お腹に優しい・消化の良い食べ物は?胃腸・体調不良時のおすすめレシピ特集

胃腸の消化によく、お腹に優しい食べ物やレシピをまとめました。体調や胃腸が優れない場合は消化によくてお腹に優しい食べ物をとることが大切になります。お腹に優しい食べ物レシピをチェックして、体調が悪い時も胃腸の消化に良い栄養をとっていきましょう。

お腹に優しい・消化の良い食べ物は?胃腸・体調不良時のおすすめレシピ特集

目次

  1. 胃腸の消化に良く、お腹に優しい食べ物を知りたい
  2. 胃腸の消化に良いお腹に優しい食べ物とは?
  3. お腹に優しいレシピなら温かい食べ物がおすすめ
  4. 食べ物を柔らかくする調理レシピでお腹に優しい状態にする
  5. 胃腸に負担をかけないためにお腹に優しい食べ物を小分けに食べる
  6. 主食系でおすすめのお腹に優しい食べ物
  7. 野菜系の食べ物でお腹に優しいものは?
  8. たんぱく質系の食べ物で消化に良いお腹に優しいおすすめ品
  9. 消化しやすくお腹に優しい果物でおすすめの食べ物は?
  10. お腹に優しい飲み物やお菓子は何がある?
  11. 胃腸の調子が悪い時に避けたい食べ物は?
  12. 体調が悪い時におすすめなたまご粥のレシピ
  13. 野菜たっぷりでお腹に優しいミネストローネのレシピ
  14. 体調が悪くてツライときはコンビニの食べ物を活用
  15. 体調がすぐれない時は、お腹に優しい食べ物を活用しよう

胃腸の消化に良く、お腹に優しい食べ物を知りたい

体調が優れない時はお腹に優しい食べ物が大切

「お腹の調子が悪い……」「体調がすぐれない」という場合には、お腹に優しい食べ物を食べて胃腸を休ませる必要があります。体調が悪くて胃腸の調子も悪い場合は、お腹に負担がかかるような食べ物をとると吐いてしまったり、さらにお腹の調子が悪くなってしまう可能性もあるのでお腹に優しい食べ物をとることで胃腸をいたわることが重要なポイント。

お腹に優しい食べ物を食べて、栄養を少しずつ取れるようにしていけば徐々に体調を回復させることができるようになります。何も食べない状態が続くと、どんどん体力も落ちてしまうのでお腹に優しい食べ物を活用して少しでも栄養をとっておくことも大切。風邪をひいたときなどに役立つお腹に優しい食べ物について知っておきましょう。

消化しやすくお腹に優しい食べ物のレシピをチェックしよう

「お腹に優しい食べ物には何がある?」「体調がイマイチだからお腹に優しい食べ物を取り入れたい」という場合に役立つおすすめの食べ物についてまとめました。お腹に優しい食べ物を効果的に食べることで、少しでも早い体調の回復につなげることができるのでぜひ活用していきましょう。お腹に優しい食べ物を使って、健康的な体を取り戻してくださいね。

胃腸の消化に良いお腹に優しい食べ物とは?

胃腸で消化する時間が短い食べ物

それでは、そもそも胃腸の消化に良いお腹に優しい食べ物とはどんなものなのでしょうか?お腹に優しい食べ物とは、消化する時間が短い食べ物のことをさします。消化する時間が短ければ短いほど胃腸への負担が減り、効率的に体内に栄養を取り込むことができるのがポイント。

逆に消化に時間が掛かる食べ物だと胃腸への負担が増し、栄養をとりいれるのにも時間がかかってしまいます。胃腸に負担がかかったために食べ物が受け付けなくなってしまうこともあるので、まずは消化時間が早い食べ物を優先的に食べていきましょう。

胃腸への刺激が少ない食べ物

胃腸への刺激が少ないことも重要になります。スパイスや唐辛子など普段は普通に口にしているようなものでも、胃腸の刺激になるので体調が悪い時は避けておいたほうが無難。胃腸の刺激になる食べ物を摂取することで、吐き気をが出てくる可能性もあるので十分に気をつけましょう。お腹に優しい低刺激な食べ物を中心に調理して取り入れてみてくださいね。

お腹に優しいレシピなら温かい食べ物がおすすめ

温かいレシピにすることで胃腸の負担を減らす

お腹に優しい料理を食べたい場合は、温めて調理をするレシピを選んでいきましょう。食べやすい温かい食べ物であれば、胃腸への負担をなるべく減らしながらいただくことができるので体調が悪い時にぴったりです。お腹に優しい食べ物を食べたいと思った時は、なるべく温めてから食べることを心がけて胃腸への負担を減らしてくださいね。

冷たすぎる・熱すぎる食べ物は胃腸の負担になる

温かい食べ物が胃腸が弱っている時におすすめですが、逆に熱すぎる食べ物はおすすめできません。熱すぎる食べ物だと逆に胃腸の負担になってしまうので気をつけましょう。また、冷たすぎる食べ物もNG。冷たすぎる食べ物は胃腸に大きな負担をかけ、腹痛の原因にもなってしまうので気をつけてください。料理の温度にこだわっていきましょう。

食べ物を柔らかくする調理レシピでお腹に優しい状態にする

食べ物を細かく切って柔らかく煮る

胃腸に優しい料理にするためには細かくカットすることも大切になります。細かく切ることによって胃腸の入った時に消化の時間を短くすることができるようになるので、いつもより細か目にすることを意識してくださいね。また、柔らかくなるまで食材を煮ることも大切になります。食材が固いままだと消化に時間がかかり、胃腸の負担になるので気をつけましょう。

生の野菜は避けよう

胃腸への負担をなるべく減らすためには、生の野菜は避けたほうが良いとされています。生の野菜は消化に時間がかかり、胃腸への負担になってしまうので体調が悪い時は避けていきましょう。野菜を食べる場合はしっかりと柔らかくなるまで加熱することが重要になります。そういったことを意識しながら調理をしてくださいね。

胃腸に負担をかけないためにお腹に優しい食べ物を小分けに食べる

一度にたくさん食べると胃腸の消化の負担になる

胃腸に負担をかけずに食事をするためには小分けにして食べることも大切になります。調理方法も重要になりますが、食べ方も工夫することによって胃腸をいたわりながら食事をすることができるようになるので気をつけてみてくださいね。栄養をとらなければならないからといって一度にたくさん食べると消化に時間がかかって胃腸の負担になってしまいます。

体調に合わせて5〜6回に分けて食べ物を消化する

消化の時間を短くして胃腸への負担を最小限にするためには5〜6回に分けて食事をしていきましょう。小分けにすることで胃腸への負担を軽くすることができます。食べる時はしっかりとよく噛むことも大切。よく噛むことで食べ物をすりつぶし、消化の時間を短くすることができます。よく噛むと栄養の吸収率もよくなるので、噛むことも意識してみてくださいね。

主食系でおすすめのお腹に優しい食べ物

おかゆやパン粥

それでは、お腹優しいおすすめの食べ物を具体的にチェックしていきましょう。主食系の食べ物としてまずおすすめしたいのがおかゆやパン粥です。ご飯を柔らかく煮込んだおかゆは、エネルギーをとりたいときにぴったり。トッピングを加えれば味に変化がつき、美味しくいただけます。また、パン粥も消化に良いので活用してみましょう。よく煮込んで柔らかくしてくださいね。

うどんや煮麺

続いておすすめの消化に良い食べ物がうどんや煮麺。柔らかく煮込むことで消化しやすくなるので、いつも以上に煮込み時間を長めに取るようにします。また、お腹に優しい食事を加えれば1食で栄養もしっかりとることができるので入れる食材も工夫しながらうどんや煮麺を作ってみてくださいね。いざという時のために、うどんや煮麺をストックしておくと便利です。

Thumb美味しいお粥のレシピ集!ヘルシー・簡単で風邪の時にもおすすめ

野菜系の食べ物でお腹に優しいものは?

小松菜や大根など

野菜系にもお腹に優しい食べ物がたくさんあります。まずおすすめなのが大根や小松菜、カブといった食材。これらの野菜には消化を助けるアミラーゼと呼ばれる栄養が豊富に含まれているので、胃腸の負担をかけずに食事をとりたい時にぴったりです。ビタミン類も豊富に含まれ、体調管理に必要な栄養も摂取できるのが嬉しいポイント。

カボチャ、山芋などもレシピに取り入れてみよう

胃腸の粘膜を守るムチンを含んだ山芋やオクラなどもおすすめです。山芋はすりおろしておかゆやうどんなどに入れれば消化しやすいのでぜひ取り入れておきたいですね。また、なめらかなペースト状にして食べやすいかぼちゃも栄養が豊富なので体調がすぐれない時に最適。また、消化に優しいキャベツなどもおすすめです。

たんぱく質系の食べ物で消化に良いお腹に優しいおすすめ品

茶碗蒸しや湯豆腐のレシピがおすすめ

体力をつけるためには、タンパク質系の食べ物を取り入れることが大切になります。タンパク質系の食べ物は胃腸の負担になってしまうものも多いので、しっかりと厳選していくことが重要なポイント。まずおすすめなのが消化しやすい茶碗蒸し。卵を使った茶碗蒸しは胃腸に優しく、温かいのでお腹に優しい食べ物としていただくことができます。

また、湯豆腐もおすすめ。温かくした湯豆腐はお腹に優しいので、ぜひ取り入れていきたいですね。すりおろした大根と一緒に食べるなどすると、さらに消化によくなります。

白身魚やササミもレシピに入れると良い

脂分の少ない白身魚やササミもおすすめのタンパク質です。お腹に負担をかけることなく食べられるので、お腹の調子が戻りかけてきたら取り入れてみましょう。白身魚もササミも細かくカットして食べやすいようにするのがポイント。食べる時はよく噛んで消化しやすいようにすることが重要になります。

消化しやすくお腹に優しい果物でおすすめの食べ物は?

すりおろしたリンゴやバナナ

お腹に優しい果物も取り入れてみましょう。まずおすすめなのがすりおろしたリンゴやバナナ。すりおろしたリンゴは温めた状態でいただくとさらにお腹に優しくなります。バナナを食べる時は潰してからだと胃腸への負担を最小限にできるのでおすすめ。

メロンや桃も胃腸に優しくておすすめ

メロンや桃もお腹に優しい果物として知られています。特に桃の缶詰は風邪をひいたときに食べるものとして定番ですよね。缶詰であればストックしやすいので、いざという時のために保存食として取り入れておくと良いかもしれません。細かくカットして食べやすいようにしてからいただいてくださいね。

お腹に優しい飲み物やお菓子は何がある?

胃腸で消化しやすいゼリーやヨーグルトがおすすめ

体調不良で食欲がない時に役立つのがおやつ系の食べ物。甘くて美味しいおやつ系の食べ物なら食欲がわかない時も食べられることが多いですよね。おすすめなのが消化に良いヨーグルトやゼリーです。これらのおやつであれば胃腸に負担をかけにくいので、胃腸が悪い時にも最適。冷たいままではなく、常温にした状態で食べたほうが胃腸への刺激をおさえられます。

白湯やスポーツドリンクで水分補給

温かくて飲みやすい白湯は水分補給に最適です。冷水を飲むと胃腸への負担になるので気をつけましょう。また、風邪をひいたときは汗をたくさん書いて水分不足になりがちです。そうならないようにスポーツドリンクで水分補給することも大切。スポーツドリンクをお湯で割ったものだと胃腸への負担も減らせるので取り入れてみてくださいね。

胃腸の調子が悪い時に避けたい食べ物は?

油分が多く、刺激が強い食べ物

胃腸の調子が悪い時は油分が多い食べ物は避けましょう。脂身が多い肉や魚、揚げ物などは避けたほうが無難です。また、香辛料がたくさん入った料理もおすすめできません。胃腸の負担となり、さらなる体調不良を引き起こす可能性があります。

胃腸の負担になる不溶性食物繊維が多い食べ物

不溶性食物繊維をたくさん含んだ食べ物も胃腸が悪い時は避けておきましょう。不溶性食物繊維は消化に時間がかかり、胃腸の負担になってしまいます。豆やきのこ類などが不溶性食物繊維が多いと言われているので、胃腸の調子が悪い時は避けておいたほうが良さそうですね。

Thumbコーヒーを飲むと腹痛になる?胃が痛くなる原因と対処法を徹底調査!

体調が悪い時におすすめなたまご粥のレシピ

たまご粥に必要な材料

それでは、体調不良の時に食べておきたいお腹に優しいレシピをチェックしていきましょう。お腹に優しくて栄養もしっかりとれるおすすめのレシピがたまご粥。おかゆに卵を加えることで栄養価をアップさせ、体調不良の時に元気をつけたい場合に役立ちます。卵もおかゆも消化が良いので、胃腸の負担を与えることなく栄養をとれるのも嬉しいポイント。

たまご粥に必要な材料は、ご飯1人分、ご飯の2倍の水、和風だしの素大さじ1/2、卵1個、塩になります。お好みで梅干しを加えるのもおすすめ。梅干しは疲労回復効果があり、お腹にも優しいので体調不良の時に取り入れるのに最適です。さっぱりとした口当たりになり、食欲がない時も食べやすくなるのでぜひ活用してみてくださいね。このほかにもお好みでトッピングを加えましょう。

お腹に優しいレシピ

ご飯と水、和風だしの素を鍋に入れて中火にかけます。沸騰したら蓋をして弱火にし、ご飯がしっかりと柔らかくなるまで煮込みましょう。ご飯が柔らかくなったら塩で味を整え、溶き卵をまわし入れます。再び蓋をして卵がほどよく固まったら完成。お好みでほぐした梅干しをトッピングしていただいてくださいね。

Thumb卵のおかゆのおいしい人気レシピ特集!簡単な作り方で風邪にもおすすめ

野菜たっぷりでお腹に優しいミネストローネのレシピ

ミネストローネに必要な材料

続いておすすめしたいのがミネストローネ。大根やキャベツなどお腹に優しい食べ物を入れたミネストローネはしっかりと栄養が取れるのが嬉しいポイントです。野菜には体調不良を改善するのに役立つビタミン類が豊富に含まれているので、体調がすぐれない時はぜひ取り入れていきましょう。じっくり煮込むことで野菜が柔らかくなり、消化にも良い1皿になります。

ミネストローネに必要な材料は、玉ねぎ1個、大根10cm、キャベツ3枚、人参1/3個、水4カップ、ホールトマト1缶、コンソメキューブ1個、塩胡椒、オリーブオイルになります。野菜の種類はお好みで変えていきましょう。ミネストローネはいろいろな野菜との相性が良いので、ぜひ取り入れてみてくださいね。消化に優しい食べ物を活用してミネストローネを作りましょう。

体調が悪い時におすすめのレシピ

野菜類は1cm角くらいにカットしていきます。鍋にオリーブオイルを敷いたら、野菜を炒めてください。全体がしんなりとしてきたら水とホールトマト、コンソメキューブを加えます。ホールトマトを木べらなどで潰しながら煮込みましょう。ホールトマトが潰れたら蓋をした煮込みます。

全体が柔らかくなるまで煮込んだら塩胡椒で味を整えて完成。お好みでご飯を加えてミネストローネのおかゆにしても美味しくいただくことができます。多めに作っておけばしばらく食べられるので、体調不良の時に活用してみてくださいね。

体調が悪くてツライときはコンビニの食べ物を活用

コンビニにもお腹に優しい食べ物はたくさん

体調が悪くてツライと自分でご飯を作るのも大変ですよね。そんな時はコンビニの食べ物も活用していきましょう。コンビニは、おかゆやヨーグルト、ゼリー、野菜ジュース、スポーツドリンクなど体調不良の時に役立つ食べ物が多くあります。

体調不良の時に最適な食べ物を選ぼう

消化に良いおでんの大根なども体調不良の時にはおすすめ。体調が悪い時にぴったりな食べ物をコンビニの中から選んで、体力の回復につとめてくださいね。

体調がすぐれない時は、お腹に優しい食べ物を活用しよう

胃腸の調子が悪い時や、体調がすぐれない時は無理をせずにお腹に優しい食べ物をとることが大切になります。消化しやすく、栄養がとれる食べ物を取り入れてなるべく早めに体調を回復させてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-01-21 時点

新着一覧