ビーズクッションのおすすめ特集!無印などおしゃれな人気メーカーを比較

ビーズクッションは無印のものがおすすめと注目を集められました。しかし、現在では色々なメーカーからおすすめのビーズクッションが出てきています。また、形なども様々にで、ソファやベットのように使うことも出来るものも多数あります。

ビーズクッションのおすすめ特集!無印などおしゃれな人気メーカーを比較

目次

  1. ビーズクッションがおすすめ言われる理由
  2. ビーズクッションとはどういうクッション?
  3. ビーズクッションの形は基本的に正方形
  4. ビーズクッションの耐久性とは?
  5. ビーズクッションのビーズに違いはあるのか?
  6. ビーズクッションのカバーの材質は?
  7. ビーズクッションの価格とは?
  8. 人をダメにするソファと言われて人気を高めた無印のおすすめビーズクッション
  9. ベッドにもなるビーズクッションがおすすめのヨギボー
  10. 価格が安くておすすめと言われているニトリのビーズクッション
  11. 最近人気になっているおすすめのフレックスのビーズクッション
  12. 形が違ってコンパクトサイズがおすすめのハナロロのビーズクッション
  13. おすすめのビーズクッションが汚れたら洗濯出来るのか
  14. ビーズクッションを破棄する時はどうしたらいい?
  15. まとめ:ビーズクッションは生活を快適にする!

ビーズクッションがおすすめ言われる理由

ビーズクッションは無印から発売された、人をダメにするソファとうたわれて、話題になりました。その後、おすすめと言われるビーズクッションは色々なメーカーから発売されるようになり、現在では色々な形が出てきています。

今まで一番のおすすめと言われてきた、無印のビーズクッションは値段が高いというイメージがありましたが、現在、色々なメーカーから出ているビーズクッションは価格も様々なので、誰でも手軽に使ってみることができます。

また、ビーズクッションは軽いので、場所を選ばないことでもおすすめと言われています。さらに、様々な使い方ができることでもおすすめになっています。

そして、子供がいる家庭などでも、ビーズクッションは人気があります。そのため、1つだけでなく、複数使っている人もいるほど人気です。

ビーズクッションとはどういうクッション?

ビーズクッションとは、クッションの中がマイクロビーズになっていてさわり心地がいいものです。そして、マイクロビーズの量によっては、座り心地が違い、クッションというより、ソファやベットのようにも感じられます。

また、ビーズクッションは、外にカバーを付けることで、色々な素材や色を楽しむことができて、インテリアとして自分の好みに合わせることができます。

さらに、ビーズクッションは、長年使っているとヘタリが生じますが、その際には、再度マイクロビーズを補充することもできます。

あまり、知られていませんが、ビーズクッションは少し大変ですが洗濯することも可能だと言われています。そのため、気になる汚れや臭いなども落とすことができます。

ビーズクッションの形は基本的に正方形

はじめにビーズクッションが人気になった、おすすめの無印のビーズクッションは、見た感じは正方形の様な形をしていますが、しっかりと身体を包み込んでくれる形になります。

家具の大手メーカーのニトリのビーズクッションも無印と同じような形をしています。しかし、人気のヨギボーのビーズクッションの形は、ベットのようになる、長方形の形の物もあります。

さらに、丸型のビーズクッションや、椅子のように背もたれがついている形のビーズクッションと、現在では色々な用途に合わせた形のビーズクッションを選ぶことが出来るようになっています。

また、同じような形であっても、サイズが異なることで、子供から大人、そして、ペットなどにも使えるように選ぶことができるようにもなっています。

Thumbダメになるソファの人気ランキング!無印やニトリ・ヨギボーなどおすすめは?

ビーズクッションの耐久性とは?

ビーズクッションはどれも軽くて、色々な場所で使うことができるので、便利とも言えます。しかし、耐久性に関しては、普通の家具とは異なり、マイクロビーズを包み込んだ構造になっていることで、強いとは言えないです。

また、おすすめのビーズクッションは耐久性は全て高いとは言えないために、ビーズクッションの形が長く使用しているうちに変形していくとも言われています。ひどい場合には、袋が破れて、中のマイクロビーズが飛び出してくることもあります。

また、マイクロビーズを入れているクッションの袋が丈夫なものほど、ビーズクッションの耐久性は高いとも言われています。

どのビーズクッションもそうですが、おすすめのビーズクッションにつけるカバーも耐久性を高めるのに重要といえるので、しっかり選ぶことがおすすめになります。

ビーズクッションのビーズに違いはあるのか?

ビーズクッションはどれも同じというイメージがあるのは、形や使い方が同じようにうたわれているからになります。

しかし、おすすめのビーズクッションは長く使い続けていると、少しずつヘタリが生じてきます。その、ヘタリが出てくるのが早いか遅いかというのは違いがあります。

ヘタリがでる原因は、中のビーズが潰れたりするためと言われています。また、メーカーによってはビーズクッションの中に入っているマイクロビーズの大きさの違いがあるとも言われています。

けれども、中のマイクロビーズを補充することで、再び新品の状態と同じようにビーズクッションを使用することが出来るとも言われています。

ビーズクッションのカバーの材質は?

ビーズクッションには必ずどれでも、カバーが取り付けられています。カバーは取り外して洗濯することが出来るので、汚れた時でも安心です。

そんな、おすすめのビーズクッションのカバーの素材は様々あると言われているます。肌触りがいいカバーを使用したり、季節にあった素材を選ぶことで、リラックス効果も得ることができるとも言われています。

さらに耐久性が高いカバーを選んでおくことでも、おすすめのビーズクッションを長く使用することができるようにもなると言われています。

しかし、おすすめのビーズクッションを選ぶ際には、ビーズクッションとカバーが別売りの物もありますが、ビーズクッションにカバーが付いた状態で販売されているものもあるので、形を重視するのかカバーを重視するのか、選ぶ基準も変わるとも言われています。

ビーズクッションの価格とは?

おすすめできる適正価格は・・・?

おすすめと言われているビーズクッションの人気が高まったのは無印になります。人をダメにするソファと言われて色々な場所で取り上げられて、注目されました。

しかし、おすすめの無印のビーズクッションの価格は、本体とカバーが別売りになっているため、20000円近くすると言われてなかなか購入に踏み切ることができいない人も多かったように感じられます。

しかし、現在、おすすめのビーズクッションは多く商品が色々なメーカーから出ているので価格も様々になっています。そして、10000円以下で買うことが出来るビーズクッションも多くなっています。

10000円以下のビーズクッションはサイズが小さいものや、腰専用などと言う物も中にはありますが、ソファのように使用することも出来る商品も多くあるので、試しやすくなっています。

しかし、おすすめの無印のビーズクッションよりも大きく、二人がけなども出ているおすすめのヨギボーのビーズクッションは価格が無印のものよりも高くなっていますが、おすすめと言われて、人気が高まっています。

人をダメにするソファと言われて人気を高めた無印のおすすめビーズクッション

ビーズクッションが話題を集められたのは、無印のビーズクッションになります。そして、人をダメにするソファとうたわれて多くのテレビでも取り上げられて話題を集められました。

無印のビーズクッションがおすすめな理由は?

そんなおすすめの無印のビーズクッションは現在でも多くのメーカーからビーズクッションが出ていますが、おすすめのビーズクッションだと言われています。

おすすめの無印のビーズクッションは現在では以前からある大きさと、少し小さいサイズの本体が売られています。そして、カバーの色合いや素材などは以前よりも多くなっています。

おすすめの無印のビーズクッションは、発売当初から変わらず、本体とカバーが別売りになっているので、自分好みにすることが出来るようになっていますが、価格は、カバーによっては値段が異なることから、周りのものよりも値段は高いというイメージがあります。

しかし、おすすめの無印のビーズクッションがおすすめと言われているのは、ヘタリが他のメーカーのビーズクッションよりも遅く、耐久性が高いと言われている点になります。

そして、中のマイクロビーズが飛び出してくるということが少ないことでも人気があります。しかし、マイクロビーズを追加するための物は売られていないので、新品同様に使用するということは難しくなります。

Thumb無印良品のビーズクッションの寿命は?へたりを解消するにはどうする?

ベッドにもなるビーズクッションがおすすめのヨギボー

最近では無印のビーズクッションよりもヨギボーのビーズクッションの方が人気が高くおすすめと言われるようになっています。

それは、実は人をダメにするソファと呼ばれて人気を集める火付け役となっていたのはアメリカのビーズクッションメーカーのヨギボーだったからです。

いろんな大きさがあるのでおすすめ!

ヨギボーと無印の最大の違いは、ビーズクッションの形と大きさになります。ヨギボーは無印のビーズクッションに比べると大きいのに軽いと言われています。

また、ヨギボーは他のメーカーでは見られていない、大きさと、三人がけとしても使えてベットとしても使用することが出来るサイズのビーズクッションが人気で一番のおすすめであるとも言われています。

また、とても大きいサイズのビーズクッションでも縦に置くこともできることで、場所を取らないとも言われて人気があります。そして、中のマイクロビーズを補充するためのビーズも販売されています。

もちろんカバーの種類は12種類以上とも言われていて、好きな色を選ぶことが可能です。さらにヨギボーは二重構造のカバーを使用しているために耐久性も強いことでもおすすめと言われています。

使い方が色々とある点と、大きいビーズクッションを選ぶのであれば、一番ヨギボーのビーズクッションがおすすめと言えて人気を集めているようです。

価格が安くておすすめと言われているニトリのビーズクッション

おすすめのニトリのビーズクッションは、おすすめの無印のビーズクッションと同じサイズのものが販売されています。ニトリなのでお値段以上とうたわれているとおりに、無印とは価格の違いが一番大きいです。

そのため、おすすめの無印のビーズクッションを使ってみたいが価格で悩んでいたという人は、おすすめのニトリのビーズクッションを使用してみると言う人が多いようです。

おすすめのニトリのビーズクッションは中のマイクロビーズの補充ができるように、補充用のビーズも販売されています。そして、カバーも色々とラインナップがあります。

しかし、おすすめのニトリのビーズクッションは長く使用していると、耐久性の面では無印やヨギボーに比べると劣っています。そのためヘタリやすいとも言われています。

ヘタリやすいと言われても値段を考えると、追加のマイクロビーズを補充して新品同様に使用することができるので人気になっています。

Thumbダメになるソファはニトリが人気?無印の半額で快適すぎるビーズソファ

最近人気になっているおすすめのフレックスのビーズクッション

おすすめのフレックスのビーズクッションも無印やニトリと同様に同じサイズのビーズクッションがあります。価格はニトリと無印の間くらいになります。

おすすめのフレックスのビーズクッションも中のマイクロビーズを補充することができるので、ヘタっても新品のように使用することが可能になります。

また、おすすめのフレックスのビーズクッションは手軽に使用できる丸型のクッションも人気が出ています。しかし、こちらは身体を包み込んでくれる従来のビーズクッションとは違います。

けれども、お尻に引いたり、頭の枕として使うなど、いつもの生活に少し足して使いたい、と言う時に、どこでも使うことが出来るため人気があります。

形が違ってコンパクトサイズがおすすめのハナロロのビーズクッション

おすすめのハナロロのビーズクッションは今までのビーズクッションの形とはかなり異なり、タマネギの用な形と三角形の形ををしているのが特徴になります。

場所を取らないのでおすすめ!

しかし、おすすめのハナロロのビーズクッションは他のメーカーのビーズクッションよりもサイズは小さめになります。コンパクトサイズのビーズクッションですが、しっかりフィットして、身体がずれ落ちる心配がありません。

また、カバーの種類も豊富であるので、好きなカバーを見つけることができます。さらに、生地がしっかりしているのでビーズクッションの耐久性も高く、ヘタリが少ないと言われて長く使うことができます。

そして、中のマイクロビーズを補充すると新品同様に使用することができます。価格も安くて耐久性がいいものを探している人にはおすすめになります。

おすすめのビーズクッションが汚れたら洗濯出来るのか

ビーズクッションのカバーは付け外しができて、洗濯可能な物が多いです。そのため、季節によってカバーを変えているという人もいます。

しかし、ビーズクッション本体は洗濯できるとしても洗濯することが大変というイメージがあります。もちろんビーズクッション本体は洗濯できるのか洗濯表示を見ることが重要になります。

洗濯するときは洗濯表示をみることをおすすめ!

洗濯表示を見ると、洗濯ができない物も中にはあるので注意が必要です。ビーズクッション本体の洗濯は、浴槽を使ってもみ洗いなどをして、バスタオルで水気を拭き取り、風通りのいい場所で陰干しします。

洗濯できると言ってもとても大変な作業になるとは言えるので、なかなか洗濯をすると言う人は少ないようにも感じられます。しかし、カバーを洗濯している人は多くなりますね。

ビーズクッションを破棄する時はどうしたらいい?

ビーズクッションを破棄するときには、どのようにしたらいいのかと考える人もいるかと思います。しかし、ビーズクッションの破棄の方法はとても簡単で、普通のゴミと同じようにゴミ袋に入れて破棄することができます。

粗大ごみのような扱いにならないので、破棄する時にも困らない点でもビーズクッションはおすすめとも言えます。

まとめ:ビーズクッションは生活を快適にする!

おすすめのビーズクッションは自分自身でリラックスするために使用したいと思った商品であれば、必ず満足できます。さらに、家族が多いとなると、さらにビーズクッションを買い足したいとも感じられます。

今までは無印のビーズクッションがおすすめと感じられていましたが、ネットなどをよく見てみると、自分の生活スタイルにあったビーズクッションを探すことができます。

ビーズクッションは人をダメにするソファと言われていますが、その通りに生活が快適になります。そして、リラックス効果を得ることができます。

用途や使い方は様々なので、どんな人の生活スタイルにも合わせることができるので、ゆったりしたいと感じられたら、検討してみてもいいかもしれな商品になります。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-25 時点

新着一覧