ランニングフォームを改善するには?初心者が気をつけるべきポイントまとめ

最近ではランニングやウォーキングをする人が多くなっています。運動を楽しむことは重要ですが、ランニングやウォーキングをする上ではフォームも重要になります。フォームを改善することは身体への負担を軽減することができるので、知ってほしいと思います。

ランニングフォームを改善するには?初心者が気をつけるべきポイントまとめ

目次

  1. ランニングフォームは大切なのか
  2. ランニングで起こりやすい怪我とは
  3. 初心者がランニングをするのに必要なことは
  4. 正しいランニングフォームで走るメリット
  5. 初心者はランニングフォームが重要なのか
  6. ランニングフォームを改善する目的は
  7. ランニングフォームを改善するためのポイント
  8. 正しいランニングフォームのポイント
  9. ランニングフォームのスライド(歩幅)やピッチ(足の回転)について
  10. ランニングフォームの着地について
  11. ランニングフォームと呼吸について
  12. ランニングフォームと上半身のポイント
  13. ランニングフォームと下半身のポイント
  14. 疲れない走り方をするためのランニングフォーム
  15. ランニングで痩せる正しいフォームとは
  16. まとめ:ランニングフォームを改善することは自分の身体を大切にするための重要なこと

ランニングフォームは大切なのか

最近ではランニングする人が増えています。そのため、色々な場所でランニングしている人を見かけることが増えています。

よく駅伝選手などや長期距離選手などのランニング姿を目にすると綺麗なランニングフォームをされていると言う印象を受けます。

さらに、みんな同じようなランニングフォームであるということも実感できます。これはランニングする上では正しいランニングフォームをされているためになります。

ランニングフォームが正しいと、怪我をするリスクが減ると言われています。また、ラクに走ることが出来るようになり、ランニングが終わった後の疲労度が変わるとも言われています。

また、ランニングのスピードも上がるので、大会などを目指しているという人は、ランニングフォームの改善は特に重要になると言われています。

ランニングで起こりやすい怪我とは

よく初心者の人がランニングをすると疲労によって、足が傷むなどということがあります。これは、突然はじめたことにより、筋肉がついていかないことと、ランニングフォームが正しくないことで、身体の色々な場所に負担をかけてしまっているからです。

またランニングでよく起こりやすいと言われている怪我は、足の怪我と言われています。その中で肉離れは柔軟性のある子どもには少ないのですが、成人にはよく起こるという足の怪我になります。

そして、ランニングの初心者でもよく起こりやすいのが足の捻挫になります。その他にも、元々腰痛持ちであるという人はランニング後に腰の痛みを感じられる人もいます。

ランニングの時の怪我は、人によって違いはありますが、怪我をしないでランニング出来ることが、普段の生活にも支障をきたすことがないので、理想となります。

初心者がランニングをするのに必要なことは

現在は、ランニングブームと言われていることでランニングをする人が多くなっています。また他の運動よりもランニングは初心者でも簡単に始めることが出来る運動というイメージもありあます。

そんな初心者がランニングを始めるのに必要となることは、ランニングをはじめられる準備になります。怪我などをしないためにも一番重要なのはランニングシューズを揃えることになります。

その他に、今後もランニングを続けていけると感じられるのであれば、ランニング用のウエアやタイツ、小物類など色々と準備することが理想的になります。

そして、ランニングを初心者がはじめられる時に、一番重要なのは、運動不足の人がいきなりランニングからスタートしないことです。

はじめは正しいウォーキングフォームでウォーキングをします。そして徐々にスピード上げて、身体が運動することに慣れてからランニングをスタートすることが重要になります。

ランニングをスタートさせたら、なるべくリラックス出来る状態でランニングを行うようにします。さらに、リラックスするために、呼吸法にも注意することが重要になります。

Thumbジョギングとランニングって同じと思ってない?2つの違いを徹底調査!

正しいランニングフォームで走るメリット

駅伝選手や長距離選手はみんな同じようなランニングフォームと言う印象を受けます。その為、正しいランニングフォームがあるのではないかというイメージを持ってしまします。

しかし、正しいランニングフォームは個人個人によって少しずつ違うとも言われています。けれども、正しいランニングフォームを身につけることは、膝や足の裏の痛みをや疲労を軽減することが出来るメリットがあると言われています。

さらに、正しいランニングフォームはダイエット効果が期待できて痩せるとも言われています。そのため、ランニングフォームは重要になります。

また女性なら、筋肉で足を太く見せないようにするために、正しいランニングフォームで綺麗な筋肉をつけることで細く見せることができるとも言われています。

初心者はランニングフォームが重要なのか

初心者の人がランニングを始めるのにランニングフォームを意識して走ることは、その後もランニングを続けるのであれば重要なことになります。

しかし、初心者の人がランニングを始めると、疲労度は大きいと言われています。さらにランニングフォームを意識しすぎると、色々な場所に力が入ってしまって、疲労度が増すとも言われています。

そのため、初心者の人はランニングを始めたばかりの頃はランニングフォームを気にしすぎなくてもいいという声も聞かれています。

ランニングを続けていくことで少しずつランニングフォームを身に着けていき、自分の一番いいランニングの方法を見つけることが重要とも言われています。

最終的にはランニングフォームは重要になりますが、初心者の人は焦ってランニングフォームを作る努力はしなくても、徐々にラニングフォームを作っていくが必要になります。

ランニングフォームを改善する目的は

ランニングフォームを改善する目的の一つとしては、早く走れるようになるためと、ラクに走れるようになるためと言われています。

また、怪我をしないようにすることや、疲労度を減らすためとも言われています。そのため、ランニングフォームを改善するために多くの本が発売されています。

さらにダイエット目的でもランニングフォームを改善するという人もいます。このように個人個人で色々な理由によりランニングフォームの改善をする人がいます。

ランニングフォームを改善するためのポイント

ランニングフォームを改善するためのポイントとして重要なのは、現在の自分がどのような姿勢でランニングしているのかということを知ることです。

その他に、正しいランニングフォームに改善するためのポイントとしては、ランニングの為に、トレーニングとなるエクササイズや、ストレッチでランニングフォーム修正を行うことを心がける事になります。

そのためには、股関節の柔軟性を鍛えるためのトレーニングを行うことがフォーム改善に繋がるポイントになります。さらに、着地の衝撃に耐えられるようなランニングの筋トレもフォーム改善に繋がるポイントと言われています。

正しいランニングフォームに改善しようと思っても、ランニング中にフォーム改善をすることは難しいと言われています。そのため、ランニング中にはリラックスして走れるように、日頃のトレーニングやストレッチがフォーム改善にはとても重要です。

Thumbマラソンには筋トレが必要!トレーニングメニューや上半身を鍛える方法まとめ!

正しいランニングフォームのポイント

正しいランニングフォームのポイントの一番目は、姿勢に気をつける事になります。姿勢は特にランニングする際に多い間違いとも言われています。姿勢は猫背にならないように、背筋をまっすぐ伸ばします。そして、上半身のブレをなくすことになります。

二番目のポイントは、肩の力を抜いてリラックスした状態でランニングを行うことです。30分以上ランニングするのであればリラックスした、自然でラクなフォームは重要になります。

その他には、足の着地をどのようにするかがポイントになります。長距離選手やアスリートの人はつま先から着地して膝から下の筋肉のダメージを少なくします。しかし初心者であれば、かかとから着地して徐々に足先を地面につける走法をとることがおすすめとも言われています。

また、呼吸法も正しいランニングフォームのポイントと言われています。自分の足音に合わせて呼吸するようにして一定のリズムを刻むようにすることは、上手く酸素を取り込むことができて、ランニングフォームも安定します。

ランニングフォームのスライド(歩幅)やピッチ(足の回転)について

ランニングフォームの中で、スライドやピッチによっても走り方は変わると言われています。ピッチ走法のメリットは身体の上下の動きが小さいことで、筋肉の負担を軽くすると言われています。けれどもデメリットとして体力の消耗が激しくなるので、普段のトレーニングも必要になります。

これに対してスライド走法のメリットは、一歩が大きいために、比較的スピードが出しやすいと言われています。しかし、デメリットとして、体に大きな負担がかかりやすく怪我につながりやすいです。さらにランニングフォームも崩れやすいとも言われています。

ピッチ走法とスライド走法のどちらかで悩んだ場合は、どちらがいいランニングフォームと答えることができなとも言われています。それは、個人個人で体格や適正が違うからです。

しかし、ピッチ走法とスライド走法ともにトレーニングが必要になります。ピッチ走法は腕の振りが重要で、スライド走法は足の筋肉を強化することが重要になります。

Thumbランニングの頻度はどれくらいが適切?効果的なペースと理由について解説

ランニングフォームの着地について

ランニングフォームでの着地にはいくつかのフォームがあると言われています。アスリートに多いと言われている、つま先着地やかかと着地、最近ではフラット着地もいいと言われているようです。

3種類の着地のランニングフォームがあると、どれがいいのかと感じます。しかし、正しいランニングフォームはないとも言われています。ただし、理想の着地はあると言われていますが、自分に合ったものを探して、ラクに走ることdができれば、どれでもいいとも言われています。

さらにランニングフォームの着地で重要と言われているのは、筋肉に負担をかけないようにする走り方になります。そのためには重心と着地点がポイントとも言われています。

よく、上半身の真上に足を着地するようにすることで、筋肉への負担は減らすことが出来ると言われています。さらに上半身をしっかりと保てることも、ンニングフォームの着地には重要になります。

ランニングフォームと呼吸について

ランニングフォームの中で呼吸もポイントであると言われています。ランニングする上での基本的な呼吸法は、吸って吸って、吐いて吐いてを繰り返すことです。

しかし、呼吸法を考えながら走ることは始めのうちは疲れやすく、辛いと感じます。そのため、基本の呼吸法ではなく、自分に合った呼吸法を見つけながらランニングを行うことが重要になります。

さらにランニングフォームと呼吸の大切なことは、呼吸を一定のリズムで行い、息を吐くことに重点をおくようにすることになります。

また、ランニングでの呼吸は腹式呼吸が使われていると言われているので、日常生活でも深く呼吸をして腹式呼吸を試すようにすると、ランニングする時に腹式呼吸を意識しすぎなくても出来るようになるとも言われています。

ランニングフォームと上半身のポイント

ランニングフォームでの上半身の動きのポイントは、背筋を伸ばして肩の力を抜くことになります。さらに、顎を引いて視線をまっすぐ見ることで、上半身のブレをなくすことも重要になります。

そして、肘を曲げて、しっかり肘を後ろに引くことを意識して行うことで、効率的に走ることが出来ると言われています。

Thumb広背筋のストレッチで猫背解消!トレーニングにはダンベルが最適?

ランニングフォームと下半身のポイント

ランニングフォームでの下半身のポイントは、自分にあった自然なスライドとピッチと着地の方法を考えて走ることです。ランニングはスピードを競う人もいますが、短距離と比べると持続性が必要になります。

そのため、自分にあった自然なランニングフォームを見つけることが重要になります。さらに、体幹をまっすぐとして、股関節から後ろに蹴り出すように意識することもポイントと言われています。

疲れない走り方をするためのランニングフォーム

ランニングを始めたばかりの初心者も、ランニングを続けている人もどんな人でも、疲れないランニングフォームについて気になります。

疲れない走り方をするためには、まず、日常生活でストレッチや筋トレを行うことが必要になります。その上でランニングフォームを意識していくようにすることが重要になります。

また、ランニングは走り初めは疲れてしまうのですが、途中から走りがラクになるようになります。走りがラクになるようになってからは、疲れないランニングができるとも言われているので、そこまでは頑張って走ることが必要とも言われています。

Thumb体幹を鍛える方法まとめ!運動やストレッチで鍛える効果やメリットは?

ランニングで痩せる正しいフォームとは

ランニングをする上で痩せることを期待して行っている人もいるかと思います。痩せるためにラニングを行うのであれば、正しいランニングフォームで走ることが重要と言われています。

また、走る前と後にはストレッチをすることも重要と言われています。その他には、30分以上走ることで脂肪が燃焼されるとも言われるので、走る時間や距離も重要になってきます。

ランニングしているのに痩せないと感じられている人は、ラニングフォームを見直すことが必要になります。正しい走り方でないと、痩せることができないとも言われて、逆に筋肉がついて太るとこもあるとも言われています。

痩せるためにランニングするのに効果的なのは、朝と言われています。これは、人間の体は朝が一番脂肪が燃焼されるからです。その他には空腹時にも走ることで脂肪燃焼を起こすことができると言われています。しかし、日常生活に無理のない範囲で行ってほしいと思います。

Thumbランニングで痩せない理由を調査!体重がなかなか落ちない原因は?

まとめ:ランニングフォームを改善することは自分の身体を大切にするための重要なこと

ランニングフォームを改善することは、ラクに走ることができて、ダイエットにも繋がるので一石二鳥になります。また、ランニングフォームを改善することは、怪我のリスクも減らすことができます。

若い人なら怪我などに繋がるという意識は少ないかと思いますが、年齢が上がるごとに、ランニングで我をするリスクも上がっていきます。

また、ランニングフォームを改善するためには、日常のストレッチや筋トレも意識してほしいと思います。ランニングをすることは、身体を強くもしてくれるので、とてもいい運動になります。

身体を強くするためにも、ランニングは長く続けてほしいと思います。そのためには、ランニングフォームの改善を気にしてみてほしいと思います。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧