香水をつける場所はどこが正しい?上品に香る上手なつけ方を伝授

男性、女性問わず最近は、香りの身だしなみとして香水を愛用している方が増えています。毎日あたり前のように使っている香水ですが、香水をつける時に正しい場所があることはご存知でしたか?今回ご紹介するのは、香水をつける時のおすすめの正しい場所やつけ方です。

香水をつける場所はどこが正しい?上品に香る上手なつけ方を伝授

目次

  1. 香水のつける場所で香り方が違う!?
  2. 知っておきたい!香水の基礎知識
  3. 香水をつける前に…香水の香りの変化
  4. 香水の種類は何がある?
  5. 香水をつける場所が重要な2つの理由
  6. つける場所と一緒に覚えておきたい!香水の上手なつけ方
  7. 香水をつける時の1番のおすすめは…【太い血管のある場所】
  8. 香水をつける時の2番めにおすすめの場所は…【血管の密集場所】
  9. 香水をつける時の3番めのおすすめは…【スタンダードな場所】
  10. その他にもある!?香水をつける正しい&おすすめの場所
  11. 香水をつける場所にはNGがある!?
  12. つける場所をチェック!おすすめのフローラル系の香水をご紹介!
  13. つける場所で一変する!?おすすめの上品な香水をご紹介!
  14. 香水をつける場所と一緒につけ方の注意点も要チェック!
  15. 香水をつける場所を知って香りを長持ちさせよう!

香水のつける場所で香り方が違う!?

皆さんは普段香水を愛用していますか?最近では、香水が化粧品の1つのように当たり前に愛用されるようになってきました。種類も色々あって、選ぶ時にも迷ってしまいますよね。今回は、香水の種類や上品さを演出してくれるおすすめの香水はもちろん、香水をつける場所に中心にお届けしていこうと思います。

知っておきたい!香水の基礎知識

最初にご紹介していくのは、香水が一体どんなアイテムなのかという部分です。最近は、香水と一言で言っても色々な種類があります。詳しい種類に関しては、後ほどご紹介するのとして、ここでは香水の正体に関して紐解いていきましょう。

香水とは?

香水とは、「香りの水」という漢字の通り、アルコールの中に香料が溶かしてあるものを指します。身体や衣服につけて楽しむ化粧品の1種だそうです。最近では、スタンダードな液体タイプの香水の他に、ワックスやミツロウなどに練り込まれて作られている固形の香水も出ています。

香水の歴史とは?

香水の歴史をお伝えする上で、大切になってくるのが香料です。この香料がなければ香水は生まれていません。香料は、古代エジプトでミイラの防腐、殺菌、保存に使われていたそうです。香料は、クリームや美容液などの化粧品としてすでに古くから使用されて来たそうです。

香水をつける前に…香水の香りの変化

次にご紹介していくのは、香水の香りのしくみや香り立ちの変化です。香水の魅力は、やはり香りです。化粧品である香水は、どういったしくみで香っているのでしょうか?早速香水が香るしくみをお届けしていきましょう。

香水の香りのしくみ

香水が香り立つしくみは、自分たちが持つ体温や皮脂の分泌量などと関係してきます。香りというものは、人間の自律神経にダイレクトに影響を及ぼすそうです。この香水は、先ほども少し触れたように人の体温や皮脂、気候などによって人それぞれ香り方が異なるようです。

トップノート

香水は、トップ、ミドル、ラストと3段階の香りに分かれます。まずトップノートは、つけてから5〜10分くらいの間に香る最初の香りです。この香りが香水の第一印象の香りとなります。

ミドルノート

2段階めの香りは、ミドルノートです。ミドルノートは、香水をつけてから約30分〜1時間後に香ってくる香りになります。実は、このミドルノートがその香水の中心となる香りであり、香水のテーマとなっている部分の香りの種類と言えます。

ラストノート

3段階めの香りは、ラストノートです。ラストノートは、香水の中で残り香にあたる部分です。香水をつけた時に最後まで纏う香りになります。

香水の種類は何がある?

次は、香水の種類をご紹介します。香水と一言で言ってもさまざまな種類があります。これは、持続時間やエタノールの濃度の違いなどにより、3つの種類に分けることが出来ます。

種類①パルファン

パルファムは、エタノール濃度がどの種類よりも一番濃くて15〜30%くらいになっており、持続時間が5〜12時間ほどになります。とても濃度が高いので、少量で効果が現れます。その分価格も高くなります。

種類②オーデパルファン

2つめの種類は、オーデパルファンです。エタノールの濃度が10〜15%くらいで持続時間は、先ほどのパルファンと同じように5〜12時間ほどです。オーデは、「水の」という意味があり、パルファムを薄めたタイプの種類です。

種類③オーデトワレ

3つめの香水の種類は、オーデトワレです。オーデトワレは、エタノールの濃度が5〜10%くらいで持続時間が2〜5時間ほどのタイプの香水です。このオーデトワレが、日常の中で一番使いやすいタイプの香水になります。

香水をつける場所が重要な2つの理由

続いては、香水をつける場所が重要だと言われている2つの理由をお届けします。香水をつける場所に関してのページは色々ありますが、何故そんなにも香水をつける場所が重要視されているのかという点には理由があります。

理由①香りを活かすことが出来る

香水をつける場所が重要だと言われている1つの理由は、香りを活かすことが出来るということです。香水をつける時におすすめの場所は、体温が最も高い場所です。その部分がどこかということを知ってそこへ香水をつけることで、揮発性が上がって香りを立てることが出来るそうです。

理由②香りを持続させることが出来る

香水をつける場所が重要だと言われている2つめの理由は、香りを持続させることが出来るという点です。先ほどもお伝えしたように香水をつけると良い場所は、体温が高いところになります。そこに香水をつけることで、香りが活かされて良い香りが持続するようです。

つける場所と一緒に覚えておきたい!香水の上手なつけ方

ここからは、基本的ともなる上手に香水をつける方法をご紹介します。自分のお気に入りの化粧品の1つでもある香水を活かすためには、つける場所も大切ですが、香水のつけ方も重要になってきます。自分の大好きな香りを活かす上手な方法をご紹介していきます。

つけ方①清潔な身体につけよう!

上手に香水をつけるポイントの1つめは、身体を清潔にしておくことです。必ず皮脂分泌などをしていない清潔な身体につけるようにしましょう。そのため、朝シャワーをしてからつけることをおすすめします。汗をかいた身体につけると汗の匂いと混ざって本来とは違う香りを放ってしまう可能性があります。

つけ方②スプレーは離してつけよう!

上手に香水を活かす方法の2つめは、つけ方です。最近は、スプレータイプの香水が多くありますが、実際に身体に香水をつける時は、10〜20cmくらい離して1プッシュつけるようにしましょう。近づけ過ぎてつけると香りが強くなり過ぎることがあるので、必ずある程度の距離を取ってつけることがおすすめです。上手に上品な香りを活かすつけ方を実践しましょう。

つけるタイミングは…【出掛ける30分〜1時間前がおすすめ!】

上手に香水をつけるためには、タイミングも大切です。香水をつけるタイミングは、出掛ける30分〜1時間前です。この時間帯は、ちょうど香水のミドルノートになってくる時間帯です。そのため、香水自体の香りが楽しめるこのタイミングがおすすめということになります。

香水をつける時の1番のおすすめは…【太い血管のある場所】

次は、先ほどご紹介した上手な香水のつけ方を活かしていくための場所をご紹介します。いくつかの場所がありますが、それを一番おすすめで上手に活かせる場所から順にお届けしていきます。

うなじ&耳の後ろ

香水をつける場所としておすすめの1つめは、うなじや耳の後ろです。うなじや耳の後ろは、太い血管が密集している場所と言われているので、そこへ香水をつけることで、血行が良くなった時に体温が上がって、揮発性が上がるとされています。さらに、香水の香りが長持ちしてくれる場所としてもGOODな部分と言えます。

香水をつける時の2番めにおすすめの場所は…【血管の密集場所】

続いては、2番めにおすすめと言われている香水をつける場所です。先ほどは、太い血管がある場所がおすすめだという話しをしましたが、2つめにおすすめな場所は、血管が密集している場所です。

腕&肘の内側

腕は、身体の部分の中でよく動かす部位です。そのため、香水の香りがより引き立って効果的です。そして、肘の内側も先ほどのうなじや耳の後ろと同様に血管が多く密集している部分です。そこへ香水をつけることで、香りが立つのでおすすめです。

香水をつける時の3番めのおすすめは…【スタンダードな場所】

3番めにおすすめの香水をつける場所は、スタンダードな場所です。香水は、色んな場所につけている方が多いですが、多くの方が、この部分を選ぶのではないでしょうか?

手首

手首をよく見ると血管が通っています。その上を狙って両方の手首に少量の香水をつけることで、香りが引き立っていかすことが出来ます。しかし、手首に香水をつけたらこすりあわせないようにしましょう。こすり合わせることで香りが飛んでしまって軽減してしまうそうです。

その他にもある!?香水をつける正しい&おすすめの場所

先ほどは、香水をつける時に正しい場所をいくつかご紹介しましたが、それ以外にも正しい場所があります。化粧品としての香水を上品に活かせる場所の中の2つを一緒にお届けしていきましょう。

正しい&おすすめの場所①肩

1つめの正しい&おすすめの場所は、「肩」です。肩は、自分で香水の香りを楽しむためにもおすすめの場所です。ちょうど香りを嗅ぎやすい位置にありますし、鼻との距離もバランスがいいのでおすすめです。

正しい&おすすめの場所②腰&背中

2つめの正しい&おすすめの場所は、腰と背中です。腰や背中につける時は、自分よりも周りの人に香りを振りまくのにおすすめの場所です。他の部分と組み合わせてつける時にもおすすめの部位です。例えば、手首に1プッシュ、腰や背中に1プッシュというようにダブルの場所につけることもGOODです。

香水をつける場所にはNGがある!?

香水をつける場所として正しい&おすすめの場所があれば、NGな場所もあります。化粧品の1つでもある香水、正しい場所と同時にNGな場所もチェックして生活に活かすようにしましょう。

NGの場所①脇

香水をつける時にNGな場所の1つめは、脇です。脇は、汗を一番かく部分なので、汗の臭いと香水の臭いが混ざって臭くなってしまう可能性があります。香水には、消臭や制汗剤の効果はありません。脇の臭いを抑えたい時は、香水ではなく、専用の消臭剤や制汗剤を選ぶようにしましょう。

NGな場所②足の裏

2つめの香水をつける時にNGの場所は、足の裏です。足の裏も汗腺が密集していて汗の分泌が多い部位になります。さらに、靴も履くので臭いが発生しやすく、籠りやすい部分なので、香水をつけると逆効果になるので、香水をつけるなら足の裏ではなく、足首にしましょう。

つける場所をチェック!おすすめのフローラル系の香水をご紹介!

ここまで自分を演出する化粧品の1つである香水のつけ方やおすすめの場所をご紹介しましたが、次はその場所につけるおすすめの香水をお届けします。香水には、さまざまな香りの種類がありますが、その中でも大きく分けて2つの香りタイプの香水をご紹介していきましょう。

おすすめ①【ディオール】アブソリュートブルーミング

ディオールのアブソリュートブルーミングは、レッドベリーの香りをふんだんに盛り込んだ甘美と上品さのある香りが魅力です。さらに、そこへフレッシュなローズの香りが加わることで繊細で女性らしい雰囲気を演出してくれる香水です。

おすすめ②【ジルスチュアート】クリスタルブルームオーロラドリーム

ジルスチュアートのクリスタルブルームシリーズにはいくつか種類があります。その中でもオーロラドリームをご紹介します。フローラル系の花の香りを中心にトップノートには、ピーチやパイナップル、ミドルには、花の甘さを活かし、最後に優しい香りに包まれる香水になっています。

おすすめ③【ランバン】エクラ・ドゥ・アルページュ

ランバンのエクラ・ドゥ・アルページュは、人気の香りの1つです。特徴的な丸い容器と紫色の香水がエレガントさや上品さを演出してくれるだけでなく、大人の甘い雰囲気を醸し出してくれます。毎日つけるのが楽しくなるような自分を彩ってくれる香りです。

つける場所で一変する!?おすすめの上品な香水をご紹介!

次にご紹介する香水は、上品な大人のおすすめの香りたちです。人によって好みの香りがあったり、なりたい時分増があります。それに合わせて香りをチョイスするのもおすすめです。香水の香りは、化粧品ですが、自分が身につけるものの一部になります。

おすすめ①【シャネル】チャンス・オータンドゥル

シャネルは、世界的に人気であり、有名なブランドです。ピンクのカラーと丸いボトルが特徴の香水です。グレープフルーツなどの爽やかな香りから始まり、ジャスミンの上品な香りを経て、ホワイトムスクやシダーウッドといった上品でセクシーな香りになります。

おすすめ②【クロエ】オードパルファム

クロエのオードパルファムは、長い期間人気となっている香水の1つです。シンプルなボトルデザインの中に、大きなリボンが特徴の香水になっています。香りは、ピオニーやライチなどのフレッシュな香りからローズなどの花の香りにチェンジして、最後にムスクなどの大人の香りへと変化していきます。

おすすめ③【ゲラン】ラ・プティット・ローブ・ノワール

ゲランの「ラ・プティット・ローブ・ノワール」は、ボトルに可愛らしいドレスが描かれた特徴的なデザインになっています。魅力的な自分を演出するためにおすすめの香りです。ブラックチェリーやベルガモットなどの香りでスタートしてローズを主役とした上品でフレッシュな香りとなっています。

香水をつける場所と一緒につけ方の注意点も要チェック!

最後にご紹介するのは、香水をつける場所と一緒に覚えておきたいつける時の注意点です。身に纏うための化粧品である香水を活かすためには、この注意点を頭に入れておくことがポイントになります。

注意点①つけ過ぎに注意!

香水をつける時の1つめの注意点は、つけすぎないことです。良い香りだからといってつけすぎてしまうと匂いがきつくて心地よいどころか不快な香りになってしまう可能性があります。そういう理由もあり、香水のつけ過ぎには注意しましょう。

注意点②革製品やシルクなどにつけないように注意!

香水をつける時の2つめの注意点は、革製品やシルクなどの生地につけないようにすることです。香水は、化粧品という括りですが、中には服などにつけて楽しむ方もいます。香水は、服につけても大丈夫ですが、革製品やシルクなどにつけてしまうとシミになったり、色落ちの原因になる可能性があるので注意しましょう。

香水をつける場所を知って香りを長持ちさせよう!

今回は、香水を上手に使いこなすためのさまざまな方法をご紹介しました。上品で自分を彩ってくれる化粧品の1つである香水を上手に使いこなすことで、また違った自分を発見出来ます。上手に香水を使いこなすということは、香りを活かすことです。香水をつけるおすすめの場所を知って大好きな香りをいつも纏いましょう。

もっと香水について知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumb香水の使用期限はいつまで?開封後の劣化を防ぐ・確認する方法も紹介
Thumb香水の付け方ってどうしたらいい?女性の場合はどこが一番長持ちする?
Thumb香水の種類ってどんなのがあるの?女性用で人気があるのはどれ?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-19 時点

新着一覧