ブーツの手入れ・保管方法は?おすすめのクリームや道具など紹介

皆さんはブーツのお手入れやっていますか?気に入って買ったブーツもお手入れをしなければすぐにダメになってしまうことも。今回は、ブーツのお手入れ・保管方法、必要な道具についてご紹介します。素材に合わせたお手入れ方法でブーツを長持ちさせましょう!

ブーツの手入れ・保管方法は?おすすめのクリームや道具など紹介

目次

  1. お気に入りのブーツ、手入れしてる?
  2. 正しいブーツのお手入れ方法とは?
  3. どのブーツも最初に防水スプレーを
  4. お手入れ中は型崩れを防いで
  5. クリーニング後はクリームで保湿を
  6. ニオイが気になるなら丸洗い
  7. ムートンはブラッシングで簡単お手入れ
  8. 汚れた時は手洗いOK
  9. スエードのお手入れは専用ブラシで
  10. 濡れた時は早めに乾燥
  11. スエードって洗えるの?
  12. ブーツの保管方法とは?
  13. 保管場所は注意が必要
  14. <おまけ>ブーツの収納、どうしてる?
  15. ブーツを手入れしておしゃれな足元を

お気に入りのブーツ、手入れしてる?

ブーツが活躍する時期になってきましたが、春先にブーツをしまう際にはお手入れはしましたか?クリームなどの道具を使った適度なお手入れは、ブーツを長持ちさせるために重要な作業です。軽く汚れを落としただけ、そのまま保管してしまったという方も多いかと思います。今シーズンが終わった時は、綺麗にお手入れをして次のシーズンにすぐ履けるようにしましょう。

今回は、ブーツを長持ちさせるお手入れ方法やその後の保管方法についてご紹介します。靴用の保湿クリームやお手入れするためのおすすめの道具についてもご紹介していきます。すでに持っているブーツのお手入れ方法はもちろん、新しく買った時にやっておきたいお手入れ方法についても解説します。汚れてしまったブーツの洗い方もお教えいたします!

Thumbブーツのブランドでおすすめは?レディースの人気ランキングを紹介

正しいブーツのお手入れ方法とは?

では実際に、どのようなお手入れ方法をしたら良いのかを見ていこうと思います。よくあるブーツの素材である革、ムートン、スエードの3種類についてのお手入れ方法を詳しくご説明していきます。それぞれでお手入れ方法が変わってきますので、素材に合ったお手入れ方法でブーツを綺麗にしていきましょう。

Thumbアウトドア用ブーツのおすすめは?機能性抜群でおしゃれなアイテム紹介

どのブーツも最初に防水スプレーを

ブーツのお手入れ方法①

まず最初のお手入れは、どの素材のブーツでも買った時には靴用の防水スプレーを吹きかけます。防水スプレーの効果は、水を浸透させないだけではなく汚れを付きにくくしてくれるので、履いた後のお手入れが随分と楽になります。何度か履いてしまった後にスプレーをする場合には、ホコリや砂などしっかりと落としてから防水スプレーを全体的にかけてコーティングしましょう。

使い方は、よく振った後に20cmほど離してから靴全体に軽く濡れる程度まで吹きつけ、10分ほど放置して乾かします。つや革の場合には、柔らかい布で軽く磨くとツヤツヤになります。スエードなどの起毛革の場合は、乾かした後にブラッシングすると毛が綺麗に立ち上がります。靴用防水スプレーでおすすめなのが、コロンブスのアメダス防水スプレーです。どの素材にも使えますよ。

Thumb防水スプレーで靴を雨から守ろう!効果や失敗しないおすすめの使い方とは?

お手入れ中は型崩れを防いで

ブーツのお手入れ方法②革製品編

お手入れに必要な道具ですが、ブーツキーパー(新聞紙でも可)、靴用ブラシ、ブーツ用クリーナー、靴用クリーム、柔らかい布、スポンジです。ロングブーツの場合、お手入れ中に型崩れしてしまう可能性があるので、ブーツキーパーや丸めた新聞紙などを入れて型崩れしないようにします。紐が付いているブーツの場合には、すべて外してしまいましょう。

次はブラッシングです。靴用の馬毛ブラシで優しく撫でるようにして、念入りにブラッシングしてホコリや砂を取っていきます。実はこれだけのお手入れでもツヤが復活することもあるので、まだ履くシーズンなど本格的なお手入れをしない時はブラッシングだけでもOKです。ブーツを保管する時には、靴底の小石なども取り除きましょう。

ブラッシング後はクリーニングを行います。ここで使う道具は、ブーツ用クリーナーと柔らかい布です。このクリーナーは汚れを落とすのもそうですが、古くなったクリームやオイルを取り除くための作業です。クリーナーを薄く塗ったら、乾いた柔らかい布で汚れを落としていきましょう。お手入れしたことのないブーツだと結構汚れが取れると思いますよ。

Thumbショートブーツに靴下をおしゃれにコーデ!チラ見せが人気でおすすめ?

クリーニング後はクリームで保湿を

ブーツのお手入れ方法③革製品編

ブーツの汚れが落ちたら、次のお手入れは油っ気がなくなってしまった革に潤いを与えていきましょう。ここで使う道具は靴用の保湿クリームとスポンジ又は柔らかい布です。レザー用クリームというものでお手入れをします。スポンジは柔らかいタイプを使って下さい。このクリームはよく伸びるので、ほんのわずかだけスポンジに取って革に薄く塗って伸ばしていきます。

刷り込むようにクリームを伸ばすだけでも十分にツヤが出てきます。クリームはツヤを出す以外にも、ちょっとした傷を隠すことが出来るので、うっかり擦ってしまった傷もカバーできます。全体的にクリームが塗り終わったら仕上げをします。仕上げ用クロスで磨いても良いのですが、より革の奥までクリームを浸透させるためにブラシで優しく撫でていきます。

これで買った時のようなツヤが出てきたと思います。最後に防水スプレーを吹きかければ完成です。ちょっとニオイが気になるという場合は、靴用の消臭スプレーをブーツのインナーソールに吹き付けておきましょう。お手入れの頻度としては、2週に1度くらいのペース又はツヤがなくなった時に行います。雨に濡れた時はその都度お手入れした方が良いでしょう。

Thumbブーツインをおしゃれに見せるには?レディースおすすめコーデを紹介

ニオイが気になるなら丸洗い

ブーツのお手入れ方法④革製品編

革製品はどうしても湿気がこもりやすくなってしまってニオイが気になります。頻繁に履くブーツも蒸れてニオイが気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。革製品でもしっかりと乾かせば丸洗いすることが出来ます。必要な道具は、革靴用洗剤、柔らかいスポンジ、使い古した歯ブラシ、新聞紙、靴用の保湿クリームです。水を使って洗っていきます。

まずは、靴底の小石やブーツの隙間の砂やホコリを歯ブラシなどを使って取ります。バケツに水を張り、ブーツ全体を濡らしたら革靴用洗剤を使ってスポンジで優しく洗っていきます。中敷きは取り出して靴用ブラシなどでゴシゴシ洗ってしまいましょう。洗い終わったら泡を流し、タオルで水気をふき取ります。後は新聞紙を丸めてブーツに詰め込みましょう。

風通しの良い日陰で、4~5時間毎に新聞紙を交換しながら2日程度乾かします。ブーツの長さによっては乾きが悪い場合があるので、乾いているか心配な時はもう少し干して乾かした方が良いでしょう。完全に乾いたら、クリームを塗って保湿してあげましょう。これでブーツの汚れが落ちました。保管する前には一度洗ってからしまうと翌年に気持ちよくブーツが履けますね。

Thumbショートブーツのコーディネート特集!黒やベージュがトレンド?

ムートンはブラッシングで簡単お手入れ

ブーツのお手入れ方法⑤ムートン編

足元を温かくしてくれる人気のムートンですが、この素材は濡れやすく汚れやすいのでしっかりとお手入れをします。起毛している素材はホコリや砂が付きやすいので、履いた後はブラッシングをしましょう。ホコリなどと取り除くと同時に寝てしまった繊維を立たせる効果もあるので、使用後のブラッシングは忘れずに行って下さいね。

ムートンブーツは温かいが故に湿気がこもってしまいます。どうしても汗をかいてしまうので、履いてブラッシングした後は風通しのよい日陰で1日干しましょう。履かない時は乾燥剤や脱臭炭などを入れておくと清潔な状態を保つことが出来ますよ。

Thumb靴下とブーツは相性抜群!いつものコーデに取り入れてみよう!

汚れた時は手洗いOK

ブーツのお手入れ方法⑥ムートン編

フェイクムートンのブーツは手洗いすることが出来ます。ブラッシングでは落ちない汚れが付いてしまった時は、丸洗いしてしまいましょう。洗う前にブラッシングしておいた方が楽に洗うことが出来ます。用意する道具は、ブーツが入る大きさのバケツ、おしゃれ着洗い用洗剤、汚れてもよいタオルです。バケツに水と適量の洗剤を入れてよく混ぜて洗濯液を作ります。

そこにブーツを沈めて振りながら洗っていき、しつこい汚れは柔らかいブラシなどで擦って落とします。汚れが落ちたら水を捨て、綺麗な水ですすいでいきましょう。泡がなくなるまで何度も繰り返して下さい。しっかりとすすげたら、タオルで水気を取っていきます。つま先の方まで拭き取れない時は、新聞紙を丸めて入れると水気を吸い取ってくれます。

水気が取れたら、風通しのよい日陰になる場所で2~3日乾かしましょう。この時、そのまま干しておくと型崩れすることがあるので、丸めた新聞紙を入れて乾かします。新聞紙が湿ってしまったら交換するを繰り返して完全に乾くまで放置しておきましょう。ブーツキーパーより新聞紙の方が乾きやすいので、乾かす際には新聞紙がおすすめです。

Thumb靴を洗うときの洗剤でおすすめなのは?臭いに効くのはこれ!

スエードのお手入れは専用ブラシで

ブーツのお手入れ方法⑦スエード編

独特な風合いがおしゃれなスエードですが、お手入れは基本的にスエード専用のブラシで毛並みを整えてあげるだけです。濡れやすい素材なので、防水スプレーは週に1度の頻度で吹きかけておきましょう。スプレー後もブラッシングして毛を立たせます。どうしても汚れがついてしまうと思いますが、軽い汚れに関してはスエード専用のスポンジで磨きましょう。

ブラッシングの仕方は、始めは毛並みに逆らってホコリなどを落とし、最後に毛並みに沿ってブラッシングします。強く擦りすぎると風合いが悪くなってしまうので、優しく行いましょう。汚れにくくするためには、履いた後にブラッシングするのがおすすめですよ。

Thumbスエードの靴の手入れ方法を徹底解説!手順・使用アイテムまとめ

濡れた時は早めに乾燥

ブーツのお手入れ方法⑧スエード編

スエードは雨などで濡れるのが苦手です。防水スプレーの効果が切れてしまって濡れてしまった時には、なるだけ早めに乾燥させましょう。風通しのよい日陰に、丸めた新聞紙を入れた状態で乾かしていきます。新聞紙が湿ってきたら新しい新聞紙に交換して完全に乾かしましょう。その後はブラッシングをしてから防水スプレーを吹き付ければお手入れ完了です。

Thumbスエードの生地とは?特徴やお手入れ法・コーデのポイントを紹介

スエードって洗えるの?

ブーツのお手入れ方法⑨スエード編

スエードも実は洗えるんです。雨に濡れてシミになってしまったり、全体的に汚れてきた、そんな時には洗ってしまいましょう。用意する道具は、洗面器、雑巾、スポンジ、シャンプーです。紐が付いている場合は外して下さい。ブラッシングをしたら、濡らした雑巾で靴を湿らせていきます。スポンジにシャンプーを少量出し、揉んで泡立ててから汚れを落としていきます。

洗い終わったらすすぎをするのですが、水に浸けるのはNGです。濡らした雑巾で拭き取りながら泡を取っていきます。洗面器の水はその都度綺麗にして完全にシャンプーを落としたら、新聞紙を詰めて日陰で乾かしましょう。完全に乾いたら防水スプレーをします。これでスエードのお手入れは完璧ですね。

Thumbシャンプーの成分を比較!悪いものは?人気おすすめランキングも紹介!

ブーツの保管方法とは?

専用ミストでカビを予防!

ブーツの時期は終わったし、もうしまおうという時にはカビ対策を忘れずに行いましょう。革製品についたカビは完全に落とすことが出来ないので、正しい保管方法で大切なブーツを守りましょう。保管する前にカビ用ミストという道具を使うと、簡単にカビ予防が出来ます。どの靴にも使えるので、1本あるととても重宝しますよ。

ブーツを保管する際に心配なのは型崩れですよね。靴箱に入れっぱなしでも問題ないくらいにスペースがある場合は、ブーツキーパーを入れた状態で保管しましょう。靴箱の中は湿気がこもりやすいので、除湿剤を一緒に入れておくのがおすすめです。除湿剤付きのブーツキーパーもあるので、そういったものを使用するのも良いでしょう。1か月に1度陰干しするとカビ対策になります。

靴箱に余裕がない、という場合には買った時についてきた箱を使って保管しましょう。箱だと積み重ねられるので、ブーツを複数持っている方におすすめです。箱にしまう際には、除湿剤(乾燥剤)は必ず入れましょう。そのまましまうと型崩れしてしまうので、ブーツキーパーか新聞紙を詰め込んで型崩れを予防します。ブーツ専用ケースもあるのでそれを利用するのも良いでしょう。

Thumb靴にカビが生えたときの除去方法・対策をご紹介!NGな方法って?

保管場所は注意が必要

湿気は大敵!保管中もメンテを

カビを生えさせないために、保管場所にも注意しなければなりません。湿気はどうしても低い場所に行きがちなので、保管場所は高い位置にしましょう。保管してもそのまま放置はNGです。2か月に1回程度のペースでブーツを出して陰干しし、新しい除湿剤や乾燥剤を入れてからもう一度収納します。夏場はより湿気っぽくなるので、月に1回のペースで行うと効果大です。

クローゼットに箱やケースを使って保管するという場合には、箱の中の湿気もそうですがクローゼットの中の湿気にも注意しなければなりません。常時締め切っているクローゼットの中は湿気が溜まりやすくなっています。しまったブーツだけでなく、他の洋服などにもカビが発生する恐れがあるので、よく晴れた湿度の低い日にはクローゼットを開放して乾燥させてあげましょう。

Thumb部屋の湿気対策のポイントは?簡単なおすすめ方法・グッズまとめ

<おまけ>ブーツの収納、どうしてる?

靴箱内を占領してしまうブーツ、置き場所に困ったりしませんか?短い丈のブーツはまだしも、ロングブーツはそのまま置いておくと筒の部分が倒れてシワが付いてしまうことも。そんな時には、挟めるようになっているブーツキーパーを使いましょう。ダイソーなどの100均でも売られている立てられるタイプがおすすめです。そのまま陰干しも出来ます。

ロングブーツが何足もあるという方は、吊るして収納するという方法もおすすめです。ピンチ付きハンガーで挟んで、突っ張り棒なとで掛けられる場所を作れば引っかけるだけです。挟んだ部分に跡が付いてしまうことがあるので、薄いスポンジなどでブーツを挟んだ上からピンチで挟むと跡が付きにくくなります。靴箱内に乾燥剤や脱臭剤を入れるのも忘れずに。

Thumb靴用の棚をDIYしてみよう!おしゃれ収納で玄関がスッキリ!

ブーツを手入れしておしゃれな足元を

今回は、ブーツのお手入れ・保管方法や使う道具についてご紹介してきました。お手入れはちょっと面倒だなと思っても、保管する前にはカビや傷み防止のために必ず行って下さい。素材によってお手入れの頻度は変わってきますが、こまめにお手入れすることで長く愛用することが出来ます。綺麗なブーツに仕上げておしゃれな足元にしてみませんか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-16 時点

新着一覧