ダウンジャケットのクリーニング料金の相場は?家で失敗せずに洗うには?

洗濯屋さんでのダウンジャケットのクリーニング料金は高いと思っていませんか?確かに相場を調べるとダウンジャケットのクリーニング料金は少々高いです。家では失敗する事もあるので、出来ればプロに頼みたいところ。今回は洗濯屋さんの相場や家での洗濯のコツ等を紹介します。

ダウンジャケットのクリーニング料金の相場は?家で失敗せずに洗うには?

目次

  1. 最初にダウンの基礎知識を
  2. ダウンジャケットは元々クリーニングしない前提で作られていた?
  3. ダウンジャケットをクリーニングに出す前に見るべきところ
  4. クリーニング屋さんのダウンジャケットの相場は?
  5. クリーニングに出す時の注意点
  6. 自宅でダウンジャケットをクリーニングしてみよう!
  7. 自宅で洗濯前に行う事とは?
  8. 洗濯前の下準備が必要な訳とは?
  9. ダウンジャケットのクリーニングは洗濯用ネットを使うと完璧
  10. 自宅でのクリーニングで家計にも優しく!

最初にダウンの基礎知識を

ユニクロのダウンジャケットなどで有名なダウン製品。ですがダウンについて知らない方も多いのではないでしょうか?ダウンジャケットの素材であるダウンとは、水鳥の胸の部分に生えてる毛をダウンと言います。これはニワトリなどの陸鳥にはありません。水鳥独自の胸の羽毛です。他の羽毛と比べて、保温性だけで見るとダウンは最も暖かい羽毛であることが知られています。

一匹の水鳥から採れるダウンは非常に少なく貴重です。なのでダウンの相場は少し高めです。販売しているダウンジャケットなどのダウン製品の料金は、ダウンの含有量が多ければ多い程、高くなってくると一般的には知られています。夏に採取されたダウンより寒い季節である冬に採取したダウンの方がより高性能という特徴もあります。寒さに強い羽毛と言うのが窺えます。

ダウンジャケットは元々クリーニングしない前提で作られていた?

現在は家庭にある家庭用洗濯機で洗えるようなダウン製品も多く販売されるようになってきました。ですがダウンジャケットは元々は洗わないで着通すことを前提として作られていました。なので、出来るだけ汚れないように細心の注意を払ってダウンジャケットを着なければなりませんでした。やはり理由はダウンと言う素材は、洗濯が難しく失敗しやすいと考えられていたからです。

汚れないように細心の注意を払って着ていても、汚れる時は汚れるものです。汚れた場合は新たに買いなおした方が早いと考えられていたそうです。最近では高級なダウン製品も増えてきたこともあり、そんな勿体ない事は出来ません。現在は家庭用洗濯機も進化してきた為、自宅でもお手軽にダウンジャケットのクリーニングが失敗も少なく出来るようになりました。

ダウンジャケットをクリーニングに出す前に見るべきところ

ダウンジャケットなどのダウン製品をクリーニング屋さんで洗濯を頼む時は気にしなくてもいいのですが、自宅で洗いたい場合はケアラベルを確認するようにしてください。そのケアラベルを見て水洗いが出来るかどうかを必ず確かめる必要があります。水洗いに✕が付いている場合は、家庭での洗濯が出来ません。その理由は、家庭用の洗濯機は水洗いしかできないからだと言われてます。

水洗い不可のマークがあっても自宅で問題なく洗えたという意見もたまにあります。ですが失敗することも多く、仕上がりが元通りに出来る保証もない為、水洗い不可マークが付いているのです。そういう理由もあり、水洗い不可マークが付いているダウンジャケットなどのダウン製品は、信頼できるクリーニング屋さんで洗濯をして貰った方が、失敗もなく安心が出来ます。

クリーニング屋さんのダウンジャケットの相場は?

クリーニング屋に頼むと料金が高いと思われがちなダウンジャケットなどのダウン製品ですが、確かに料金の相場は高めだという事が分かりました。その料金の相場はおよそ2500円前後が相場らしいです。あくまで平均値なので、これより安いところや高いクリーニング屋さんも存在しています。またダウン製品でも、ダウンジャケットやダウンコートでも料金の相場は違ってきます。

ダウンジャケットの料金の相場はおよそ2500円前後ですが、ダウンコートの場合は衣服の面積が広い為か、ダウンジャケットのクリーニングより高めな料金相場になっている場合が多いです。料金の相場はおよそ2800円前後です。ダウンベストの場合は袖がない事もあり、他のダウン製品より安めな料金相場になっている場合が多いです。およそ1800円前後と言われています。

クリーニングに出す時の注意点

ダウンジャケットのクリーニング料金は追加料金に気を付ける

ダウンジャケットをクリーニング屋さんに洗濯に出す際は、追加料金がかかるクリーニング屋さんもある為、注意が必要です。一般的なダウンジャケットはデザインがシンプルで、装飾品がない場合が多いので、普通は取られません。でも、ファーなどが付いている場合は注意が必要です。ファーはフードについていることが多い装飾品です。他にはライナーでも発生する場合があります。

ダウンコートとダウンジャケットの違いを理解してクリーニングを利用する

ダウンジャケットよりダウンコートの方が、一般的にはクリーニング料金の相場は高くなります。クリーニング屋さんがダウンジャケットかダウンコートかを分けている目安としては、着丈より袖が長い物がダウンジャケット、逆に着丈より袖が短い物をダウンコートと分類している場合があります。少数ですが着丈より袖が短いダウンジャケットもあります。それはコートに分類されます。

自宅でダウンジャケットをクリーニングしてみよう!

ダウンジャケットなどのダウン製品を自宅で洗濯する方法などを調べました。一般的なクリーニング屋さんでの洗濯は、ダウン製品は割高なので、節約志向の方には是非、自宅での洗濯にチャレンジしていただきたいと思います。ダウンジャケットなどの自宅での洗濯は、失敗も多いし難しいと思ってる人も多いと思います。ですが注意点などに気を付ければそれほど難しくはありません。

大前提として、水洗い不可のマークが付いているダウンジャケットは、自宅での洗濯はおすすめしません。こちらは素直にクリーニング屋さんに洗濯を頼んでください。あと、高級なダウンジャケットなどのダウン製品も、失敗するリスクが多い為、クリーニング屋さんでの洗濯が無難です。洗濯する前にダウンジャケットなどに付いている、フードなどは取り外せる場合は取ってください。

自宅で洗濯前に行う事とは?

ダウンジャケットをクリーニングする前に目立つ汚れは事前に落とす

洗濯機に入れる前に、特に目立つ汚れなどは洗うようにしましょう。目には見えなくても、ダウンジャケットの襟元や袖口は汗などの油汚れが付いている場合が多いです。これまで一度もダウンジャケットを洗ってない人は、秋冬だけしか着ない場合でも、かなりの汚れがあるはずなので注意が必要です。自宅でクリーニングは、細かい所が洗濯されない場合もある為、必ず洗いましょう。

洗濯機に入れる前の下準備として、家庭に必ずある台所用洗剤で、ダウンジャケットの襟元や袖口を洗うようにしてください。ダウンジャケットに台所用洗剤?と思われるかもしれませんが、油汚れを効率的に落としてくれる洗剤として、台所用洗剤は非常に優秀です。またその際は、革靴などを磨く場合に使用する、靴用ブラシで洗う事をおすすめします。柔らかさが丁度いいです。

洗濯前の下準備が必要な訳とは?

ダウンジャケットなどのダウン製品は、非常に軽くて暖かいのが特徴のダウン羽毛を使っています。その理由から自宅でクリーニングしているときは、ダウンジャケットなどのダウン製品は水の上にプカプカと浮いてきて汚れが落ちにくいのです。こういった理由も自宅でのダウンジャケットなどのダウン製品は自宅でのクリーニングが難しい理由の一つになっています。

ダウンジャケットなどのダウン製品は、クリーニング中に水に浮く特性があって汚れが落ちにくい為、最初に事前に目立つ汚れや襟元、袖口をクリーニングする事が非常に重要になってくるのです。そういう意味でもダウンジャケットなどのダウン製品のクリーニング前には、台所用洗剤を使って襟元、袖口、それ以外の目立つ汚れなどは必ず洗うようにしてください。

ダウンジャケットのクリーニングは洗濯用ネットを使うと完璧

ダウンジャケットのクリーニング時に限らず、洋服の洗濯時にはファスナーやボタンを閉めるといった準備が必要です。ダウンジャケットのクリーニングでも同様で、チャックを閉めて、ボタンがあった場合はかけてクリーニングにかけてください。ダウンジャケットにフードなどの装飾品が付いていて、取り外しが可能な場合は事前に取り除くようにすることも大事な前準備です。

また、ダウンジャケットのクリーニング時は洗濯ネットをするのをおすすめします。その際は洗濯ネットの大きさが重要になってきます。小さいタイプの洗濯ネットだと汚れが落ちにくい事があります。なので、大きめの洗濯ネットを使いってスペースに余裕がある方が、クリーニングで汚れが落ちやすくなるのでおすすめできます。

自宅でのクリーニングで家計にも優しく!

自宅でのダウンジャケットなどのダウン製品はクリーニングが難しいと思われていた方達でも、ポイントを抑えると意外と簡単だという事がわかりましたか?クリーニング屋さんでのクリーニングは、ダウン製品の場合は高額になりがちなので、出来れば自宅でのクリーニングで済ましたいものです。ですがやはり自宅でのクリーニングは設備も少ない事から失敗のリスクもあります。

高価なダウンジャケットなどのダウン製品は、素直にクリーニング屋さんにクリーニングを頼んだ方が確実です。また、水洗不可のダウンジャケットなどのダウン製品もクリーニング屋さんに頼むようにしましょう。クリーニング屋さんにクリーニングを頼む際は、クリーニング屋さんによっても料金が変ってきますので、事前に下調べが重要になります。気を付けて素敵なダウン生活を!

ダウン製品の洗濯について更に詳しく知りたい方はこちら

Thumbダウンジャケットの洗濯方法・洗い方まとめ!自宅でも簡単にできる?
Thumbダウンのクリーニング価格の相場まとめ!安くておすすめなのはどこ?
Thumbウルトラライトダウンの洗濯方法まとめ!自宅での洗い方や洗剤など解説

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-21 時点

新着一覧