お腹が冷たい原因と改善方法は?内臓の冷えを解消する対策を徹底解説

皆さんはお腹が冷たいと感じたことはありますか?もしかした今感じているお腹の冷たさは内臓の冷えかもしれません。今回は、お腹が冷たいということに着目してお話ししていきます。お腹が冷たい原因、改善方法などたっぷりご紹介していきます。

お腹が冷たい原因と改善方法は?内臓の冷えを解消する対策を徹底解説

目次

  1. お腹が冷たいのは何故?原因と改善策をご提案!
  2. お腹が冷たいことの健康的でデメリット
  3. お腹が冷たい!美容面でのデメリット
  4. お腹が冷たい原因って?
  5. 自分は大丈夫?冷たいお腹かをチェック!【内面編】
  6. 自分は大丈夫?冷たいお腹かをチェック!【外見編】
  7. お腹が冷たいことを改善するメリットって?
  8. お腹が冷たいことを外から改善する方法
  9. お腹が冷たい方におすすめのストレッチ&マッサージ
  10. 内臓の冷えを改善!?正しい入浴の方法とは?_
  11. ホッカイロでお腹の冷たさを改善!?
  12. 冷たいお腹を内側から改善する方法
  13. お腹の冷たい症状を改善してくれるホッとドリンクとは?
  14. 冷たいお腹を改善してくれる食材たち
  15. 冷たいお腹は即改善!内臓から健康的になろう!

お腹が冷たいのは何故?原因と改善策をご提案!

暮らしの中で、ふとした時にお腹が冷たいかもと思ったことはありませんか?色々なところでも紹介されているように、女性にとって「お腹が冷たい」という症状は、あまりいいことではありません。少しでも心当たりのある方は、これからご紹介する内容を是非チェックしてみて下さいね。

お腹が冷たい=内臓の冷え!?

お腹が冷たい時は、お腹に触れただけでもわかります。お腹が冷たいということは、内臓が冷えている証拠だそうです。内臓が冷えることで健康面や美容面にさまざまなデメリットをもたらすことになります。

お腹が冷たいことの健康的でデメリット

果たしてお腹が冷たいことでどんな影響があるのでしょうか?内臓が冷えてしまうことで起こるデメリットを健康面、美容面とで分けてご紹介していきます。まずは、お腹が冷たいことで起こる健康面でのデメリットをお届けします。

デメリット①体調を崩しやすくなる

内臓が冷えることで、基礎代謝が低下すると同時に免疫力も落ちてしまいます。免疫力が落ちるということは、体調を崩しやすくなって、風邪などの病気にかかりやすくなってしまいます。健康的に過ごすためにも、内臓を冷やさないよういしていくことが大切です。

デメリット②疲れやすくなる

お腹が冷たいことでの2つめのデメリットは、疲れやすくなるということです。内臓が冷えることで、胃腸の機能が落ちてしまいます。それに伴い、食欲も落ちてしまいますし、さらに悪循環を生み出し、疲れが取れにくくなるという流れを引き起こすそうです。

デメリット③便秘になりやすくなる

3つめのデメリットは、便秘や下痢の原因になることです。お腹が冷たいことで、胃腸の働きが悪くなります。新陳代謝も滞ってしまうので、腸の動きが鈍くなってしまい、便秘になりやすくなりますし、お腹が冷たいことで逆に下痢になる可能性もあります。

お腹が冷たい!美容面でのデメリット

次にご紹介するのは、お腹が冷たいことで受ける美容に関しての影響です。この中には、女性特有のものものあるので、必ずチェックして改善方法へ繋げるようにしましょう。

デメリット①肌トラブルが増してしまう

お腹が冷たいことでの1つめの美容面でのデメリットは、肌のトラブルを引き起こしてしまうことです。肌トラブルには、シミやそばかす、クマ、ニキビなどがあります。肌トラブルは外的要因によって引き起こされることもありますが、内臓が冷えることで基礎代謝や免疫力が落ちることで起こることもあるようです。

デメリット②肌のターンオーバーが滞る

内臓が冷えることでの2つめのデメリットは、肌のターンオーバーが滞ることです。暮らしの中で、お肌はある一定の周期でお肌の生まれ変わりを繰り返します。お腹が冷たいことで、体温が上がらず新陳代謝が低下することにより、お肌のターンオーバーが鈍くなります。先ほどの肌トラブルも改善されないまま残りやすくなるのです。

デメリット③痩せにくくなる

内臓を冷やすことでの3つめのデメリットは、痩せにくくなってしまうことです。ダイエットは、女性にとって永遠のテーマでもありますが、お腹が冷たいままということは代謝が悪い証拠なので、余分な脂肪を燃焼しにくくなるようです。そのため、内臓を温めて代謝を上げてあげることができれば、ダイエットにも効果を発揮してくれるというわけです。

お腹が冷たい原因って?

先ほどは、お腹が冷たいことでの影響をご紹介しましたが、次にご紹介するのは、内臓が冷えてしまう原因です。お腹が冷たい原因には、色々なものがあります。その代表的な原因を3つ一緒にチェックしていきましょう。

原因①ストレス

暮らしていれば、人間関係、仕事など悩みはつきないですね。それが知らないうちにストレスとなって私たちの心を乱します。その影響を受けるのは、自律神経。自律神経が乱れることが内臓を冷やす原因になります。

原因②運動不足

2つめの原因は、運動不足です。最近は、移動手段が多く、暮らしの中で運動する機会が少なくなっています。そのため、筋肉量が低下します。筋肉は、血液を身体に送ってくれるポンプのような役割を果たしてくれるのですが、その力が弱くなってしまうので、血液の循環が悪くなり、お腹が冷たいことに繋がります。

原因③食生活の乱れ

3つめの原因は、食生活です。現代では、食生活が乱れ、栄養も偏ってしまいます。食材の中には身体を冷やしてしまう食べ物や飲み物があります。そればかりを集中的に摂っていたり、栄養が不足すると中から内臓を冷やしてしまう可能性があります。

自分は大丈夫?冷たいお腹かをチェック!【内面編】

次にお話ししていくのは、冷たいお腹を触る以外でのチェック法です。暮らしの中で、自分の身体のコンディションを見ながら内臓の冷えをチェックするしていきましょう。あなたはどれだけあてはまりますか?

チェック①便秘になりやすい

内臓の冷えのチェックポイントの1つめは、便秘になりやすい体質ということです。暮らしの中で、便通がスムーズでなかったり、毎日出ない方は、便秘気味となります。これは、内臓が冷えていることが原因で起こる症状です。

チェック②体調を崩しやすい

2つめのチェックポイントは、体調を崩しやすいことです。最近の対象はどうですか?風邪を引きやすかったり、暮らしの中で疲れが取れなかったりしている方は、もしかしたら内臓が冷えているかもしれません。お腹に触れてチェックしてみましょう。

チェック③平熱が35度台

3つめのチェックポイントは、平熱が35度台の方です。平均の体温は、36.5度くらいなのですが、それが低いということは、身体が冷えている証拠です。内臓が冷えていることで、体温が低く、それが色々な影響を及ぼしているかもしれません。

自分は大丈夫?冷たいお腹かをチェック!【外見編】

先ほどは、自分のお腹が冷たいかどうかのチェック項目の内面編をご紹介しましたが、次にお届けするのは、外見からわかる内臓の冷えです。内臓が冷えていると暮らしの中で、色んな部分に現れます。早速見ていきましょう。

チェック①肩こりがひどい

1つめのチェックポイントは、肩こりがひどいことです。肩こりは、冷えなどにより肩の筋肉が堅間っ手しまうことをいいます。肩こりは、冷えが原因で起こることがあります。お腹が冷えることで、身体全体の体温が低くなり、肩の筋肉が固まってしまうそうです。

チェック②むくみやすい

2つめのチェックポイントは、むくみやすいということです。むくみとは、身体にある余分な水分が影響して膨張してしまうことです。むくみを解決するポイントは、「新陳代謝」です。しかし、お腹が冷たいことで代謝が落ちているため、代謝が上がらず、身体に溜まった水分が循環されにくくなってしまうのです。

チェック③寝つきや寝起きが悪い

3つめのチェックポイントは、寝つきや寝起きが悪くなってしまうことです。内臓が冷えてしまっていると、身体は強ばり、自律神経はいつも緊張状態にいます。それをふんわりと温めて和らげてあげることで、寝つきや寝起きの良さへと繋がっていくかもしれません。

お腹が冷たいことを改善するメリットって?

ここまでは、お腹が冷たいことでのデメリットや原因などをお話ししていきました。しかし、ここからは、お腹が冷たいことを改善するための方法をご紹介していきます。その前に、お腹が冷たいことを改善することへのメリットをお届けしましょう。

メリット①身体の体調が整う

お腹が冷たいことを改善するメリットの1つめは、身体の体調が整うことです。内臓を温めることで、代謝が上がるので、自然と体調が整ってくるそうです。胃腸は、第二の脳と言われているほどとても大切な部位です。そのため、日々の健康を維持するためにも常に胃腸を始めとする内臓の状態を整えておく必要があります。

メリット②リラックスした気持ちでいれる

内臓の冷えは、自律神経に影響を与えると言われています。自律神経がストレスなどにより緊張状態に傾くことで身体が強ばり、自律神経のバランスが崩れてしまうそうです。そこで、内臓を温めることにより、体温が上がり、自律神経がリラックモードへと導かれるようです。

メリット③基礎代謝が上がる

お腹を冷たさを改善するということは、お腹を温めることです。お腹を積極的に温めることで、体温が上がり、代謝を活発にするサポートをしてくれます。その具体的な改善方法を次に詳しくご紹介していきます。

お腹が冷たいことを外から改善する方法

次は、お腹が冷たいことを改善するための具体的な方法を外からと内からに分けてご紹介します。暮らしの中で、手軽に始めることが出来る内容になっています。是非、実践してみましょう。

改善方法①寝る前のストレッチ&マッサージ

1つめの改善方法は、寝る前のストレッチとマッサージです。お風呂に入ってから寝る前にストレッチやマッサージをしてあげると身体が温まり、内臓の冷えを改善に導いてくれるだけでなく、適度な運動になるので、良質な睡眠にも繋がります。

改善方法②湯船に浸かる

2つめの改善方法は、寝る前にしっかり湯煎に浸かって身体を温めることです。最近は、シャワーだけの方も増えていますが、内臓の冷えには、湯煎にゆっくり浸かってジワジワと芯から温めてあげることがおすすめです。さらに、リラックス効果もあるので、心にも嬉しい方法です。

改善方法③ホッカイロを貼る

3つめの改善方法は、ホッカイロを活用したお腹の冷たさを解決してくれる方法です。ホッカイロは、寒い冬には欠かせないアイテムです。このホッカイロを利用してお腹を温めていきましょう。

お腹が冷たい方におすすめのストレッチ&マッサージ

それでは先ほどご紹介した内容を1つ1つ紐解いていきましょう。まずは、寝る前におすすめしたいストレッチ&マッサージです。寝る前時間を利用して簡単に出来るおすすめのストレッチとマッサージをそれぞれご紹介します。

ながら出来るストレッチ

膝を立てて座ったら、手を後ろに付きます。右足と左足を組んだら両足を揃えて右か左に倒してから10秒ほどキープします。反対側も同様に行っていきましょう。これを2〜3セットゆっくりとしたペースで実践していきます。

リラックス効果あり!?マッサージ

両膝を立てて仰向けに寝転んで身体の力を抜きます。おへその右下に指先を置いたら小さく「の」の字を5回書いて行きます。おへその中心へ指先を少しずつずらしていき、時計回りで8〜10回ほど先ほどと同様のマッサージを行います。次に、おへその右下から時計回りにお腹全体に大きく「の」という字を5回ほど書いたらマッサージ終了です。

内臓の冷えを改善!?正しい入浴の方法とは?_

続いては、湯船に浸かることについて見ていきましょう。入浴の際は、湯船に浸かると芯まで温まっておすすめですが、さらに工夫してあげたり、注意点を守ることでよりいつもと違ったお風呂になるかもしれません。

入浴の仕方

入浴をする前に、温かい飲み物を1杯飲むようにしましょう。お風呂は熱いお湯にするのではなく、少しぬるいと感じるくらいがおすすめです。長く入るなら少しぬるめのお湯にして、湯船に浸かる前には必ずかけ湯をするようにしましょう。

さらに、入浴の時には、汗として出た水分を補うために、こまめに水分補給を行いましょう。お風呂から上がったらしっかり水気を取ってパジャマなどを着るようにします。おすすめのお湯の温度は、39〜40度で15分以上はゆっくり浸かるようにするとGOODです。

ホッカイロでお腹の冷たさを改善!?

次は、ツボを押すことで改善へと導いてくれると言われている方法です。私たちの身体の中には、内臓の冷えの改善をサポートしてくれるツボが存在します。早速チェックしていきましょう。

ホッカイロのおすすめの貼り方

用意するものは、貼るタイプのホッカイロ2枚だけです。まず、丹田というツボの上にホッカイロを貼っていきます。場所は、おへそから指4本分下がったあたりに位置します。そこへ、ホッカイロを貼ったら、次は、お尻の割れ目の上くらいにあり、ちょうど骨が出っ張っているところにあるそうです。そこへホッカイロを貼りましょう。

冷たいお腹を内側から改善する方法

最後にお送りする改善方法は、内臓の冷えを内側から改善する方法です。先ほどご紹介した外側からの方法と一緒に平行して行うのもおすすめです。内側からの改善方法は、2つあります。

改善方法①身体を温める飲み物

冷たいお腹を改善してくれるアイテムと言えば、やはりホットのドリンクです。暮らしの中で、お風呂上がりにゆっくり飲めば、リラックス効果も得られますし、身体をポカポカと中から温めてくれます。毎日の暮らしに簡単に取り入れることの出来る改善法です。

改善方法②身体を温める食材

2つめの内側からの改善方法は、やはり食です。私たちは、毎日の暮らしで必ず食事をします。実は、そこに使われている食材の中でも身体を冷やしてしまう食材があります。さらに、調理方法によっては、お腹を冷たくしてしまう原因になるので、内臓の冷え改善に役立つおすすめのレシピをいくつかご紹介します。

Thumb体温を上げる方法まとめ!食べ物・飲み物や筋トレなど効果的なのは?

お腹の冷たい症状を改善してくれるホッとドリンクとは?

まずは、お腹が冷たい時に飲みたくなるホットドリンクをご紹介します。お風呂上がりや朝に飲むことがおすすめで、お腹が冷たい方でなくても、ホットドリンクには、安眠効果や新陳代謝をあげてくれるなどのメリットがあります。

おすすめ①ココア

ココアは、優しい甘さとコク、その香りがホッとさせてくれるような気持ちをくれます。そのココアを寝る前に一杯飲むことでテオブロミンという末梢の血管を膨張させてくれて代謝をアップしてくれる効果があると言われています。さらに、リラックス効果も持っているので、寝る前におすすめです。

おすすめ②紅茶

2つめのおすすめホットドリンクは「紅茶」です。ただし、紅茶は、朝飲んであげることがおすすめです。朝一杯のホットティーを飲むことで、代謝がアップして集中力を高めてくれるというメリットがあります。紅茶の香りで、朝がスタートするっておしゃれですね。

冷たいお腹を改善してくれる食材たち

最後にご紹介するのは、お腹の冷えを改善してくれると言われている食材たちです。お腹を温めてくれる食材があるように身体を冷やしていまう食材もあります。必ずチェックして毎日の生活に取り入れましょう。

おすすめ①高タンパク質低カロリーの食材がおすすめ

1つめにおすすめの食事材は、鶏のささみや大豆の発酵食品なたんぱく質が多いのに低カロリーの食材です。私たちの身体は、筋肉を作るためにもたんぱく質は、欠かせません。さらに、代謝を上げるためにもきんにくは 必要不可欠でsす。鶏肉のささみ、豆腐、納豆などを活用して調理をするようにしましょう。

おすすめ②調味料を変えてみる

料理で何気なく使っているものの1つに調味料があります。例えば、砂糖。砂糖は、精製されている白砂糖よりも黒砂糖がいいですし、うどんよりも蕎麦、白ご飯よりも玄米ご飯がいいと言われています。この食材に共通することは、制せされていないということです。

おすすめ③土の中で育った野菜や冬の野菜がおすすめ

3つめの改善方法は、野菜選びにあります。毎日の食事で活用する時は、ごぼうや人参などの土の中で育った食材。ネギやイモなどの冬が旬の野菜を積極的に摂るようにしましょう。これらの野菜の中には、血行を良くするビタミンEやビタミンCなども服荒れています。

冷たいお腹は即改善!内臓から健康的になろう!

内臓が冷えていると私たちにとってどんな影響があるのかはお分かり頂けたでしょうか?ここで見て来たように、内臓が冷えることにも原因がありますが、その原因を知って改善していくことで、嬉しい効果がたくさんあります。お腹を温める改善方法は、お腹以外への効果も期待出来るので是非トライしてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-03-29 時点

新着一覧