和室ベッドのおしゃれコーディネート集!畳にやさしい置き方の注意点も解説

和室でベッド?って思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、和室でも似合うベッドを選べばおしゃれになります。和室といえば畳ですね。ベッドを置くときの注意や、畳に優しいベッドの置き方さえ覚えたらおしゃれな和室になっちゃいます。ぜひ、チャレンジしてみてください。

和室ベッドのおしゃれコーディネート集!畳にやさしい置き方の注意点も解説

目次

  1. 和室にベッド!?
  2. 和室に合うベッドの高さ選び
  3. 和室に合うベッドのフレームや色合いは?
  4. 畳を傷つけない為の注意点①畳をへこまないようにする
  5. 畳を傷つけない為の注意点②カビやダニ発生に気をつけよう
  6. 畳にカビが発生してしまった時の対処法
  7. 畳を傷つけない為の注意点③ベッドの移動
  8. 和室にぴったりコーディネート①
  9. 和室にぴったりコーディネート②
  10. 和室にぴったりコーディネート③
  11. まとめ「和室にもベッドは合います」

和室にベッド!?

和室といえば敷布団を想像する方も多いことと思います。ですが、意外にベッドでも合うんです。これから紹介するのは和室に合うベッド選びと、置き方の注意点です。

どうしても和室を寝室として使わなければいけない方や、今まで和室に布団で寝ていたけど、年齢とともに起き上がるのが大変でベッドにしたいって方もいらっしゃると思います。和室にベッドって似合わない、不釣り合いって思う方に必見です!

和室に合うベッドや、畳に優しいベッドの置き方、注意点などをキチンとすればおしゃれな和室の寝室になります。これから、おすすめコーディネートや、置き方、注意点をご紹介します。

和室に合うベッドの高さ選び

和室には、足の高いベッドよりも、低いローベッドのほうが似合います。畳の上には布団というような概念がありますよね。なので、布団を敷いたようなイメージの、足の低いベッドを選ぶのがおしゃれな演出ができ、部屋も広く見えるのでおすすめです。

ローベッド

ローベッドでしたら、起き上がるのが大変な方や、お子さんがいても、落ちてケガする心配が少なく安心して使えるのがいいところです。コーディネイトもしやすくて和室にはおすすめです。

和室に合うベッドのフレームや色合いは?

和室といえば「和」のイメージですね。なので、メタルやパイプなどよりも、木のぬくもりのあるようなイメージのものが和室にはおすすめだと思います。

あと、大切なのは「色合い」ですね。木のベッドフレームにしてもいろんな色があります。畳の色もそれぞれなので、今の、和室に合ったイメージ、畳のトーンに合わせたものを選ぶのがおすすめです。

メタルや、パイプのベッドが好きだとしても、和室に置くことを考えてみてください。和室にそういったベッドって似合いませんよね。不釣り合いなもの置いて部屋の完成度が下がるよりも、部屋に合ったものを置くほうが満足感が得られるはずです。

畳を傷つけない為の注意点①畳をへこまないようにする

和室にベッドを置くうえで一番大切なのは、畳を傷めないことが大前提です。畳を傷つけないことが一番心配ですよね。きちんと注意さえすれば傷もつけずに済みます。

畳の天敵は、脚の細いベッドですね。毎日畳に全体重をかけるわけですから、簡単に畳がへこんでしまいます。ベッドにはいろいろな形がありますが、特に気をつけることはベッドの脚ですね。

賃貸の場合

この場合は、退出時に発生する敷金に関係してきますので、とても慎重になりますよね。フレーム全体で置くタイプのベッドだったら荷重が分散されて跡も付きにくいです。でも長期間となれば跡が付いてしまいます。そうなった場合に退出時にお金がかかることもありますよね。

ですが、ホームセンターなどで売られているゴムマットやベッドの大きさに合ったウッドカーペットを敷くなど少しの工夫でフレームの跡を付きにくくすることが可能です。置き方にさえ注意していれば和室でもベッドが使えます。

和室にぴったり?!

畳シートというものもあるようです。これだと、畳の上においても違和感がないのでいいかもしれませんね。畳のジョイントマットなどもあるようなのでいろいろと試してみてください。

畳を傷つけない為の注意点②カビやダニ発生に気をつけよう

畳の上にシートなどを引いた場合シートの下にカビや、ダニがわく場合もあります。ですが、防湿対策をしていれば防ぐことはできます。

防湿防虫シート

畳とシートの間に畳用の防湿防虫シートを引けば、カビも湿気も抑えてくれます。ベッドを置きたいけどカビが心配という方にはこういった方法もあります。

湿度に注意

部屋の湿度には気を付けましょう。湿度は65パーセント以内にするといいでしょう。特に湿度の上がる梅雨や夏場は要注意ですね。窓を開けたり部屋の空気の入れ替えをしてあげるといいです。それでも追いつかない場合は、エアコンの除湿機能や、除湿器などを使うのも手です。

畳にカビが発生してしまった時の対処法

カビができてしまった!どうしようといった時の対処法を軽くご紹介しておきます。畳のカビは水拭きは絶対にしないでください。畳は水分を吸収しやすいのでかえってカビを発生させることになるかもしれません。

掃除機を使った方法

掃除機はカビや埃が舞わないよう少し持ち上げてするのがおすすめです。掃除機をかけるときは畳の目に沿ってかけましょう。カビを吸ったら乾いたぞうきんで畳の目に沿ってふきます。これを3.4回繰り返すと軽いカビなら綺麗になります。

エタノールを使う

消毒用のエタノールを使います。スプレー容器に入れておくと使いやすいです。畳の少し高い位置からエタノールをスプレーします。スプレーした場所を歯ブラシやたわしなどで軽く優しくこすります。落としたカビなどを掃除機で吸い取ります。もう一度エタノールを吹きかけ乾拭きしておしまいです。

お酢を使う

お酢を10倍に薄めたものをボールかバケツに用意します。お酢を薄めたものにぞうきんを付け固く絞り、こするようにカビを掃除します。この時も畳の目にそっ行いましょう。そのあとは乾いたぞうきんでしっかり乾拭きしましょう。お酢のにおいが少し残りますがすぐに消えます。お酢には除菌効果・殺菌効果がありますし家に必ずあるものなのですぐに用意できるのがいいところです。

畳を傷つけない為の注意点③ベッドの移動

畳の上にベッドを置くと移動が大変なので最初にしっかりと置く位置を決めておきましょう。フローリングの場合だと、少し押したらベッド移動も比較的簡単に出来ますが、畳の上だとベッドを移動させるのは畳を傷つけやすいので要注意です。どうしても動かしたいのなら2~3人で持ち上げて動かすのがおすすめです。

なので、ベッドを置くときはあらかじめベッド位置のコーディネートをしておくことが大切です。ベッドの隙間や下には、ほこりも溜まりやすいので、なるべくベッドを動かさなくても掃除がしやすいように壁にピッタリつけないなど、配置するのもポイントですね。少し壁から離しておくと隙間も掃除しやすいですね。

和室にぴったりコーディネート①

洋風ベッド!?

え?これって和室?っていうような驚きのコーディネートですね!洋と和がしっかり合わさってとても素敵なお部屋になっています。真似をしてみたくなるおすすめコーディネートです。

和室にぴったりコーディネート②

最近ではホテルなどでも和室にベッドがあったりします。初めてホテルで和室にベッドというところに止まった方などこういったお部屋にあこがれませんか?こういったものも参考にコーディネートしてみるのもありかと思います。和室に合ったベッドメイキングなども勉強になりますね。

こういった感じのコーディネートも参考にすると和室にベッドでも、違和感のない寝室になるかもしれません。ベッド周りの家具なども和風のものにすると一段と和室っぽくなりますね。和の要素をたくさん取り入れお洒落な寝室を目指しましょう。

和室って感じのお部屋ですね。やはり和室には低めの家具がおおいですね。ローベッドにしても家具にしても和室なら、低い家具が似合いますね。家具の置き方も考えてコーディネイ-トするととても素敵なお部屋になりますね。

こちらも、素敵な和室になっています。モダンな感じもいいですね。こういった色合いのベッドでも和室にも合います。和モダンという言葉もありますのでこういったお部屋にするのもいいです。

和室にぴったりコーディネート③

すっきりしたローベッド

この方は、ベッドの脚をつけずにそのまま置いているそうです。そんな置き方もありですね!ベッドの高さが和室に合うちょうどいい高さになっていて素敵なお部屋ですね。

明かりのつくローベッド

こちらのローベッドも素敵ですね。ホテルのベッドですが足元に明かりがついていてとても温かみのあるベッドになっています。和室がそんなに広くないって方にはこういった工夫のあるベッドもありだと思います。

このくらいの高さのベッドが寝るときも起きるときも体制がきつくなく楽かもしれません。和室にも合う高さですし。下が畳なのとベッドの高さが低いので子供と寝ても落ちてケガをする心配もないですね。

ベッドマットを下にするっていうのも手ですね。簡単に動かせますし、掃除が楽に出来そうです。ですが。畳に密着している部分が多いのでよく喚起などしてあげないと、カビが発生しそうなので注意が必要ですね。

まとめ「和室にもベッドは合います」

こういった風にベッド選びから、置き方や、畳に傷を付けないように注意することなどもきちんと考えておくと和室でも素敵なベッドルームになります。畳だから、ベッドが置けないなんてことはありません。和の中に洋を足して素敵な寝室を作ってみてはどうでしょうか。ぜひこの機会に試してみてください。

和室コーディネートについて関連記事はこちらから

Thumbおしゃれな和室のインテリアコーディネート集!モダンな部屋づくりの仕方!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-31 時点

新着一覧