生アーモンドの驚きの効果とは?素焼きとの栄養・カロリーの違いも徹底比較

生アーモンドの効果や素焼きアーモンドとの栄養の違いについてまとめました。生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養や効果の違いを知っておけば健康的な生活に役立てられます。生アーモンドや素焼きアーモンドの栄養効果や違いについてチェックしましょう!

生アーモンドの驚きの効果とは?素焼きとの栄養・カロリーの違いも徹底比較

目次

  1. 生アーモンドの栄養効果や素焼きとの違いを知りたい!
  2. 実はとても栄養が豊富なアーモンド
  3. アーモンドにはこんな栄養も豊富
  4. 生アーモンドと素焼きアーモンドの違いは何?
  5. 生アーモンドと素焼きとでは栄養効果やカロリーに違いがある?
  6. アーモンドの栄養効果を引き出すには1日何粒食べれば良い?
  7. 生アーモンドを摂取するならアーモンドミルクがおすすめ
  8. 意外と簡単に作れるアーモンドミルクのレシピ
  9. 生アーモンドのはちみつ漬けもおすすめ
  10. 生アーモンドの効果を取り入れてみよう!

生アーモンドの栄養効果や素焼きとの違いを知りたい!

気になる生アーモンドの栄養や効果

アーモンドといえば、栄養豊富なナッツとして知られていますが、アーモンドには生アーモンドと素焼きのアーモンドの2種類があることをご存知ですか?近年の健康志向の高まりにより、生アーモンドへの注目が集まるようになりました。そこで気になるのが生アーモンドと素焼きのアーモンドの違い。生アーモンドにはどのような栄養が含まれているのか知りたいですよね。

生アーモンドを食べることによってしっかりと栄養を摂取することができるのであれば、ぜひ取り入れていきたいですよね。生アーモンドならではの利点も多くあるので、アーモンドの栄養を効果的に摂取したい方は生アーモンドを活用してみてはいかがですか?

生アーモンドの栄養を効果的に取り入れよう

「生アーモンドと素焼きアーモンドの違いにはどんなものがある?」「生アーモンドはどうやって食べるの?」といった場合に役立つ生アーモンドの情報をまとめました。生アーモンドに含まれている栄養について知っていれば、健康や美肌などさまざまな効果を期待することができるのが嬉しいポイント。生アーモンドを日々の生活に役立ててみましょう!

Thumbアーモンドオイルの効能や効果は?肌にもいいって本当なの?

実はとても栄養が豊富なアーモンド

代謝を促す効果のあるビタミンB群

アーモンドといえばスーパーでも気軽に手に入れることができるナッツとして知られていますが、実は栄養を豊富に含んでいることをご存知ですか?生アーモンドにも素焼きのアーモンドにも共通して言えるのはビタミンやミネラルといった栄養を豊富に含有しているということです。アーモンドに含まれる栄養としてまずあげられるのがビタミンB群。

ビタミンBは代謝を上げる働きがあると言われているビタミン類です。代謝が上がることで効率的に脂肪を燃焼できるようになり、ダイエットに役立てられるのが魅力。また、代謝アップは肌のターンオーバーを促進することにもつながるので肌の調子を整えたい場合にもぴったりです。美肌やダイエットに活用することができそうですね。

アンチエイジング効果のあるビタミンE

続いて生アーモンドや素焼きアーモンドに含まれている栄養としてあげられるのがビタミンE。ビタミンEはアンチエイジング効果の高いビタミンとして知られ、若々しい状態を保ちたい場合に最適です。老化の原因と言われている活性酸素の生成をおさえ、老化を予防できるのが魅力。また、老化を防ぐことで代謝の低下を防ぎ、ダイエットに役立てることもできます。

アーモンドにはこんな栄養も豊富

健康的な生活に欠かせないミネラル

アーモンドは他にもいろいろな栄養が含まれています。まずあげられるのがミネラル。カルシウムやマグネシウム、鉄分などアーモンドにはさまざまな種類のミネラルが含まれているのが嬉しいポイントです。ミネラルは健康的な生活を送る上で欠かすことができない栄養ですが、日々の食生活の中で不足しがち。アーモンドを食べることで補ってみてはいかがですか。

腸内を整える食物繊維

アーモンドには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は腸内の環境を整えるためにぜひ摂取しておきたい栄養なので、便秘気味の方は活用していきたいですね。食物繊維を摂取することで腸の働きを活性化させ、老廃物の排出を促すことができます。老廃物の排出ができれば代謝のアップにもつなげることができるので、ダイエット中の人にも役立つのが魅力。

生アーモンドと素焼きアーモンドの違いは何?

素焼きアーモンドはローストしているのが違い

このようにアーモンドには豊富な栄養が含まれていることがわかります。そこで気になるのが生アーモンドと素焼きのアーモンドの違い。生アーモンドと素焼きのアーモンドの違いを知ることによって、効果的に活用することができるのでぜひ生アーモンドとの違いをチェックしていきましょう。

生アーモンドと素焼きのアーモンドの違いとしてあげられるのがローストしているか否か。素焼きアーモンドの場合はローストをすることによって、こうばしい風味を出しているのが特徴です。カリッとした食感があり、食べ応えがあるのが素焼きアーモンドの特徴としてあげられるでしょう。

生アーモンドは非加熱なので保存に注意が必要

生アーモンドはその名前の通り、加熱をしていないのが特徴になります。素焼きアーモンドと違って生アーモンドは加熱をしていないので、アーモンド本来の甘みを感じられるのがポイント。しっとりとした食感で、噛みしめるごとに甘みを楽しむことができます。生アーモンドならではの美味しさを楽しんでみてはいかがですか。

ただし、生アーモンドは非加熱なので保存に注意が必要になります。直射日光の当たらない冷蔵庫などで保存をするのがおすすめ。また、素焼きのアーモンド寄りの生アーモンドの方が賞味期限が短くなるので、食べきるようにしてくださいね。

生アーモンドと素焼きとでは栄養効果やカロリーに違いがある?

アーモンドに含まれる栄養は熱に強い

生アーモンドと素焼きのアーモンドとでは製法に違いがあることがわかりましたが、気になるのが栄養やカロリーに違いがあるのかということです。アーモンドにはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていることがわかっていますが、アーモンドに含まれる栄養は熱に強いのが特徴。

なので、生アーモンドをローストして素焼きアーモンドにしても栄養にはほとんど変わりがないとされています。また、シンプルに素焼きにしたアーモンドであれば生アーモンドとのカロリーの違いもありません。油を使っていたり、調味料を添加しているのであればカロリーは変わりますが、基本的に素焼きのアーモンドは生アーモンドのカロリーと変わらないと言って良いでしょう。

アーモンドの栄養をしっかりとるなら生アーモンド

生アーモンドと素焼きのアーモンドには栄養の違いはあまりありませんが、やはり加熱をすることによって微量の栄養は壊れてしまう場合があります。アーモンドの栄養を余すことなく摂取したいのであれば生アーモンドの方がおすすめ。生アーモンドはアーモンド本来の甘みを楽しむことができるので、好みに合わせて選んでみてくださいね。

Thumbスイートアーモンドオイルの効果効能は?顔にも髪にも◎使い方まとめ

アーモンドの栄養効果を引き出すには1日何粒食べれば良い?

1日あたり23〜25粒が目安

それでは、生アーモンドを食べる場合は1日あたりどのくらい食べても良いのでしょうか?生アーモンドの栄養を摂取するには1日あたり23〜25粒ほど食べると良いとされています。おやつ代わりに生アーモンドを食べると良さそうですね。

食べ過ぎはカロリーオーバーになる

体に良いからといって生アーモンドを食べすぎるのには気をつけておきましょう。アーモンドはカロリーが高いので、食べすぎることでカロリーオーバーになってしまいます。1日あたりの摂取量を守りながら生アーモンドの栄養を取り入れてみてくださいね。

生アーモンドを摂取するならアーモンドミルクがおすすめ

生アーモンドの栄養をしっかりとれるアーモンドミルク

生アーモンドの栄養を摂取したい場合におすすめなのがアーモンドミルク。生アーモンドを攪拌することによって栄養を吸収しやすくできるのが魅力です。海外では第三のミルクと呼ばれ、健康志向の高い人達の間で人気。

牛乳の代わりに使える

まろやかな生アーモンドの甘みを感じることができるアーモンドミルクは牛乳の代用品としても使えます。そのまま飲むだけでなく、ラテを作ったり、料理やお菓子作りに活用するなど好みの方法で生アーモンドミルクを活用してみてはいかがですか。

意外と簡単に作れるアーモンドミルクのレシピ

生アーモンドを水に浸し、フードプロセッサーで攪拌

まずは、生アーモンド23〜25粒を8時間以上水に浸しておきましょう。生アーモンドを水に浸し終えたら、水400mlと塩ひとつまみと一緒にフードプロセッサーに入れます。フードプロセッサーでなめらかになるまで生アーモンドを攪拌してください。

ガーゼでこしたら完成

なめらかになるまで生アーモンドを攪拌したら完成。ただし、舌触りが気になる場合はガーゼでこしましょう。生アーモンドの栄養を100%摂取したい場合はこさずにそのまま飲むのがおすすめです。メープルシロップなどの甘みを加えても美味。

Thumbアーモンドプードルとは何?アーモンドパウダーとの違いは?糖質やカロリーは?

生アーモンドのはちみつ漬けもおすすめ

生アーモンドを水に浸してから乾かす

生アーモンドは、はちみつ漬けにするのもおすすめ。非加熱で栄養も豊富な生はちみつを使うとさらに効果的です。生アーモンドはお湯に30分つけてから皮をむきましょう。皮をむいた生アーモンドを一晩、水に浸します。生アーモンドを浸し終えたらキッチンペーパーなどに並べて乾かしてください。

はちみつ漬けにしたら完成

生アーモンドを乾かし終えたら煮沸消毒をした保存瓶に入れます。生アーモンド全体が浸るまではちみつを加えたらしばらく置いてはちみつ漬けの完成。そのまま食べたり、ヨーグルトのトッピングにするなどいろいろな食べ方を楽しめます。ちょっとしたおやつにもぴったり。ぜひ生アーモンドのはちみつ漬けも堪能してみてくださいね。

Thumb生はちみつのすごい効果まとめ!普通のものとの栄養・効能の違いとは?

生アーモンドの効果を取り入れてみよう!

アーモンドの栄養をしっかりと摂取したい場合は生アーモンドが役に立ちます。ただし、非加熱なので保存方法には気をつけておきましょう。アーモンドミルクやはちみつ漬けなど、好みの方法で生アーモンドを味わってみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧