着物でピアス・指輪などを付けてはいけない?アクセサリーのマナーを解説

年末年始は着物をきる機会も増える季節ですね!着物にピアスや指輪やネックレスといったアクセサリー類ってつけてもいいの?と、疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?そんな方のために着物にピアスやアクセサリーを付ける際のマナーを調べてみました!

着物でピアス・指輪などを付けてはいけない?アクセサリーのマナーを解説

目次

  1. 着物にピアスはNG?
  2. どうしてダメなの?着物にピアス
  3. 進化する着物とピアス事情!
  4. 成人式:振袖にピアスは?
  5. 着物で結婚式に出席:ピアスはどうする?
  6. TPOをわきまえて!現代のピアス事情!
  7. 着物にピアス以外のアクセサリーは?
  8. 着物にも合うピアスって?
  9. ピアスに合う着物とは?
  10. まとめ:着物の格を大切に!

着物にピアスはNG?

年末年始、着物を着る機会が増える季節ですよね。日本の伝統文化である着物!最近はそんな着物の良さを見直されてきて、街で着物姿の女性を見かける事も多くなりました。今年のお正月には着物でデートしてみようなんて着物デビューを考えている人や、成人式で初めて着物デビューにわくわくしている人もいますよね。

そんな時にふと疑問を持たれたこともあるのではないでしょうか?着物にピアスはダメなのかしら?指輪はどうなんだろう?いつもつけてる腕時計は?などなど・・そんな素朴な疑問を解決すべく、着物を着用した際のアクセサリーのマナーについて考えてみましょう!

Thumb着物の柄・模様まとめ!代表的な種類や意味・由来などを詳しく解説

どうしてダメなの?着物にピアス

基本的には着物にはピアスやその他のアクセサリーはつけないのがマナーとなっています。着物は昔の日本女性が一般的に着用していたものが現代まで残り、結婚式などのフォーマルな場や年末年始など特別な時に着用される事が多くなりました。現在では洋服の利便性におされ普段に来ている人は少なくなりましたが、着物は日本女性の伝統的な民族衣装であることに変わりはありません。

一方、ピアスやネックレスなどのアクセサリー類は、明治の文明開化の時代に西洋から伝わり、今では、指輪やピアスを全くつけてない人を探すほうが難しいほどに、広く日本女性にも使われるようになりましたね。

そんな日本の伝統文化である着物と、西洋の文化であるアクセサリーは、やはり相性の悪いものと考えましょう!着物はそれだけで十分に華やかであり、最初からアクセサリーは付けないという前提で作られたものなんです!

Thumb初詣は着物でお出かけ!(写真・画像有)レンタルショップも紹介

進化する着物とピアス事情!

一般的には着物にアクセサリーはNGですが、やはり文化というのはその時代に合わせて、少しづつ変わっていくものでもあります。着物にピアス、最近では一概にダメということでもなくなってきているようですね。

あくまでも着物にピアスはNGということを踏まえた上で、着物の種類やTPOに相応しいアクセサリーの使い方を知って、着物のコーディネートを楽しみましょう!

Thumbお正月は着物でお出かけ!(写真・画像有)基本のマナーも紹介

成人式:振袖にピアスは?

成人式の日には街で振袖姿の女性を多く見かけますね。洋服で参加する人もいるようですが、やはり圧倒的に振袖で参加する人が多いのではないでしょうか。独身女性の第一礼装である振袖。長い袂が華やかな若い女性向けの着物です。色や柄も華やかで、また帯結びや小物なども華やかに結ぶことが多く、それだけで十分に若い女性の美しさが引き立つように作られています。

振袖だけでも十分に華やかなのはわかっているけれど、人とは違ったおしゃれをしたい!お気に入りのものを自分なりにコーディネートして楽しみたい!というのは若い女性の共通の願いであり、特権でもあります。最近はそんな女性の願いをかなえるべく、振袖用のピアスも販売されているようです。

こんなつまみ細工のピアスなら振袖にもかわいいですね。成人式では髪も華やかなスタイルにすることが多く、なおかつ成人式は同級生が集まるイベントで年配の方はいません。そんな成人式でならヘアスタイルとのバランスも考えて、小さめのピアスは許されるのではないでしょうか。ただし、あまりぶら下がったりするものは、やはり品がよいとは言えないかもしれません。

Thumb着物の種類まとめ!見分け方や使い分けなど初心者向けに基礎知識を解説

着物で結婚式に出席:ピアスはどうする?

成人式の次に着物を着る機会が多いのが、友人などの結婚式に招待された時ではないでしょうか?着物の着用は、結婚式の場に華やかさを添えることができ、結婚する当事者やご両家からとても歓迎されるようです!

友人や会社の上司の結婚式であれば、独身の女性なら着物は振袖か訪問着になります。どちらも格の高い着物ですので、やはりピアスやその他のアクセサリーは控えたほうが無難です。特に格式の高い結婚式場での場合は、マナー違反をして大切な友人やそのご両親の顔をつぶすことのないように、アクセサリーは控えたほうが賢明ですね。

Thumb結婚式に着物で出席するときのマナーを調査!着こなしや気を付けることは?

TPOをわきまえて!現代のピアス事情!

結婚式の外にも、子供の入学式や卒業式、ちょっと改まったパーティや謝恩会など、私たち日本女性には着物を着用する機会が多くあります。

着物着用の際のアクセサリーの使用は、その時の集まる人にもよるんです。年配の人も多く集まるパーティや入学式などはやはり着物にアクセサリーはNGだと思いましょう。年配の方の中には、ピアスに抵抗のある方もまだまだ多く、日本の伝統文化である着物にピアスをしているのは、非常識だと囚われかねません。

Thumb入学式に着物を着ていくママにおすすめしたい!柄や色の組み合わせ方まとめ

着物にピアス以外のアクセサリーは?

では、ピアス以外のアクセサリーはどうなんでしょうか?代表的なアクセサリーといえば指輪とネックレスを思い浮かべる方が多いですよね。他のアクセサリーについても考えていきましょう!

着物にOKな指輪って?

一般的なマナーとして、結婚指輪で平たいデザインの物は着物の際にもOKということになっています。やはり結婚指輪はただの装飾品とは一線を画すものであることから、既婚女性の第一礼装ある黒留袖や故人を送る特別な第一礼装の喪服の場合でも、付けたままであることが一般的です。結婚指輪以外のものは、やはりマナーを守った範囲で楽しむのが無難ですね。

着物にネックレスは?

これはどんなものであれ着物にはNGだと思いましょう。着物は衿もとが華やかで襟も抜くことからネックレスを付ける場所がそもそもありません。では細いものを着物の中に見えないように・・と思っても、襟足部分にネックレスがみえてしまい、けっして上品には見えないものです。普段、細いネックレスをつけっぱなしにしている人でも、着物を着る際にははずすのが無難です。

腕時計と着物の相性は?

続いて腕時計。いつも使っている人だと腕時計がないと不便だと感じるかも知れませんね。でもやはり着物には腕時計は似合いません。着物の袖は女性の手首を美しく見せてくれますが、やはり腕時計はその手首の美しさを半減させてしまいます。それにパーティなどでは時間を気にしているようで、優雅さも半減してしまうんです。時計はバッグの中にそっと忍ばせるようにしましょう。

着物にも合うピアスって?

今日はおしゃれな訪問着で謝恩会!いつもつけているネックレスも外したし、腕時計もバッグに入れた。同級生の集まりで年配の方もいないし、さて、ピアスはどうしよう??そんな風にまよっちゃう場面も人生の中にはありがちです。

着物にピアスを付けないのは、あくまでも一般的なマナーです。年配の方などに非常識だと思われないためのマナーであり、付けないほうがあくまでも無難であるということです。着物にピアスを合わせることに対する明確な決まり事ではありません。

現代では、ピアスをしている女性が当たり前にみられるようになり、ピアスをしていないと裸なようで恥ずかしい・・という女性がいるほど、女性の生活に慣れ親しんだものでもあります。

マナーをわきまえた上でピアスをつけるのであれば、やはり着物に相応しい上品なピアスを選びましょう!一粒真珠のピアスや18金の小さなピアス。耳にピッタリと貼りついて小さく上品なものであれば、TPOをわきまえた上で着物にピアスを合わせる事も現代ではありなようです!

Thumb人気のピアスブランドまとめ!女性におすすめのおしゃれなアイテムは?

ピアスに合う着物とは?

ピアスやネックレスなどのアクレサリーが大好きで手作りするほどアクセサリーにはまってる人も最近では多く見受けられるようになりましたね!ピアスが付けられないのはつまらない!それなら着物なんか着なくていい!とまで思ってしまう方も中にはいるかも知れません!

そんな方には発想の転換を!ピアスが着物に似合わないのなら、ピアスに似合う着物を探してみましょう!せっかく日本女性に生まれたのですから、アクセサリーがつけられないからといって、着物まで否定してしまうのは悲しいかも知れません!

洋服感覚で着る事ができるアンティークの着物なら、コーディネートの幅も広がります。同じようにアンティークのちょっと大振りなピアスを合わせてみたり、帯どめ変わりにネックレスのヘッドピースを付けてみたり・・こんなコーディネートなら、着物にピアスで年末年始のデートを楽しんだり、友人とおしゃれな年越パーティも楽しめそうですね!

Thumbアンティーク着物がお洒落♪上手にコーディネートして、個性的な女子になる!

まとめ:着物の格を大切に!

時代と共に変わりゆく文化や生活。多様性は自由に生きていく上での人間の権利です。でもやはりその国その国における伝統や文化を守っていくのも私たちです。自由の権利を謳歌したうえで、日本の大切な伝統文化である着物の良さや優雅さを後世に残していけるよう、マナーを守って着物を楽しめますように!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-01 時点

新着一覧