生はちみつのすごい効果まとめ!普通のものとの栄養・効能の違いとは?

生はちみつの効果や効能、普通のはちみつとの違いについてまとめました。栄養効果や効能が高いとされる生はちみつは、普通のはちみつとの違いを知ることでさらに効果的に摂取することができます。効果や効能が高い生はちみつの栄養の違いをチェックしていきましょう!

生はちみつのすごい効果まとめ!普通のものとの栄養・効能の違いとは?

目次

  1. 生はちみつの栄養の効果・効能を知りたい!
  2. 生はちみつと普通のはちみつには製法に違いがある
  3. 栄養価に違いのある生はちみつと普通のはちみつ
  4. 生はちみつにはビタミン・ミネラルの栄養が豊富
  5. グルコン酸と呼ばれる栄養も生はちみつにはたくさん含まれる
  6. アミノ酸やポリフェノールといった栄養も豊富な生はちみつ
  7. 生はちみつには生きた酵素がたくさん含まれて栄養たっぷり
  8. 腸内環境を整えるのが生はちみつの効果・効能
  9. 疲労回復効果の効能も期待できる生はちみつ
  10. 生はちみつには良質な眠りを誘う効果・効能もある
  11. 豊富なビタミンで美肌効果も期待できる生はちみつ
  12. 生はちみつを選ぶ時のポイント
  13. 生はちみつの効能を摂取する時の注意点
  14. 生はちみつのおすすめの食べ方は?
  15. 生はちみつの違いや効能をチェックしておこう!

生はちみつの栄養の効果・効能を知りたい!

普通のはちみつとの違いがたくさんある生はちみつ

はちみつと一口に言っても、生はちみつと普通のはちみつの2種類があることをご存知ですか?はちみつの栄養をしっかりと摂取するためには生はちみつと普通のはちみつの違いを知って効果的に摂取していくことが大切になります。生はちみつにはたくさんの栄養が含まれているので、健康的な生活を楽しむためにもぜひ取り入れてみたいですね。

生はちみつは栄養が豊富なだけでなく、美味しいのも嬉しいポイント。甘いものがちょっと欲しくなった時などに生はちみつを活用してみてはいかがですか。甘くて美味しい生はちみつを少し舐めれば、それだけで幸せな気持ちになることができそうですね。生はちみつと普通のはちみつの違いを知って、豊富な栄養効果を体に取り入れていきましょう!

生はちみつの栄養を効果的に取り入れよう

「生はちみつと普通のはちみつの違いってどんなもの?」「生はちみつに含まれる栄養や効果について知りたい!」という場合に役立つ生はちみつ情報についてまとめました。健康的な生活を楽しみたい場合にぴったりな生はちみつは、いろいろなシチュエーションで使うことができる便利な調味料です。ぜひ生はちみつを食生活に活用してみてくださいね。

Thumbはちみつのカロリーはどれくらい?効果・効能や砂糖との違いについて調査

生はちみつと普通のはちみつには製法に違いがある

普通のはちみつは遠心分離機で収穫して加熱処理をする

それでは、生はちみつと普通のはちみつの違いについてチェックしていきましょう。生はちみつと普通のはちみつの違いとしてまずあげられるのが製法です。普通のはちみつの場合、蜂の巣ごと遠心分離機にかけてはちみつを抽出するのが特徴。はちみつにまだ水分が含まれ、濃縮されていない状態で抽出するので濃度を高めるために加熱処理をしているのがポイントです。

生はちみつは手作業で収穫し、非加熱なのが違い

一方で生はちみつの場合は手作業ではちみつを抽出して加熱をすることなく瓶詰めをしているのが特徴になります。生はちみつはミツバチの体内で温められて濃縮され、とろっとした状態にしているのがポイント。自然に任せた製法を採用することにより、時間はかかりますがしっかりとはちみつの成分が濃縮された生はちみつを収穫することができるようになるのです。

栄養価に違いのある生はちみつと普通のはちみつ

普通のはちみつは加熱処理をするため栄養が失われやすい

ここまで生はちみつと普通のはちみつの製法の違いについてチェックしていきましたが、製法の違いによって栄養価が全く変わってくることをご存知でしょうか。普通のはちみつの場合、加熱処理をして濃度を高めていますが、はちみつは45〜65℃以上の温度で加熱をするとはちみつに含まれている豊富な栄養が失われやすくなってしまいます。

そのため、加熱処理後のはちみつは本来のはちみつよりも栄養価が劣り、せっかくの栄養豊富なはちみつの効果も減ってしまうので特徴。加熱処理という製法をはさむだけで栄養価が格段に変わってきます。

生はちみつは栄養がそのままなのが大きな違い

生はちみつの場合は加熱処理をしていないので、はちみつ本来の栄養をしっかりと摂取することができるのが嬉しいポイント。はちみつはさまざまな甘味料の中でも特に栄養価が高いものとして知られているので、その栄養を効果的に摂取することができる生はちみつは健康的な生活を楽しみたい時にぴったりです。はちみつの栄養を摂取したい場合は生はちみつがおすすめ。

生はちみつにはビタミン・ミネラルの栄養が豊富

ビタミンB群をはじめとしたビタミンが豊富

それでは、生はちみつには具体的にどのような栄養が含まれているのでしょうか?生はちみつに含まれる栄養としてまずあげられるのがビタミン類。生はちみつにはビタミンB群やビタミンCなど健康的な体作りに役立つビタミン類が豊富に含まれています。

ビタミン類は毎日の食生活の中で意外と不足しがち。不足しがちなビタミンを補うためにも生はちみつが効果的なのではないでしょうか。健康だけでなく肌質にも良い影響を与えてくれる生はちみつのビタミンを活用してみましょう。

カルシウムや鉄分といった27種類のミネラルも入って栄養豊富

生はちみつには、カルシウムや鉄分をはじめとした27種類ものミネラルも含まれています。ミネラルも健康的な体作りには欠かすことができない栄養として知られてしますよね。カルシウムは骨作りに欠かせない栄養ですが、脂肪燃焼のサポートにもなるとされているのが嬉しいポイント。脂肪燃焼率を上げてダイエットに役立てたい場合に最適です。

鉄分は女性が不足しがちな栄養の代表格。貧血気味の人は鉄分が足りていない可能性が高いので、しっかりと摂取しておきたいですね。

グルコン酸と呼ばれる栄養も生はちみつにはたくさん含まれる

腸内環境を整えるグルコン酸

はちみつには腸内環境を整えることで知られているグルコン酸も豊富に含まれています。加熱処理をすることで、このグルコン酸も減ってしまいますが加熱処理をしない本来の生はちみつであればそういった心配もなく摂取することができるのが嬉しいポイント。お腹の調子を整えたい場合にも生はちみつが役立つのではないでしょうか。腸内環境の正常化のために活用してみましょう。

大豆の30倍ものグルコン酸を含有

グルコン酸はもともと大豆に多く含まれていると言われてきた栄養です。なんと、生はちみつには大豆の30倍ものグルコン酸が含まれているのですから驚きですよね。通常でも多いと言われている大豆の含有量を大幅に超えている生はちみつであれば、腸内環境を整えたい時に有効活用することができそうです。そういった意味でも生はちみつを取り入れてみてはいかがですか。

Thumbはちみつ大根のレシピと美味しい飲み方!効果と簡単アレンジ方法

アミノ酸やポリフェノールといった栄養も豊富な生はちみつ

健康的な体づくりに欠かせないアミノ酸

生はちみつには他にも体に良い影響を与えてくれる栄養が豊富に含まれています。生はちみつにはタンパク質の一種でもあるアミノ酸がたくさん。筋トレをした時にアミノ酸を摂取することによって効率的に筋肉をつけることができるので引き締まった体作りをしたい場合に最適です。ダイエットだけでなく健康的な体にしたい場合にかつようしてはいかがですか。

タンパク質の一種でもあるアミノ酸は、良質な肌や髪の毛の栄養にもなります。タンパク質が不足すると髪の毛や肌質が低下してしまう場合があるので、しっかりと摂取しておきたいですね。きれいな状態を保つためにも生はちみつを活用してみてはいかがですか。

アンチエイジング効果のあるポリフェノール

生はちみつにはポリフェノールも豊富に含まれているのが嬉しいポイント。ポリフェノールは老化の原因となる活性酸素を排出するのに役立つといわれている栄養です。ポリフェノールを摂取することによって老化の原因を取り除き、若々しさをキープしやすくなるのが魅力。また、老化を予防することで代謝を上げ、ダイエット効果も期待することができます。

生はちみつには生きた酵素がたくさん含まれて栄養たっぷり

非加熱だからこそ生きた酵素が含まれている

生はちみつは、非加熱だからこそ酵素が生きたまま含有されているのが嬉しいポイントです。生はちみつにはおよそ80種類もの酵素が含まれており、それらが生きた状態で摂取することができるので酵素をしっかりと取りたい場合にも生はちみつが役立つのではないでしょうか。豊富な栄養を摂取するために生はちみつを活用していきたいですね。

生きた酵素が含まれているからこそ栄養が行き渡りやすい

生きた酵素は肌質や髪質を良くしたり、ダイエットに役立ったりといったようにさまざまな場面で役立てることができます。最近の酵素ブームによって再注目されているの酵素ですが、生はちみつの生きた酵素を摂取することによって健康的な体作りをしていきたいですね。

腸内環境を整えるのが生はちみつの効果・効能

グルコン酸以外にオリゴ糖や乳酸菌が豊富

それでは、生はちみつの栄養がもたらす効果・効能について具体的にチェックしていきましょう。生はちみつにはグルコン酸以外にオリゴ糖や乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌は、腸内の働きを活性化させるために必要な善玉菌として知られているのが特徴。オリゴ糖は善玉菌の餌になると言われているので、一緒にとることで腸内環境を整える高い効果を期待できます。

オリゴ糖や乳酸菌に加えてグルコン酸も含まれていることで腸内環境をしっかりと整えやすくなるのが生はちみつの魅力。「最近、便秘気味だな」という場合は生はちみつを活用してみてはいかがですか。

便秘を解消すればダイエットや美肌に役立つ

便秘を解消するということはさまざまなことに役立ちます。老廃物は体内にたまると代謝の低下をもたらすので、体重が落ちにくくなってしまうのがポイント。便秘を解消して老廃物を胚珠することで代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい状態を作りやすくなります。ダイエット中に便秘になってしまった場合はなるべく早めに解消しておきたいですね。

便秘の解消は美肌にも効果的。老廃物の排出で代謝が上がることで肌細胞の生まれ変わりが促進されます。そうすることで若々しい肌の状態を保ちやすくなるのが嬉しいポイント。美肌やダイエットのためにも生はちみつを活用しておきたいですね。

疲労回復効果の効能も期待できる生はちみつ

生はちみつのブドウ糖はエネルギーに変わりやすい

生はちみつは疲労回復にも効果的とされています。生はちみつに含まれている良質なブドウ糖は、エネルギーに変換しやすいので疲れている時に元気をつけたい場合に最適。健康的に運動したい場合はもちろんのこと、ブドウ糖は脳の餌にもなるので勉強や仕事に集中したい場合にも役立ちます。

疲れて元気をつけたい場合に活用しよう

疲労がたまると作業効率が下がってしまうのが問題。疲労を回復することによって効率化を目指すことが重要になります。「疲れているな」と感じている場合は生はちみつを食べて元気を出してみてはいかがですか。優しい甘みで気持ちもリフレッシュすることができます。

Thumbはちみつを食べると虫歯になる?ならない?予防の効果はあるのか調査

生はちみつには良質な眠りを誘う効果・効能もある

睡眠の機能をサポートする肝臓グリコーゲンを増やせる

生はちみつには良質な睡眠をとるために効果的な栄養も含まれています。生はちみつに含まれている成分には肝臓グリコーゲンを増やす効果を期待できるのがポイント。肝臓グリコーゲンは脳の睡眠をサポートするために必要なものなので、良く眠れない場合には生はちみつを活用してみてはいかがですか。

眠る前にはちみつを活用

寝る前に生はちみつを食べたり、生はちみつ入りのドリンクを飲むなどすれば良質な睡眠をとれる効果を期待することができます。ゆったりとした眠りを楽しみたい場合に生はちみつを摂取してみてはいかがですか。生はちみつの優しい甘さによって気持ちもリラックスして眠りに入りやすくなるのではないでしょうか。

豊富なビタミンで美肌効果も期待できる生はちみつ

肌のターンオーバーを促進する効能があるビタミンB群

生はちみつには美肌を保つための効果も期待することができます。生はちみつに含まれるビタミンB群は肌の代謝を高めてくれるのが特徴。ビタミンB群を効果的に摂取することで綺麗な肌の状態を保ちやすくなります。生はちみつには豊富なビタミンB群が含まれているため、ぜひ美肌に役立てていきたいですね。

ビタミンCの効能も美肌に欠かせない

生はちみつにはビタミンCが含まれているのも嬉しいポイント。ビタミンCは美白効果を期待することができ、シミやクスミといった気になる肌のアクシデントを予防することができます。また、ビタミンCはコラーゲンの働きをサポートする効果もあるとされているのでハリのある肌質を保ちたい場合にもぴったり。このようにビタミンが豊富に含まれた生はちみつを活用してみましょう。

生はちみつを選ぶ時のポイント

加熱処理されていないものを選ぶ

生はちみつを選ぶ場合に最も気をつけておきたいのが加熱処理がされていないかどうか。加熱処理をされているはちみつは、パッケージに「生」と書いてあったとしても本当の意味での生はちみつではないので気をつけましょう。はちみつの商品表示に加熱処理がされていないかどうかをしっかりチェックしてから良質な生はちみつを選んでみてくださいね。

人工甘味料が添加されていないか確認

加熱処理をしていなかったとしても、人工甘味料が含まれているものだと意味がありません。生はちみつの人気の高まりにより、人工甘味料を添加した商品が出回ったこともあるので成分表示をしっかりチェックして100%生はちみつであるかどうか確認しておいてくださいね。ちゃんと確認した後に美味しい生はちみつを摂取していきましょう。

生はちみつの効能を摂取する時の注意点

生はちみつのとりすぎはカロリーオーバーになる

生はちみつには体に良い栄養がたくさん含まれていますが、だからといってたくさん摂取して良いというわけではありません。生はちみつの摂取しすぎはカロリーオーバーになってしまうので気をつけましょう。1日あたり大さじ1杯程度など、量を決めて生はちみつを摂取してみてくださいね。

生はちみつはそのまま食べる

生はちみつはそのまま食べましょう。せっかく加熱処理をせずに作られた生はちみつなのに、自分で加熱をしてしまっては意味がないですよね。ヨーグルトにかけたり、パンにかけたりといったように生のまま食べるのがおすすめ。加熱するタイプのお菓子作りには使わないようにしましょう。

生はちみつのおすすめの食べ方は?

ナッツの生はちみつ漬けがおすすめ

生はちみつのおすすめの食べ方としてあげられるのがナッツの生はちみつ漬け。煮沸消毒をした保存瓶にナッツを詰め、たっぷりの生はちみつに浸して数時間置いておけば完成です。栄養豊富なナッツと生はちみつの組み合わせを楽しんでみてくださいね。

いろいろな方法で活用できる

ナッツの生はちみつ漬けはそのまま食べるだけでなく、パンにトッピングしたり、ヨーグルトにかけたりアレンジ方法はバラエティ豊か。ぜひ好みの方法で食べてみてくださいね。

Thumbはちみつでダイエット!大さじ1のカロリーは?寝る前に食べると効果あり!

生はちみつの違いや効能をチェックしておこう!

普通のはちみつよりも豊富な栄養が含まれている生はちみつ。健康や美肌に良い栄養をしっかりと摂取することができるのが嬉しいポイントです。食べ方のポイントにも気をつけながら生はちみつを役立ててみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-10 時点

新着一覧