ホワイトチアシードとは?効果や栄養素・食べ方のおすすめを紹介

ホワイトチアシードとは、チアシードよりもさらに上質の栄養素が詰まっているスーパーフードです。今回はホワイトチアシードの効果や栄養素、食べ方や黒色チアシードとの違いをご紹介します。ホワイトチアシードで内側から美しい体を作りましょう!

ホワイトチアシードとは?効果や栄養素・食べ方のおすすめを紹介

目次

  1. ホワイトチアシードとは?
  2. ホワイトチアシードは栄養満点
  3. 必須脂肪酸の含有量がトップクラス
  4. 必須アミノ酸を効率よく摂取
  5. 2種類の食物繊維でデトックス
  6. ホワイトチアシードで嬉しい効果
  7. 黒チアシードと何が違う?
  8. ホワイトチアシードは食べ方に注意!
  9. ホワイトチアシードの食べ方は?
  10. 1.朝食にぴったり「ホワイトチアシードヨーグルト」
  11. 2.調理に役立つ「めんつゆホワイトチアシードジュレ」
  12. 3.常備おやつにおすすめの「ホワイトチアシードクッキー」
  13. 4.休憩時間におすすめの「ホワイトチアシードスコーン」
  14. 5.こっそり取り入れる「ホワイトチアシードホットケーキ」
  15. ホワイトチアシードで体の中から美しく

ホワイトチアシードとは?

チアシードとはチア植物の種

チアシードとは、チア植物から採取された種のことを指します。チアの種には黒色チアシードの他にも灰色や茶色、まだら柄になっているチアシードも存在します。黒色チアシードはチアの種の中から黒色だけを取り出したものを指し、ホワイトチアシードと呼ばれるチアシードは白色のみを取り出したものを指します。

チアシードとは力の種という意味が込められている食品です。その名の通り、チアシードには多くの栄養が豊富に詰め込まれており摂取しにくい栄養素をたっぷりと吸収することができます。今回は、スーパーフードと呼ばれるホワイトチアシードについてご紹介します。

ホワイトチアシードとは、チアの種から選別され改良を繰り返され誕生した歴史があります。ホワイトチアシードの栄養や効果、おすすめの食べ方の他にも黒色チアシードとの違いをお届けします。毎日の食事に気軽に取り入れることのできるホワイトチアシードは、健康志向のあなたにおすすめです!

ホワイトチアシードは栄養満点

ホワイトチアシードの栄養①ミネラル

ホワイトチアシードは栄養満点のスーパーフードとして知られています。その理由は、ほかの食品には含まれていない栄養素を多く含んでいるためです。なかなか摂取することのできないカルシウムや鉄、亜鉛といったミネラルもホワイトチアシードはたっぷり含まれています。

健康を維持したり丈夫な体を作る上でミネラルの存在は欠かせません。現代の食生活の中ではこうしたミネラルは摂取しにくい傾向があり、不足しがちな栄養でもあります。ホワイトチアシードは、大さじ1杯分の中に必要なミネラルが含まれているので気軽に摂取することができます。

必須脂肪酸の含有量がトップクラス

ホワイトチアシードの栄養②オメガ3脂肪酸

健康を意識する方の中にはオメガ3脂肪酸という言葉を聞いたことがある方も多いことでしょう。オメガ3脂肪酸とは、必須脂肪酸であり人間の体内では作ることができないものです。そのため、食事やサプリメントから摂取するしか方法がありません。

厚生労働省が推奨する摂取基準は、男性1日あたり2.1グラムから2.4グラムと言われており女性1日あたり1.8グラムから2.1グラムと言われています。ホワイトチアシードは大さじ1杯でこの数値をクリアすることができるので簡単に体に取り入れることができます。

食事からなかなか取り入れることのできないオメガ3脂肪酸は、ホワイトチアシードを食事に取り入れることで栄養もたっぷり摂取することができます。また、オメガ3脂肪酸を摂取することにより体にとっても嬉しい効果が表れるので続けて取り入れたいですね。

必須アミノ酸を効率よく摂取

ホワイトチアシードの栄養③必須アミノ酸

アミノ酸とは20種類のアミノ酸を使って丈夫な人間のからだ作りを行なっています。そのうちの9種類は体内で合成することができないアミノ酸となっているので食事やサプリメントを使って摂取するしかありません。そのため、アミノ酸が不足してしまうこともあります。

ホワイトチアシードでは、不足しがちな9種類のアミノ酸のうち8種類のアミノ酸を含んでいるのでサプリメントを摂取せずとも効率よく必須アミノ酸を摂取することができます。たった大さじ1杯を食事に取り入れるだけで体づくりに役立つのは、嬉しいですね。

ホワイトチアシードとはとても小さな粒ですが、この小さな粒の中には人間が摂取することが難しいアミノ酸をぎゅっと含んでいます。8種類ものアミノ酸を含んでいるホワイトチアシードは奇跡の食品と言われ、そのためスーパーフードとも呼ばれています。

2種類の食物繊維でデトックス

ホワイトチアシードの栄養④食物繊維

食物繊維の種類は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あります。水溶性食物繊維にはこんにゃく・らっきょう・いんげんまめ・じゃがいも・ごぼうなどがあり、不溶性食物繊維にはおから・しいたけ・まいたけ・あずき・グリーンピースなどがあります。

食物繊維は、どちらもバランスよく摂取することで丈夫で健康な体を作ることができます。どちらの食物繊維もデトックス効果が見られるので、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のどちらも含んでいるごワイトチアシードは効率よく食物繊維を摂取できる食品です。

チアシードには食物繊維が大さじ1あたりの含有量は約4.1グラムです。比較として、玄米には約0.5グラム・大豆には約2.2グラムとなっているのでホワイトチアシードの含有量の多さが際立ちます。食物繊維の他にもたっぷりと栄養を兼ね備えたホワイトチアシードは健康な体づくりには欠かせません。

ホワイトチアシードで嬉しい効果

1番の効果は「老化防止効果」

オメガ3脂肪酸のαリノレン酸は、記憶学習能力の向上や老化防止効果があると言われています。これは、αリノレン酸に脳内の神経伝達物質との関わりがあるためと言われています。認知症予防や高血圧予防、糖尿病予防、生活習慣病予防にも役立つと言われ、うつ症状の軽減効果も見られています。

体の中から美しくなる「デトックス効果」

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含むホワイトチアシードには、便秘や腸内環境を整える効果があります。そのためデトックス作用が働き体の内側からスッキリと美しく作ることができます。見た目だけではなく体の中から作りかえることのできるホワイトチアシードはおすすめです。

女性におすすめ「アンチエイジング効果」

生活習慣とも密接な関わりのあるアンチエイジングの効果もホワイトチアシードには含まれています。必須アミノ酸を効率良く摂取できるホワイトチアシードは、体の中の老化防止だけではなくお肌の調子も良くなりハリのあるお肌をキープすることができます。美容にもおすすめの食品です。

黒チアシードと何が違う?

黒色チアシードとホワイトチアシードは、見た目では色しか違いませんが実は大きな違いがあります。黒色チアシードもたっぷりと栄養が詰まっていますがホワイトチアシードは黒色チアシード以上と言われています。似て非なる二つのチアシードを比較して見ましょう。

ホワイトチアシードは膨張率が違う!

チアシードを水を含ませて比較すると黒色チアシードに比べてホワイトチアシードは約14倍も膨張します。チアシード自体の大きさは変わりませんが、水を含ませることによって食物繊維を多く含んだホワイトチアシードの方が大きく膨らみ満足感をより得ることができます。

オメガ3脂肪酸を多く含むホワイトチアシード

黒色チアシードとホワイトチアシードはオメガ3脂肪酸を含む食品です。2種類のチアシードを比べてみると、チアシード15グラムあたり3100ミリグラムのオメガ3脂肪酸を含む黒色チアシードに比べてホワイトチアシードは3425ミリグラムのオメガ3脂肪酸を含みます。食生活の見直しを考えている方にはホワイトチアシードはおすすめです。

ホワイトチアシードは食べ方に注意!

チアシードとはそのまま食べることができ、ヨーグルトや食事に加えることで栄養を摂取することができる食品です。気軽に生活の中に取り入れることができるので人気も高く様々な取り入れ方ができますが、ホワイトチアシードはそのまま食べるよりおすすめの食べ方があります。

ホワイトチアシードは、そのまま食べると発芽毒があると言われています。発芽毒とは発芽抑制因子であるアブシジン酸を指し、アブシジン酸は植物の発芽を調節している植物ホルモンです。ホワイトチアシードにはこの初が毒があると言われているので発芽毒の毒性を取り除くようにしましょう。

ホワイトチアシードとは水につけて浸すことで膨張するので満腹感や満足感を感じることができます。そのまま食べるよりも効率良くホワイトチアシードの栄養を摂取することができるので水に浸して膨張させて食事に取り入れることをおすすめします。

ホワイトチアシードの食べ方は?

水に浸して毒性を取り除こう

ホワイトチアシードの毒性を取り除くには、水に浸すことです。水に浸しておくことで毒性を取り除き、さらに満腹感を感じる食べ方もできるのでおすすめです。ホワイトチアシードは水に浸して膨張させてから、体の中に取り入れるようにしましょう!

ホワイトチアシードでチアジェルレシピ

ホワイトチアシードを10倍の水に浸すことで、ホワイトチアシードが水をたっぷりと吸い込み膨張した状態になります。この膨張した状態のホワイトチアシードを食事に取り入れることで満足感や満腹感を感じながら栄養を取り入れることができます。

殺菌した保存瓶にホワイトチアシード・10倍の水を加えて密閉状態にしましょう。密閉状態にしたら瓶を上下に振ってホワイトチアシード全体が水に浸るようにしましょう。約10度から42度で浸水しておくと簡単にチアジェルが出来上がります。夏は12時間浸水させ、冬は24時間浸水すればぷっくり膨らんだチアジェルになります。

1.朝食にぴったり「ホワイトチアシードヨーグルト」

ホワイトチアシードのおすすめ食べ方レシピ

体に良いと言われるホワイトチアシードであれば毎日継続的に取り入れたいものですね。毎朝の朝食にプラスすることで、朝から元気な体づくりを行うことができますよ。材料は、プレーンヨーグルト150グラム・ホワイトチアシード小さじ1・粉末アサイー&マキベリー小さじ2・いちご、いちごジャム適量です。

プレーンヨーグルトに、ホワイトチアシード・粉末アサイー&マキベリーを加えて全体が馴染むようにしっかりと混ぜ合わせましょう。全体が馴染んだら、一口大に切ったいちご・いちごジャムをかけて出来上がりです。いちごジャムの他にもいちごソースとも相性バッチリです。

ホワイトチアシードは、プレーンヨーグルトに取り入れることで食感を楽しみながら食べることができます。プレーンヨーグルトの他にもフレーバーのあるヨーグルトとも相性がいいので是非取り入れて見てくださいね。食べやすい方法でホワイトチアシードを気軽に取り入れましょう。

2.調理に役立つ「めんつゆホワイトチアシードジュレ」

ホワイトチアシードのおすすめ食べ方レシピ

お菓子や飲み物以外にもホワイトチアシードを取り入れることは可能です。めんつゆとホワイトチアシードを組み合わせることで料理にプラスすることもできます。味を邪魔しないホワイトチアシードは見栄えも良くなります。材料は、ホワイトチアシード大1・水・3倍濃縮めんつゆ適量です。

作り方はチアジュレと同様、簡単な作り方で出来上がります。密閉瓶の中にチアシードと、約10倍の水を加えます。さらにめんつゆを加えて味見をしながら味を整えましょう。味が決まったら瓶を上下に振って味を馴染ませて冷蔵庫でしっかりと浸せば出来上がりです。

3.常備おやつにおすすめの「ホワイトチアシードクッキー」

ホワイトチアシードのおすすめ食べ方レシピ

たくさん作ってストックを作っておくことで、おやつ代わりとして気軽の食べることができるクッキーにもホワイトチアシードを取り入れましょう。材料は、小麦粉100グラム・てんさい糖40グラム・無塩バター50グラム・ホワイトチアシード大さじ1・オリーブオイル小さじ1/2です。

まず、バターをで溶かしボウルに加えてんさい糖・ホワイトチアシードとよく混ぜ合わせます。小麦粉を加え、オリーブオイルを少量足しながら生地をまとめましょう。ラップで包み20分ほど寝かせた後に成形し170度のオーブンで20分ほど焼き上げれば出来上がりです。

4.休憩時間におすすめの「ホワイトチアシードスコーン」

ホワイトチアシードのおすすめ食べ方レシピ

15時のおやつにもホワイトチアシードを取り入れることで、美味しくヘルシーなお菓子づくりを行うことができます。材料は、ホットケーキミックス200グラム・ホワイトチアシード大さじ1・紅茶ティーバッグ3個分・絹ごし豆腐80グラム・オリーブオイル 大さじ2です。

まず、オーブンを180度で余熱しボウルにホットケーキミックス・ホワイトチアシード・紅茶ティーバッグを加えて混ぜ合わせましょう。全体が馴染んだら絹ごし豆腐を加えてから混ぜ、さらにオリーブオイルを加え混ぜます。食べやすい大きさや、お気に入りのスコーン型に成形したら15分から20分焼き上げて出来上がりです。

5.こっそり取り入れる「ホワイトチアシードホットケーキ」

ホワイトチアシードのおすすめ食べ方レシピ

ホワイトチアシードをホットケーキに取り入れた美味しい食べ方はいかがですか?材料は、りんご1個・パルスイート大さじ2・ポッカレモン小さじ1・ホットケーキミックス100グラム・卵1個・プレーンヨーグルト大さじ2・ホワイトチアシード大さじ1です。

皮を剥いたりんごを8等分に切りパルスイート・ポッカレモンをかけて耐熱皿に乗せ、ラップをかけて約3分加熱します。ボウルに材料全てを加えて混ぜ合わせます。フライパンを熱して生地を流し込み、両面に焼き色がついたら美味しいホワイトチアシードホットケーキの出来上がりです。

ホワイトチアシードで体の中から美しく

ホワイトチアシードは、チアシードよりも効率よく栄養を取り入れることができる食品です。他の食品と比べると多くの栄養が詰まっているので、健康に気をつかっている方や食生活や生活改善を考えている方にはおすすめしたい栄養満点の食品です。

ホワイトチアシードは様々な料理に取り入れることができるので、サプリメントよりも手軽に摂取することができます。ジュレ状態にしてストックを作っておくことで簡単に取り入れることができますよ。栄養がたっぷり詰まったホワイトチアシードで、体の中から美しく健康に過ごしましょう!

合わせて読みたいチアシードについての記事はこちら

Thumbチアシードドリンクの簡単な作り方!美容効果もおすすめできるレシピ集
Thumbチアシードヨーグルトの作り方!戻すやり方や時間・注意点まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-22 時点

新着一覧