくなります。

また、スプーンで離乳食をあげる時には下唇に乗せるようにして引き抜きます。奥まで入れてしまうと、むせてしまったり危険です。ママのペースにならないように、生後8ヶ月の赤ちゃんのペースに合わせて咀嚼が終わって飲み込んだのを確認してから次をあげるようにしましょう!スプーンを口に運んだ時も、赤ちゃんがくわえるまで待ってあげましょう。

離乳食のレパートリーが増えるとママも楽しめるかも?

生後8ヶ月の赤ちゃんは、成長が盛んな時期!離乳食もどんどん進んでいきますが、動き回る生後8ヶ月なので、ママも一苦労かもしれませんね。色々な工夫を加えながら離乳食を進めていけば、生後8ヶ月の赤ちゃんも飽きることなくママも楽しんで離乳食を進めていけるはずです!

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumb生後12ヶ月の赤ちゃんの特徴は?離乳食の卒業時期や生活リズムを整えよう
Thumb離乳食にピッタリなレバーペーストの作り方!下処理や冷凍はどうするの?
Thumb離乳食初期に鯛がおすすめ!冷凍の仕方やお刺身の活用法を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧