生にんにくを食べる時の注意点まとめ!効果や安全な食べ方を紹介

スタミナ食材として人気の食材といえばにんにくですよね!そんなスタミナ食材の生にんにくには嬉しい効果がある反面、副作用もあると言われているので食べる際には注意も必要です。そこで今回は、生にんにくを食べる時の注意点や安全な食べ方をご紹介します!

生にんにくを食べる時の注意点まとめ!効果や安全な食べ方を紹介

目次

  1. スタミナ食材として人気の『にんにく』!
  2. にんにくにはどんな効果があるの?
  3. しかし、生にんにくを食べ方には注意点が…?
  4. 生にんにくの食べ方注意点①1日の摂取量
  5. 生にんにくの食べ方注意点②食べる頻度
  6. 生にんにくの食べ方注意点③口臭
  7. 生にんにくを安全に食べるにはどんな食べ方がおすすめ?
  8. 生にんにくを安全に食べるおすすめの食べ方
  9. 生にんにくの効果・効能を高める食べ方は?
  10. 生にんにくの保存方法は?
  11. 《まとめ》生にんにくの食べ方、注意点、効果・効能を高める食べ方

スタミナ食材として人気の『にんにく』!

スタミナ食材として人気の食材といえば『にんにく』ですよね!様々な料理に手軽に入れることができますし、サプリメントなども多いです。嬉しい効果が盛りだくさんなにんにくですから、毎日サプリメントを摂取したりにんにく料理を食べたりする人も多いスタミナ食材です。

にんにくにはどんな効果があるの?

毎日食べるという人もいるほどスタミナ食材として人気のにんにくには、一体どんな嬉しい効果があるのでしょうか?まずは、にんにくを食べると実感できる嬉しい効果について調査してみましょう。

疲労回復効果

スタミナ食材として知られていることもあり、にんにくに疲労回復効果があることはご存知の方が多いのではないでしょうか?にんにくに含まれるビタミンB1の吸収が疲労回復してくれる効果があります。さらに、にんにくに含まれる『アリシン』の抗血栓作用、『スコルジニン』による末梢血管拡張作用などによって血流が良好になり、疲労回復効果を促進してくれるんです。

抗菌・殺菌・解毒効果

にんにくって独特な匂いがありますよね。あの匂いの元となるのがにんにくに含まれる『アリシン』というものなのですが、この科学物には強力な抗菌・殺菌・解毒効果があります。にんにくの強力な抗菌・殺菌・解毒効果は一体どのくらい強烈なのかというと、にんにくの精油を12万倍に薄めてもチフス菌やコレラ菌を殺すと言われる程のパワーを持っているんですよ!すごいですよね。

血栓を作りにくくする

にんにくに含まれるチルアリルトリスルフィド・アホエンといった数種類のイオウ化合物は血栓を作りにくくする効果があります。「血栓を作りにくくするとどんな効果があるの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。血栓を作りにくくすると心筋梗塞や脳梗塞などに繋がる血管系疾患の原因を防ぐのに効果的だと言われているようです。

しかし、生にんにくを食べ方には注意点が…?

にんにくには嬉しい効果が盛りだくさんであることがわかりましたね。しかし、にんにくを生で食べるには注意が必要なんだとか。生にんにくの食べ方には一体どのような注意点が挙げられるのでしょうか?お次は、生にんにくの食べ方注意点について学んでみましょう。

生にんにくの食べ方注意点①1日の摂取量

にんにくはスタミナ食材として様々な嬉しい効果をもたらしてくれる食材なのですが、たくさん食べたからといって効果・効能が高まる事はありません。むしろにんにくを食べすぎたことによって健康を害することもあるのです。 では、一体どれくらいの量を摂取するのが良いのか…ということですよね。まず、1日あたりのにんにくの摂取可能量は生で食べるか加熱しているかでも異なります。

加熱したにんにくは1日に3片まで。生にんにくの場合は1片までに留めておきましょう。子供が生にんにくを摂取する場合は大人の半分(2分の1片)程度とされています。摂りすぎると胃を傷付けてしまい、胃潰瘍などになりやすくなるという恐れもあるようです。また、過剰摂取はもちろん、空腹時ににんにくを食べたりすることも胃腸に負担がかかりやすくなると言われています。

しかし、にんにくの過剰摂取による副作用は個人差がありますので一概に「この摂取量を守っておけば大丈夫!」ということはありません。にんにくを食べる際には過剰に摂取してしまわないように気をつけましょうね。

生にんにくの食べ方注意点②食べる頻度

「健康にも良いから生にんにくを毎日食べてるよ!」という方もいますよね。実際に生にんにくを週に2日食べると肺がんのリスクが半減するという研究結果が発表されているくらい、生にんにくは健康にも良いのですが毎日食べるのはあまりおすすめではないようです。

一体なぜ、毎日生にんにくを食べるのはあまりおすすめされていないのかというと、抗菌・殺菌・解毒効果の強い生にんにくを毎日食べ続けていると善玉菌が増えなくなってしまうので、皮膚炎・口角炎などを引き起こしてしまう恐れがあるそうです。摂取量はもちろんの事、生にんにくを食べる頻度にも注意しておく必要があるでしょう。

生にんにくの食べ方注意点③口臭

にんにくは非常に匂いが強い食材である事は多くの人がご存知でしょう。健康にも効果があるにんにくですが、「匂いが気になるためデートや外食時に食べるのはちょっと…」という方も多いですよね。確かににんにくは、すりおろしたりみじん切りにするなど、細かくするほど臭いが強くなります。加熱すれば匂いを軽減させられるようですからにんにくを食べる際には加熱調理が良いかもしれません。

また、食前に牛乳を飲んだりにんにく料理と一緒にチーズを食べるとタンパク質がアリシンを包み込み、臭いを抑える事ができます。「牛乳もチーズもない…」という場合はウーロン茶を飲みましょう!ウーロン茶は臭い成分の除去する効果が高いですからね。体内から早く輩出するためには水分を多く摂取する事も重要ですよ!

食後にはリンゴやチョコレートを食べることでにんにくの匂いを抑える効果があると言われています。にんにくの臭いが体内から消えるまでに約16時間かかると言われているので、ガムやタブレットで口臭対策をするのも良いですね。

生にんにくを安全に食べるにはどんな食べ方がおすすめ?

生にんにくを食べる際には安全に気をつけて、食べ方の注意点についても正しい知識を身につけておくことが重要です。では、生にんにくを安全に食べるにはどんな食べ方がおすすめなのでしょうか?お次は、生にんにくを安全に食べるおすすめの食べ方について調査してみましょう!

生にんにくを安全に食べるおすすめの食べ方

生にんにくを安全に食べるおすすめの食べ方①牛乳やヨーグルトで胃腸を保護する

生にんにくを食べ過ぎてしまうと腹痛が起きやすくなってしまいます。生にんにくを食べ過ぎた際には、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂ると胃・腸の壁を保護して、胃腸の荒れを防いでくれる効果があります。

生にんにくを安全に食べるおすすめの食べ方②薬味として食べる

スライスした生にんにくを馬刺しやカツオのたたきの薬味として使うと、食中毒予防に有効だと言われています。にんにくは加熱した状態よりも生の状態である時の方が殺菌効果が強いです。生肉・生魚を食べる際などに食中毒予防をしてくれる生にんにくですが、殺菌効果が強いという事は胃にかかる負担も強くなるので少量に留めておく必要があります。

生にんにくの効果・効能を高める食べ方は?

にんにくには嬉しい効果がたくさんありますが、反対に副作用などもあるのでにんにくを食べる事が心配になってきてしまう人もいるでしょう。しかし、にんにくは安全な摂取量を心がけていれば健康にも役立つ食材です。では、生にんにくの効果・効能を高める食べ方とは一体どのような食べ方が良いのでしょうか?お次は、生にんにくの効果・効能を高める食べ方を学んでみましょう!

にんにくは刻んで油で炒める!

生にんにくの効果・効能を高める食べ方ですが、にんにくは刻んで油で炒めると効果がアップすると言われています。にんにくに含まれる『アリシン』という科学物が熱に弱い性質であり加熱するとアリシンが分解されます。しかし、油と一緒に加熱することでアリシンの分解を防げ、効果的に摂取する事ができます。パスタソースや炒め物などに使用する食べ方がオススメです!

生にんにくの保存方法は?

加熱するか生で食べるかで、にんにくの保存方法は異なってきます。では、生にんにくの場合の保存方法は一体どうするのが正解なのでしょうか?最後に、生にんにくの保存方法について学んでみましょう!

すりおろした生にんにくの保存方法

すりおろした生にんにくの保存方法は、ラップをかけて冷蔵保存はもちろんなのですがこちらの保存方法はあまり日持ちせずに賞味期限は2日程度とされています。ですから、にんにくをすりおろした際は小分けして冷凍しておくのがオススメです。ラップをかけ小分けしたにんにくをジップロックなどの袋に入れ冷凍しましょう。冷凍したすりおろしにんにくは一ヶ月程度日持ちするようです。

スライスした生にんにくの保存方法

続いて、スライスした生にんにくの保存方法は、ラップをかけての冷蔵保存は3日程度隣っており、すりおろした生にんにくと同じくあまり日持ちしません。日持ちさせたいのなら、すりおろした生にんにくの保存方法と同様に、ラップに包んで小分けし、冷凍しておくのが良いです。こちらも一ヶ月程度日持ちするようです。

《まとめ》生にんにくの食べ方、注意点、効果・効能を高める食べ方

生にんにくの食べ方、注意点、効果・効能を高める食べ方まとめのご紹介はどうでしたか?正しく食べれば嬉しい効果・効能が盛りだくさんの生にんにく。しかし、生にんにくを間違った食べ方で摂取してしまうと副作用がおきてしまう恐れもあるので、食べる際には注意をしておきたいものですね。正しく食べて、生にんにくの嬉しい効果を健康に役立てちゃいましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-01-23 時点

新着一覧