キムチ納豆はダイエットに良い!効果的な食べ方やレシピを徹底調査!

相乗効果を期待できるキムチ納豆の食べ方や効果を上げる方法についてまとめました。キムチ納豆は健康やダイエットなどで相乗効果を期待することができ、食べ方を工夫した方法でさらに効果をアップできます。キムチ納豆の相乗効果を上げる食べ方を取り入れてみましょう。

目次

  1. キムチ納豆の相乗効果をアップさせる方法を知りたい
  2. 乳酸菌を増やす相乗効果があるキムチ納豆
  3. キムチ納豆には血液をサラサラにする相乗効果もある
  4. キムチ納豆の相乗効果を上げるための健康的な食べ方
  5. 常温に戻したキムチ納豆の食べ方を取り入れる方法もおすすめ
  6. キムチ納豆を加熱する方法はNG?
  7. キムチ納豆は夜に摂取する方法が健康に良い?
  8. ダイエットにふさわしいキムチ納豆の食べ方は?
  9. キムチ納豆の効果をアップさせるちょい足し食材
  10. キムチ納豆を日々の食生活に役立ててみよう

キムチ納豆の相乗効果をアップさせる方法を知りたい

健康やダイエットに良いと言われているキムチ納豆

「健康的な生活を送りたい!」「効率的なダイエットができる食生活を心がけたい」という場合におすすめなのがキムチ納豆。キムチと納豆を組み合わせたキムチ納豆は、健康維持やダイエットにも良いとされているおすすめの組み合わせです。日々の食事にキムチ納豆を取り入れることによって、体に良い影響を与えられるとされているのが嬉しいポイント。

キムチ納豆であれば身近な食材を使ってすぐに作れるのも魅力です。どんなに健康やダイエットに良かったとしても高価だったり、作るのが大変なものだと長続きしないですよね。キムチ納豆はそういった利便性もしっかり兼ね備えているので日々の生活の中に取り入れやすくなっています。キムチ納豆を毎日の食生活に活用してみてはいかがですか?

食べ方を工夫した方法でキムチ納豆の相乗効果を引き出そう

「キムチ納豆を効果的に食べるにはどうすれば良い?」「キムチ納豆に含まれている相乗効果とはどういうもの?」という場合に役立つキムチ納豆の情報についてまとめました。キムチ納豆を取り入れることによって相乗効果をアップさせることができるのが魅力です。食べやすくて美味しいキムチ納豆を活用して健康的な生活を楽しんでみませんか?

Thumb納豆を食べ過ぎるとどうなる?太ったりもするの?正しい食べ方まとめ!

乳酸菌を増やす相乗効果があるキムチ納豆

納豆菌がキムチの乳酸菌を増やす

それでは、キムチ納豆の相乗効果についてチェックしていきましょう。キムチと納豆はそれぞれ別に食べても豊富な栄養を取り入れることができますが、キムチ納豆にすることによってさらなる相乗効果のアップを期待することができます。さらに効果的に栄養を取り入れたい場合にキムチ納豆を活用しておきたいですね。

キムチ納豆の相乗効果としてあげられるのが乳酸菌量のアップ。キムチには乳酸菌が豊富に含まれていますが、納豆菌と組み合わせることによって乳酸菌の量が増やせるとされています。もともと多い乳酸菌を含むキムチに納豆を組み合わせてさらに効果をアップできるのが嬉しいポイント。

便秘解消などにつながり、健康的な体作りに最適

乳酸菌は腸内の環境を整えることができる重要な栄養。腸内に乳酸菌が定着することでスムーズに老廃物を排出できるようになります。便秘気味になった場合は、乳酸菌が足りていないことが原因なのかもしれません。キムチ納豆を食べることで乳酸菌を取り入れて、便秘解消につなげてみてはいかがですか。

腸内環境が整うことによって便秘が解消されると、代謝アップにつなげることができるのが魅力。代謝がアップすると脂肪燃焼が促進され、効率的なダイエットにつながります。また、肌細胞のターンオーバーを促進しやすくなるのも嬉しいポイント。健康や美肌のためにも取り入れておきたいですね。

キムチ納豆には血液をサラサラにする相乗効果もある

動脈硬化などの原因となる血栓の予防になるキムチ納豆

キムチと納豆には血栓を防いで血液をサラサラにする効果も期待することができます。納豆とキムチそれぞれに血栓を防ぐ効果があるので、2つの食材を組み合わせることでさらなる血液サラサラ効果を期待できるのが特徴。血管に血栓がたまると血流が滞り、動脈硬化といった疾患が引き起こされてしまう原因になります。健康を維持するためにも血栓の予防は重要。

生活習慣が気になる人が健康を維持したい時に最適

脂っこいものを食べ過ぎたり、アルコールの摂取のしすぎなどによって悪玉コレステロールがたまり、血液がドロドロになる原因となってしまいます。「最近、生活習慣が乱れているな」という場合は、早めに生活習慣を正してキムチ納豆をはじめとした健康維持に役立つ食事を取り入れていくのがおすすめ。キムチ納豆をぜひ活用してみてはいかがですか。

キムチ納豆の相乗効果を上げるための健康的な食べ方

キムチ納豆を作ってから一晩寝かせる

このようにキムチ納豆にはさまざまな相乗効果を期待することができますが、その効果をさらにアップさせるためには食べ方を工夫しておくのもおすすめ。ちょっとした工夫を加えることによってキムチ納豆の栄養を引き出すことができるようになるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

まずは基本のキムチ納豆を作っていきましょう。キムチは食べやすい大きさにカットしたら納豆に加えてよく混ぜます。キムチに味がついているので、納豆のタレはなくてOK。しっかりとよく混ぜたら容器にラップをして冷蔵庫に入れます。そのままの状態で一晩寝かせるのがキムチ納豆の栄養を引き出すポイント。

寝かせることで健康に良い乳酸菌が増える

冷蔵庫で一晩寝かせることによって、納豆菌により乳酸菌量のアップをさらに促進させることができるようになります。もちろん、すぐにキムチ納豆を食べても良いのですが一晩寝かせることによってさらに乳酸菌の量を増やすことができるようになるのでぜひ時間を置いてみましょう。便秘気味でしっかりと解消していきたい時におすすめの食べ方です。

常温に戻したキムチ納豆の食べ方を取り入れる方法もおすすめ

キムチ納豆を常温に戻すことで発酵を促進する

一晩寝かせたキムチ納豆を食べる時には、もう一手間を加えていきましょう。キムチ納豆を食べる前に冷蔵庫から出して常温に置いていきます。キムチ納豆は常温に置くことによって納豆とキムチの両方の発酵を進めることができ、それぞれの栄養価のアップが期待できるのが魅力。キムチ納豆を食べる場合は冷たいままではなく常温に戻してみてくださいね。

キムチ納豆を常温に戻すことによって味がまろやかになるのも嬉しいポイント。キムチと納豆のなじみがよく、マイルドな美味しさを楽しむことができます。時間に余裕を持って冷蔵庫から出し、キムチ納豆を楽しんでみてくださいね。

20分前には冷蔵庫から出しておこう

常温に戻すためには、20分前にはキムチ納豆を出しておくのがおすすめです。こうすることでキムチ納豆を常温に戻すことができるようになるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

Thumb美味しい納豆ランキングTOP10!スーパーでも買えるおすすめの納豆は?

キムチ納豆を加熱する方法はNG?

70℃以上で加熱すると栄養が壊れてしまう

キムチ納豆を食べる時に気になるのが加熱をしても良いのかどうかということ。冬の寒い時などはキムチ納豆スープなどにして温かくして食べたくなりますよね。けれども、納豆は70℃以上に加熱することによって納豆菌が壊れてしまうのでおすすめできません。せっかくキムチ納豆の栄養を引き出したのに、その栄養がなくなってしまうのはもったいないですよね。

常温でそのまま食べるのがおすすめ

キムチ納豆は常温に戻したらそのまま食べるのがおすすめです。加熱をしないことで栄養をしっかりと摂取することができるようになるので、そのまま食べるようにしましょう。常温のままでも、食材を足したり、豆腐にかけたりすることで味の変化は付けられるので工夫をしながら美味しくキムチ納豆を楽しんでみてくださいね。

キムチ納豆は夜に摂取する方法が健康に良い?

夜に食べることで成長ホルモン分泌を促す

キムチ納豆は夜に食べるのがおすすめ。キムチ納豆を夜に食べることで、就寝時に分泌される成長ホルモンを促進することができます。成長ホルモンが促進されると肌のターンオーバーが促進されたり、代謝がアップしたりといったように嬉しい効果がたくさん。

血液の流れを促進して健康のキープに役立つ

夜の寝ている間は血流が滞りがち。キムチ納豆には血流を促進する働きもあるので、滞った血流を良くして健康的な状態を保ちやすくなります。このようにキムチ納豆は夜に食べることによってメリットがいろいろあるので、ぜひ夜ご飯にキムチ納豆を取り入れてみてはいかがですか。

Thumb納豆のカロリーや栄養効果について。1パック食べるだけでスゴイ!

ダイエットにふさわしいキムチ納豆の食べ方は?

夕ご飯の前に食べる方法がおすすめ

ダイエット中におすすめなのが夕飯の前にキムチ納豆を食べる方法。キムチ納豆を良く噛んで食べることによって満腹中枢が刺激されるため、暴飲暴食を防ぐことができるようになります。早食いではなくゆっくりと噛むことがダイエットのポイント。ぜひ心がけてみてくださいね。

血糖値の急激な上昇もおさえられる

炭水化物をはじめとした糖質類を空腹の時に食べると血糖値が急激に上昇してしまいます。血糖値が急激に上昇すると脂肪が溜め込まれやすくなるため、食事の時は血糖値を緩やかに上昇させることも大切。キムチ納豆はゆるやかに血糖値を上昇させることができるので、食事の前に食べることで健康的な状態を保ちやすくなるとされています。

キムチ納豆の効果をアップさせるちょい足し食材

オリゴ糖を含んだ玉ねぎ

キムチ納豆だけでも効果はたくさんありますが、さらに効果を上げたい時にオススメのちょい足し食材をご紹介します。まずおすすめなのが玉ねぎ。玉ねぎには乳酸菌の餌となるオリゴ糖が含まれ、腸内環境の整備に役立てられます。また、血液サラサラ効果があるのも魅力。薄くスライスした玉ねぎをキムチ納豆に混ぜ、一晩おいたら完成です。

健康維持に役立つオリーブオイル

キムチ納豆にオリーブオイルを混ぜるのもおすすめの方法。血液の流れを促進するなど体に良い影響を与えてくれるとオリーブオイルはキムチ納豆との相性もぴったり。エキストラバージンオリーブオイルを使うことで栄養価をアップさせることができるので、キムチ納豆に活用してみてはいかがですか。

Thumb納豆の栄養と効果がすごい!タンパク質が豊富!他の成分は?おすすめの食べ方!

キムチ納豆を日々の食生活に役立ててみよう

キムチ納豆には健康やダイエットに嬉しい栄養がたくさん。食べ方も工夫しながらキムチ納豆を取り入れてみてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ