一人暮らしの炊飯器おすすめランキング!サイズや性能など選び方を紹介

実家を離れて一人暮らしをしだすと、ネックになるのが自炊ですよね。自炊は節約だけでなく多くの効果があります。その自炊をするののになくてはならないのが炊飯器。しかし一人暮らし用の炊飯器ってどれを選べばよいのでしょうか?今日は一人暮らしの炊飯器について解説します。

目次

  1. 一人暮らしでも炊飯器はとても便利!
  2. 一人暮らしでの炊飯器の選び方
  3. ①一人暮らしでの炊飯器の大きさを考えよう
  4. ②一人暮らしでの炊飯器の炊き分け機能の必要性
  5. ③一人暮らしの炊飯器での炊飯方式を考える
  6. ④一人暮らしでの炊飯器はメンテナンスが楽なものを
  7. ⑤炊飯器の内釜の素材の種類
  8. ⑥一人暮らしで炊飯器を置く場所の広さを考える
  9. 一人暮らしでおすすめの炊飯器ランキング
  10. 【第3位】一人暮らしに助かる保温機能が充実!象印圧力IH炊飯器3合
  11. 【第2位】一人暮らしでもカフェご飯が作れる!タイガー魔法瓶マイコン炊飯器3合tacook
  12. 【第1位】リーズナブルなのに高性能!アイリスオーヤマ炊飯器銘柄炊き
  13. 一人暮らしで作ったご飯は冷凍保存で節約にも◎
  14. 一人暮らしで炊飯器がない場合はフライパンや土鍋で代用可能!
  15. 経済的にも栄養面でも一人暮らしをしていても炊飯器でご飯作ろう!

一人暮らしでも炊飯器はとても便利!

一人暮らしをすると家電をたくさん購入しなければなりませんよね。そんな中、一人暮らしをすると自炊が必須になってきます。実家にいる時はお母さんが毎日毎食作ってくれていた食事ですが、一人暮らしになるともちろん自分でしなければなりません。

自炊をするにあたって、私達の食生活でなくてはならないのが炊飯器ですよね。スイッチをいれてお米をセットすると、時間がくれば勝手にご飯が炊けている便利な炊飯器はまさに一人暮らしに大切なアイテムです。

一人暮らしをしている時には炊飯器は必須アイテム!

炊飯器は、ご飯を炊くためだけに作られていると思われがちですが、今は炊飯器のレシピがとても豊富で高性能です。スイッチを入れておくと、勝手に作ってくれるメニューが豊富な炊飯器は一人暮らしには絶対持っておきたいアイテムです。

今は炊飯器もたくさんの種類やサイズ、性能があり、家電量販店にいっても充実しています。今日は一人暮らしにおすすめの炊飯器の選び方から、一人暮らしでの炊飯器のおすすめ商品まで紹介します!一人暮らしをする時には是非参考にしてみてください!

Thumbホットケーキミックスと炊飯器で簡単ケーキレシピ!美味しいアレンジも紹介

一人暮らしでの炊飯器の選び方

一人暮らしでは、たくさんの種類の家電が必要になりますよね。そうなると炊飯器1つにしても、出来るだけ自分の身の丈にあったアイテムを選びたいところ。では一人暮らしで必要な炊飯器の、選び方とは何でしょうか?

一人暮らしでおすすめの機能やサイズ、種類を詳しく解説します。一人暮らしで炊飯器選びに迷ったら、この選び方を参考にしてみて下さいね!

Thumb炊飯器・バーミキュラライスポットの炊き具合を調査!炊飯以外もできる!

①一人暮らしでの炊飯器の大きさを考えよう

炊飯器には、サイズがたくさんあります。一人暮らしに必要な炊飯器の選び方で最も重要になるのが、炊飯器の炊飯量です。炊飯量は、一度に炊くことが出来る量の上限のことで、サイズによって炊ける量がもちろん変わってきます。

といっても、実際自分が何合食べるのかわかりませんよね。お茶碗1杯分がおおよそ0,4合とされていますので、これを目安に一人暮らしをした時に自分が必要になる炊飯量を考えるのが簡単な選び方です。炊飯器でも大きいものは1升以上炊くことが出来ますが、一人暮らしでこの量はまず必要ありません。

もちろん沢山食べる人は大きい炊飯器が一人暮らしでも必要になりますが、多くの一人暮らしの方はそんな食べませんよね。一人暮らしの場合には、3合以下の炊飯器で十分間に合います。今は0.5合から炊くことが出来る炊飯器も多くありますので、一人暮らしの場合には0,5合から炊くことが出来る炊飯器がおすすめ。

もちろん、アレンジレシピや炊飯器で多くのご飯を炊きたい場合には、一人暮らしでも5.5合サイズの炊飯器もおすすめです。しかし、やはり大きい炊飯器になればなるほど、電気代もかかってきますし、炊飯器そのものの値段も高くなります。

普段自分がどの程度お米を食べるのか、お弁当やランチによっても一人暮らしで必要となる炊飯器のサイズは変わってきますよね。目安としては3合程度かそれ以下の炊飯器で一人暮らしでは大丈夫ですが、自分の普段の食生活をしっかりと見直してから一人暮らしでの炊飯器の大きさを検討しましょう。

②一人暮らしでの炊飯器の炊き分け機能の必要性

今、炊飯器にはたくさんの機能があり高性能になってきています。中でも食生活の変化で、一人暮らしをしていても栄養バランスや健康に気をつかっている人はたくさんいます。お米も白米に比べて栄養価が高い発芽米や玄米などを主食にしている方もいるのではないでしょうか?

そんな時に助かるのが炊飯器の炊き分け機能。玄米や雑穀米といったお米はそれ独自の炊飯時間や炊き方が入ります。なので、それも炊飯器に搭載された炊飯器が多く販売されています。使用するお米に合わせて火力や炊飯時間などを調節してくれますので、最も美味しい状態のお米を簡単にたべることができます。

炊き分け機能にはたくさんの種類があり、お米の種類だけでなく、一人暮らしに助かるエコ炊飯や一人暮らしでお弁当作りに助かる冷凍保存用のご飯など実にバリエーションは様々。一人暮らしでの炊飯器も、これらの炊き分け機能が搭載されているモデルがおすすめです。

しかし、一人暮らしをしていても自分はあまりそういった機能は必要ない、という方はもちろんない炊飯器でも大丈夫です。一人暮らしをしていて自分がどの程度自炊をするのか、それによって選び方はかわってきます。

③一人暮らしの炊飯器での炊飯方式を考える

一人暮らしをする時に必要な炊飯器ですが、炊飯器には炊飯方式がいくつかあり、それによって価格も変わってきます。主な加熱方法としては、マイコン式炊飯、IH方式炊飯、圧力IH炊飯の3種類になります。炊き上がるご飯の味も変わってきますしので、それぞれのメリットをしっかりと考えることが大切です。

価格が高いから一人暮らしでもおすすめの炊飯器かというとそうではなく、一人暮らしをした時に自分のスタイルにあった炊飯器を選ぶことが最も賢い炊飯器の選び方です。では、炊飯器の炊飯の加熱方式はそれぞれどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?

リーズナブルなマイコン式

1番価格がリーズナブルでメジャーになっているのが、マイコン式の炊飯器です。一人暮らしにおすすめの小型の炊飯器はマイコン式が多くなっています。マイコン式の炊飯器は、底部にあるヒーターが熱を直接釜にあててお米を炊きます。

シンプルな炊飯方法な上に、一人暮らしには助かるのがメンテナンスも実に楽ちんです。難しい操作もない種類が多く、とりあえずご飯を炊きたい、という方にはおすすめの炊飯器です。一人暮らしで検討することが多い3合以下の炊飯器の多くはマイコン式です。しかし、炊きムラが多かったり、炊き上がったご飯の食感や味わいは少し劣ってしまうのがデメリットです。

炊きムラが少ないIH方式

IHコイルで釜を加熱してお米を炊くのがIH方式の炊飯器です。全体に均等に加熱することができますので、マイコン式の炊飯器に比べて味わいや食感、炊きムラが断然少なくなります。IH方式の炊飯器は、一人暮らしでもおすすめで、炊きあがりはやはり格段の差がでてきます。

しかし、IH方式の炊飯器になると価格も上がりますし、ランニングコストも高くなります。一人暮らしの場合には、初期投資がかなり高くなりますので、価格でネックになる方が多いのはデメリットですね。

味に絶対的な実力がある圧力IH式

IH炊飯器にさらに圧力をかけて、高温炊飯をすることでふっくらとお米がたったように炊くことが出来るのが、圧力IH式の炊飯器です。このタイプになると、味には絶対的な信頼があります。しっかりとご飯の旨味なども感じることができますので、美味しいご飯を食べたい方にはおすすめの種類の炊飯器です。

高性能なモデルになりますが、圧力IHの炊飯器は価格もマイコン式に比べるとかなり高くなります。もちろんランニングコストも高いので、電気代などを抑えたい一人暮らしの場合にはちょっと足踏みしてしまう可能性も。一人暮らしでも料理が好きであったり、こだわりがある人にはおすすめの炊飯器です。

④一人暮らしでの炊飯器はメンテナンスが楽なものを

一人暮らしをしていると、全ての家事を自分1人でこなさなければなりません。そうなると、意外と大変なのが掃除や洗い物です。一人暮らしをしているとついつい時間に制限がないので、だれてしまいがちです。ちょっと時間がアイてしまうと洗い物などは本当に気が重くなりますよね。

そんな時にもメンテナンスが楽な炊飯器だと、一人暮らしをしていても助かります。メンテナンスが楽な炊飯器は一人暮らしをしていても自炊を長続きさせるポイントになりますので、手入れが簡単な炊飯器が一人暮らしではポイントになります。

⑤炊飯器の内釜の素材の種類

マイコン式やIH式といった加熱方式も一人暮らしでご飯を美味しく炊く為の選び方のポイントになりますが、実は内釜の素材もご飯の味に影響してきます。また、内釜の種類によっては、価格も変わってきますので、選び方は大切になります。

内釜の素材としては、鉄釜、炭釜、土鍋釜の3種類があり、それぞれにメリットがあります。もちろんご飯を炊く上での性能にも関わってきますので、しっかりと選ぶことがポイントです。

発熱効率が最も良いのが鉄釜です。鉄釜は日立が先駆けて炊飯器に導入した内釜で、しっかりと熱が早く伝わるので美味しいお米が炊くことが出来ます。しかし、その反面鉄釜は重かったりメンテナンスに手間がかかりやすいということがあります。

炭釜は遠赤外線の効果がありますので、粒のたったお米を炊くことが出来ます。ふっくらとしたお米が出来上がりますので、味や風味がしっかりと残ります。また、IH式の炊飯器と相性がよいのでIH式の炊飯器に多く使用されています。

土鍋釜は蓄熱性に優れており、炊きムラが少なく冷めにくいのが特徴。ご飯は最も美味しく炊くことができますので、高級炊飯器に多く使用されている内釜です。お米を美味しく炊きたい方にはおすすめの内釜です。

⑥一人暮らしで炊飯器を置く場所の広さを考える

一人暮らしだとどうしてもスペースが限られてしまいますよね。一人暮らしの部屋だとキッチンも狭いことが多く収納も少なくなってしまいます。ですので、一人暮らしで炊飯器を購入する場合には炊飯器を置いておく場所も予め考えておくことが大切です。

一人暮らしの炊飯器は標準としては3合サイズになりますので、それほど大きなスペースは必要ありませんが、やはりどこに置いておくかは選び方で重要なポイントです。炊飯器によってはスクエア型であったり、楕円型であったりするとおけない可能性もあります。

ですので、予め一人暮らしをする時にスペースの幅などを測っておいたり、ある程度の大きさを考えておきましょう。かなりサイズが狭い場合に2合以下のライスクッカーもありますし、小さめサイズの炊飯器もありますので、しっかりとサイズを測っておきましょう。

一人暮らしでおすすめの炊飯器ランキング

では、性能や選び方を紹介しましたが、一人暮らしでおすすめの炊飯器とはどんな炊飯器でしょうか。一人暮らしでのおすすめの炊飯器はたくさんありますが、今日はその中でもランキングで紹介します。一人暮らしを始める前に是非参考にしてみて下さいね。

Thumb家電芸人おすすめ商品まとめ!炊飯器、洗濯機、掃除機など【アメトーク】

【第3位】一人暮らしに助かる保温機能が充実!象印圧力IH炊飯器3合

炊飯器だけでなく魔法瓶でも人気の象印の炊飯器は実に高性能です。3通りの炊き分けができる圧力IH炊飯器は、保温機能も充実しています。一人暮らしをしていると、バイトや仕事によって中々時間通りに帰ることは出来ないこともありますよね。そんな一人暮らしに保温機能はなくてななりません。

炊きたてのまま保温しておくことができる高め保存は、一人暮らしをしている方におすすめの性能です。いつでも炊きたてご飯を食べられるなんて嬉しいですよね。操作もしやすく一人暮らしの女性にも助かる玄米や発芽米の炊き分けももちろんあります。

圧力IHの炊飯器になりますので、少し値段はかかってしまいますが、その分美味しいご飯を食べることができます。一人暮らしをしていても温かい美味しいご飯を食べることができる炊飯器です。

【第2位】一人暮らしでもカフェご飯が作れる!タイガー魔法瓶マイコン炊飯器3合tacook

可愛いデザインが特徴なタイガー魔法瓶の炊飯器tacookは、カラーも豊富なので一人暮らしの女性におすすめの炊飯器です。クッキングプレートがついているので、ご飯を炊きながらおかずを作ることができます。忙しい一人暮らしには助かりますよね。

またチャーハンやケーキなども作ることが出来ますので、一人暮らしをしていてもちょっとしたおもてなしにもカフェ風ご飯を作ることができます。一人暮らしだと中々自炊したくないと思うかもしれませんがtacookがあれば、料理が楽しくなりますよ。また一人暮らしの為につくられたレシピ本もありますので、初心者の方もチャレンジしやすいです。

値段もリーズナブルですし、カラーも3色から選べますので一人暮らしを始める女性には特におすすめです。サイズも小ぶりですので、一人暮らしで省スペースでも置くことができるのも嬉しいポイントですね。

【第1位】リーズナブルなのに高性能!アイリスオーヤマ炊飯器銘柄炊き

リーズナブルでありながらも、高性能な家電が人気のアイリスオーヤマからも、炊飯器が販売されています。アイリスオーヤマの銘柄炊きは価格は1万円以下というかなりリーズナブルでありながらも、銘柄によって炊き分けてくれるという高性能。

お米は銘柄によって本当に炊き方が変わってきます。ですので、一人暮らしをしていても最大限お米のおいしさを引き出してくれるアイリスオーヤマの銘柄炊きは一人暮らしでもおすすめの炊飯器です。また、蒸しプレートがついていますので、お米を炊きながら一緒に野菜などを蒸すことができるので一石二鳥です。

一人暮らしをしていると時短で料理が出来るのも助かりますし、蒸し野菜の場合には栄養バランスもばっちりです。一人暮らしで節約+健康管理がしっかり行うことができる炊飯器です。一人暮らしをするときには、是非検討して見て欲しい炊飯器です。

一人暮らしで作ったご飯は冷凍保存で節約にも◎

一人暮らしをしていると、一回で炊いたご飯が余ってしまうことがありますよね。そんな時は粗熱をとってラップでくるみ保存袋に入れて冷凍保存しておきましょう。そうなると、電気代の節約にもなりますし、レンジでチンするだけで美味しいご飯を食べることができます。

仕事や学校でのお弁当に入れたり、 チャーハンにしたりと一人暮らしで冷凍ご飯は大活躍します。一人暮らしで炊飯器を手に入れた場合には、冷凍保存しておくと便利ですよ。

一人暮らしで炊飯器がない場合はフライパンや土鍋で代用可能!

一人暮らしをし始めた時に炊飯器を購入しておけばよいですが、金銭的な理由であったり自炊をあまりしないからといって炊飯器を購入していないと、一人暮らしをしているといざご飯を食べたい時に困りますよね。しかし、そんな場合にはフライパンや土鍋で代用することが出来ます。

お米を洗ってひたしておけば、ほんの15分程度で炊くことが出来ますよ。一人暮らしをしていてほとんど自炊をしない方はフライパンや土鍋でも間に合うことも。土鍋で炊くご飯もとっても美味しいので、一人暮らしをしていて炊飯器を手に入れるまではチャレンジしてみてくださいねl

経済的にも栄養面でも一人暮らしをしていても炊飯器でご飯作ろう!

一人暮らしをしているとどうしても、コンビニや外食に頼りがちです。もちろん一人暮らしをしていると自炊をするのが面倒に感じたり、片付けも大変ですよね。しかし、自分でご飯を炊くだけでも経済的にも一人暮らしには助かりますし、栄養面もしっかりとることができます。

一人暮らしをしている人にこそ、炊飯器はお気に入りの炊飯器を購入するのがおすすめです。ご飯を炊く時に一緒に野菜を蒸したり、炊飯器レシピも今はたくさんありますので、チャレンジしてみてください。一人暮らしにおすすめの炊飯器、是非検討してみてくださいね!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ