スティックおにぎりの作り方や簡単レシピまとめ!人気の具はどれ?

おにぎらずが大ブームになりましたが、今話題になっているおにぎりをご存知ですか?スティックおにぎりは、今可愛くて簡単に作ることが出来人気になっています。作り方もとても簡単で、誰でも美味しく作ることができますよ。今日はスティックおにぎりで人気の具も紹介します。

スティックおにぎりの作り方や簡単レシピまとめ!人気の具はどれ?

目次

  1. 可愛いのに食べやすいスティックおにぎり
  2. スティックおにぎりは食べやすく可愛いので人気が出た
  3. お弁当にも入れやすく簡単に持っていけるのが人気
  4. スティックおにぎりの基本の作り方
  5. スティックおにぎりを可愛くするポイント
  6. ①スティックおにぎりを包む紙を変えてみる
  7. ②真ん中に具を入れるのではなく表面上に具を置く
  8. ③リボンやマスキングテープで端を留める
  9. スティックおにぎりでおすすめアレンジ
  10. ①がっつり食べられる肉巻きスティックおにぎり
  11. ②オムライス風スティックおにぎりなら子供も大喜び
  12. ③おかかチーズスティックおにぎりは絶品
  13. ④スティックおにぎりならではのウインナー入りおにぎり
  14. ⑤スティックおにぎりの上から春巻きの皮で巻いて揚げるのも美味しい!
  15. 簡単にできてアレンジが無限のスティックおにぎりを試してみよう!

可愛いのに食べやすいスティックおにぎり

おにぎりの革新的なアイデアとして話題になり一役大ブームとなったおにぎらず。簡単でたくさんの具を挟めるので、人気になりましたよね。しかし、今おにぎらずの次に話題になり人気になっているのがスティックおにぎりです。

スティックおにぎりはラップでくるまれているのでとにかく食べやすく、手も汚れません。またお弁当等では気になる衛生面もしっかりとキープ出来ますので、おすすめのおにぎりですよ。簡単に作ることが出来るので、料理初心者の方も美味しく作れます。

スティックおにぎりは食べやすく可愛いので人気が出た

スティックおにぎりとは名前の通りスティック状に作られたおにぎりの事で、三角や丸といった形ではなく棒状に作られています。可愛いフォルムに、食べやすいことから子供のお弁当やSNSで話題となり大人気になっているんですよ。

アレンジの種類も多く、好きな具を挟んだり表面においていくとカラフルにすることもできますし、のりで型取れば、キャラおにぎりも簡単にできます。すぐに作れますのでおすすめのおにぎりです。

スティックおにぎりはおにぎらずよりも簡単につくれるので話題に

スティックおにぎりが話題になって人気に火が付いたのが、何よりも簡単に作ることができるということ。おにぎらずも簡単に出来ますが、大きめののりが必要であったり、挟み方に多少コツがいることから、うまく作れない人が多くいました。

しかし、スティックおにぎりはラップさえあればあとはおにぎりの準備があれば、簡単につくれます。子供と一緒に作ることが出来るのもスティックおにぎりの魅力の1つです。一緒に作ることでさらに楽しく美味しい食事に繋がりますよね。

お弁当にも入れやすく簡単に持っていけるのが人気

おにぎはお弁当の定番になりますが三角や丸といったおにぎりは、お弁当箱に入れると後のおかずが入れるのに苦労したことはありませんか?今SNSで可愛いお弁当がたくさん投稿されていますが、やはり可愛くするにはバランスやコツがいります。

おにぎりが三角や丸になると、隙間がいびつになり入れるおかずによっては、入れにくかったり、綺麗に入らなかったりしますよね。しかし、スティックおにぎりは、棒状になっていますのでお弁当箱に合わせて作れば、スペースは四角くなりしっかりと確保できます。

お弁当の空きスペースが四角あと、おかずも入れやすいですよね。また、スティックおにぎりだと、ちょっと小腹が空いた時用に持っていくことも可能です。女性の一口サイズにしたり、部活の男の子には大きめのスティックおにぎりにしたりと工夫も幅も広いのも人気の秘訣です。

スティックおにぎりの基本の作り方

スティックおにぎりの基本の作り方を紹介します。作り方といっても本当に簡単で、すぐに作ることができますよ。スティックおにぎりの作り方は、まずラップを用意し、適当な大きさに切り広げます。

そのラップの上にご飯を広げ、具を挟む場合には真ん中に具をのせましょう。そして、ご飯の厚みが均等になるようにラップをくるくると丸めていきスティック状に形成します。この時、ちょっと力を入れて握ってあげるとしっかりとまとまります。

もしも表面に具を乗せたい場合には、予めスティック状にしたご飯を作っておき、それをラップの上に置き、ご飯の上に具をのせましょう。バランスが取りにくい場合には、下を平にしておくと安定し具を乗せやすくなります。もちろんその後しっかりとスティック状に握れば元にもどりますよ。

ラップ同士がくっつくタイプのラップであれば、そのままラップをくっつけても大丈夫です。もし、いまいちラップ同士がくっつきにくい場合には、リボンやマスキングテープで止めておきましょう。しっかりと止めておかないと、ラップが外れてスティックおにぎりがバラバラになってしまいます。

スティックおにぎりを可愛くするポイント

スティックおにぎりの作り方はとても簡単で、可愛くするのも色々なバリエーションが楽しめますが、それ以上にスティックおにぎりはラップなどで可愛くすることができます。SNSでも可愛いスティックおにぎりはとにかく人気が高くなります。

可愛くするといっても、どれも材料があれば簡単に出来ますので是非チャレンジしてみてください。可愛いスティックおにぎりはお弁当にいれても、とても映えますよ。

①スティックおにぎりを包む紙を変えてみる

スティックおにぎりの作り方で巻くものは基本はラップです。しかし、予めラップで作っておいたスティックおにぎりを、クッキングシートや、柄入りのアルミホイルで巻いてもとても可愛いですよ。クッキングシートやアルミホイルがあれば簡単に可愛くできるのでおすすめのポイントです。

しかし注意したいのが、アルミホイルやクッキングシートの場合にはそれのみでスティックおにぎりを造ることが出来ません。ですので、最初は必ずラップでスティックおにぎりを作るのがおすすめです。綺麗に作ってから最後の仕上げでクッキングシートやアルミホイルでアレンジしましょう。

今は100円均一でもクッキングシートや可愛いアルミホイルがある

クッキングシートやアルミホイルは、今100円均一で手に入れることができます。可愛い柄が多くあり、しかも100円なので数種類持っておいてもとても便利です。お菓子を入れるのに使ったりと使い方たくさんありますので、是非いくつか集めてみましょう。

クッキングシートは今サンドイッチなどを包むのにも便利だとして注目されています。また、水分を吸うクッキングシートや油分を吸い取るクッキングシートもありますので、使う場所や食材によって替えていくのもい良い方法ですね。

②真ん中に具を入れるのではなく表面上に具を置く

スティックおにぎりを可愛くするポイントとして、具を真ん中にいれるのではなく表面においてみましょう。真ん中に入れてしまうと、やはりおにぎりの白色が目立ってしまいます。しかし、鮭や梅といった具は赤みがあり綺麗ですし、昆布などでも、等間隔に並べるだけで一気におしゃれになります。

おしゃれにする自信がないという方は、SNSなどを参考にしてみましょう。可愛いデザインやアレンジのスティックおにぎりがたくさんありますし、ちょっとした工夫で可愛くなりますので、調べてみるのもおすすめです。

③リボンやマスキングテープで端を留める

クッキングシートやアルミホイルがあれば、簡単に可愛いスティックおにぎりができますがラップしかない場合には、端をラップ同士でくっつけるのではなく、マスキングテープで止めたり、キャンディ状にしてリボンでしばるのも可愛いですよ。

ちょっとしたシールで留めるのも可愛いですね。リボンなどは、プレゼントなどについているリボンでも十分可愛くなりますし、こちらも100円均一でたくさんの種類があります。マスキングテープも100円均一であれりますので、一度覗いてみて下さいね。

スティックおにぎりでおすすめアレンジ

スティックおにぎりは基本的にどんな具をいれてもかまいません。スティックおにぎりが話題になったのが、とにかくどんな具であっても、中に入れたり乗せたりすることができるということ。ではスティックおにぎりでおすすめの人気の具を紹介します。

どのスティックおにぎりも、簡単に作ることが出来ますし、色合いもきれいなので是非お弁当のおにぎりとして参考にしてみてくださいね!

①がっつり食べられる肉巻きスティックおにぎり

話題のスティックおにぎりで人気No.1になるのが、お肉でスティックおにぎりを巻いた肉巻きスティックおにぎりです。がっつり食べたい方や男の子に人気のスティックおにぎりで、濃いめの甘辛い味が止まらない美味しさです。一見手が混んでいるように見える肉巻きスティックおにぎりですが、作り方は至って簡単。

スティックおにぎりを白いご飯で作っておき、そこへ豚バラを巻きつけましょう。そして熱したフライパンに入れて、しっかりと焼きます。豚バラの色が全て変わったら、酒、醤油、砂糖、みりんを追加して、煮詰めます。甘辛いタレが食欲をそそるスティックおにぎりです。

肉巻きスティックおにぎりの作り方のポイントとしては、ご飯が全て隠れるようにしっかりと豚バラを巻きつけるということと、焼く時は、豚バラの最後の端からしっかりと焼くようにしましょう。そうすることで豚バラが外れることがありません。

またお弁当に持っていく時にはしっかりと冷ましてかた持っていきましょう。豚バラもちゃんと火が通っているかを確認して、生焼けにならないようにしましょうね。豚バラが生焼けであったり温かいまま持っていくと食中毒の危険がありますので、絶対に避けるようにしましょう。

②オムライス風スティックおにぎりなら子供も大喜び

子供に大人気で話題なのがオムライス風のスティックおにぎりです。なによりも黄色い薄焼き卵でくるまれているので、見た目がとてもキュートです。彩りにも事欠きませんし、子供が大好きなオムライスがおにぎりで食べられるので、大喜びしてくれますよ。

オムライス風のスティックおにぎりの作り方は、まずハムと玉ねぎをフライパンで炒めます。そこへケチャップを入れて水分を少し飛ばしてからご飯を入れ炒めます。しっかりと混ざったら触れる程度まで冷ましましょう。そして、ラップでスティックおにぎりを形成しておきます。

そして、卵に塩を入れて溶いておきう薄焼き卵を作ります。この時フライパンは卵焼き用のフライパンだと綺麗にスティックおにぎりに巻く事が出来ますよ。薄焼き卵を作ったらスティックおにぎりに巻きつけて、ラップでくるみましょう。

薄焼き卵を型抜きしたりすると、中のチキンライスが見えて彩りも可愛いですよ。水分が少ないとスティックおにぎりがうまく作れなかったり、食べている時にバラバラとこぼれてしまうので、チキンライスはパラパラよりはしっとりとした状態が良いですよ。

③おかかチーズスティックおにぎりは絶品

おかかとチーズが組み合わされたスティックおにぎりは、意外な組み合わせですが、とても美味しいですよ。作り方としては、鰹節に醤油を混ぜておき、そこへご飯を入れしっかりと混ぜ合わせましょう。そこへ小さく切ったベビーチーズを入れてまた混ぜ合わせます。

後は基本のスティックおにぎりのく作り方と一緒になります。おかかの和風な味に、チーズが組み合わさって新しい味に出会えますよ。おかかとチーズにプラスして大葉や昆布を混ぜても美味しいのでおすすめです。

おかかはスティックおにぎりの真ん中に入れても美味しいですし、揚げ玉を混ぜたりすると濃厚な味わいになり、部活をしている男の子などにおすすめ。がっつり食べられますので部活の合間などに食べられますよ。

④スティックおにぎりならではのウインナー入りおにぎり

話題のスティックおにぎりなら出来るのがウインナー入りのおにぎりです。ウインナーは、長くなっていますので普通のおにぎりだと入れることが難しいですよね。また入れるにしても、小さくカットしなければなりません。しかし、縦に長いスティックおにぎりならウインナーをそのままいれる事が出来ます。

熱したフライパンに、油とウインナーを入れて火を通します。皮がはじけてきたら醤油を少々足してウインナーに味をつけましょう。ラップにご飯を置いて、そこへウインナーを入れスティックおにぎりを作りましょう。

スティックおにぎりを作ったら海苔を巻いて完成です。ウインナーの味つけは、ケチャップなどでも美味しいですよ。ウインナーと一緒にチーズを入れても美味しいですよ。ウインナーが丸々1本入っていますので、腹持ちもよいですし、食べやすいのが良いですね。

⑤スティックおにぎりの上から春巻きの皮で巻いて揚げるのも美味しい!

変り種になりますが、食べやすく見た目もかわいいのが、春巻きの皮で巻いたスティックおにぎりです。こちらはラップの代わりに春巻きの皮でスティックおにぎりを巻いた物になります。作り方といては、スティックおにぎりを予め好みの具で作っておきます。

作ったスティックおにぎりを春巻きの皮で巻いていきましょう。水で溶いた小麦粉をのり代わりにしてキャンディ状に巻きましょう。こんがりきつね色になったら完成です。しっかりと冷まし油を切ってからお弁当などに入れましょうね。

ご飯と春巻きの皮の間にベーコンやチーズを挟んだり、海苔を挟んだりすると見た目も可愛くなります。パリパリとした食感が楽しいですし、味も美味しいので、おすすめのスティックおにぎりです。

簡単にできてアレンジが無限のスティックおにぎりを試してみよう!

スティックおにぎりは中の具を替えるだけで、アレンジは無限に楽しむ事が出来ます。チャーハンにしてスティックおにぎりにしたり、定番のおにぎりの具で作るのも美味しいですよ。海苔を切っておくと、可愛いキャラ弁も作りやすいのでおすすめです。

また、スティックおにぎりは何よりも作る時に素手で触ることはなく、必ずラップを使っていますので衛生面も安心です。作り方が簡単なので、誰でも気軽に作ることが出来るのいうのも話題ですね

子供がいくらか手伝ってくれる場合なら、一緒に作るのも楽しく作れますよ。今話題のスティックおにぎり。シールを張ったりマスキングテープを張ったりして、可愛いスティックおにぎりを作って下さいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧