コインランドリーで毛布を洗う!洗える種類や乾燥する時の注意点とは?

コインランドリーは近年独身者や単身者などの利用より家族のある家庭の利用が増えています。コインランドリーの利用は毛布などの大きな物の洗濯が人気があります。毛布の種類と洗濯の洗濯やコインランドリーの洗濯・乾燥の値段など様々な情報を紹介します。

コインランドリーで毛布を洗う!洗える種類や乾燥する時の注意点とは?

目次

  1. 毛布の洗濯は自宅で洗濯?クリーニング?コインランドリー?
  2. 平成28年選択に関するマークの改正を消費者庁表示対策課発表
  3. 家庭用の洗濯表示の改正に伴う洗濯と乾燥マーク
  4. 毛布に表示されている洗濯マークと繊維の種類
  5. コインランドリーに設置されているランドリーの種類
  6. コインランドリーの機種選択と洗濯物の毛布の量
  7. コインランドリーの使用機器の値段は
  8. コインランドリーでの毛布の乾燥にチョッとした手間がエコになる
  9. 毛布のコインランドリーの使用がスマホで管理できる
  10. 最近のコインランドリーは喫茶等の常設で毛布洗濯の待ち時間に便利
  11. 毛布など洗える大きなコインランドリーは住宅街
  12. コインランドリーでの毛布の洗濯の値段は
  13. 毛布のコインランドリーへ持っていく便利なグッズは
  14. コインランドリーの毛布の洗濯で洗剤や柔軟剤の持ち込みは
  15. 毛布の洗濯はコインランドリーの利用がおすすめ

毛布の洗濯は自宅で洗濯?クリーニング?コインランドリー?

寒くなると暮らしの中で毛布の利用が多くなります。毛布の洗濯はクリーニングですか、自宅の洗濯機ですか、それともコインランドリーですか。コインランドリーは、独身者の利用が多かったのですが、近年は家族のある家庭の利用が暮らしの中で急増しています。また、ランドリーも大きな機種が設置されて毛布などの大きものが洗濯しやすくなっています。

毛布の繊維の種類はウール100%、アクリルなど色々あります。繊維の種類によって洗濯の方法も違い、毛布の手入れも大変です。毛布の繊維の種類や、最近のコインランドリーで洗える毛布や機種の種類及びコインランドリーの使用時の注意点など暮らしの中のコインランドリーにまつわる最新情報を調べましたのでまとめて紹介します。利用の際参考にしてください。

平成28年選択に関するマークの改正を消費者庁表示対策課発表

毛布にも必ず繊維の種類と洗濯の方法、取扱注意が記載されています。洗濯に関する表示が平成28年11月4日に消費者庁表示対策課から、家庭用の洗濯表示マーク改正の発表がありました。

家庭での洗濯が可能は洗い桶で付記の数値は使用する水の最高温度、桶下の横線が洗濯の強さ示します。ドライクリーニングは円に使用可能な溶剤付記とウェットクリーニング可能がWマーク付記で示される新しい表示が追加されました。詳しいことは、消費者庁表示対策課の「洗濯の改正された当たらいい洗濯表示マークと解説」を参考にしてください。

家庭用の洗濯表示の改正に伴う洗濯と乾燥マーク

これが、2016年11月に消費者庁が発表し、12月から使用されるようになった洗濯マークです。以前のマークより見やすく、外国製の衣服に記載されている表示と同じ表示が使われているといわれています。

例えば毛布の画像の新しい洗濯マークでは、左から順に、手洗いで40度の温度の洗濯が可能、次は塩素系・酸素系の漂白剤は使用禁止、タンブル乾燥は禁止、日陰の吊り干しがよい、アイロン使用禁止を表示しています。

この画像の新しい洗濯マークは、左から順に、30度までの温度で少し弱い手洗いが可能、塩素系・酸素系の漂白剤は使用禁止、アイロン仕上げはスチームなしで110度が限度、ダンブル乾燥は禁止、パークロロチレン・石油系溶剤によるドライクリーニングが可能を示しています。

このように洗濯マークの記載規定の変更に気をつけて洗濯方法や温度使用可能な洗剤などを選んで、毎日の暮らしに使う毛布がゴワゴワになったり肌触りが失われないように暮らしの中で洗濯の手入れに役立ててください。

毛布に表示されている洗濯マークと繊維の種類

ドライクリーニングしなければならない毛布には、洗濯が水洗いできない表示として水洗いのマークに✖印が付記されドライマークが追加されています。毛布の繊維の種類は、天然繊維のウール100%、シルク100%、キャメル、カシミヤなどと、アクリルやポリエステル、マイヤー・マイクロマティークなどの化学繊維があります。繊維の違いにより洗濯方法は違います。

天然繊維の毛布の大半はドライクリーニングで、化学繊維のほとんどは水洗いが可能で、コインランドリーも利用できます。洗濯マークをチェックして、ドライクリーニングを依頼する際はお店に毛布の繊維の種類や溶剤など毛布の情報を伝えて洗濯のミスを未然に防ぎましょう。

化学繊維の毛布でも中にはコインランドリーの使用ができないこともありますので必ず洗濯する際は、記載されている洗濯マークの表示を確認してください。また、暮らしの中で使用する毛布の購入するとき、洗濯の管理がしやすくて値段が格安の温かい毛布を選ぶように洗濯マークを確かめて購入すると毛布の洗濯の管理がしやすいでしょう。

コインランドリーに設置されているランドリーの種類

毛布などの大きな物の洗濯はコインランドリーがおすすめ

コインランドリーは、普段の洗濯物やシューズなどの小さなものから布団・毛布やカーテンなどの大きなものまで洗濯ができる機種が設置されています。毛布などの大きなものは家庭の洗濯機よりコインランドリーの利用をおすすめです。

毛布などの大きな物は乾燥や干場の点からも洗濯が可能な毛布ならば、コインランドリーの利用をおすすめする理由は値段的にも時間的にもまた家庭と違い少しスペースが広く作業がしやすく、かつ何よりも毛布の乾燥ができるので、毛布の洗濯の手間が省けるからです。

コインランドリーのロンドリーの大きさとランドリーの種類

近年、コインランドリーには洗濯の容量が8㎏、15㎏、22㎏などの大きな容量の洗濯機が設置されています。また、1台で洗濯・脱水・乾燥を済ませることができるランドリーもあります。コインランドリーの機種は利用が独身者や単身赴任、ホテルなどの利用者と大量の家族型のランドリーがあり、後者が急増傾向で暮らしの中にコインランドリーの利用が定着していることが伺えます。

コインランドリーの機種選択と洗濯物の毛布の量

コインランドリーの洗濯前に確かめておきたい毛布1枚の重さ

毛布は1枚仕立てと2枚仕立てがありシングルとダブルの大きさがあります。使用前に毛布の重さを確かめるとコインランドリーの使用する機種を選ぶ際に参考になります。毛布の重さは自身の体重を測り、洗濯する毛布をもって再び体重を測れば、増えた量が毛布の重さになります。大体シングルで1枚仕立ての1枚の毛布は2㎏です。

コインランドリーの使用時の洗濯機と乾燥機の選択と毛布の量

毛布の洗濯は使用可能な量の5~7割位がよいといわれています。あまり余裕のない状態では汚れが落ちにくいことと場合によっては作動停止が起こるのでもう少し入りそうと思われるくらいでコインランドリーを利用しましょう。

1台で洗濯・脱水・乾燥をする場合は乾燥しにくいので5~6割くらいが適量です。出来たら、乾燥機は洗濯可能機器より1つ大きめを利用すると乾燥がしやすいので入れかれて乾燥させることをおすすめします。

コインランドリーの毛布の洗濯の目安はパネルの掲示を参考に

コインランドリーでは、目安となる洗濯可能な毛布の枚数と操作手順などが丁寧に表示されたパネルがあります。洗濯したい毛布の重さを計測しておくと、毛布によって重さが異なるのでパネルの掲示を参考にして1回に可能な枚数が決められます。汚れを落としやすくするために少し余裕があるくらいで洗濯しましょう。

毛布の洗濯可能な目安として、14~15㎏のコインランドリーのランドリーは小の毛布ならば3枚、大ならば2枚。20㎏のコインランドリーのランドリーは小の毛布は4枚、代の毛布は3枚です。毛布の重さを考えて途中で作業が停止にならないようにランドリーの大きさを決めます。

乾燥はできたらひと回り大きい機器の利用を乾燥のためにおすすめします。お店によっては35㎏の洗濯機もあります。

コインランドリーの使用機器の値段は

洗濯機の使用の値段は、目安として14㎏で400~500円、20㎏で600~700円です。乾燥機は機器の大きさによって使用時間が異なる値段せいです。13.5~14㎏の乾燥機は100円で10分、25㎏で8分、27㎏で7分が大体の目安の値段です。乾燥機によっては、乾燥可能な目安が洗濯物挿入可能な位置をラインで表示されたものもあり、基準となる目安で使用しましょう。

コインランドリーでの毛布の乾燥にチョッとした手間がエコになる

コインランドリーの乾燥では毛布はどれくらいが可能

コインランドリーの毛布の乾燥もパネルに掲載されている毛布の枚数を参考にし計測した毛布の重さを考えて7割くらいの重さになるように利用すると乾燥が早くできて乾燥もよく、時間の無駄も少なくなります。

コインランドリーの乾燥機は、100円単位で利用できます。毛布の目安による乾燥時間分を一括して100円を投入するより、途中で毛布を中表にひっくり返すように一工夫すると両面の乾燥が均一になります。値段は乾燥機の大きさの種類により時間が異なる設定ですから、時間を見計らって次の人の迷惑になったり、洗濯物が取り出されているようなことにならないように利用しましょう。

Thumb靴をコインランドリーの専用洗濯機で洗う方法!料金や時間ってどのくらい?

毛布のコインランドリーの使用がスマホで管理できる

洗濯が終わるまでの時間をコインランドリーで待つ場合、じっと待つのもしんどいですから何か読み物や編み物などをもって出掛けるとよいでしょう。最近開店したコインランドリーでは、スマホでコインランドリーの管理が可能になり何か用事を済ませることができて時間の節約になり便利と人気が高まっています。

最近のコインランドリーは喫茶等の常設で毛布洗濯の待ち時間に便利

コインランドリーの利用が独身者や単身者から家族のある大きな毛布などの洗濯の利用が増加しています。聞くところによるとコインランドリーの7割が家族のある利用者だそうです。新しいコインランドリーでは喫茶室や乳幼児用のスペースが設営されているコインランドリーが増えています。

喫茶の値段は格安で洗濯ができるまでの待ち時間を毎日の暮らしのストレスがリフレッシュできる場として大変好評です。また、乳幼児用のスペースがあるコインランドリーでは小さな乳幼児のある家庭では乳幼児を連れてコインランドリーが利用できることも好評です。

近年開店したコインランドリーでは、コインランドリーを利用している間の時間の活用方法が考えられたコインランドリーが増える傾向があり、図書館の利用やコインランドリーからわざわざ出かけなくても支払いなどのちょっとしたことができるようになる傾向がみられ、一層コインランドリーの利用者が増える傾向にあるといわれています。

毛布など洗える大きなコインランドリーは住宅街

近郊住宅内にあるコインランドリーは規模が小さく、大きなコインランドリーは郊外に比較的多く点在しています。毛布などの大きな洗濯物は1・2枚ならば近郊のコインランドリーに自転車で持ち込めるかもしれませんが、量が多くなると車が必要です。車使用のコインランドリーは駐車場のスペースがある郊外のコインランドリーを利用する傾向があります。

郊外のコインランドリーの利用では時間的にコインランドリーで待つことになるでしょう。待ち時間の利用として、別の場所に移動する場合、スマホが利用できなければ洗濯が終わる時間を計算して洗濯が終わる時間より早めにコインランドリーに戻るようにしましょう。

あまり放置時間が長くなると洗濯物が取り出されていることがありますので、共同の場のマナーとしてコインランドリーの利用の妨げにならないよう心掛けましょう。

コインランドリーでの毛布の洗濯の値段は

コインランドリーの毛布の乾燥に要する時間

小さな幼児や乳幼児のいる暮らしではおねしょなどで毛布を汚すこともしばしばで洗濯・乾燥が日常茶飯事です。コインランドリーが暮らしに必要になっています。コインランドリーの利用はできるだけ値段が安い洗濯と乾燥がポイントです。

家庭用の乾燥機は電気より嵩みすが、コインランドリーはガス利用で大量の利用者があり1回のコストが家庭より安くて乾燥もしっかりとできると人気です。コインランドリーの乾燥機に値段がいくらでしょうか。

コインランドリーの乾燥機は、100円単位で機種の大きさによって作動時間が設定されています。100円でどれだけ乾くかわかりませんが、毛布の乾燥の目安として、25㎏の乾燥機で、シングルの毛布5枚では乾燥時間は40~50分で値段は500~600円、シングル毛布8枚では乾燥時間は50~60分で値段は600~700円くらいです。出来たら小銭を準備してください。

コインランドリーの25㎏の乾燥機の毛布1枚当たりの乾燥の値段は、前者は100~120円、後者は75~87.5円になります。乾燥機に記載されている重さは洗濯前の重さを示しています。この計算では、枚数を多く入れて乾燥させた方が格安になります。乾燥機の利用ではコインを一度に入れるのではなく途中で毛布をひっくり返すと乾燥が早くなり少し格安になります。

毛布のコインランドリーへ持っていく便利なグッズは

毛布のコインランドリーでの洗濯は、荷物が大きくなるので大きな袋か洗濯物の大きなバスケットなどの利用をおすすめします。また、最近ブームになっている大きな風呂敷は大変重宝で、結構多くの量になる毛布が包めます。コインランドリーを利用した毛布の洗濯は、水気を含んだ毛布は大変重たいことと家庭の物干しに何枚も毛布を干すのは大変ですから乾燥させましょう。

毛布を洗濯したらふんわりとして嵩張ります。風呂敷ならば嵩張った毛布を風呂敷を縛るので楽に包めます。また、毛布の量が多くて重たいときは背負うこともできます。風呂敷は体格に結んでしばる以外にサイドの角を結んで箱型のように包むこともできるので毛布の洗濯には便利です。

コインランドリーの毛布の洗濯で洗剤や柔軟剤の持ち込みは

行きつけのコインランドリでは、洗剤や柔軟剤の持ち込みが必要なならばこれらを持っていきましょう。初めてのコインランドリーの利用ならば一応洗剤も柔軟剤も持って出かけることをおすすめします。また、それぞれのコインランドリーにより異なりますが洗剤や柔軟剤が不要、あるいはコインランドリーに置かれているそれらの購入が必要な店があるので店舗の指示に従いましょう。

毛布の洗濯はコインランドリーの利用がおすすめ

暮らしの中で毛布の利用は寒い季節やうたた寝などに利用が多いです。毎日の暮らしで清潔な毛布の使用は洗濯が必要ですが家庭での毛布の洗濯ができる大きさならば家庭の洗濯機を、洗濯可能で大きめの毛布がコインランドリーを利用し、乾燥まで仕上げて持ち帰りましょう。また、公共施設の利用のマナーを守りみんなが気持ちよく利用できるように心掛けましょう。

大きな毛布などのコインランドリーでの洗濯が気になる方へ

Thumbこたつ布団を洗いたい!クリーニング代とコインランドリー代の料金比較まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-08 時点

新着一覧