納豆の賞味期限切れはいつまで大丈夫?食べられる目安はどのくらい?

温かいごはんのお供として大人気の納豆。ですが意外と賞味期限が切れるのが早くて、いつの間にか賞味期限切れだったという事態も結構経験した人も多いはずです。今回はそんな納豆の賞味期限についてと、賞味期限切れの納豆はいつまで大丈夫なのかを調べてまとめました。

納豆の賞味期限切れはいつまで大丈夫?食べられる目安はどのくらい?

目次

  1. 温かいごはんのお供の納豆
  2. 大前提の賞味期限と消費期限の違いについて
  3. 納豆の賞味期限切れは大丈夫なの?
  4. 納豆の賞味期限切れはいつまで大丈夫なのか?
  5. メーカーの納豆の賞味期限切れについての見解は?
  6. 納豆の見た目で食べれないと判断できる?
  7. 買いすぎた場合は冷凍庫で冷凍保存がおすすめ
  8. 保存状態などにより半月くらいの賞味期限切れなら大丈夫?
  9. 納豆に最適な保存の温度は?
  10. 賞味期限切れに気を付けて美味しい納豆ライフを!

温かいごはんのお供の納豆

温かいごはんの上にのせて食べる納豆は子供からお年寄りまで、幅広い年代層で大人気のごはんのお供として定番になっています。納豆はカルシウムやビタミンなど、人間にとって大事な栄養成分が豊富に含まれている健康食品でもあります。なんと健康的な体や髪の毛や、皮膚などを作ってくれる食品として非常に現在は注目されています。納豆は目の疲労にも効果があるそうです。

様々な栄養素が含まれていて、健康にもいいごはんのお供の納豆。ラーメンなどに入れてもいいし、炒飯に入れてもいい、納豆汁なんて食べ物もある程、様々なアレンジが出来るのも人気の秘密です。納豆は元々は大豆を納豆菌で発酵させた発酵食品です。発酵させているから賞味期限切れとかいつまでも大丈夫じゃない?と思うかも知れませんが、発酵食品でも賞味期限切れはあります。

納豆の賞味期限切れが起きやすい理由

納豆は近所のスーパーなどでも、セールの常連として非常にリーズナブルな値段で購入することができます。安い時に一気に大量に購入する人も多いはずです。そのせいか納豆の賞味期限切れは頻繁に起きやすいそうです。納豆は元々発酵食品なので、賞味期限切れも少しくらいなら大丈夫かな?と思うかもしれませんが、やはり賞味期限切れはいつまでも不安なのには変わりありません。

大前提の賞味期限と消費期限の違いについて

皆さんは消費期限と賞味期限の違いはご存知ですか?似たような言葉ですが意味は全く違ってきますので、意味を理解するのも大事なことです。冷凍保存することでいつまでも長持ちさせる方法もあります。

消費期限と賞味期限のどちらにも言えることですが、期限を守った方が美味しく安心して食べれるという事には違いがありません。今回はそんな賞味期限と消費期限の違いを調べました。これからの生活での参考にしてください。

納豆の賞味期限切れの予備知識:賞味期限とは?

賞味期限とは、開封していない状態で保存状態も指定された保存をした場合、美味しく食べられる期限を示しているのが賞味期限です。賞味期限の期限が過ぎていても食べれないわけではありません。

あくまでも賞味期限は、美味しく食べることができる期限を製造メーカー側が設けているのが賞味期限と呼ばれています。

納豆の賞味期限切れの予備知識:消費期限とは?

消費期限とは、開封していない状況で、保存状態も指定された保存をした場合に、食べても安全な期限として記載しているのが消費期限になります。消費期限の期限を過ぎた商品は食べない方がいいと言われています。

一般的には、商品の劣化が激しくて、保存がしにくいおにぎりやパンなどは消費期限、商品の劣化が少し遅めで、比較的長持ちする商品には賞味期限として記載されています。納豆の場合はある程度の保存が効くため、主に賞味期限の記載になっています。

納豆の賞味期限切れは大丈夫なの?

賞味期限は美味しく食べれる期限と言うのはわかりましたか?それなら納豆は少し位なら賞味期限切れても大丈夫?という疑問があるかと思います。確かに賞味期限内の納豆よりは多少は美味しくないかもしれませんが、体への害自体は少しくらいの賞味期限切れだとそこまで気にしなくてもいいそうです。

ですが、出来れば納豆の賞味期限は守ることをおすすめします。賞味期限を過ぎた納豆は、風味が落ちたり舌触りが悪くなったりすることがあります。これは納豆に含まれている納豆菌によって発酵が進んでしまうからと言われています。どうせ購入した納豆なので、出来ればいつまでも美味しく食べたいのが本音だと思います。なので、出来るだけ賞味期限を守るようにしてください。

納豆の賞味期限切れはいつまで大丈夫なのか?

納豆の賞味期限が少しでも過ぎたらすぐ捨ててしまう人も多いのではないでしょうか?確かに賞味期限切れは健康の面でも栄養の面でも少し神経質になるかと思います。各種SNSを調べてみても、納豆の場合は2~3週間過ぎても大丈夫という声が意外と多いです。発酵食品なので、多少の賞味期限切れは大丈夫だとは思うのですが、いつまで大丈夫なのかを調べてみました。

TwitterなどのSNSを見ると1週間から1か月位の賞味期限切れの納豆を食べた書き込みは複数あります。ですが健康被害は特になく大丈夫だという人もいれば、2日だけ賞味期限切れの納豆を食べてお腹を壊した人もいるし様々な意見がありました。確かに偶然健康被害がなかった可能性もあるし、他の要因でお腹を壊した可能性も考えられるので納豆が悪いとも言えないのが現状です。

メーカーの納豆の賞味期限切れについての見解は?

賞味期限切れの納豆について納豆メーカーの回答を調べました。納豆は日にちが経つと再発酵を始めて、アンモニア臭が発生するそうです。納豆からこのアンモニア臭がしたら美味しく食べられない可能性があるので、食べるのを辞めた方がいいそうです。この状態でも特に体への健康被害はないそうです。勿論カビが発生したりしていた場合は、食べるのを必ず控えてください。

全国納豆協同組合連合会というところからも納豆の賞味期限切れについての回答がありました。納豆の賞味期限が2か月過ぎていた納豆を食べても、健康被害は特になかったそうです。ただし、これについては納豆を冷蔵保存していた場合の目安です。常温の状態で保存すると3週間ほどでカビが発生して食べられなくなるそうなので、必ず冷蔵庫で冷蔵保存するようにしましょう。

納豆の見た目で食べれないと判断できる?

納豆の賞味期限切れを見分ける方法:糸が出ないで納豆が乾いている状態

納豆が賞味期限切れで、納豆が乾いていて光沢がなく、箸でかき混ぜても糸が引かない場合は大丈夫と言う保証がないので絶対に食べないようにしてください。

納豆の賞味期限切れを見分ける方法:アンモニア臭がする

納豆が賞味期限切れで、納豆からアンモニアのような強烈な匂いがした場合は、大丈夫と言う保証がないので絶対に食べないようにしてください。納豆は元々匂いが強烈ですが、いつもより匂いがきついと感じた場合は要注意です。

納豆の賞味期限切れを見分ける方法:カビが発生している

一番納豆の賞味期限切れが分かりやすいのがカビの発生です。このようにカビが発生した場合は、納豆に限らず絶対に食べないようにしてください。

買いすぎた場合は冷凍庫で冷凍保存がおすすめ

納豆はスーパーの売り出しセールの定番で、非常に安い値段で買えるのが嬉しいです。ですが安いという事で、一気に大量の納豆を買いがちなのも納豆なのです。一気に買いすぎて、よくよく気づいたら賞味期限に間に合わない!と思ったときは、冷凍庫にて冷凍保存がおすすめです。冷凍によって、納豆菌の発酵が止まって、常温状態や冷蔵状態より長持ちするので試してみてください。

納豆を冷凍庫で冷凍保存する場合は、パックのまま冷凍保存すると、破裂などの可能性がある為、小さめのタッパーにて一つづつ保存するのがおすすめです。また、納豆を冷凍状態から溶かすためには、食べる前の日に冷凍庫から冷蔵庫に移した自然解凍をするようにしてください。間違えても電子レンジや常温での解凍は、品質が悪くなるそうなので必ず冷蔵庫に移してください。

保存状態などにより半月くらいの賞味期限切れなら大丈夫?

賞味期限切れ一か月の納豆でも大丈夫との声が

個人差や保存状態などの差がありますが、冷蔵保存した納豆の場合は、賞味期限切れが半月前でも、見た目の変化が特に感じられない場合は健康被害は特にないそうです。冷凍庫で納豆を冷凍保存した場合は一か月でも大丈夫なほど、長持ちするようになるとの事です。

賞味期限切れ4か月超えの納豆

こちらも個人差や保存状態でも変わってきますが、納豆の賞味期限が4か月も超えてしまっていても、食べても特に健康被害はなかったようです。流石にこれは納豆も変色していて黒くなっており、見た目だけで具合が悪そうになります。糸も引いておらず、風味も落ちてしまっているので、こうなったら食べない方が無難です。

納豆に最適な保存の温度は?

納豆自体は要冷蔵商品なので、冷蔵庫での保存が大事です。一般的な冷蔵庫の温度は10℃以下なので、その位の数値での保存が大事です。10℃以上での保存は、発酵がドンドン進み、カビやアンモニア臭などが発生する原因にもなります。

賞味期限切れに気を付けて美味しい納豆ライフを!

納豆は元々発酵食品なので、少しくらい賞味期限が切れたところで、健康被害はほとんどありません。賞味期限期間の前後数日くらいまでに食べれそうなら冷蔵保存、それ以上放置してしまいそうな場合は、納豆の冷凍保存がおすすめです。常温での保存はメーカー側でもおすすめしていませんので、出来れば控えるようにしてください。

賞味期限が過ぎて、食べれそうな目安も完全に見た目で判断するしかありません。少しでもいつもと違うなと言う疑問を持ったら口にしないで捨てるという行動も健康を考えたら大事な事です。賞味期限に気を付けて美味しい納豆生活を送ってください。

納豆について更に詳しく知りたい方はこちら

Thumb納豆は糖質制限ダイエット中でもOK?カロリーや栄養素はどのくらい?
Thumb納豆は夜に食べるのがおすすめ!その理由やダイエットに効果的なやり方とは?
Thumbそうめんと納豆を使ったアレンジレシピ!簡単でおいしいぶっかけ料理

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧