納豆を冷凍する保存方法は?味や栄養の変化や活用レシピも紹介!

冷蔵庫の中に常備しておきたい納豆ですが、意外と賞味期限が短いのです。気づいたら賞味期限が近づいていたり、切れていたなんてことはありませんか?今回は納豆を冷凍保存する方法や解凍方法、冷凍保存した納豆の活用レシピについてご紹介します!

納豆を冷凍する保存方法は?味や栄養の変化や活用レシピも紹介!

目次

  1. 納豆の賞味期限は意外と短い…
  2. 納豆は腐ったらどうなる?
  3. 賞味期限の近い納豆は冷凍保存!
  4. 納豆を冷凍保存することで失われる栄養素
  5. 納豆を冷凍保存する方法
  6. 冷凍保存した納豆の賞味期限
  7. 冷凍保存した納豆の解凍方法
  8. 解凍した冷凍納豆の味は変わる?
  9. 冷凍納豆の活用レシピをご紹介!
  10. サクっとトロっと納豆天ぷら
  11. 余った皮で納豆揚げ餃子
  12. 体が温まる納豆味噌汁
  13. お弁当のおかずに納豆卵焼き
  14. 主食にするなら納豆チャーハン
  15. 冷凍納豆を上手に活用しよう!

納豆の賞味期限は意外と短い…

納豆を毎日食べるという方は、一度に大量に買って冷蔵庫に閉まっておくという方も多いですよね。納豆の賞味期限は納豆の種類によって違いがありますが、だいたい1週間~2週間程です。納豆を食べるとしても、だいたい一人1パックで一日に1パックですよね。

他の食材を買い足すと奥の方へと納豆達が追いやられ、気づいたら賞味期限が切れていた…なんてこともあると思います。スーパーなどで激安で売られていたからと言って大量に買ったとしても、一度にそんなに食べられない納豆は、冷蔵庫ではすぐに賞味期限がやってきてしまうのです。

Thumb納豆の賞味期限切れはいつまで大丈夫?食べられる目安はどのくらい?

納豆は腐ったらどうなる?

納豆の賞味期限が切れる=腐るとどうなるの?と気になる方もいらっしゃるでしょう。ただ、納豆は元々腐っているにも拘わらず賞味期限があることに驚いている方もいるかもしれません。納豆にも賞味期限が存在し、賞味期限が切れることで見た目や味、臭いが変わってきます。

納豆だけではなく、多少賞味期限が過ぎていても1日や2日過ぎたものなら食べているという方も多いと思います。納豆も賞味期限が切れてもすぐに捨てなければいけないほど悪くなるわけではありません。納豆が悪くなると、納豆特融のネバネバや臭いがなくなります。

納豆とは違った臭いがしてくるのです。また、水っぽくなってしまっていたり、逆に納豆がしぼんで食べた時にジャリジャリとした食感になってしまうことがあります。あまりにも放置していた納豆の場合は、カビが生えていることもあるので、いつもとは違う納豆だと感じた場合は食べない方が良いでしょう。

賞味期限の近い納豆は冷凍保存!

冷蔵庫で納豆を腐らせてしまう前に、大量に買ってきた納豆や食べきれない納豆は冷凍保存をしてしまいましょう!「ネバネバしているのに冷凍して大丈夫?」「冷凍してから解凍したら普通に美味しく食べられるの?」と不安の声も聞こえてきそうですが、安心してください。納豆も他の食材同様に冷凍保存をすることができます。

近年では、納豆を食べる海外の人も増えてきたため、冷凍保存された納豆を現地へ送り、冷凍保存されたまま納豆が売られている地域もあるようです。冷凍保存の方法を知って、冷凍された納豆を上手に調理していきましょう!

納豆を冷凍保存することで失われる栄養素

冷凍したら栄養はどうなる?

納豆を冷凍保存することによって納豆菌や栄養素が失われてしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。でも、納豆を冷凍すると納豆菌は死んでしまうのではなく、休眠状態になるだけなので、納豆を冷凍してから解凍して20度くらいの温度まで上がると再び発酵が始まるので栄養素が失われることはありません。

冷凍すると水溶性ビタミンが失われる

しかし、納豆に含まれる栄養素の水溶性ビタミンは、冷凍してから解凍した時に流れてしまうため、栄養を他の食材で補う必要があります。水溶性ビタミンである栄養素のビタミンB群、特にビタミンB2が含まれている栄養素の高い卵や海苔などと一緒に摂ると栄養を補うことができます。

Thumb納豆の栄養と効果がすごい!タンパク質が豊富!他の成分は?おすすめの食べ方!

納豆を冷凍保存する方法

それでは、ここからは納豆を上手に冷凍保存する方法をご紹介したいと思います。納豆を冷凍保存するには、パックのまま冷凍保存する方法と、タッパーやジップロックなどに入れて密封して冷凍保存する方法があります。この二つの冷凍保存の方法でも簡単なのがパックのまま冷凍保存する方法です。

パックのまま冷凍保存する方法

パックのまま納豆を冷凍保存する場合は、説明するまでもなく、そのまま納豆を買ってきて冷凍庫にポンっと入れるだけでOKです。他の容器に移し替えるのが面倒だという時や、忙しい時はそのままパックのまま納豆を冷凍庫に入れて冷凍保存しちゃいましょう。

タッパーやジップロックで冷凍保存する方法

でも、たくさんの納豆を冷凍保存するとなるとパックのままだとかさばって邪魔になってしまう可能性があります。また、におい移りや冷凍焼けなどが気になるという方は、タッパーやジップロックに納豆を移し替えて冷凍保存する方法をおすすめします。

そのまま納豆をジップロックに入れて冷凍保存してしまうとジップロックが汚れてしまうので、ラップに包んでからジップロックで冷凍保存すると良いでしょう。この時に納豆のタレやからしは取り出してから冷凍保存してください。

離乳食用として納豆を冷凍保存する方法

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、納豆を離乳食として活用している方もいらっしゃると思います。納豆は離乳食用に小分けにして冷凍保存することも可能です。納豆をパックから取り出しザルに開けます。そして沸騰したお湯をかけて納豆の粘り気をなくしていきます。

食感を残したい時にはフォークなどで、粒が苦手な赤ちゃんの場合はすりこぎですりつぶしてください。小分けに冷凍保存できる製氷機に入れてジップロックやビニール袋に入れて冷凍保存してください。離乳食後期で粘り気のある納豆が食べられるようになったら、お湯をかける必要はないので成長に合わせて冷凍保存の仕方を変えてくださいね。

冷凍保存した納豆の賞味期限

冷凍保存した納豆の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?冷蔵庫で保存する場合はだいたい1週間~2週間だということをご紹介しましたが、冷凍保存した場合は約1ヶ月間が賞味期限となります。

納豆の冷凍保存は冷蔵庫で保存した時よりも倍くらいの保存期間があるので、納豆が食べたいのに買い忘れてしまった時や納豆が大量に余っている時にも安心して食べられますね。1ヶ月以上の冷凍保存も可能ではありますが、徐々に味が落ちてしまうので、冷凍保存したとしてもなるべく早めに食べる事をおすすめします。

冷凍保存した納豆の解凍方法

冷凍保存した納豆を解凍する方法についてご紹介します。冷凍保存した納豆を調理せずにそのまま食べる場合は、パックに入った納豆を冷凍庫から取り出し、フタを外します。そしてタレとからしを取り出し電子レンジで20秒~30秒温めてください。若干半解凍かな?という場合でも、タレを入れて混ぜ合わせると食べる頃には全解凍されて美味しい納豆を食べることができます。

ただ、冷凍納豆は温めすぎるとニオイがきつくなってしまうので様子を見ながら気持ち短めにレンジで温めるようにしてください。電子レンジを使わずに自然解凍をする場合は、食べる前日に冷凍庫からだし常温でゆっくりと解凍します。

夏場など暑い時期に常温で冷凍保存した納豆を解凍するのが不安だという場合は、冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍する方法もあります。冷凍納豆の解凍目安としては、夏場はだいたい6時間、冬場は8時間となります。

解凍した冷凍納豆の味は変わる?

冷凍保存した納豆を解凍して食べる時に、「味が変わってしまうのではないか?」と不安に感じる方もいらっしゃると思います。水分が付着するため、普通に冷蔵庫で保存した場合の納豆とは多少口当たりが変わってしまうことがあります。また、冷凍保存してから上手に解凍できないと食感も変わることもあるようです。

ただ、基本的には自然解凍して食べられる状態になった納豆であれば、そこまでは味は変わらずに美味しく食べることができるので安心して冷凍保存してくださいね!

冷凍納豆の活用レシピをご紹介!

納豆を冷凍保存する方法についてご紹介しましたが、冷凍された納豆を活かしたレシピもあります。その中でも簡単に作れる絶品の冷凍納豆レシピをご紹介したいと思います!ぜひ、今後の冷凍した納豆を調理する時の参考にしてみてくださいね。納豆はそのままタレと混ぜてご飯にかけて食べるだけでも美味しいですが、たくさんの調理法があるのでいろいろ試してみてください!

サクっとトロっと納豆天ぷら

冷凍納豆の活用レシピ①

最初にご紹介するレシピは、冷凍納豆だからこそ美味しい納豆の天ぷらです。もちろん冷凍されていない通常の納豆でも天ぷらにすることができますが、冷凍納豆の場合は天ぷら液につける時に簡単につけられ、そのまま揚げることができるのでとっても便利なんですよ。

材料は、冷凍保存しておいた納豆1パック、天ぷら粉大さじ1強、水大さじ1~2、油適量です。てんぷら粉がない場合は、てんぷら粉の代わりに小麦粉大さじ1強、片栗粉ひとつまみを入れてください。作り方は、冷凍保存しておいた納豆を500Wの電子レンジで10秒~20秒程温めます。完全に解凍するのではなく、ちょっとだけ解凍してまだ凍っている状態でOKです。

冷凍納豆を包丁で半分にカットし、天ぷら粉と水を合わせた天ぷら液につけます。あとは160度程の油で1分程度揚げれば完成です。めんつゆをかけて食べても良いですし、付属のタレをかけるのも良いでしょう。冷凍された状態なので、納豆をそのまま大葉や海苔などで巻いて揚げるのもおすすめです!

Thumb天ぷらのレシピまとめ!サクサクの衣を簡単で作れる裏ワザレシピを紹介!

余った皮で納豆揚げ餃子

冷凍納豆の活用レシピ②

続いてご紹介する冷凍納豆のレシピは、余った皮で作れる簡単納豆揚げ餃子です。餃子の皮が余った時に活用できるレシピでもあるのでぜひ作ってみてくださいね!こちらも上記の納豆天ぷらと同じように、冷凍納豆を電子レンジで少しだけ温めます。

そして、スプーンですくって餃子の皮の中央に乗せ、包んでいきます。あとは160度程に熱した油で1分程揚げれば完成!冷凍納豆だけでも十分美味しいですが、ピザ用チーズを一緒に入れて包んで揚げたり、ネバネバ仲間のオクラを刻んで入れたり、アボカドと合わせて包んだりとバリエーションが豊富です。

納豆に合う食材はたくさんあるので、ぜひお好みの具材と合わせて餃子の皮で包んで揚げてみてくださいね。春巻きの皮が余った場合にも活用できるので試してみてください。冷凍納豆の良いところは、なんと言ってもネバネバ感が少ないので調理しやすいということです。

餃子の皮で納豆を包もうと思っても、ネバネバで手が汚れてしまったり、上手に包めなかったりしますよね。でも、冷凍納豆であればネバネバがない状態なので手につくこともありませんし、ボロボロとこぼれてしまうこともありません。納豆をそのまま食べるのではなく、調理して食べるという場合にも、冷凍保存がおすすめなのです!

Thumb簡単手作り餃子レシピまとめ!人気の美味しい焼き餃子の作り方とは?

体が温まる納豆味噌汁

冷凍納豆の活用レシピ③

続いてご紹介する冷凍納豆の活用レシピは、解凍せず凍ったまま調理ができる納豆味噌汁です。味噌汁に納豆を入れて食べるという方が多いのをご存知でしたか?東北地方の郷土料理でもある納豆汁にも味噌が入っているので、そこから納豆味噌汁のレシピも多く出回ったのかもしれません。

味噌汁は火にかけて調理するので、冷凍された納豆をそのまま使うことができるので時短で調理ができるのが魅力的なんです。鍋に水と粉末だしを入れ、沸騰したら冷凍納豆も投入します。中火で2~3分混ぜながら煮ていると、納豆がバラバラになっていきます。味噌を溶いて少し火を通せば納豆味噌汁の完成です!

味噌汁の具材は冷凍納豆だけでも十分ボリュームがあり栄養満点ですが、通常の味噌汁のように豆腐やわかめ、玉ねぎなどその他の具材と合わせるとさらに栄養を摂れるのでおすすめです。「意外な組み合わせで美味しい!」と新たな発見になるかもしれませんね。

Thumb美味しいお味噌汁の作り方!簡単なコツやおすすめの味噌を徹底まとめ

お弁当のおかずに納豆卵焼き

冷凍納豆の活用レシピ④

続いてご紹介する冷凍納豆の活用レシピは、お弁当のおかずにもなる納豆卵焼きです。納豆が苦手なお子さんでも、大好きな卵焼きと一緒に食べれば納豆嫌いが克服できるかもしれません。作り方はとても簡単で、冷凍納豆を上記でもご紹介したようにレンジで少し加熱して半解凍の状態にします。

タレを加えてよく混ぜ合わせたらボールに入れ、卵2個、砂糖醤油各小さじ1を加えてさらによく混ぜます。卵焼き用のフライパンにごま油を垂らし、通常の卵焼きと同様の作り方で巻けば完成です。朝の忙しい時間になかなか作れないという方も、前日の夜に作って冷蔵庫に保存しておけば、あとはお弁当箱に詰めるだけなので時短になりますよ。

冷蔵庫で保存しても味は変わらず美味しい納豆卵焼きなので、ぜひ試してみてくださいね。卵焼きのレシピのバリエーションも増えますよ。

Thumb卵焼きレシピ人気ランキング!一位に輝いたのは?白だし入りや甘い卵焼きも紹介

主食にするなら納豆チャーハン

冷凍納豆の活用レシピ⑤

最後にご紹介する冷凍納豆の活用レシピは、納豆ご飯に飽きた時に美味しく食べられる納豆チャーハンです。冷凍した納豆であれば、ネバネバ感も少ないのでパラパラで美味しいチャーハンを作ることができますよ。調味料は、塩、黒コショウ、醤油で味付けすればOKです。

冷凍納豆の入れるタイミングは、納豆以外の具材を炒めて卵を流し入れる時です。事前に、冷凍納豆と卵を混ぜ合わせておけば、あとはその卵液を流し込み、ご飯を入れて混ぜるだけ。調味料で味付けをしてネギを散らせば完成です!

納豆は脇役のイメージがありますが、チャーハンの具材として使うだけで主食に早変わりです。納豆ご飯に飽きてきたなーという場合はぜひ納豆チャーハンを試してみてくださいね。

冷凍納豆を上手に活用しよう!

納豆の冷凍保存方法や解凍方法、そして冷凍納豆の活用レシピをご紹介しました。ご紹介したレシピはどれもすぐに作ることができる簡単レシピでもあるので、ぜひ今晩のおかずにでも作ってみてくださいね。納豆を冷凍保存するというのは意外だったかもしれませんが、納豆を冷凍保存することで料理のレパートリーがグンと増えます。

今まで納豆はご飯の上に乗せて食べるだけだっという方も、ぜひこの機会に納豆の様々なレシピにチャレンジしてみてください。冷凍保存した納豆だからこそ作れるレシピも上手に活用して美味しい冷凍納豆料理を作っていきましょう!

もっと納豆に関する情報が知りたいアナタへ!

Thumb納豆は糖質制限ダイエット中でもOK?カロリーや栄養素はどのくらい?
Thumbキムチ納豆はダイエットに良い!効果的な食べ方やレシピを徹底調査!
Thumbそうめんと納豆を使ったアレンジレシピ!簡単でおいしいぶっかけ料理
Thumbアボカドと納豆で絶品レシピ!2つが合わさると女性にぴったり栄養満点料理

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-24 時点

新着一覧