先負を結婚式・入籍の日取りにする時の注意点!午前・午後どちらがいい?

どうせ結婚式をするなら縁起が良い日に行いたいと思うものですよね。どの日が縁起が良いか選ぶ際、多くの人は六曜を重視します。先負に結婚式や入籍を行う際の縁起はどうなのでしょうか?今回は、先負に結婚式や入籍をする際の注意点について調査してみました!

先負を結婚式・入籍の日取りにする時の注意点!午前・午後どちらがいい?

目次

  1. 結婚式・入籍の日取りに迷う…
  2. 先負の結婚式・入籍の日取りでも大丈夫…?
  3. 先負の結婚式・入籍の日取りについて調査してみよう!
  4. そもそも先負とは何?
  5. 先負の日にイベントが重なった…!避けるべき?それともOKなの?
  6. 先負の結婚式・入籍は午前と午後、どちらが良い?
  7. 先負に結婚式をすると、どんなメリットがある?
  8. 先負に結婚式を挙げるメリット
  9. 先負に結婚式を挙げる際の注意点とは?
  10. 《まとめ》先負に結婚式・入籍の日取りをする際の注意点

結婚式・入籍の日取りに迷う…

長い人生においても大イベントである結婚式・入籍。そんな大イベントの結婚式や入籍だからこそ、日取りに迷う…というカップルも多いのではないでしょうか?自分たちにとって思い入れのある日に結婚式や入籍したいというカップルもいれば、縁起のよい日に結婚式・入籍の日取りをしたいというカップルもいるでしょう。

Thumb先負の意味や読み方は?してはいけないことや縁起の良い・悪いなど徹底調査

先負の結婚式・入籍の日取りでも大丈夫…?

結婚式・入籍などとおめでたいイベントごとなら日取りを特に重視するという人も多いです。冠婚葬祭には縁起がよい日・悪い日と言われる六曜がありますが、そんな六曜の中のひとつである『先負』の結婚式・入籍の日取りでも大丈夫なのでしょうか…?

先負の結婚式・入籍の日取りについて調査してみよう!

先負の結婚式・入籍はどんな意味があるのでしょうか?また、気になる縁起についてはどうなのでしょうか…?そこで今回は、先負の結婚式・入籍の日取りについて調査してみました!結婚式・入籍の日取りに迷っているカップルたちは是非、チェックしてみてくださいね!

そもそも先負とは何?

「そもそも先負とは何?」という方も多いでしょうから、先負についてを簡単に説明させていただきますね。先負の読み方は、「せんぶ」・「さきまけ」「せんまけ」「せんぷ」と四通りもあるんです。どの読み方でも正解なのですが、辞書などで第一候補の読みとされているのは「せんぶ」です。先負はカレンダーなどに小さく書かれている六曜(ろくよう・りくよう)のうちの一つです。

六曜とは?

六曜には、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口といった暦上の日を6種の吉凶日に分けたものです。古く中国で時刻の吉凶占いとされましたが、日本に伝わり明治6年(1873)の太陽暦採用後に、新たに日の吉凶占いとして取り入れられ現在も広く行われているようです。六曜はカレンダーや手帳に記載される事が多く、結婚式や葬式などの冠婚葬祭で重要視する人が多いです。

先負の意味は?縁起は良いの?悪いの…?

六曜の一つである先負。そんな先負の意味は、「先んずれば即ち負ける」という意味で、万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされています。先負は、静かに待つのが良しとされる日であったり、すべてを控えめにするのが良しとされている日です。

ちなみに、六曜で結婚などの際に縁起の良いとされる順番では1・大安、2・友引、3・先勝、4・先負、5・赤口、7・仏滅となっており、先負の結婚式・入籍などのめでたい事を行うのは良からず悪からずの日取りと言えるでしょう。

先負の日にイベントが重なった…!避けるべき?それともOKなの?

先負の日にイベントを行う際、「この日は縁起良いのかな…?それとも悪い?」と、気になるものですよね。そこで、宣布の日にイベントが重なった際の良し悪しを調査してみましたのでチェックしてみましょう!

先負の日にイベントが重なったら…

まず、結婚式・入籍を先負の日に行うのは△。時間帯を選んで行うなら良いとされています。続いて、法事・通夜・葬式は◯、お宮参りや引越し・納車は△。こちらも結婚式・入籍を先負に行う場合と同じく、時間帯を選んで行うなら良いとされています。訴訟などの裁判は×。争い事の範疇に含まれるので先負の日取りは向いていないようです。

先負の結婚式・入籍は午前と午後、どちらが良い?

結婚式・入籍を先負の日に行うのは時間帯を選んで行うなら良いとされていると先ほどご説明させていただきましたが、先負の結婚式は午前と午後のどちらが良いのでしょうか?お次は、結婚式・入籍を先負の日に行う際、午前と午後のどちらが良いか調査してみました!

先負を結婚式・入籍の日取りにするなら縁起が良いのは午後!

結婚式・入籍を先負の日に行う場合、午前は凶ですが午後は吉だとされているようですよ!そのため、先負の日に入籍や結婚式を行う予定なら午前ではなく午後に行うのが良いとされています。

先負に結婚式をすると、どんなメリットがある?

「結婚式をするなら大安がよい」という風習が今でもある日本。しかし、そんな縁起がよいイメージが強い大安には結婚式を挙げたいとする人が多く、なかなか結婚式場の予約が取れない事はもちろんの事、予約が取れたとしても結婚式費用が高くつくものです。そのため、結婚式では先負の日を避けてしまう人も多いようですが、最近ではそこまで六曜を気にしない人も増えてきています。

とはいえ、親や祖父母世代からは「先負に結婚式なんて…」とマイナスイメージを抱いている人が多いのも現状です。しかし、先負では午前は凶ですが午後は吉だとされているので「仏滅じゃなければいいや…」と、先負の日取りで結婚式を予定しているカップルも多いため、親や祖父母と意見がぶつかる事が多いようです。

その際には親や祖父母たちに先負の日取りで結婚式を行う事を納得させるためのメリットを説明することが重要です。そこでお次は、先負に結婚式を行う際、親や両親たちを納得させるためのメリットをまとめてみました!

先負に結婚式を挙げるメリット

結婚式場の予約が取りやすい

大安や友引の日取りは結婚式を挙げるカップルが多く、式場の予約がなかなか取れません。しかし、先負はそこまで式場が混雑する事はないので二人が結婚式を挙げたいと思っている日に式場の予約が取れやすいというメリットがあります。

時間に余裕がある

午前中の早い時間から結婚式を挙げると、遠方から出席する方の負担が大きくなります。また、新郎新婦や両親も早めの時間から準備に取り掛からなくてはならなくなり、バタバタとしてしまうものです。さらに結婚式ではゲストたちも女性は美容院でヘアセットをする方が多いのですが、午前中の早い時間帯に結婚式がある場合は美容院によっては、時間外料金がかかってしまうことも…。

先負に結婚式を行う場合、午後が良いとされているので時間に余裕があります。そうすると結婚式に来てくれるゲストの負担を減らせることはもちろん、トラブルが起きた時も対応できる余裕ができます。

二次会までの空き時間を短くできる

二次会を行う予定であれば午前中の早い時間帯に結婚式・披露宴を行うとどうしても二次会までの時間に空きができてしまうのですが午後に結婚式を行うとゲストも時間を必要以上に持て余すことがないので助かるはずですよ。

結婚式費用が安くなることも!

これは結婚式場によって異なるのですが、大安・友引は結婚式を行う際に人気です。そのため、結婚式費用が割高になる結婚式場も多いです。まずは、結婚式場の方に大安に結婚式を行う場合と先負に結婚式を行う場合の見積もりを出してもらいましょう。そうすると結婚式費用の違いが一目瞭然となるので先負に結婚式を行うことを反対している方も納得しやすいかもしれませんね。

先負に結婚式を挙げる際の注意点とは?

先負に結婚式を挙げることには多くのメリットがあることがわかりましたね。では、先負に結婚式を挙げる際の注意点は何かあるのでしょうか?お次は、先負に結婚式を挙げる際の注意点について学んでみましょう!

先負に結婚式を挙げる際の注意点

先負に結婚式を挙げる際の注意点は、やはり先ほどもご説明させていただいたように、時間帯に注意すべきです。「先んずれば即ち負ける」という意味が先負にはあるように、結婚式を行う時間帯に注意しておけば大丈夫でしょう。先負に結婚式を挙げる際は、午前中は大人しくして午後から行うようにすると良いでしょう。

また、先負に結婚式を行う場合は午後からが良いので先ほど遠方のゲストの負担を減らすことができるとしましたが、あまりにも遅い時間から結婚式を開始すると日帰りができずにかえって負担が増えることもあるということを忘れないようにしましょう。理想としては正午から13時くらいの開始であればゲストの負担が少ないとされているので参考にしてみてくださいね。

《まとめ》先負に結婚式・入籍の日取りをする際の注意点

先負に結婚式・入籍の日取りをする際の注意点まとめのご紹介はどうでしたか?最近ではそこまで六曜を重視して結婚式・入籍の日取りを決めることは減っているそうですが、やはりほんの数十年前までは結婚式は、大安や友引に行われていた事が一般的だったため、先負に結婚式・入籍を行う事を反対される事も少なくないようです。

しかし、先負に結婚式を行う事には料金面やゲストへの配慮などでも多くのメリットもあります。午後に結婚式を行う場合は吉だとされているので、その事や先負に結婚式を行う際のメリットについて説明してみるのも良いかもしれませんね。

どうせ結婚式を行うなら、自分たちはもちろん、両親や親族にも納得してもらった日に行いたいものですよね。そのためにも、何故先負に結婚式をしたいのかをしっかりと反対されている方たちに説明することが大事です。あなたたちにとって素敵な結婚式が行える事を応援していますよ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-20 時点

新着一覧