冷凍肉の賞味期限はいつまで?保存方法や美味しく解凍するやり方を解説

毎日の食事をつくる中で、食事のメインになるのがお肉。栄養も満点で美味しいので人気ですよね。しかし、お肉は賞味期限が短いのてで冷凍している人はいませんか?冷凍するとお肉は長期間の保存ができますが、賞味期限っていつなのでしょうか?今日は詳しく解説します。

冷凍肉の賞味期限はいつまで?保存方法や美味しく解凍するやり方を解説

目次

  1. 冷凍したお肉には賞味期限ってあるの?
  2. ドアの開け閉めなどによってもお肉の賞味期限は短くなってくる
  3. 冷凍した肉の賞味期限は肉の種類や状態によって変わる
  4. 最も賞味期限が長くなりやすい!冷凍した牛肉の賞味期限
  5. お肉の状態によって差が大きい、冷凍した鶏肉の賞味期限
  6. 使いやすく冷凍するのがポイント!冷凍した豚肉の賞味期限
  7. 賞味期限内まで持たせるためにお肉を冷凍する方法とは
  8. ①お肉を小分けにしてラップに包む
  9. ②保存袋にいれてしっかりと口を閉じる
  10. ③金属トレーの上において、冷凍をする
  11. 冷凍したお肉の賞味期限を出来るだけ伸ばしたい!冷凍する時のポイントとは
  12. ①買う時には冷凍するお肉は出来るだけ新鮮なものを選ぶ
  13. ②空気に触れさせないようにすることが賞味期限を長くする
  14. ③冷凍する前にお肉の下処理や下味を付けて冷凍する
  15. ④急速冷凍は賞味期限を伸ばすコツ
  16. 冷凍したお肉の美味しい解凍方法とは
  17. ①冷蔵庫での解凍がベスト
  18. ②急ぎの場合には流水解凍もおすすめ
  19. ③冷凍したお肉の解凍ムラに注意!電子レンジでの解凍
  20. 冷凍したお肉の賞味期限はしっかりと守ろう!

冷凍したお肉には賞味期限ってあるの?

毎日買い物にいって、野菜やお肉を使いきることができたらよいですが、中々そうはいきませんよね。少し余ってしまったり、その日のみの特売であったりすると、ついつい多めにお肉を買ってしまうこともあるかと思います。

そんな時に、お肉の賞味期限内で食べることができたら、良いですが、あまりにも多かったりすると、お肉を冷凍する方法がメジャーになります。冷凍すると、お肉の賞味期限が長くなりますし、毎日買い物に行かなくても使いたい時にすぐに使う事が出来ますよね。

家庭によってお肉の冷凍方法はたくさんありますが、今日は冷凍したお肉の賞味期限や冷凍方法、おすすめの回答方法まで詳しく紹介します!お肉を冷凍する時には是非試してみて下さいね!

冷凍したお肉の賞味期限は重要!

お肉を冷凍すると便利な半面、冷凍肉賞味期限っていつまでなのか疑問に思ったことはありませんか?生で売られているお肉や魚などには表示シールなどに賞味期限が明記されていますが、冷凍しているお肉は賞味期限がわかりにくくなってしまいます。

しかし、もちろん冷凍肉は食べ物ですので賞味期限が存在します。何月何日まで、といった詳しい賞味期限ではありませんが、大まかな食べきる目安となる賞味期限がありますので、しっかりと確認しておく必要があります。

また、冷凍しているとお肉から水分が失われていきますので、お肉の味自体も落ちてきてしまいます。また、冷凍するとお肉自体の細胞を壊してしまいますので、何度も冷凍することも避けたいポイントです。冷凍焼けを起こしてしまったり、冷蔵庫の臭いがうつってしまう可能性もあります。

冷凍したお肉は、そのままのお肉に比べて長い期間保存することができますが、冷凍しても賞味期限内に食べきることが大切です。また、きちんと冷凍しておいても外部からの要因で賞味期限が短くなるケースもあります。

ドアの開け閉めなどによってもお肉の賞味期限は短くなってくる

良く冷凍されて届いたり販売されているお肉もありますが、その賞味期限はかなり長くなっていますよね。しかし、家庭で冷凍したお肉は販売されている冷凍肉よちもかなり賞味期限は短くなります。理由としては、元々冷凍肉として売られているお肉は、冷凍する機械などのそれ専用の機械を使っていますし、パワーが家庭用の冷蔵庫とは全く違います。

旨味や水分を損なわずに、一気に冷凍シてしまいますので、何ヶ月も冷凍保存が可能になり賞味期限も必然的に長くなります。しかし、家庭用の冷蔵庫で冷凍させたお肉はやはりパワーも劣りますし、冷凍する時間もかかってしまいます。

また、家庭で保存している冷凍肉の場合にはドアの開け閉めの回数でかなり賞味期限が短くなってきます。1回空けるごとに温度は一気に上がってしまいますので、冷凍庫内の温度も夏場などは3度程度上がることもあります。冷凍庫内の温度が上がるとその分冷凍肉の品質も悪くなってしまいます。賞味期限も短くなってしまいますので、家庭で保存しておく冷凍肉は出来るだけ早めに使いきるのがベストです。

冷凍した肉の賞味期限は肉の種類や状態によって変わる

では、冷凍したお肉の賞味期限ってどのお肉も一緒だと思っていませんか?実は鶏肉や豚肉、牛肉によっても冷凍肉の賞味期限は異なりますし、ミンチなのか、薄切りになっているのかでも賞味期限はかなり変わってきます。お肉であれば、冷凍することは可能ですが、しっかりと賞味期限を考えてレシピを考える必要があります。

賞味期限の長さ純に表すと、かたまり肉、厚切り肉、ブロック肉、薄切り肉、ミンチの順番になります。空気にふれる面積が小さいほど賞味期限は長くなります。また水分が多いと雑菌が繁殖することがありますので、水分が少ない肉のほうが賞味期限が長くなります。ですので、牛肉、豚肉、鶏肉の順番に賞味期限が長くなります。

では、それぞれのお肉の賞味期限を紹介します。あくまでも目安になりますので、賞味期限までに使いきる方が味も美味しいお肉を味わうことができますよ。

最も賞味期限が長くなりやすい!冷凍した牛肉の賞味期限

お肉の中でも高価になるのが牛肉ですよね。牛肉はお肉そのものに含まれている水分が少ないので、冷凍した場合でも比較的長めの賞味期限になります。牛肉の賞味期限としては牛かたまり肉の場合約4週間~6週間、薄切り肉やステーキ肉の場合は約3週間程度、牛ミンチの場合には約2週間~3週間程度になります。

牛肉の場合、値段も高くなることが多く、少しでも安い時に買って冷凍しておくという人が多いですが、牛肉の場合ステーキなどにすると、お肉の味そのものが左右しますので、出来るだけ早めに調理してしまうことがベターです。

Thumbコストコの肉の値段が安い!牛肉でバーベキューがおすすめ!

お肉の状態によって差が大きい、冷凍した鶏肉の賞味期限

鶏肉は栄養価も高く、リーズナブルなので家庭でも良く登場することが多いですよね。鶏肉の場合、部位も多くささみや胸肉、もも肉といった色々なアレンジが出来るのも魅力です。しかし、鶏肉は水分がお肉の中でも多くなりますので、冷凍しても賞味期限は早くなります。

鶏肉は冷凍したら優先的に使っていくことがよい方法ですので、煮込みや揚げ物、炒め物などにどんどん使っていきましょう。鶏肉を冷凍した場合の賞味期限ですが、鶏1枚肉で約2週間~3週間、ささみなどの棒状の肉で約2周間程度、鶏ミンチにいたっては賞味期限は約1週間になります。

冷凍しても鶏ミンチなどは1週間程度で食べ切らないといけませんので、出来るだけ使っていきましょう。鶏ミンチの場合には、長期間保存するというよりも、一時的に冷凍して保存していると考えるようにしましょうね。

Thumb簡単で美味しい鶏肉レシピ25選!胸肉・もも肉を使った節約料理は?

使いやすく冷凍するのがポイント!冷凍した豚肉の賞味期限

豚肉は小間切れになっていて使い安い上に、こちらもリーズナブルな値段のお肉で家計を支えてくれるお肉ですよね。豚肉の場合、使用する機会が多いので、小分けに冷凍するのがベストです。使う分だけ考えて冷凍すると、料理をする場合にも、とても助かりますよ。

豚肉を冷凍した場合の賞味期限ですが、豚かたまり肉で約4週間程度、厚めのステーキ肉で約3週間、薄切り肉やブロック肉は約2週間~3週間程度の賞味期限になります。豚肉の場合には、お肉の状態が色々なパターンがありますので、使う可能性がある豚肉を小分けに冷凍するようにしましょう。

Thumb離乳食に豚肉はいつから?部位や冷凍保存・後期レシピの作り方は?

賞味期限内まで持たせるためにお肉を冷凍する方法とは

お肉やお肉のカット方法によってもかなり冷凍肉の賞味期限の差があることがわかりますね。冷凍した場合には長期間の保存は可能になりますが、お肉についた菌が死滅することはありませんし、長期間冷凍していた肉は冷凍焼けになってしまい味も損なわれてしまいます。

しかし、やはりどうにかして冷凍肉の賞味期限をギリギリまで持たせたいというのが、主婦や料理をする人の本音ですよね。冷凍肉の賞味期限が長くなれば、買い物に行く手間もはぶけますし、子育てや仕事で忙しくて買い物をする時間が惜しい人もいます。

賞味期限の伸ばすことは節約にも繋がる

冷凍肉の多くは余ったお肉というケースもありますが、多くは安い時に多めに買っておいて冷凍し料理に使いたいというものですよね。安い値段の時に買っておき、冷凍しておくと節約にも繋がりますし、もちろん時短にもなりますので、おすすめの方法です。

では出来るだけ冷凍肉の賞味期限を伸ばすにはどのようにすればよいのでしょうか?家庭用の冷蔵庫でも出来る冷凍肉の保存方法を紹介します。この方法はお肉だけでなく、魚などでも応用することが出来ますので是非覚えておいて下さいね。

①お肉を小分けにしてラップに包む

まずはお肉を必要になる分だけ、小分けにしましょう。おすすめなのは100g単位で小分けにすること。そうすると使いたい時に100g単位で使うことが出来ます。料理に使うお肉の量はだいたい100g単位のことが多いので、小分けにして包んでおくと便利ですよ。

また小分けにして包んでおくと、空気に触れる面積が少なくなりますので、お肉の雑菌が繁殖するのを最小限に抑えることができます。必要な分だけ、使えるようにまた、雑菌の繁殖を抑えるためにも小分けにして冷凍しましょう。

また、ラップよりも真空状態に近い状態にするプレスシールなら、さらに空気に触れないで済みますし、解凍した場合にも汁がたれずにすみますよ。

②保存袋にいれてしっかりと口を閉じる

小分けにして包んだら、密閉できる保存袋にいれてしっかりと口を閉じましょう。いくらラップをしていても、保存袋にいれて口を閉じていないと、すぐにお肉は劣化してしまいます。保存袋にいれて冷凍するようにしましょう。

また、保存袋にいれた場合でも空気を出来るだけぬいて冷凍するのがポイントです。真空状態にするのが理想ですが、中々そんなに真空状態にすることはできませんよね。少しでも空気を抜く方法で、手で押さえるよりもストローを保存袋に入れて空気を抜くように吸いましょう。

空気を抜ききってしまうと保存袋のファスナーをしっかりと閉めましょう。保存袋は必ず冷凍保存用のものを使うようにしましょう。しっかりと冷気や冷蔵庫の臭いを遮断してくれますよ。

③金属トレーの上において、冷凍をする

小分けに入れて保存袋をしっかりと密閉したら、金属トレーにいれて、冷凍庫へ入れましょう。そのまま冷凍すると、やはりどうしても家庭用の冷蔵庫だと冷凍するのに時間がかかってしまいます。少しでも冷凍時間を短くするのに、金属トレーにおいて冷凍しましょう。

金属トレーだと熱伝導率が高いので、熱を奪いやすくなり、急速冷凍することができます。金属トレーは100円均一にも売られていますので、1つ持っておくと便利ですよ。また、冷蔵庫に、急速冷凍の機能がある場合にはそちらも一緒に使うと、さらに効果が上がりますよ。

冷凍したお肉の賞味期限を出来るだけ伸ばしたい!冷凍する時のポイントとは

冷凍したお肉を出来るだけ、賞味期限まで持たせたいですよね。先程紹介したように、ドアの開け閉めなどの回数や、冷凍庫内がどれだけ詰まっているか、冷凍肉を置いている場所などによっても賞味期限は刻々と変化してしまいます。

出来るだけ賞味期限を伸ばすためにも、ドアの開け閉めは最小限にする、冷凍庫内は余裕を持っていれておくなど外部から工夫する方法も大切です。しかし、それ以外でもお肉を冷凍する場合のポイントや注意点を紹介します。

①買う時には冷凍するお肉は出来るだけ新鮮なものを選ぶ

最初かた冷凍する予定で、お肉を購入する場合には買う時に出来るだけ新鮮なお肉を選ぶようにしましょう。表示シールに賞味期限が明記されていますので、その賞味期限が長いものを購入するのはもちろんのこと、お肉の横に解凍と表示されているものよりは、そうではないお肉の方がおすすめです。

冷凍すると、お肉の細胞を壊してしまうことになりますので、何回も冷凍してしまうとお肉の栄養だけでなく品質なども衰えさせてしまいます。冷凍する場合には、買う時にも新鮮なお肉にするようにしましょうね。

②空気に触れさせないようにすることが賞味期限を長くする

小分け冷凍するのと同じですが空気に触れると、お肉の品質も落ちてしまいます。空気に触れないように出来る限り、真空状態やラップをして保存するようにしましょう。もちろんお肉の状態によっても異なりますので、ミンチの場合にはすぐに使うようにしましょう。

水分があると雑菌が繁殖しやすいですが、また、空気に触れることが多い場合でも雑菌の繁殖を助長したり、お肉を酸化させてしまうこともあります。空気にに触れないように、ラップや保存袋で外気から遮断してしまうようにしましょう。

③冷凍する前にお肉の下処理や下味を付けて冷凍する

もしもたくさんお肉がある場合には、何もしないまま小分けにして冷凍するのではなく、下処理や下味をつけて冷凍する方法もおすすめ。加熱処理をすると、雑菌を死滅させた状態で冷凍することができるので、品質の劣化を抑えることができます。

また、鶏肉だと唐揚げにしておいたり豚肉でトンカツにしておく、ミンチは味をつけてそぼろにして冷凍しておくとお弁当などに使う時にも便利ですし、長く保存することも出来ますよ。また、加熱処理しなくても調味料で下味をつけたまま冷凍するのも、冷凍方法でおすすめです。

調味料による下味などは、殺菌の繁殖を抑える事が出来ますし、解凍してそのまま調理することが出来ます。時短にもなりますので、たくさんお肉を冷凍する場合には下味や下処理をして冷凍しましょう。

④急速冷凍は賞味期限を伸ばすコツ

冷凍肉として販売されているお肉は、業務用の力のある冷凍庫で一気に冷凍しているので、お肉の品質も保ったまま冷凍することができます。しかし家庭用の冷蔵庫には、業務用ほどのパワーはありませんので、出来る限り急速冷凍させるように工夫する必要があります。

冷凍する時に急速冷凍をすることは、冷凍肉の品質や賞味期限を長くするためのコツになります。金属トレーの中でも、特に熱伝導率が良いのがアルミトレーです。アルミトレーの上にラップで包み保存袋にいれたお肉を、乗せて冷凍するようにしましょう。

また、今は冷凍庫に急速冷凍する機能が搭載されている高機能な冷蔵庫も販売されています。冷蔵庫に急速冷凍が可能な機能があれば、そちらも一緒に使うようにしましょう。一緒に使うことで、急速冷凍の時間が早まりますし、お肉の品質も損なわずにすみます。また、良く冷凍することが多い場合にはこのような冷蔵庫を探してみるのも、おすすめの方法です。

冷凍したお肉の美味しい解凍方法とは

では、冷凍したお肉を食べる時に注意したいのが解凍方法です。きちんと冷凍した場合でも解凍方法が、ちゃんとした手順じゃないとせっかく保っていたお肉の品質を落としてしまうことになります。冷凍したお肉はかならず解凍方法も合わせて覚えておきましょう。

では、冷凍したお肉の正しい解凍方法を紹介します。お肉を解凍する方法は意外と、正しい方法を知らないことが多いですよね。しかし、きちんとした解凍方法をするのとしないのでは、お肉の味が全然違いますので、正しい解凍方法を試してみて下さいね。

Thumb冷凍エビのおいしい解凍方法を紹介!臭みなし・プリプリにするコツは?

①冷蔵庫での解凍がベスト

冷凍肉の解凍方法では、冷蔵庫での解凍がもっとも適しています。冷蔵庫で解凍する場合には、前日に保存袋に入れたまま冷蔵庫に入れましょう。時間としては、約10時間程度かかってきますが、お肉の品質を損なわずに解凍することができます。

冷凍肉の温度と、外気の温度の差が強いと、お肉の旨味であるドリップが流れでてしまいます。冷蔵庫にいれて解凍すると、お肉と外気との温度差が少なくなりますので、冷蔵庫で解凍するとお肉が美味しいまま調理することができます。

冷凍肉の場合には、調理することも考えると全て解凍するよりも半解凍で調理することがおすすめです。旨味も閉じ込めたままの状態で、調理することができますので、美味しい料理を作ることができますよ。

②急ぎの場合には流水解凍もおすすめ

冷凍肉を解凍する場合には、冷蔵庫での解凍が最もベストですが、急にメニューが変更してしまったりお肉が必要になる場合がありますよね。そんな時には、冷蔵庫での解凍だと時間がかかりすぎてしまいます。そんな時には、流水解凍がおすすめです。

流水解凍は、ボールに水道から水を少しずつ入れておき口をしっかりと閉じた保存袋に入れられた冷凍肉を、漬けておきます。そうすると、徐々に冷凍肉が解凍されていきますので、お肉の旨味も損なわずに解凍することができます。

解凍時間としては約15分程度になりますので、冷蔵庫での解凍に比べるとかなり時間が短くなりますよね。当日少しまだ余裕がある場合や、調理をする時間までに時間がある場合には、便利な解凍方法です。

③冷凍したお肉の解凍ムラに注意!電子レンジでの解凍

すぐにでも解凍して冷凍肉を使いたい場合に、もっとも適しているのが電子レンジでの解凍です。電子レンジでの解凍でのメリットは、なんといっても瞬時に解凍することができるという事です。忙しい時や、うっかり冷凍肉を解凍し忘れた場合などに電子レンジは活躍します。

しかし、電子レンジの解凍はデメリットもあります。すぐに解凍できる分、解凍した肉にムラが生じてしまうことが多いです。お肉と外気との温度差が大きくなりますので、旨味のドリップが多く流れ出してしまう危険もあります。

電子レンジでの解凍する場合には、設定温度を低くしゆっくりと解凍するのがおすすめ。お肉自体は半解凍でも調理することが出来ますので、全て解凍してしまわずに半解凍くらいで調理するようにすると、お肉の旨味も残したまま調理することができます。

しかし、今は電子レンジが高機能になっていますので冷凍肉の解凍機能であったり、温度調節することができますので、冷凍肉でも美味しく解凍することができる電子レンジが販売されています。冷凍肉を解凍する時に、電子レンジを使用することが多い方は、こういった高機能の電子レンジを購入するのもおすすめの方法です。

冷凍したお肉の賞味期限はしっかりと守ろう!

冷凍したお肉は、使いたい時にすぐに使うことが出来ますし、忙しい時や時間がない時などには、助かる方法ですね。しかし、冷凍する場合には、きちんと冷凍する方法を守って冷凍するのが冷凍肉の賞味期限や冷凍肉の旨味を維持するために大切になります。

しかし、冷凍肉を多くしてしまうと賞味期限があやふやになってしまったり、賞味期限をこえてしまうことがあります。冷凍肉となっていても、お肉そのものについている雑菌は増えてしまったり、冷凍焼けしてしい結局お肉をダメにしてしまうことがありますので、きちんと賞味期限を把握しておくことが大切です。

賞味期限がきちんと明記されていない分、賞味期限内でも早めの消費を

特にミンチなどの、予め細かくなっていたり空気にふれているお肉はお肉の劣化が激しくなりますので、冷凍してもすぐに使ってしまうことがベストです。賞味期限はあくまでも目安になりますので、早めに調理したり、下処理したりするようにしましょう。

賞味期限がきちんと明記されているわけではないので、冷凍してしまうと忘れてしまうこともあります。そうならないように、保存袋などに賞味期限の日にちを書いておくなど工夫すると忘れにくくなりますよ。今日の冷凍肉の保存方法や解凍方法を是非試してみて下さいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧