フードプロセッサーとミキサーの違いは?使い分け方や代用可能かを徹底調査

フードプロセッサーとミキサーの機能の違いや代用方法、使い分け方法についてまとめました。機能の違いを知って使い分けをすることでフードプロセッサーとミキサーを活用することができます。代用可能かも加味しながらフードプロセッサーとミキサーの違いをチェックしましょう。

フードプロセッサーとミキサーの違いは?使い分け方や代用可能かを徹底調査

目次

  1. フードプロセッサーとミキサーの機能の違いを知りたい
  2. ミキサーとはどんなもの?
  3. フードプロセッサーとは?
  4. ミキサーとフードプロセッサーの機能の違い
  5. ミキサーとフードプロセッサーの具体的な使い分け方法
  6. フードプロセッサーとミキサーならどちらが代用できる?
  7. ジューサーとの機能の違いはある?
  8. ミキサーとブレンダーとの違いは?
  9. ハンドブレンダーのセットもおすすめ
  10. ミキサーのお手入れ方法を知りたい
  11. フードプロセッサーのお手入れ方法に違いはある?
  12. ミキサーを活用したおすすめジュース
  13. ミキサーを使えばスープも簡単に
  14. フードプロセッサーで簡単に作れる料理
  15. フードプロセッサーとミキサーの機能の違いを知っておこう!

フードプロセッサーとミキサーの機能の違いを知りたい

それぞれの機能の違いを知っておけば便利

いろいろな料理で活用することができるミキサーとフードプロセッサーですが、よく考えてみると機能の違いや代用できるかなど知らないことが多いのではないでしょうか。ミキサーとフードプロセッサーの機能の違いをしっかりと把握しておけば、どういった場合で代用することが可能なのか使い分けもできるようになってくるので便利です。

フードプロセッサーとミキサーのそれぞれの機能の違いを知っていないと、購入してからできると思っていたことができなかったり、思うように機能を活用できなかったりといった不便が出てきてしまいます。せっかくお気に入りのフードプロセッサーやミキサーを購入したのですから、そういったことなく最大限に機能を活用していきたいですよね。

使い分け方法や機能の違いをチェックしよう

「フードプロセッサーとミキサーの使い分け方や違いについて知りたい!」「フードプロセッサーとミキサーはそれぞれ代用することができるの?」といった場合に役立つフードプロセッサーとミキサーの違いについてまとめました。それぞれの情報を知っておけば料理で役立てることができるようになるので、ぜひ違いを知って使い分けをしていきましょう。

Thumbフードプロセッサーのおすすめ人気ランキング!高性能な機種の選び方とは?

ミキサーとはどんなもの?

個体から液体に変化させる

それでは、早速ミキサーとフードプロセッサーの違いについてチェックしていきましょう。ミキサーとは具体的にどんなものなのかというと、個体を液体に変化させる機器と捉えて良いのではないでしょうか。果物や野菜などの個体をミキサーに入れることによって細かく攪拌し、液状にすることができます。ジュースやスープを作るのにミキサーを活用する場合も多数。

スープやジュースを作るのに最適

ミキサーを使えば、好みの野菜や果物を入れて攪拌するだけでお手製のジュースを作ることができます。生の果物や野菜をそのまま食べるのは大変ですが、ミキサーで液状にして飲むことでたくさんの栄養を摂取できるのが嬉しいポイント。近年のスムージー人気を受けて、ミキサーを取り入れる人も多くなっているのではないでしょうか。

ミキサーはスープ作りにも役立ちます。コトコト煮込んだ食材をミキサーの中に入れて攪拌することでなめらかなスープのできあがり。風邪をひいて消化機能が弱っている場合や、歯が弱っている場合などは噛む必要のない栄養たっぷりのスープが役立ちそうですね。このようにミキサーはスープやジュースを作るのにぴったりのアイテムです。

Thumb離乳食でのミキサーの選び方!簡単レシピや使い方のコツは?

フードプロセッサーとは?

個体をさらに細かくする

続いて、フードプロセッサーの特徴についてチェックしていきましょう。ミキサーが個体を液状にするのに比べて、フードプロセッサーは個体をさらに細かくするというところに特徴があります。ミキサーのような液状になる前に止めることができるので、いろいろな料理で活用しやすいのが魅力。下ごしらえにフードプロセッサーを活用する人も多いのではないでしょうか。

みじん切りなどの下ごしらえに活躍

玉ねぎのみじん切りやひき肉作りなど、食材を細かくしたい場合にフードプロセッサーが大活躍。包丁でやると大変なみじん切りの作業もフードプロセッサーを使えばとても簡単に行うことができます。日々の調理に時短を求めている場合にフードプロセッサーが最適。フードプロセッサーを活用することで、簡単にいろいろな料理を作りやすくなります。

ミキサーとフードプロセッサーの機能の違い

ミキサーでみじん切りなどはできないのが違い

ミキサーとフードプロセッサーの特徴について見てきたら、機能の具体的な違いについてもチェックしていきましょう。機能の違いを知ることで使い分けをすることができるようになるので、しっかりと把握しておきたいですね。

まずはミキサーについてですが、ミキサーは基本的に個体を液状にする役割を果たしているのでみじん切りなどはできません。フードプロセッサーではみじん切りやスライスをすることができたとしてもミキサーではできないので気をつけましょう。また、ミキサーの刃は下部にあるので食材全体に届かないのもフードプロセッサーとの違いになります。

フードプロセッサーでは粗いジュースになるのも違いになる

フードプロセッサーは基本的に個体をさらに細かな個体にする役割を果たしているので、フードプロセッサーでジュースを作ろうとするとミキサーよりも粗い仕上がりになる場合があります。サラサラとしたジュースやスープを求めている場合はミキサーの方が良いかもしれませんね。

ただし、フードプロセッサーの回転速度などの設定によってはなめらかな状態にできる場合もあるので、購入する前に機能をチェックしておくことが大切。このようにフードプロセッサーとミキサーには根本的な違いがあります。使い分けができるように把握しておきたいですね。

ミキサーとフードプロセッサーの具体的な使い分け方法

ミキサーは液体を作るのに最適

ミキサーとフードプロセッサーの使い分け方法はとても簡単です。ミキサーは液体を作りたい場合に活用するのがおすすめ。しっかりとなめらかな状態にしてくれるので、口当たりの良いジュースやスープを作ることができます。ただし、ミキサーによっては氷を攪拌できないものもあるので気をつけましょう。購入前に氷を入れられるかどうかチェックしてみてくださいね。

フードプロセッサーは肉や魚、野菜を細かくするのに最適

フードプロセッサーは食材を細かくするためのものとして使い分けするのがおすすめ。肉を入れて攪拌することでひき肉にしたり、玉ねぎのみじん切りを作ったり、といったように食材の下ごしらえとしてさまざまな用途で活用することができます。一気に混ぜることができるので、時間を短縮できるのも嬉しいポイント。このように2つのアイテムを使い分けてみてくださいね。

フードプロセッサーとミキサーならどちらが代用できる?

多機能がついたフードプロセッサーならミキサーの代用が可能

フードプロセッサーとミキサーの違いについてチェックしていきましたが、両方とも購入すると費用がかさみますし、置き場所も無くなってしまうので不便ですよね。フードプロセッサーとミキサーのどちらかが代用することができればとても便利。そんな場合は、フードプロセッサーがおすすめです。

多機能がついたフードプロセッサーならミキサーのようになめらかに攪拌をすることも可能になるので、代用が可能。さまざまなシチュエーションで役立てられます。

迷ったらフードプロセッサーがおすすめ

もし「どちらを購入しようか?」と迷った場合はフードプロセッサーを検討してみましょう。舌触りが粗くなってしまいますが、通常のフードプロセッサーであってもジュースやスープを作ることは可能なので十分にミキサーの代用になります。どちらか1つを取り入れておけば場所も取らないので便利ですよね。購入前にぜひ検討しながら選んでみてください。

ジューサーとの機能の違いはある?

ジューサーは遠心分離で液体と繊維を分けるのが違い

ミキサーと同じようにジュースを作ることに特化したジューサーというアイテムがありますが、これは具体的にミキサーとどう違うのでしょうか?ジューサーとミキサーの最大の違いは、ジューサーや液体と繊維質を分離させるということです。ミキサーは繊維質も全て攪拌しますが、ジューサーは液体と繊維質を分離させることでよりなめらかな口当たりにするのが特徴。

低速ジューサーなら栄養を逃さずにジュースが作れる

もし、素材の栄養を逃さずにジュースを作りたいという場合は低速ジューサーがおすすめ。低速ジューサーは食材を圧縮しながら液体を絞り出すので空気に触れることがほとんどなく、失われがちな栄養をしっかりとキープできるとされています。野菜や果物にはビタミンやミネラルなどいろいろな栄養が含まれているので、ぜひ活用しておきたいですね。

ミキサーとブレンダーとの違いは?

ミキサーとブレンダーは違いはなく同じもの

続いて、ミキサーとブレンダーの違いについてもチェックしていきましょう。料理をするとき、ブレンダーという言葉をよく聞くかもしれませんが、実はミキサーとブレンダーには違いはなく同じものだと考えて大丈夫なことをご存知ですか。ミキサーは日本独自の呼び方であるのに対して、ブレンダーは世界共通の呼び方であるという違いのみなので同じものとして考えてOKです。

レシピでブレンダーと出ている場合は間違えないように

もし、レシピにブレンダーと出ていたとしてもミキサーのことと同じなので「ブレンダーがないから作れないかなあ」と思わずにミキサーを活用していきましょう。呼び方の違いのみなので、混乱してしまうこともあるかもしれませんが混同せずに同じものと考えてみてくださいね。このように似たような調理器具はたくさんあるので間違えないようにしましょう。

ハンドブレンダーのセットもおすすめ

セットならミキサーやフードプロセッサーの代用をしやすい

「手軽にフードプロセッサーやミキサーの機能を持ったアイテムが欲しい!」という場合に役立つのがハンドブレンダーのセット。みじん切りやスライス、攪拌など刃を変えることによっていろいろな使い方をすることができるハンドブレンダーはミキサーとフードプロセッサーの代用になる便利なアイテムです。こういった便利アイテムのチェックしておきたいですね。

場所を取らないのもミキサーやフードプロセッサーとの違い

ハンドブレンダーはコンパクトに収納できるのも嬉しいポイント。ミキサーやフードプロセッサーだと場所を取ってしまいがちですが、ハンドブレンダーなら比較的場所をとらずに収納することが可能です。「ミキサーやフードプロセッサーが欲しいけれども置く場所がないし、持ち運ぶのも重い……」という場合はハンドブレンダーも検討してみてはいかがですか。

ミキサーのお手入れ方法を知りたい

使用してからすぐに水と洗剤を入れて攪拌

ミキサーはフードプロセッサーは使い終わった後にしっかりお手入れをすることで清潔に使うことができます。ミキサーをお手入れしたい場合は、使ったらなるべくすぐに洗うのがおすすめ。ミキサーの中に水を入れたら中性洗剤を加え、攪拌していきましょう。攪拌することによって洗剤が全体に回り、汚れも落とすことができるのでとても便利です。

しっかりお手入れする場合は部品を解体して

もし、食材がこびりついてしまったり、汚れが目立ってしまっている場合は各部位を解体して洗いましょう。細かなところまでしっかりと洗うことによって綺麗な状態を保つことができます。なるべくお手入れの手間を減らしたい場合は、使ったらすぐに洗うのがおすすめ。そうすることで汚れのこびりつきを防ぎ、綺麗な状態にすることができます。

Thumb離乳食にブレンダーやミキサーは必要?あると便利な人気商品は?

フードプロセッサーのお手入れ方法に違いはある?

専用のブラシと洗剤を使って洗う

フードプロセッサーを使った後は、解体をして同じように洗剤で洗っていきましょう。フードプロセッサーには専用のブラシが付いている場合が多いので、刃の部分はそれを使って洗うと便利です。ミキサーと同じように使ったらすぐ洗うようにするのがおすすめ。こびりつかないように気をつけてお手入れしてくださいね。

肉や魚を使った後はしっかりお手入れ

肉や魚の下ごしらえに使った後は、特にお手入れに気をつけておきましょう。食材が残っていると細菌が繁殖する原因になってしまうので細かなところまでしっかりと洗剤で洗っていくことが大切になります。洗い終わったら水気をとっておくことも重要なポイント。お手入れを行って、長く愛用してくださいね。

ミキサーを活用したおすすめジュース

牛乳と練乳でつくるイチゴジュース

ミキサーを手に入れたら、いろいろなジュースを作ってみたいですよね。甘くておいしいジュースを作りたいときにおすすめなのがイチゴジュース。イチゴと牛乳、練乳をミキサーで攪拌することによって甘酸っぱいイチゴジュースを作ることができます。大人から子供まで大好きな味わいなので、おやつなどの時間に作ってみてはいかがですか。

旨味たっぷりなトマトジュース

旨味たっぷりで栄養も満点なトマトジュースもおすすめ。まずはトマトを炒めて水分を出していきましょう。塩を加えて調味し、20分ほど煮込んでいきます。しっかりと煮込まれたら粗熱をとってミキサーで攪拌して完成。濃厚な旨味を感じられます。

ミキサーを使えばスープも簡単に

玉ねぎとコーンクリーム、牛乳で作るコーンスープ

ミキサーを使えばコーンスープも簡単に作れます。みじん切りにした玉ねぎを電子レンジで加熱したら、コーンクリームと牛乳と一緒にミキサーで攪拌しましょう。なめらかになったらお鍋に入れて温めて完成です。

旨味を楽しめるオニオンスープ

オニオンスープもおすすめのレシピ。玉ねぎを軽く刻んだら、ミキサーで攪拌して液状にします。もう1個の玉ねぎはスライスしておきましょう。液状にした玉ねぎとスライスした玉ねぎをじっくりと炒めていきます。飴色になったら水を加えて煮込み、コンソメや塩胡椒で味付けをして完成。

フードプロセッサーで簡単に作れる料理

つくね料理も下ごしらえが簡単に

フードプロセッサーを使えば、つくねやハンバーグなどの料理も簡単に作れます。通常は手でこねると時間がかかってしまうところも、フードプロセッサーを活用することで大幅な時短に繋げられるのが嬉しいポイント。ぜひ気軽にフードプロセッサーを活用してみてはいかがですか。

お菓子の生地作りもフードプロセッサーなら簡単

フードプロセッサーを使えば、お菓子作りも簡単。材料を入れて攪拌するだけで、簡単にクッキーやパンケーキ、ワッフルなどの生地を作ることができます。混ぜたり、こねたりといった手間を減らせるのが嬉しいポイント。ぜひ本格的なお菓子作りにチャレンジしてみてくださいね。

Thumbフードプロセッサーのレシピ特集!おかず・お菓子など簡単おいしい時短料理

フードプロセッサーとミキサーの機能の違いを知っておこう!

フードプロセッサーとミキサーには根本的な機能の違いがあるので使う前に知っておくことが大切になります。もし、どちらか1つで代用したい、という場合はフードプロセッサーにしてみるのがおすすめ。フードプロセッサーやミキサーを使うことによっていろいろな料理の幅を広げることができるので、ぜひ便利な調理器具を活用してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-08 時点

新着一覧