先生へのメッセージの例文集!幼稚園・保育園の卒園時に感謝の言葉を送ろう

子どもが卒園するときにに贈る、幼稚園・保育園の先生へのメッセージの例文を調べてまとめました。子どもが幼稚園・保育園を卒園するときに贈る、子どもから先生へのメッセージと、親から先生へのメッセージの例文を集めて書いています。

先生へのメッセージの例文集!幼稚園・保育園の卒園時に感謝の言葉を送ろう

目次

  1. 卒園時に先生へのメッセージを贈ろう!
  2. 先生へのメッセージにおいて重要なのは?
  3. 「先生に喜んでもらえる」先生へのメッセージとは?
  4. 「先生への感謝が伝わる」先生へのメッセージとは?
  5. 先生へのメッセージには何を書けばいいの?
  6. 子どもの家での様子を書いた先生へのメッセージの例文
  7. 先生が助けてくれたことに感謝する先生へのメッセージの例文
  8. 子どもの成長を伝える先生へのメッセージの例文
  9. 大好きでいることを伝える先生へのメッセージの例文
  10. 子どもの言葉で伝える先生へのメッセージの例文
  11. 短い文章で伝える先生へのメッセージの例文
  12. 寄せ書きで伝える先生へのメッセージ
  13. 英語で伝える先生へのメッセージ
  14. まとめ:先生へのメッセージで感謝の言葉を贈ろう

卒園時に先生へのメッセージを贈ろう!

子どもが幼稚園や保育園を卒園するときには、先生へのメッセージをプレゼントされる方も多いと思います。この記事では、子どもが卒園するときに使うことのできる、幼稚園や保育園の先生へのメッセージの例文をまとめています。また、先生へのメッセージを考える際に、重要な点についても書いてありますので、メッセージを作成する際に参考にしていただければと思います。

先生へのメッセージにおいて重要なのは?

幼稚園や保育園の先生へのメッセージを作成する際に、押さえておきたい点は2点あります。「先生に喜んでもらえる」メッセージであるという点と、「先生への感謝が伝わる」メッセージであるという点です。先生へのメッセージは、文章の短い長いにかかわらず、丁寧に書かれているものに好感が持たれます。

「先生に喜んでもらえる」先生へのメッセージとは?

入園してから卒園するまでの園での生活において、先生に対して「ありがとう」と感じた出来事と、それにまつわるエピソードを書いてみましょう。先生もメッセージを読むときにその出来事を思い出すことができるので、喜んでもらえるプレゼントになると思います。

「先生への感謝が伝わる」先生へのメッセージとは?

お母さまご自身が先生を通じて学んだこと、先生だったから良かったと感じたこと。また、子どもが成長できたことなどを具体的に書くのもよいでしょう。お母さまがご自分の言葉で素直に伝えることにより、オリジナリティのあるプレゼントになると思います。

先生へのメッセージには何を書けばいいの?

幼稚園や保育園の先生へのメッセージに何を書けば良いのかわからないときは、お世話になったお礼の言葉→在園しているときの子どもの様子、または、先生に助けられたところを綴った文章→これからの抱負などを述べた文章→先生への気遣いの言葉。このような内容で、順を追っで書いていくとスムーズに作成できます。

子どもの家での様子を書いた先生へのメッセージの例文

先生に「幼稚園や保育園に通っていたとき、子どもは家ではこんな様子でしたよ!」と伝えられる先生へのメッセージの例文です。

子どもの家での様子を書いた先生へのメッセージ例文1

先生には〇年間大変お世話になりました。先生には本当に助けていただきました。「今日は○○先生に絵本を読んでもらったよ!」などと、息子から園での様子を聞くのが我が家の日課でした。その日課がもうなくなると思うと、寂しい気持ちでいっぱいになります。

先生に甘えることも多かった親子でしたが、今日まで元気に過ごしてこられたのは、先生のおかげです。先生も身体に気を付けて元気でいらしてください。本当にありがとうございました。

子どもの家での様子を書いた先生へのメッセージ例文2

育児や仕事で悩んでいるときに○○先生には相談に乗っていただきました。間違いなく先生は私たち親子を支えてくださいしまた。息子は言葉を覚え始めてからは、家で○○先生のことばかり話していました。それは先生がたくさん愛情を注いでくれたからだと思っています。

とても甘えん坊だった息子も、もうすぐ小学校に入学します。楽しかった幼稚園(保育園)のことを思い出しながら、元気よく小学校の入学式に臨むと思います。これからも優しい先生でいてください。○年間、本当にありがとうございました。心より感謝しています。

先生が助けてくれたことに感謝する先生へのメッセージの例文

先生に「あのときは助けてくれてありがとう!」と伝えられる先生へのメッセージの例文です。

先生が助けてくれたことに感謝する先生へのメッセージ例文

○○先生にお世話になってばかりの○年間でした。仕事の都合で迎えに行くのが遅くなることが多かった私は、何度先生に助けてられたことかわかりません。お迎えが遅いとき「いつも遅くまでお疲れ様です。体調に気をつけてくださいね」と気遣ってくださる先生の一言には何度も励まされました。

体が弱く人一倍手間のかかる娘ではありましたが、先生のおかげで小学校に入学できるまで成長しました。○○先生がいたからこそ、ここまで成長できたのだと思います。先生ご自身も気遣われることを忘れないでくださいね。とても幸せな○年間を送ることができました。ありがとうございました。

子どもの成長を伝える先生へのメッセージの例文

先生に「先生のおかげで、子どもはこんなに成長できました!」と伝えられる先生へのメッセージの例文です。

子どもの成長を伝える例文

○○先生のおかげで、たくさんの素敵な思い出を作る事が出来ました。親子ともども感謝しております。運動会や音楽会などの行事を経験することで、友達と一緒に力を合わせて頑張る大切さを知ることがきました。

また、○○先生が明るくユーモラスな人柄だったので、□□の人見知りな性格も随分と改善されました。おかげさまで4月からも楽しい小学校生活を送ることが出来そうです。○○先生も、どうぞ体を大切になさって、いつまでも元気でいて下さい。本当にありがとうございました。

大好きでいることを伝える先生へのメッセージの例文

先生に「子どもはこんなに先生が大好き!」と伝えられる先生へのメッセージの例文です。

大好きでいることを伝える例文

娘は担任になっていただく前から○○先生のことを大好きだったようで、よく私に先生のことを話してくれていました。担任になっていただいたときの帰り道の、娘のうれしそうな顔を、今でもはっきりと憶えています。

楽しかった○○幼稚園(保育園)での生活も終わりが近づいています。家に飾ってある似顔絵や工作を見るたびに、園での思い出がよみがえってきます。先生との出会いをはじめ、友達や思い出はすべて娘の宝物になりました。いつまでも元気でいてください。本当にありがとうございました。

子どもの言葉で伝える先生へのメッセージの例文

子どもから先生へメッセージを贈る場合には、子どもの気持ちを素直に表す言葉が良いですね。「せんせい、ありがとう」「せんせい、いつまでもだいすきだよ」「しょうがっこうでも、がんばるね」「せんせい、またいっしょにあそぼうね」など、ひとことがそのままプレゼントになります。

短い文章で伝える先生へのメッセージの例文

短い文章で伝える先生へのメッセージは、「先生に世話になったことへの感謝」や「先生がしてくれたことへの感謝」を中心に書くことができれば、心のこもったプレゼントになります。

短い文章で伝える例文

「入園してから卒園するまで、本当にお世話になりました」「親子共々、本当にお世話になりました」「いつも温かく見守ってくださり、ありがとうございます」

「いつも笑顔でいられたのは、○○先生が担任をしてくれたおかげです」「いろんな年間行事・・企画から、準備・片付け・衣裳作りなど、先生たちの努力で本当にいい思い出がたくさんできました」「親として成長中の私にとって、先生は心強い支えでした。本当に感謝しています」

「いつも娘(息子)の成長をそばで見てきましたが、先生方の熱心な指導があったからこそだと感じています」「日ごと、月ごと、学年ごとにいっぱい成長していく子どもを親として見るのが楽しみでした」

寄せ書きで伝える先生へのメッセージ

寄せ書きで先生へのメッセージを伝えるときは、「先生にお世話になったことへの感謝」と、「卒園するときの親子の心境や、子どもの心境」を述べると、読み返しても楽しいプレゼントになります。

寄せ書きで伝える例文

「○○先生、入園(進級)からの〇年間、子どもが本当にお世話になりました。悪いことをしてしかられたことや、たくさんほめられたこと。すべてがいい思い出になっているようです。本当にありがとうございました」

「○○先生、何かと迷惑をかけてしまう子どもを優しく指導していただき、ありがとうございました。○○先生からたくさんの事を学び、親子とも成長できたと感じております。〇年間本当にありがとうございました!」

英語で伝える先生へのメッセージ

英語で先生へのメッセージを伝えるのであれば、「先生へ」という書き出しは、「Dear teacher」で構いません。日本人の先生なら、「○○ Sensei」も良いですね。

英語で伝える例文

「Thank you for teaching us.(教えていただき、ありがとうございました。)」「 You are the best teacher!(あなたは最高の先生です!)」

「Thanks for being awesome.(最高な先生でいてくれて、ありがとうございます。)」

まとめ:先生へのメッセージで感謝の言葉を贈ろう

子どもが幼稚園や保育園を卒業するときの贈る先生のメッセージは、先生に喜んでもらえたり、先生へ感謝の気持ちが伝わるメッセージにすることが重要です。子どもの家での様子を伝えたり、先生が助けてくれたことを伝えることで、世界にひとつしかないプレゼントにすることができます。

卒園のときに贈る先生へのメッセージは、「別れが寂しい」という気持ちを表す文章を含めると、悲しいメッセージになりがちです。けれども前向きな言葉を多く使うことで、子どもと先生に明るい気持ちで次のステージへと進んでもらうことができるようになります。先生への感謝がこもった、素敵なプレゼントにできるといいですね。

卒園・プレゼントについてもっと知りたいあなたへ

Thumb先生へ卒園・卒業の感謝のプレゼント!絶対に喜ばれる人気の贈り物とは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-01 時点

新着一覧