ホワイトセージは浄化の定番!使い方の基本や効能・効果を詳しく紹介

皆さんは今話題のホワイトセージをご存知ですか?天然石やお部屋、アクセサリーなど、様々な物を浄化する際に使う定番の物がホワイトセージになります。今回はそんなホワイトセージの使い方や効能や効果を各種SNSの情報から纏めました。参考に浄化の効能を試してみてください。

ホワイトセージは浄化の定番!使い方の基本や効能・効果を詳しく紹介

目次

  1. 浄化の定番ホワイトセージとはどんな物?
  2. ホワイトセージの使い方とは?
  3. 実際に浄化をやってみよう
  4. 浄化の際の受け皿はどんなものが適切か?
  5. 自分で浄化の為のホワイトセージを作ろう
  6. 管理が意外と難しい?ホワイトセージの管理方法とは
  7. 乾燥させてホワイトセージのスマッジを作る
  8. 湿って火が付かない場合は?
  9. 癒し効果もあるホワイトセージ
  10. ホワイトセージで癒しと浄化にチャレンジしてみよう

浄化の定番ホワイトセージとはどんな物?

今では浄化の際に使用する定番と知られるサルビア科の植物がホワイトセージです。現在女性を中心に癒し効果などで大人気のホワイトセージです。元々ホワイトセージは、昔からネイティブアメリカンの儀式で使われていました。効能や効果は、主に儀式に参加した人達の邪気を祓ったり、儀式の空間を清めるために使用したのが始まりだと言われています。

ネイティブアメリカンが儀式に集まった人々や儀式の場所の邪気を祓ったりした行為を、スマッシングと呼ばれていました。スマッシングは今でも使われている言葉で、ホワイトーセージの使い方は燃やして出る煙で浄化して、清めるという事を今でもスマッシングと呼ばれています。その際、ホワイトセージを束にしても燃やすのですが、その束の名前をスマッジと言います。

ホワイトセージの使い方とは?

ホワイトセージが注目されて、TwitterやInstagramなどで大ブーム中のホワイトセージですが、浄化してみたいけど使い方がわからない!という方が多いのも事実です。今回はそんな方達に向けてホワイトセージでお部屋やアクセサリー、天然石などの装飾品を浄化する際のホワイトセージの使い方をご紹介します。参考にしてアクセサリーなどの装飾品の浄化を試してみてください。

浄化の儀式の定番としてホワイトセージは有名ですが、癒しの効果もあります。疲れた時や、つらいことがあった時など、癒しの時間を求めることがあると思います。そんな時にはホワイトセージを燃やしましょう。お部屋の浄化で邪気を祓い、同時に癒しの時間も提供してくれます。

実際に浄化をやってみよう

火を付けるので予め受け皿を用意する

ホワイトセージの定番の使い方として、ホワイトセージは葉っぱに火を付けて燃やして、その時に出てきた煙で邪気を祓ったり清めたりする効果や効能があります。ホワイトセージは火を付けるため、予め火のついたホワイトセージを置く受け皿を用意してください。写真のような受け皿が理想ですが、無ければ灰皿や貝殻などでも代用が可能です。

先端に火を付けて線香のように手で仰いで炎を消す

ホワイトセージの使い方として、二つ目の手順としてホワイトセージを燃やします。ホワイトセージを購入すると、枝に葉っぱが付いた状態で売られているホワイトセージもあります。その場合は枝から葉っぱを一枚だけ取って、その一枚だけを使用します。葉っぱの先端に火を付けて、線香を消す時のように、手で仰いで火を消したり、葉っぱを振って火を消してください。

火が消えて煙が出てきたら浄化の開始

ホワイトセージの使い方として、三つ目の手順としてホワイトセージの葉っぱを燃やして、線香のように手で仰いで消したら煙が出てきます。この煙を使ってお部屋やアクセサリーなどの装飾品を清めたり、浄化したりする効果や効能があります。

受け皿に煙が出ているホワイトセージの葉っぱを置き、上からブレスレットや天然石に煙を直接かけます。お部屋の浄化には、受け皿に煙が出ているホワイトセージの葉っぱを置き、煙が出ている状態でお部屋を一周して、お部屋にホワイトセージの葉っぱの煙をいきわたらせます。

浄化が終了したら火の始末に気を付ける

ホワイトセージによる浄化が終了したら、自然に火が消えるのを待つか、ホワイトセージの葉っぱを受け皿などに擦り付けて完全に消化するようにしてください。水をかければ確実ですが、汚くなり、掃除の手間が増えたりします。

火の消し忘れは火事の原因にもなったりするので、細心の注意を払うようにしてください。また部屋に充満した煙は換気扇をかけるか窓を開けて、完全に出すようにしてください。邪気などが、煙と一緒に出ていくためだと考えられています。

浄化の際の受け皿はどんなものが適切か?

効果と効能を高めるホワイトセージの受け皿:アバロンシェル

ネイティブアメリカンの儀式では、写真のようなアバロンシェルというものに燃やしたホワイトセージの葉っぱを入れて、浄化の儀式をしていたそうです。アバロンシェルはパワーストーンとしても知られています。鮑(アワビ)の貝殻を使用しています。海のエネルギーを宿したパワーストーンであると知られています。また愛のエネルギーを高める効果と効能があるとも言われています。

効果と効能を高めるホワイトセージの受け皿:パールシェル

パールシェルもホワイトセージで浄化の儀式をする際には、おすすめ出来ます。パールに込められた言葉は、円満、完成、無垢、富、長寿、純潔、健康です。またパールは涙の象徴であるともされています。パールを身に着けるという事は、個人を偲ぶ意味合いもあるのです。最も知られたパールの効果と効能は愛情の象徴であるという事です。好きな人と引き寄せあえると言われています。

効果と効能を高めるホワイトセージの受け皿:香皿

ホワイトセージでの浄化の儀式で使用する受け皿として、線香などを立てかけておくのに使う香皿もおすすめ出来る受け皿の一つです。灰の掃除の手間が少なくて済むのが特徴です。最近では非常にお洒落な香皿が沢山出てきたこともあり、非常にお洒落な香皿が沢山あるので、選ぶ楽しみもあるのがおすすめできるポイントでもあります。

自分で浄化の為のホワイトセージを作ろう

現在、インターネットの通販サイトなどでは、乾燥済みのすぐに浄化の儀式が出来るホワイトセージが販売されています。ですが値段は少し割高。自分で苗からホワイトセージを育てて乾燥させた方が確実に安く済みます。ですが、ホワイトセージの生育は結構手間がかかり難しいです。今回はそんなホワイトセージの生育法を調べて纏めました。

管理が意外と難しい?ホワイトセージの管理方法とは

浄化の定番として若い女性に大人気のホワイトセージですが、意外と管理方法には気を使います。大前提としてホワイトセージは日当たりが良い場所と風通しの良い場所に置くようにしてください。日本は湿度が高いのですが、ホワイトセージは湿度の高い環境を非常に嫌います。寒さにはマイナス5度までは大丈夫なようですが、念には念を入れて室内での管理が適切です。

自宅の庭などの土にホワイトセージを植える場合は、水を極力やらないようにして、乾燥するくらいに育てるのがコツです。鉢などに植える時は、土が乾いたらたっぷり水を上げるのがコツです。葉っぱが痛んだらすぐに取り除くようにしてください。害虫が発生したり、病気の原因にもなり、枯れやすくなってしまうので注意するようにしてください。

乾燥させてホワイトセージのスマッジを作る

ホワイトセージが育ったら、ホワイトセージを乾燥させます。太陽エネルギーを吸収させるように、天日干しにするようにしてください。乾燥させてから長期保存すると、火が付きにくい事があります。そういう時は、再度太陽で天日干しするようにすると火が付きます。写真のようにホワイトセージを乾燥させた葉っぱを紐なので結んだスマッジと呼ばれる物を作ることが出来ます。

葉っぱ一枚でも浄化の儀式は出来ますが、スマッジのまま燃やしたら更に広範囲の浄化の儀式をすることができます。また、スマッジを作る際に、ラベンダーなどのハーブと一緒に巻くなどで、自分のオリジナルの香りを作ることも可能です。

湿って火が付かない場合は?

日本は湿度が高い国です。乾燥させたホワイトセージを長期保存しておくと、葉っぱが湿気を吸収して湿ってしまいます。そうなると中々火が付きにくくなります。そのような場合は、再度天日干しをするか、レンジなどで少し温めて湿気を飛ばすという方法もあります。また、乾燥剤を一緒に入れて保存しておくという方法もあります。

癒し効果もあるホワイトセージ

浄化の儀式の定番として知られるホワイトセージ。実は癒しにもなります。ホワイトセージの独特の匂いは非常に落ち着き、集中力などを高めると言われているので、勉強などの際にもおすすめ出来ます。本来の邪気を祓う浄化と同時に癒しも楽しめるのが、ホワイトセージの魅力でもあるのです。

ホワイトセージで癒しと浄化にチャレンジしてみよう

ホワイトセージは古くからネイティブアメリカンによって、浄化の儀式の際に使われた由緒あるハーブの一種です。現在は若い女性を中心に、アクセサリーなどの装飾品を浄化する目的や、癒しの時間を求めるなどの目的でホワイトセージは大人気です。癒しが目的の場合でも、邪気の浄化の際にも、スマッジの中に香りが強いハーブを混ぜると、更に深い香りを楽しめます。

ホワイトセージは葉っぱに火を付けて煙を出して、その煙で浄化の儀式や、癒しを楽しむものなのですが、火を使うので、煙を出したまま、長時間席を外す行為は非常に危険です。何かの拍子に床に落ちて火事の原因にもなったりします。完全に消えてから席を外すようにしてください。火事などに気を付けてホワイトセージを楽しむようにしてください。

ハーブや癒しについて更に詳しく知りたい方はこちら

Thumbハーブの種類はどのぐらい?目的にあわせた定番の人気ハーブとその効能!
Thumbハーブ栽培は初心者でも大丈夫!室内でも育てやすい定番人気は?
Thumbリラックスグッズはプレゼントにおすすめ!癒しの人気アイテムを紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-19 時点

新着一覧