スニーカーをコインランドリーで洗うには?使い方や料金・時間を調査

あなたはコインランドリーを活用していますか?この頃家の近くにコインランドリーが増えたと感じる人も多いと思います。最近のコインランドリーはスニーカーまで洗うことができてとても便利ですよ!今回はそのスニーカーを洗う時の料金や時間、機械の使い方についてご紹介します。

スニーカーをコインランドリーで洗うには?使い方や料金・時間を調査

目次

  1. 最近のコインランドリーはスニーカーも洗える?使い方や掛かる料金・時間を知りたい
  2. スニーカーなどの靴専用洗濯機があるコインランドリーで洗おう
  3. スニーカーを洗う料金はいくら?時間はどのくらいかかるの?
  4. スニーカーをコインランドリーで洗う時の洗濯機の使い方は?
  5. スニーカーをコインランドリーで洗う前に知っておきたい注意点
  6. コインランドリーでスニーカーを洗ったら一緒に乾燥もしておこう
  7. コインランドリーでスニーカーを洗う時のコツをご紹介
  8. コインランドリーでスニーカーをピカピカにするにはあらかじめ泥を落としておくのも大切
  9. スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?①敷き布団
  10. スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?②毛布は乾燥のみで利用したい
  11. スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?③カーペット
  12. スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?④羽毛布団
  13. コインランドリーでスニーカー以外で洗う時に洗剤は必要?
  14. コインランドリー使用時の柔軟剤はどうすればいい?
  15. コインランドリーは実はとっても便利!洗える物を知って活用しよう

最近のコインランドリーはスニーカーも洗える?使い方や掛かる料金・時間を知りたい

あなたはコインランドリーを使用したことはありますか?入院や旅行先などでは様々な理由で使ったことがある人もいると思いますが、日常でとなると一人暮らしをしているという人以外は経験がないかもしれませんね。

しかし実は最近になって、コインランドリーの数は増えつつあります。近くにコインランドリーが増えた気がする…と心当たりのある方もいるかもしれませんね。というのも、最近は服しか洗えないコインランドリーは少なく、用途が広がっているのです。

そのうちのひとつがスニーカーを洗うことができる、靴用のコインランドリーの存在です。靴を家で洗うのは意外と面倒ですよね。しかし服を洗う洗濯機に入れるのは抵抗がある人も多いはず。そこで今回はコインランドリーでスニーカーを洗う時の料金や時間、機械の使い方などについてご紹介します。

スニーカーなどの靴専用洗濯機があるコインランドリーで洗おう

靴をコインランドリーで洗うと言うと、「靴を洗濯機に入れて洗うなんて聞いたことがない…」「汚いし靴も傷んでしまいそう」なんて思う人も多いと思います。洗濯機に靴をいうとやはりあまり良いイメージはありませんね。

しかし最近の多くのコインランドリーには靴専用の洗濯機と乾燥機があります。そんな靴専用の洗濯機と乾燥機、「お手軽」「意外と安い」「仕上がりも良い」と文句を付ける点がないくらいおすすめできるものです。

靴を機械で洗うと傷みそうに感じますが、さすが専用洗濯機、そこは下手な手洗い以上に綺麗かつ傷つけずに洗濯してくれます。使っている靴が汚れてきたなと感じたら、ぜひ一度コインランドリーに足を運んでみてください。

スニーカーを洗う料金はいくら?時間はどのくらいかかるの?

先ほど靴をコインランドリーでの使い方は「お手軽」「意外と安い」と言いましたね。では実際にコインランドリーでスニーカーを洗うと、どのくらい料金や時間が掛かるのでしょうか?コインランドリーによっても違いますが、大体の値段は同じくらいだそうです。

スニーカーをコインランドリーで洗うと、平均は200円ほどの金額でスニーカーを洗うことができます。また、それに掛かる時間は20分ほどです。思っていたより時間が掛からず、コインランドリーの料金にしては安いのではないでしょうか?

ちなみに一回に洗うことのできる靴の量は、大人用だと2足、子供用であれば4足まで同時に洗うことが可能なようです。使い方として子どものスニーカーは良く汚れますので、同時に複数洗うことができるのは嬉しいですね。洗うスニーカーの数はきちんと守って洗うようにしてくださいね。

Thumb靴をコインランドリーの専用洗濯機で洗う方法!料金や時間ってどのくらい?

スニーカーをコインランドリーで洗う時の洗濯機の使い方は?

機械があまり得意でないという人は、自分で機械を使う必要のあるコインランドリーに対して、不安を感じるかもしれませんね。行ってみたら複雑な操作・使い方が必要だったというパターンを考えると憂鬱になるかもしれません。

そこで次は簡単にコインランドリーの使い方についてご紹介します。とはいっても実は説明することが無いくらい使い方は簡単です。①コインランドリーの洗濯機に洗いたいスニーカーを入れる②必要な金額を投入③開始するスイッチを押す

使い方の説明ははこれでおしまいです。とっても簡単な使い方ですね。スニーカーの洗濯機は自動で洗剤を投入してくれるものが多いので、洗剤を入れる場所やタイミングを考える必要もありません。お金とスニーカーと時間さえあれば簡単に洗うことができるのです。

スニーカーをコインランドリーで洗う前に知っておきたい注意点

靴専用の洗濯機と書かせて頂きましたが、全ての靴を洗うことができるわけではありません。コインランドリーによって設置されている洗濯機は違うと思いますが、基本的には洗濯できる靴は「綿」「化学繊維」「合成皮革」でできた物のみです。

子ども用のスニーカーに使用される素材と思って頂くとわかりやすいかと思います。コインランドリーですので、専門の業者が手で洗うような繊細な作業ではありません。ですので洗い方はかなりパワフルです…。繊細な靴は絶対に入れないでください。

また、コインランドリーにも書いてありますが、スニーカーを洗う際にはこんなことにも注意が必要です。「靴紐はあらかじめ外すかきつく縛ってほどけないようにする」「靴紐素材などによって色落ち・毛羽立ちの可能性を考えておく」「靴裏のゴムの粘着力が弱い場合、剥がれることもある」

コインランドリーでスニーカーを洗ったら一緒に乾燥もしておこう

スニーカーをコインランドリーで洗うととっても綺麗になりますね。しかし洗っただけでそのまま持って帰ってしまうと、乾かすのに時間が掛かってしまいます。また、きちんと乾かすことができなければ臭いの元にもなりますね。

実はコインランドリーにスニーカーの洗濯機がある場合、乾燥機も一緒に設置していることが多いです。ですので、時間に余裕が無い場合を除いて、一緒に乾燥まで行ってしまうことをおすすめします。その場合の時間や料金なども気になりますよね?

乾燥に掛かる時間は20分、料金は100円がほとんどだそうです。乾燥の方はワンコインでできてしまうんですね!しかも洗う時と同様に大人用の靴は2足、子ども用の靴なら4足まで同時に乾燥できます。ぜひ乾燥も一緒に行うことをおすすめします。

コインランドリーでスニーカーを洗う時のコツをご紹介

コインランドリーの注意書きには書いていませんが、こうしておいた方が良い!コツもいくつかあります。そこで次は、コインランドリーの靴用洗濯機でスニーカーを洗うときのコツについてもいくつかご紹介します。

まず一つ目は「靴紐は洗濯前にあらかじめ取っておく」です。先ほどはきつく縛ると書かせて頂きましたが、万が一ほどけてしまうと他の靴と絡まりぼろぼろになってしまう可能性があります。また、紐はスニーカー本体以上にぼろぼろになりやすいので洗いたい場合は別で手洗いすることをおすすめします。

二つ目は「洗濯機に入れる際、靴底を外側に向ける」ことです。コインランドリーの店員さん曰く、裏面を外側に向けた方が汚れが綺麗に落ちるのだそうです。よりスニーカーをぴかぴかにしたいと思う人はぜひ試してみてくださいね。

コインランドリーでスニーカーをピカピカにするにはあらかじめ泥を落としておくのも大切

子どものスニーカーは雨の日が続くと泥がたくさんついたりしてとても汚い状態になってしまいますね。そんなスニーカーをコインランドリーピカピカにしたい場合、少し手間が掛かりますがあらかじめ靴の泥や砂をある程度落としておくと、効率的に洗うことができまうす。

もちろん細かい物まで全てとなれば靴を家で洗っているのとほとんど変わりませんのでおおざっぱにで構いません。大きな石が靴裏に挟まっていたり、泥が乾いて固まっていたりといった、手で簡単に取れる範囲のもののみ、しっかり落として持って行きましょう。

あまり汚れがひどい物を入れてしまうと洗濯機の故障にも繋がる恐れがあります。また、故障していなくても洗浄力にはどうしても差が出てしまいます。少しの手間を惜しまず、よりスニーカーをぴかぴかにできるように頑張ってくださいね!

スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?①敷き布団

誰しも使う敷き布団、家の洗濯機ではなかなか洗濯することができませんよね。スニーカーと同じくらい意外に感じる人も多いと思いますが、実はコインランドリーでは敷き布団も洗濯することができます。驚きですよね。

コインランドリー内の表記を見ると、実は敷き布団何枚までという表記をされていることもあり、裏ワザでもなんでもないようです。ちなみに気になるのはやっぱり洗濯機の利用にかかる料金と時間ですね。スニーカーと比べると少し高くなりますが、手間を考えると家で洗うよりもずっとおすすめです。

料金とサイズ、時間は13キロタイプ…30分ほど500円、20キロタイプ…30分ほど700円、28キロタイプ…30分ほど1000円となっています。大きさによりますが、通常サイズの敷き布団であれば20キロで洗えたという意見もあります。ぜひ活用してみてくださいね。

スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?②毛布は乾燥のみで利用したい

敷き布団同様、毛布もコインランドリーで洗濯することは可能です。しかし敷き布団と違い、毛布の場合は洗濯は家で済ませてしまうという人も多いですね。そんな人は乾燥のみをコインランドリーで行うというのもおすすめです。

冬場は一日でも毛布が無いと寒くて落ち着いて寝ることができませんね。なるべくなら干して一晩乾くのを待つというのは避けたいものです。毛布をコインランドリーで乾燥する場合、14キロタイプ…10分100円、25キロタイプ…8分100円です。ちなみ完全に乾燥させるにはだいたい40分ほどかかります。

では毛布は一度に何枚まで洗濯することができるのでしょうか?だいたいの目安ですが、14キロタイプの物なら3枚、25キロタイプの物なら7枚ほどとされています。まだ入るかな、と思っても生乾きになる可能性が上がるため、少し余裕があるくらいで乾燥させるようにしましょう。

Thumb布団をコインランドリーで格安で洗う!丸洗いの手順や注意するポイントは?

スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?③カーペット

様々な家具の下敷きになってしまっているカーペット、汗をかいた足で踏んだり食べ物や飲み物をこぼしたりと意外と汚くなっているものですね。しかしサイズが大きいものがいいですので、家で洗濯するのは本当に骨が折れます。

クリーニング店でも洗うことはできますが、戻ってくるまでの期間や料金がどうしても気になりますね。そんなカーペット、これもコインランドリーで洗えてしまうものなのです。もちろんこちらもかかる料金や時間が気になりますね。

時間に対する料金は敷き布団を洗う時と同じです。乾燥には4,50分ほど掛かると思っていればいいかと思います。しかしシルク(絹)、ウール(毛)、コットン(綿)、ジュール(麻)、レーヨンといった素材はコインランドリーでは洗うことはできないので注意が必要です。

スニーカー以外にコインランドリーで洗える物は?④羽毛布団

羽毛布団は冬が苦手な人にとってはなくてはならない存在ですね。しかし洗濯がどうにも面倒であることが欠点だと感じる人も少なくないかと思います。サイズが大きいので洗濯機には入りません。お風呂場などで手で洗うのも一苦労です。

また、なかなか乾かず2,3日放置して乾くのを待ったという経験がある人も多いのではないでしょうか?そんな羽毛布団もコインランドリーで洗濯することができてしまいます。そんな羽毛布団を、コインランドリーで洗う際に注意したいのは乾燥時間です。

洗う料金や時間は先ほどと同じですが、乾燥には少し長く時間がかかります。お金は安く抑えたいですが生乾きの布団を持ち帰るのはカビたりする可能性があるためおすすめできません。羽毛布団の乾燥には5,60分必要ということを覚えておいてください。

コインランドリーでスニーカー以外で洗う時に洗剤は必要?

コインランドリーには洗剤が必要?と思っている人も多いかもしれませんね。しかし最近のコインランドリーは自動で洗剤を投入してくれる機械がほとんどであるため洗剤を持って行く必要はほとんどありません。

また、洗剤が必要なコインランドリーだった場合でも、販売機が置いてあることが多いので取りに戻る必要はないはずです。しかし自分の気に入った香りの洗剤を使いたいという人も最近は多いですよね?

そんな人には残念ですが、洗剤を二度入れすることになってしまうため自分好みの洗剤を入れることはできません。二度入れをすると香りが混ざって濃くなったり、洗剤を落としきれないというトラブルにも繋がりますのでそこは残念ですが諦めましょう。

コインランドリー使用時の柔軟剤はどうすればいい?

洗濯するときに入れる物といえば、洗剤の他に柔軟剤がありますね。柔軟剤をコインランドリーで使いたい場合はどうすればいいのでしょうか?実は最近のコインランドリーでは柔軟剤まで自動で投入してくれるものがあります。

しかしこちらの機能は洗剤自動投入のものと比べると柔軟剤のみ自動ではないというものは多いようです。そんな場合はどうすればいいのでしょうか?柔軟剤の投入タイミングというのは2回目のすすぎにタイミングということはご存知ですよね?

自分で柔軟剤を入れるタイプはその多くがランプなどで投入のタイミングを教えてくれます。そのタイミングで柔軟剤をいれればふわふわの手触りで洗濯物を回収することができます。毛布など、柔軟剤が必要な物には忘れず柔軟剤を投入して洗濯したいですね。

Thumbこたつ布団を洗いたい!クリーニング代とコインランドリー代の料金比較まとめ

コインランドリーは実はとっても便利!洗える物を知って活用しよう

今回はスニーカーを中心に、コインランドリーで洗うことのできる様々なものや、スニーカーを洗う際の注意点などをご紹介しました。こうして考えてみるとコインランドリーは身近にあってとても便利なものですね。最初に書いた通り、コインランドリーは近年数を増やし、まとめて洗濯をした主婦の方などにも利用される身近なものになっています。

現在洗濯できるものはご紹介したものと衣服が中心になりますが、きっとこれからもどんどん洗える物が増えていきそうです。コインランドリーを上手く活用して生活をもっと便利にすごしていきたいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-24 時点

新着一覧