マット肌メイクの作り方!おすすめファンデーションでテカリ&毛穴をカバー

マット肌になるメイクの作り方やおすすめファンデーションをまとめました。テカリや毛穴をカバーできるマット肌の作り方はメイク方法を知り、おすすめファンデーションを活用することで取り入れられます。マット肌メイクの作り方をチェックしていきましょう!

目次

  1. マット肌メイクの作り方やおすすめファンデーションを知りたい!
  2. マット肌メイクとはどんなもの?
  3. マット肌メイクの作り方の前に毛穴汚れを取ろう!
  4. マット肌メイクを崩さないようにスキンケアもしっかり
  5. マット肌の作り方には下地が欠かせない
  6. カラーコントロールを使った下地でマット肌の作り方
  7. マット肌メイクの作り方に欠かせないおすすめファンデーションは?
  8. マット肌を作るなら筆を使ってファンデーションを塗るのがおすすめ
  9. おすすめのリキッドファンデーション
  10. クッションファンデーションもマット肌の作り方におすすめ
  11. マット肌におすすめのクッションファンデーション
  12. マット肌の作り方の仕上げに欠かせないパウダー
  13. マット肌におすすめのリップの作り方は?
  14. マット肌にぴったりなアイメイクは?
  15. 憧れのマット肌を手に入れよう!

マット肌メイクの作り方やおすすめファンデーションを知りたい!

メイクの流行でもあるマット肌

「なめらかで毛穴のない肌を目指したい!」「トレンドメイクってどんなもの?」といった場合にチェックしておきたいのがマット肌メイク。マット肌メイクを取り入れることによってトレンドをおさえたきれいな肌を手に入れることができるので、ぜひメイク方法の1つとしてチェックしておきたいですよね。自分にぴったりのマット肌を楽しみませんか?

マット肌メイクに仕上げるためにはいくつかのポイントをチェックしておくことも大切になります。ベースからしっかりと作っていくことできれいなマット肌に仕上げることができるので、メイクにチャレンジしたい場合はぜひ基本からおさえていきたいですね。毛穴レスなきれいなマット肌を目指して、メイク方法を学んでみてはいかがですか?

マット肌の作り方をチェックしよう

「マット肌メイクの方法を知りたい!」「どうやったらきれいなマット肌を作れる?」といった場合に役立つマット肌の作り方についてまとめました。基本的なポイントをおさえておけば、日常的にマット肌メイクを楽しむことができるようになります。おすすめのファンデーションなどもチェックしながら、トレンドのマット肌に仕上げていきましょう。

Thumb夏のファンデーションでおすすめは?!汗をかいても崩れないメイク法も伝授

マット肌メイクとはどんなもの?

毛穴やテカリを隠し、陶器のようなマット肌にするメイクのこと

トレンドとなっているマット肌とは、そもそもどんなものなのでしょうか?マット肌とは、毛穴をカバーし、テカリをおさえた肌質を作るメイク方法のことです。ナチュラルメイクよりもしっかりとした印象があり、まるで陶器のようなつるっとした質感を作るのがマット肌メイクのポイント。近くで見てもなめらかな毛穴レス肌を目指すことができます。

しっかりとしたマット肌メイクで大人の女性を演出

マット肌メイクは大人の女性を演出したい時にぴったりのメイク方法。「今日はフォーマルなシーンだからしっかりメイクでいきたい!」「大人っぽく見せたい」という場合にマット肌メイクがぴったりです。ベースメイクをきちんと行うことによって大人の女性らしさを印象付けることができるので、シチュエーションに合わせたマット肌作りを楽しみたいですね。

マット肌メイクの作り方の前に毛穴汚れを取ろう!

毛穴が開いた状態だとマット肌を作りにくい

マット肌メイクで最も重要になるのが毛穴。いくらメイク方法を工夫したとしても、毛穴が開いて汚れが詰まった状態だとなかなか肌を陶器のようにみせることはできません。毛穴レスなマット肌を作りやすいように日々の生活習慣の中で毛穴の汚れをとっておくことも大切になります。

毛穴の汚れが詰まった状態でファンデーションを厚塗りすると、さらに毛穴が開いて汚れがたまる原因になると言われているので気をつけましょう。せっかくマット肌に仕上げたとしても、肌の状態が良くなければ化粧崩れの原因にもなってしまいますよね。まずは基本的なところからケアをしていくことが重要です。

正しい洗顔を心がけてつるっとした肌を作るのが大切

毛穴の汚れは正しい洗顔方法を意識するだけでもだいぶ改善することができます。たっぷりの洗顔料を泡立てて、肌をこすらないように優しくマッサージするように洗顔していきましょう。毛穴がつまりやすい鼻の周辺は指の腹をくるくる回すように優しく洗うと効果的です。あとはぬるま湯で洗い流し、タオルで水分をとったら洗顔の完了。ぜひ心がけておきたいですね。

マット肌メイクを崩さないようにスキンケアもしっかり

保湿を行うことで毛穴開きやテカリをおさえられる

続いて大切になってくるのがマット肌メイクをする前のスキンケア。洗顔を行ったら、なるべく早めにスキンケアをすることによって乾燥を防ぐことができます。肌の乾燥は余計な皮膚の分泌を促進し、テカリを出してしまうので気をつけておきましょう。また、毛穴開きの原因にもなるのでしっかりと保湿を行ってからメイクをすることが重要なポイントです。

崩れ知らずのマット肌のためにメイク前のスキンケアを欠かさずに

メイク前は必ず保湿をしておくことが大切。朝の忙しい時間帯はなかなか時間が取れなくてスキンケアがおざなりになってしまうかもしれないですが、朝だからこそスキンケアは重点的にやっておく必要があります。

朝起きてから洗顔をし、スキンケアをしてから身支度を始めればメイクをすることにはスキンケア用品が浸透しているのではないでしょうか。時間を工夫しながらスキンケアをしていってくださいね。化粧水をしっかりとなじませ、乳液や美容液などで潤いを閉じ込めながらスキンケアをしていきましょう。

Thumb透明感のある肌とは?スキンケア方法と役立つファンデーションまとめ

マット肌の作り方には下地が欠かせない

なめらかなマット肌を作るために下地は欠かせない

なめらかなマット肌を作るのに欠かすことができないのが下地。忙しい時は、ついつい下地を抜かしたファンデーションから塗ってしまうかもしれませんが、下地を抜かすと化粧崩れの原因になってしまうことがあります。下地で毛穴をカバーし、肌全体のトーンを調整することによってなめらかなマット肌を作りやすくなるので意識して使ってみましょう。

下地を塗るのにはそれほど時間がかからないので、忙しい時でもワンステップ加えるだけで簡単に下地を完了させることができます。下地で肌のデコボコをカバーすることによってファンデーションの効果をさらに高めることができるので、ぜひ気をつけていきましょう。

下地でカバーすることで肌の保護にもつながる

下地はファンデーションのノリを良くするだけでなく、肌を保護する役割も果たしてくれます。肌はホコリなどの外部の刺激にさらされてしまい、それが原因で肌荒れを起こす場合も。そういった場合も、下地でカバーをしておけば肌を外部の刺激から守ることができるようになります。マット肌を作るだけでなく、肌をきれいに保つためにも下地を活用してみてくださいね。

カラーコントロールを使った下地でマット肌の作り方

赤みがきになる場合はグリーン、透明感のあるマット肌ならブルー

下地を使う時に活用しておきたいのがコントロールカラー。下地でコントロールカラーを使うことによって、肌の気になる部分を効果的にカバーすることができるようになります。コントロールカラーにはグリーンやブルー、イエローといったカラーが揃っているので、自分の肌色に合わせて選んでみてくださいね。

まず、肌の赤みが気になるという方におすすめなのがグリーンのコントロールカラー。赤みをおさえてきれいな肌色を作れます。また、透明感のあるマット肌を作りたい場合はブルーのコントロールカラーがおすすめ。陶器のような肌を目指せます。

くすみならイエロー系

肌のくすみが気になるな……という場合におすすめしたいのがイエロー系のコントロールカラー。イエローのコントロールカラーを使うことによって、くすみをカバーしてパッと明るい肌を作りやすくなります。このようにコントロールカラーにはそれぞれの役割があるので自分の肌質に合わせてぴったりの下地を選んでみてはいかがですか。きれいなマット肌に仕上がるはずです。

マット肌メイクの作り方に欠かせないおすすめファンデーションは?

リキッドファンデーションがおすすめ

下地で肌をカバーしたら、次はファンデーションを塗っていきましょう。マット肌を作るのにおすすめしたいのがリキッドファンデーション。リキッドファンデーションを使うことでしっかりと肌をカバーし、毛穴レス&テカリのないマット肌を作るのがポイントになります。リキッドファンデーションを使ってマット肌作りをしていきましょう。

保湿機能付きのリキッドファンデーションだとさらに良い

リキッドファンデーションと一口に言ってもさまざまな種類がありますが、マット肌をきれいに仕上げたい場合におすすめなのが保湿成分や美容成分を含んだリキッドファンデーション。保湿成分を含んでいることによって肌をケアしながらマットな肌をキープしやすくなります。メイクをしながらもスキンケアに役立てられるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

Thumb美容液ファンデーションで綺麗に潤う!美容液の成分とおすすめ商品のまとめ!

マット肌を作るなら筆を使ってファンデーションを塗るのがおすすめ

ムラなくファンデーションを広げられる

リキッドファンデーションを塗る時、ついついスポンジやパフを使って塗ることが多いですがマット肌を作る時におすすめなのが化粧筆。化粧筆を使うことによって全体にムラなくリキッドファンデーションを塗り広げることができるので、効率的にマット肌を作りやすくなります。厚塗りにならず、毛穴レスなマット肌を作りたい場合にぜひ活用してみてくださいね。

中央から外側に向かってのばす

リキッドファンデーションの塗り方はとても簡単です。Tゾーンや頰の上などにリキッドファンデーションを適量のせたら、化粧筆を使って外側に向かってのばしていきましょう。こうすることで全体にムラなくリキッドファンデーションを塗り広げることができるようになります。動画ではプロの技も紹介しているので、ファンデーションを使う時に参考にしてはいかがですか。

おすすめのリキッドファンデーション

NARSのベルベットマットスキンティント

それでは、マット肌を作るのにおすすめしたいリキッドファンデーションをチェックしていきましょう。まずおすすめしたいのがNARSのベルベットマットスキンティント。ベストコスメにも選ばれたことのある優秀なリキッドファンデーションです。ティントタイプなので化粧崩れしにくく、マシュマロのような質感なのが魅力。しっかりとしたカバー力でマット肌を作れます。

ランコムのランミラクリキッド

ランコムのランミラクリキッドはなめらかなテクスチャーで伸びが良いのが魅力。乳液のように全体に塗り広げることができ、しっかりとカバーをしているのに厚塗りに見えないのが嬉しいポイントです。毛穴をカバーし、テカリも防いで理想的なマット肌へと導いてくれると評判。マット肌メイクにチャレンジしたい時に活用してみてはいかがですか。

Thumbプチプラリキッドファンデーションの人気はどれ?カバー力抜群・口コミも

クッションファンデーションもマット肌の作り方におすすめ

リキッドファンデーションがしみこんだクッションファンデーション

マット肌作りにおすすめしたいファンデーションのタイプは他にもあります。クッションファンデーションは、クッションの中にリキッドファンデーションがしみこんだ便利なメイクアイテム。韓国発のメイクアイテムとして人気を博し、トレンドのメイクをしっかり楽しめると評判を集めています。クッションファンデーションも活用してマット肌を作ってはいかがですか。

簡単にマット肌メイクを楽しみたいときに

簡単にマット肌を作りたい時に大活躍するのがクッションファンデーション。普通のリキッドファンデーションだと外出先に持って行きにくいですが、ファンデーションがしみ込んだタイプのクッションファンデーションであれば外出先でも簡単に使えるのでとても便利です。塗りやすく、メイク初心者にもぴったり。ぜひマット肌作りに取り入れておきたいですね。

マット肌におすすめのクッションファンデーション

メイベリンのBBフレッシュクッション

それでは、クッションファンデーションもおすすめの商品をチェックしていきましょう。プチプラで使いやすいと人気を集めているのがメイベリンのBBフレッシュクッション。BBクリームタイプなので、これで下地も兼ねてくれるのが嬉しいポイントです。マットパウダー入りで簡単にマット肌を作れるのも魅力。60%が化粧成分というのも嬉しいですね。

資生堂のシンクロスキングロークッションコンパクト

資生堂のシンクロスキングロークッションコンパクトも高い人気を集めるクッションファンデーション。光を拡散する成分を含み、透明感を与えてくれます。毛穴やテカリもおさえ、理想的なマット肌を作りやすいと評判。ヒアルロン酸をはじめとした保湿成分が含まれているのも人気を集めている理由です。なめらかな肌を作りたい時に良さそうですね。

マット肌の作り方の仕上げに欠かせないパウダー

ルースパウダーで仕上げることでナチュラルな雰囲気に

ファンデーションを塗り終わったら、仕上げにやっておきたいのがルースパウダー。ルースパウダーをのせることによって、マットに仕上がりながらもナチュラルな風合いに仕上げることができます。ファンデーションを塗ったままだと、いかにも化粧をしている、という雰囲気になってしまいますがパウダーをのせることでバランスをとることが大切。

パウダーで化粧崩れも防げる

ルースパウダーは化粧崩れを防ぐ役割を果たしてくれるのも魅力です。また、外出先でテカリが気になった時などにパウダーをさっとのせて化粧直しをできるのも嬉しいポイント。ルースパウダーでマット肌を仕上げていきましょう。

マット肌におすすめのリップの作り方は?

マット肌にはツヤ感リップがおすすめ

綺麗なマット肌に仕上げることができたら、他のメイクもこだわっていきたいですよね。全体の印象を決めるリップメイクの場合、マット肌ならツヤ感のある質感がおすすめです。ツヤ感のあるリップにすることによって、ほど良い抜け感ができてバランスのとれたメイクに仕上げられるのがポイント。デートなどにもぴったりです。

モード感を出したいならマットなリップで

クールなモード感を出したい場合は、リップもマットに仕上げてみてはいかがですか。マットなリップにすることによって、かっこいい女性を演出することができます。好みやシチュエーションに合わせてぴったりのリップメイクを楽しんでみてはいかがですか。

マット肌にぴったりなアイメイクは?

ブラウンやベージュをメインに

マットメイクは落ち着いた風合いのブラウンやベージュ系のアイカラーがおすすめ。なめらかなマット肌とよく合い、大人っぽい雰囲気を演出することもできます。ちょっと華やかにしたい場合はテラコッタカラーもおすすめ。

ラメ入りではなくマットな質感に

アイシャドウにはラメ入りのものもありますが、マット肌の場合はアイシャドウもマットな質感にするのがおすすめ。肌とのなじみが良く、全体的にバランスのとれたメイクに仕上がるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

憧れのマット肌を手に入れよう!

なめらかなマット肌は、下地やファンデーションにこだわっていくことできれいに仕上げることができます。また、洗顔やスキンケアといった基本のお手入れも重要。トレンドのマット肌メイクをぜひ楽しんでみてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ