3歳児の睡眠時間は?理想の就寝時間や遅くなってしまう時の対処法

3歳児の睡眠時間は、毎日10時間から13時間必要だと言われています。理想の睡眠時間に近づけるためには、起床時間や就寝前の過ごし方がポイントとなります。3歳児の理想の睡眠時間や、就寝時間が遅くなってしまう時の対処法をまとめました。

3歳児の睡眠時間は?理想の就寝時間や遅くなってしまう時の対処法

目次

  1. 3歳児の睡眠時間は?理想の睡眠や対処法
  2. 睡眠が大切!3歳児の睡眠の影響について
  3. 起床時間がポイント!3歳児の生活リズム
  4. 日本の他の国と比べて睡眠時間が短い!
  5. 3歳児のお昼寝について!時間や必要性は?
  6. 理想のお昼寝!3歳児にベストな睡眠時間
  7. 3歳児の睡眠不足とは?判断基準をチェック
  8. 3歳児の睡眠時間と質をあげる方法とは
  9. 3歳児の睡眠で意識したいポイントとは
  10. 寝かしつける方法や就寝時間の過ごし方
  11. 3歳児におすすめ!快適寝かしつけグッズ
  12. 新生児から幼児の理想の睡眠時間について
  13. 幼稚園児から小学生低学年までの睡眠時間
  14. 小学生中学年以降の理想的な睡眠時間は?
  15. 3歳児の睡眠時間は大事なポイント!

3歳児の睡眠時間は?理想の睡眠や対処法

3歳児の睡眠時間は、10時間から13時間必要と言われています。日本の家庭は海外の国と比べて、子供の睡眠時間が短いことが分かっています。睡眠時間が短いと、成長などに影響が出る場合があるようです。理想の睡眠時間に近づけるために、日々意識することがポイントです。3歳児の睡眠時間についてご紹介します。

睡眠が大切!3歳児の睡眠の影響について

3歳児にとって、睡眠は大事な成長のポイントになります。睡眠は体力回復、記憶力、免疫力を向上させる役割があります。また睡眠中にホルモンバランスが分泌されるので、睡眠の質も重要になります。育児の中で3歳児が一日に必要な理想の睡眠時間は、約10時間から13時間と言われています。

3歳児に必要な睡眠時間

育児の中で3歳児に必要な、一日の睡眠時間は約10時間から13時間ですが、育児生活の実態では中々実践できていない人が多いようです。大人と同じような生活リズムになっている子供もいるため、育児生活の中で意識することが大事です。睡眠時間が短いと、成長などに影響があると言われています。

3歳児の睡眠

3歳児の睡眠は、起床時間がポイントになります。起床時間を決まった時間に決めておくことで、生活リズムが整いやすいです。また就寝前の過ごし方を工夫すると、良いようです。就寝前を落ち着いて過ごすことによって、すんなりと寝てくれる場合が多いです。そうすると、決まった起床時間に起きやすいです。

起床時間がポイント!3歳児の生活リズム

3歳児の睡眠時間は、起床時間を決めておくことがポイントとなります。育児の中で起床時間を決めることで、理想の睡眠時間に近づくことができます。3歳児の睡眠時間が短い人も、睡眠時間を見直すきっかけにもなります。3歳児の起床時間は育児の生活実態として、朝6時半から7時半が目安となっています。

3歳児の睡眠時間のポイント

3歳児の睡眠時間の実態は、睡眠時間が短い傾向にあります。そこで生活リズムをある程度決めておくことで、理想の睡眠時間に近づくことができます。3歳児の睡眠時間は、日中に遊びの時間を設けることで、睡眠の質が上がります。またお昼寝の時間を決めておくことも、育児生活の実態のポイントです。

3歳児の睡眠時間と生活リズム

3歳児の理想の生活リズムは、起床時間は朝6時半から7時半です。朝食を取り午前中は外遊びや室内遊びをします。昼食をとり、約2時間程度お昼寝をします。お昼寝は15時までが目安となります。お昼寝が終わったら室内遊びをして、夕食となります。夕食が終わったらお風呂に入れ、7時まで寝る準備ができていることが理想です。

日本の他の国と比べて睡眠時間が短い!

日本は他の国と比べて、子供の睡眠時間が少ないことが研究で分かっています。日本の子供は、平均的に22時以降に寝る子もいるようです。その数は年々増加していて、日本の子供の睡眠時間は短いと言われています。3歳児の理想の睡眠時間をとるためにも、起床時間などに工夫が必要となります。

日本の寝かしつけについて

日本の育児では、添い寝をする人が多い傾向にあります。添い寝をすることで、子供が大人の生活リズムに合わせた、睡眠時間になりやすいようです。海外では子供一人で寝る家庭や、ベビーベッドで寝る家庭が多いので、比較的に睡眠時間が長いようです。育児の中で、ポイントとしたいことの一つです。

3歳児のお昼寝について!時間や必要性は?

3歳児にお昼寝が必要な理由は、睡眠不足を確保する意味もありますが、様々な意味があります。まずは体力回復です。3歳児は何事にも興味を持つ時期なので、体力を使います。3歳児が日中にお昼寝をすることによって体力を回復し、さらに集中力を高める役割がお昼寝にはあります。お昼寝は、起床時間がポイントとなります。

3歳児にお昼寝時間

3歳児のお昼寝は、昼食後が良いようです。昼食を食べた後の12時半から15時までの間が、良いとされています。15時以降まで寝かせてしまうと、夜の睡眠に関わる場合があります。しかし育児の実態として、子供が寝ている間に家事を済ますという人も多いです。そのため夜更かしする子供が多く、結果的に睡眠時間が短くなってしまう傾向にあります。

3歳児のお昼寝の必要性

3歳児のお昼寝は、生活リズムの中に取り入れることが最適です。生活リズムの中に取り入れることによって習慣化しやすく、理想の睡眠時間をとれる可能性が高いです。また生活リズムの中にお昼寝を取り入れることによって、予定が立てやすくなります。理想の睡眠時間に近づくポイントです。

理想のお昼寝!3歳児にベストな睡眠時間

3歳児の理想のお昼寝時間は、約1時間から2時間程度です。2時間以上寝てしまうと、夜寝れなくなってしまう子が多いようです。またお昼寝する時間も、大事なポイントとなります。お昼寝をする時間は、昼の12時半から15時までの間が理想です。比較的に実践しやすいポイントとなっています。

お昼寝をする上で大事なポイント

お昼寝をする上で大事なポイントは、午前中に太陽の光を浴びることです。午前中に太陽の光を浴びさせることによって、お昼寝しやすくなります。午前中に太陽の光の光を浴びると、免疫力も付くのでおすすめとなります。また子供が昼寝をしやすいような、環境を作ってあげることも肝心です。

お昼寝しやすい環境

子供がお昼寝しやすい環境は、薄暗い適した温度の部屋です。お昼寝に適した環境にいると、落ち着いた雰囲気で寝ることができます。またママやパパが、隣にいることもポイントです。子供はママやパパが隣にいると安心するので、添い寝をすると比較的にすんなり寝てくれる場合が多いです。

3歳児の睡眠不足とは?判断基準をチェック

3歳児の睡眠不足は、近年多くなってきた育児の実態です。子供が睡眠不足になると、集中力が続かない、情緒不安定になる、免疫力が低下する、などの影響がある場合があります。子供の睡眠時間は、育児の中で起床時間や就寝時間を意識することで、短い睡眠時間を改善することができます。

子供の睡眠不足のサイン

3歳児の子供が睡眠不足を表しているサインは、様々な判断基準があります。その中の一つは、朝起きることができないことです。起床時間に起きることができない時は、子供の睡眠時間が短い場合があります。その場合は子供の理想の睡眠時間に合わせて、寝かしつけることがポイントとなります。

睡眠不足について

子供の睡眠不足は、これからの成長に関わることなので、大事な育児のポイントとなります。子供の睡眠不足が進んでしまうと、勉強についていけなくなってしまう場合があります。また子供の睡眠時間が少ないと、集中力が長く続かない傾向にあります。育児の実態として、改善しにくい部分はありますが気を付けたいポイントです。

3歳児の睡眠時間と質をあげる方法とは

3歳児の睡眠時間の質をあげる方法とは、昼寝の時間を意識することです。昼寝の時間を意識することで、睡眠の質が変わります。3歳児の昼寝の時間は、15時前までがおすすめとなります。15時以降にお昼寝すると、夜の睡眠時間が短い時間になってしまう場合があります。また睡眠の質が落ちてしまう傾向にあります。

睡眠時間を長くする方法

睡眠時間が短い3歳児は、睡眠時間を長くすることから始めると良いです。育児生活の実態は、大人の生活リズムと似た生活を送っている子供も多いようです。そのため子供の睡眠時間を長くしたい方は、決まった時間に寝かしつけることがポイントです。育児生活の中で、意識することが大事です。

睡眠の質をあげる方法

睡眠の質をあげる方法は、日中に沢山遊ぶことです。日中に沢山遊び、疲れた状態で就寝時間を迎えることによって、質の良い睡眠をとることができます。また起床時間に太陽を浴びさせることも、効果があるようです。睡眠時間が短い時間でも起床時間に太陽を浴びることによって、体内が切り替わります。

3歳児の睡眠で意識したいポイントとは

子供は、親や兄妹の生活リズムに合わせる傾向にあります。そのため短い睡眠時間となってしまいます。短い睡眠時間になってしまうと、成長や記憶力に影響がでてしまう可能性があります。また育児生活の実態として家庭が忙しいと、決まった就寝時間に寝かしつけられない場合もあるようです。

睡眠時間

3歳児の睡眠で意識したいポイントは、睡眠時間と寝る時間です。睡眠時間をしっかりととっている場合も、寝る時間が遅いと成長ホルモンの分泌に、影響がでる可能性があります。そのため3歳を寝かしつける時間は、夜の19時や20時が理想です。また起床時間は、朝の6時や7時が良いようです。

寝かしつける方法や就寝時間の過ごし方

3歳児の寝かしつけ方法は、テレビやスマートフォンを見ないことや、落ち着いた環境を作るなどの方法があります。育児生活の実態では、携帯電話やタブレットを見ないと、寝ないという子供もいるようです。就寝前にスマートフォンやタブレットを見ると、睡眠時間が短くなってしまう場合があります。

寝かしつけ方法

3歳児は寝る前に、お風呂に入ることが良いようです。寝る前にお風呂に入り、体を温めることによって、睡眠の質が上がります。お風呂に入ってから寝る習慣を付けることによって、理想の生活リズムに繋がります。睡眠時間が短い傾向にある人は、生活リズムを習慣付けることがポイントとなります。

3歳児に就寝時間の過ごし方

3歳児の寝る前の過ごし方は、落ち着いた雰囲気で過ごすことです。周りが騒がしいと、目が覚めてしまうことがあるので、ゆっくりと過ごすことがポイントとなります。睡眠時間が短い人も、気軽に試すことができます。また育児生活の実態として、兄弟が多い家庭は睡眠時間が短い傾向にあるようです。

3歳児におすすめ!快適寝かしつけグッズ

3歳児におすすめの寝かしつけグッズは、アロマです。アロマをたくことによって、リラックス効果があり、落ち着いて過ごせる場合があります。アロマの香りは、ラベンダーやベルガモットの香りが良いようです。夜泣き対策にもおすすめとなっています。育児の中で実践しやすいグッズです。

おそらの絵本

3歳児におすすめの寝かしつけグッズは、おそらの絵本です。おそらの絵本は、プロジェクターで絵本を見ることができます。スマートフォンを使って見ることができるので、寝る前の時間をゆっくりと過ごすことができます。育児生活の実態として、親子で楽しめる寝かしつけグッズがおすすめです。

アクアタートル

アクアタートルは、寝る前にゆっくりと過ごすことができる人形のアイテムです。カメの人形は約30センチメートルなので、気軽に持ち運ぶことができます。カメの人形の甲羅部分からは、優しい光や柔らかい光がでます。穏やかに寝ることができるのでおすすめです。理想の就寝に近づきます。

新生児から幼児の理想の睡眠時間について

0か月から3か月の新生児の理想の睡眠時間は、14時間から17時間必要と言われています。新生児の睡眠時間は長いですが、眠りが浅い場合が多いです。そのため昼夜逆転してしまう子もいます。生後4か月目からは睡眠のリズムも変わってくるので、睡眠のリズムを合わせることが良いようです。

新生児の理想の睡眠時間

4か月から11か月までの睡眠時間は、12時間から15時間必要と言われています。長時間寝てくれる子供もいれば、夜泣きがひどい子もいます。日中に沢山遊ばせたり、スキンシップをとったりして、長時間寝てくれるようにしましょう。育児生活の実態として、中々実践できない場合もあるようです。

幼稚園児から小学生低学年までの睡眠時間

3歳児も含まれる幼稚園児の理想の睡眠時間は、10時間から13時間と言われています。また保育園は、お昼寝の時間がある保育園があります。育児生活の実態として、お昼寝の時間が長いため、中々寝付いてくれない子供もいるようです。その際は、保育園の先生に相談してみても良いようです。

幼稚園児の睡眠時間

小学生低学年の理想の睡眠時間は、9時間から11時間と言われています。小学生低学年は新たな勉強も始まり、比較的にすんなり寝てくれる子供が多いようです。また日中は、遊ばせることがおすすめです。日中に沢山遊ばせることによって体が疲れ、夜はすんなり寝てくれる場合が多いです。

小学生中学年以降の理想的な睡眠時間は?

小学生中学年や高学年の理想の睡眠時間は、9時間から11時間となります。小学生は成長の大切な時期なので、質の良い睡眠を取ることが大事です。また睡眠時間は9時間から11時間ですが、寝る時間もポイントとなっていきます。小学生が寝る理想の時間は、18時や19時前後が最適のようです。

中学生や高校生の睡眠時間

中学生や高校生の理想の睡眠時間は、8時間から10時間と言われています。中学年や高校生の睡眠時間の実態は、6時間以内の短い睡眠時間の子供も多いようです。しかし学校に通っている場合、起床時間が同じなので生活リズムは比較的に整いやすいようです。意識することで、睡眠の長さが変わってきます。

3歳児の睡眠時間は大事なポイント!

3歳児の睡眠は、これから成長する上で大事なポイントとなります。睡眠は成長ホルモンを分泌させたり、免疫力向上に繋がります。睡眠の質も大事ですが、睡眠時間の長さも肝心です。理想の睡眠時間に近づけるよう、日々意識することが大切です。3歳児の睡眠時間について知りたい方は、是非参考にしてみてください。

もっと睡眠時間について知りたいあなたへ

Thumb日本の子供は睡眠時間が短い?年齢・年代別の平均や理想の時間を調査
Thumb生後3ヶ月の体重や睡眠時間はどのくらい?平均身長や育児のポイントを調査!
Thumb赤ちゃんがよく寝る・睡眠時間が長いのは大丈夫?起こす目安・対処法

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-15 時点

新着一覧