リュックの収納方法まとめ!アイデア次第で簡単にすっきり!

整頓が苦手な方でも、簡単にできるリュック収納方法から、狭い部屋でもすっきりとリュックを片づけることができるテクニックを厳選してお伝えします。すぐに取り出すことができるクローゼット内や収納スペースのない部屋の驚きのアイディアが満載です。

目次

  1. かさばるリュックやバックをすっきり収納
  2. 収納スペースのない部屋でもリュックを片づける
  3. 壁面収納でリュックも魅せる部屋に大変身!
  4. リュック収納に使えるアイデア商品が豊富なショップサイト
  5. つっかえ棒を活用した押し入れのアイデアリュック収納
  6. 押し入れクローゼット内の壁面を利用してリュック収納
  7. ウォークインクローゼットの内ドアを活用したリュック収納
  8. 使用頻度の高いリュックにおすすめのフック
  9. リュックを玄関収納で部屋すっきり
  10. 一人でも家族でもリュックが使いやすいすっきり収納術

かさばるリュックやバックをすっきり収納

普段、頻繁にリュックを使っている人やそうでない人でも、リュックやバックの痛みや汚れを防ぐ効果もある実用的な収納を紹介しています。空間を上手く活用して、収納をおしゃれな演出に変えてしまうアイデアや部屋をすっきり見せる収納方法、クローゼットでの収納技など、どれもすぐにできる簡単収納ばかりです。

特に一人暮らしで、賃貸にお住まいの場合壁などを傷つけなくて済む収納器具は知っておくべきでしょう。そんな方でも、リュックが取り出しやすく、すぐに使える収納方法をお伝えします。リュックやバックにカビが生えてしまった。色が変わってしまったなどのトラブルを防ぐこともできますので、収納ケースなどに長らくしまわれ続けているリュックやバックがある場合、是非試してみてください。

後ほど、見せたくなる収納やその際に必要な収納アイテムなども詳しくお伝えしていきます。片づけが苦手で、中々部屋がすっきり片付かない方であれば、真似してみたくなる収納テクニックが満載です。

収納スペースのない部屋でもリュックを片づける

フックを使ってあえて見せる収納で、おしゃれ感をアップさせることは可能です。特に、いつでも手軽にリュックを使いたい方であれば、この形の収納の方が使いやすさは抜群でしょう。収納の為の空間確保が難しい部屋の場合は、フックなどを使って壁にかけるだけという手軽さも魅力的です。

リュックの中身が詰まっている場合、収納方法により強度に多くの不安が残りますが、それも解消できるフック設置方法も後ほど「使用頻度の高いリュックにおすすめのフック」で詳しく紹介します。リュックだけでなく、カバンやマフラー、コートなど、外出時にさっと持ち出せるような収納も複数個のフックで解決です。

現在では、フックの形状や設置する壁の種類に対応したピン付きの物など収納アイテムの種類も豊富で、収納スペースが無いという悩みの解決方法におすすめです。リュックを数種類持っている時は、外出時選ぶ楽しみも持てるのではないでしょうか。アイデア満載の収納画像も併せて紹介しますので、是非参考にしてください。

Thumbシューズクロークのアイデア収納術!使いやすくするためのポイントは?

壁面収納でリュックも魅せる部屋に大変身!

玄関からリビングにかけての壁面は勿論、部屋には必ずある壁を有効活用したアイデア収納を昨今では多く見かけます。雑多な感じのものからおしゃれな収納など、その違いは統一感のある色や素材、高さの工夫で印象がかわります。

複数のフックがまとまっている物には、同じようなものをひっかけるようにします。リュックであれば、フック幅が大きく取られている物を使うといいでしょう。同じ大きさの物をあえて揃えることで、収納されたものが均一的に見えてインテリアの一部のように感じられます。

壁面収納の為に、大変便利に使える収納グッツも入手しやすくなりました。特に狭い部屋の場合は、壁面を無駄にしがちで、中々片付かないことに悩まれている方は少なくありません。シンプルなラダー(梯子)を固定して、リュックをかけるだけでも、おしゃれな収納になります。

リュック収納に使えるアイデア商品が豊富なショップサイト

通信販売のベルメゾンネット『BELLE MAISON』では、壁面収納専用のアイテムが充実しています。ある程度リュックに荷物が入っていても、そのまま壁掛け収納が可能なのは突っ張りラダーラックです。

ホワイト・シルバー・ダークブラウン・木目調のディズニーと種類も豊富で、リュックだけでなくバックや外出時に必要な小物をそのままかけてもおしゃれな収納が可能です。

セシールのオンラインショップ『cecile』で取り扱っている壁面収納は、空間にスペースが確保できる場面で使える収納ラックがおすすめです。リュックをそのままポンと置いておくことができ、ひっかけるタイプと違って手に取りやすいの収納であるのがメリットです。

「つっかえ棒を活用した押し入れのアイデアリュック収納」では、セシールのオンラインショップで取り扱っているワイヤーネット付きのスペースを取らない壁面収納アイテムの具体的な使い方を詳しくお伝えします。

Thumb押入れの突っ張り棒を使った収納方法!落ちなくするやり方やアイデア活用法

つっかえ棒を活用した押し入れのアイデアリュック収納

つっかえ棒さえあれば、ハンガーでそのまま吊るす手軽な収納が可能です。見てすぐにわかるから探す手間もはぶけますし、積み重なって潰れてしまうことを避けることもできるので、このアイデアはおすすめです。

押し入れやクローゼット内に、太めのつっかえ棒を設置すれば服は勿論バックやリュックの収納に便利です。収納する物が増えると見つけにくく押しつぶされてしまうので、後ほど「押し入れクローゼット内の壁面を利用してリュック収納」でその問題を解決するアイデアを紹介します。

押し入れクローゼット内の壁面を利用してリュック収納

100均一で購入できるワイヤーネットをか活用すれば、多くのカバンやリュックを一目で見つけやすく収納することも可能です。無駄になりがちな空間を利用すれば、今まで入らなかった物までいれることができるので、部屋もすっきりさせることができます。

この要領で、クローゼットの扉や部屋の壁、階段や玄関の壁を使って和えて見せる収納を楽しんでいる方もいます。この場合フックを使えばリュック専用収納となりますが、ワイヤーネットを使うことでリュックやカバン以外を片づける事もできます。

「リュック収納に使えるアイデア商品が豊富なショップサイト」で紹介したセシールオンラインショップで取り扱っている『便利なハンガーラックが付いた突っ張りワイヤーネット』であれば、クローゼットのとても狭い空間で使うのにうってつけです。

ホワイト・ブラウンの2色から選ぶことができて、一番小さなサイズであれば税抜き価格5.140円(2019年1月現在価格)です。100均一で購入して自作するよりも、作りはしっかりしており組み立てもとても簡単なので、女性でも手軽に扱うことができるでしょう。長く使って行けるものなので、収納スペースの悩みを解消してくれます。

ウォークインクローゼットの内ドアを活用したリュック収納

壁にピンで差し込むタイプのフックではなく、ドア上部にひっかけて使うタイプの物もあります。これであれば、壁に傷をつけることもなく、形状上揺れる心配もないのでウォークインクローゼットのドアに使うことができます。

収納スペースをとにかく多く取りたい場合は、このように無駄になりがちなスペースを収納場所として確保するところから始めると、置く場所がないといった問題の解消に繋がります。こちらのアイテムは、後ほど「使用頻度の高いリュックにおすすめのフック」で詳しくお伝えします。

使用頻度の高いリュックにおすすめのフック

型崩れやカビを防ぐために、リュックにゆとりを持たせた収納がおすすめです。そのために活躍するフックであれば、ホームセンターだけでなく通販でも好みの物を簡単に見つけることができるでしょう。

最近は、アイデア満載な収納を楽しむ方も増えてきていますので、雑貨などを取り扱うショップでもおしゃれなフックを見つけることもできます。

賃貸の場合は、極力壁に傷をつけたくないと考えておられる方は多いと思います。そんな方向けのフックも多く見つけることができます。部屋のドアに付けられるフックなので、先に「ウィークインクローゼットのうちドアを活用したリュック収納」でお伝えした内ドアにも使うことができます。

楽天市場で通信販売を行っている『リビングアンドヘルス株式会社 living & health』では、ドアフックシングル J型(税込594円)を扱っており、31~36mmの厚さのドアに取りつけることができます。ドアフックは複数ひっかけることができますので、クローゼット内だけでなく外側を活用してもいいでしょう。

リュックを玄関収納で部屋すっきり

一人暮らしで、普段よくリュックを使っている方であれば玄関を収納場所として活用するのがおすすめです。先に「押し入れクローゼット内の壁面を利用してリュック収納」でお伝えしたワイヤーネットとつっかえ棒を使うことで、賃貸であっても壁への傷を気にせずに済みます。

ワイヤーネットを使った品を使えば、家族が多くても収納量に対応できますが、負荷がかかって天井や床を傷つけてしまったり倒れてしまう可能性があります。

そのようなトラブルを防ぐためのアイテムもホームセンターでは多く扱っているので、確認しておきましょう。

一人でも家族でもリュックが使いやすいすっきり収納術

今回紹介させていただいた収納方法とそれに使える便利なグッズを使えば、片づけが苦手な方でも「隠す収納」と「魅せる収納」どちらも簡単にできることがお分かりいただけたかと思います。

普段からリュックを使っている方でも、場所を取らずに使いやすくなるのではないでしょうか。何よりも出かけの準備に、無駄な時間も省けるとても便利な収納方法ではないでしょうか。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ