唐揚げリメイクの人気レシピ特集!甘酢を使った簡単美味しい中華や丼など

子供も大人も大好きな唐揚げ。お店で売っている唐揚げも美味しいですが、やはり自分の家で食べる唐揚げは格別ですよね。でも、家でつくると唐揚げを余ってしまいませんか?そんな時には、唐揚げのリメイクをしてみませんか?今日は唐揚げのおすすめリメイクレシピを紹介します!

唐揚げリメイクの人気レシピ特集!甘酢を使った簡単美味しい中華や丼など

目次

  1. たくさん作った唐揚げ、リメイクしさらに美味しくしてしまおう!
  2. 基本の唐揚げレシピ
  3. 冷めて水分を含んだ唐揚げはオーブントースターで復活させよう!
  4. 唐揚げが余ったらどうしたら良い?唐揚げの保存方法
  5. 唐揚げの中華のリメイクレシピ
  6. 【リメイクレシピ①】たっぷり野菜と甘酸っぱいあんがおいしい!唐揚げの甘酢あん
  7. 【リメイクレシピ②】エビが苦手な人にもおすすめ!唐揚げのエビマヨ風
  8. 唐揚げの洋風リメイクレシピ
  9. 【リメイクレシピ③】ランチにもちょうどよい、唐揚げサンドイッチ
  10. 【リメイクレシピ④】カフェ風ご飯におすすめ!スキレットで唐揚げドリア
  11. 唐揚げがあると簡単!お手軽な丼へのリメイクレシピ
  12. 【リメイクレシピ⑤】さっぱりおいしい唐揚げのみぞれ丼
  13. 【リメイクレシピ⑥】熱い夏に食べたくなる!韓国風甘辛丼
  14. サラダに唐揚げを乗せるだけでも、ボリューミーになる!
  15. 唐揚げはどんなリメイクも美味しくなる!

たくさん作った唐揚げ、リメイクしさらに美味しくしてしまおう!

唐揚げといえば、家庭料理だけでなくお店や居酒屋でも人気のメニューですよね。味が濃いめでサクサクの衣に、ジューシーな鶏肉は想像するだけでも、お腹が空いてきてしまいます。唐揚げはお肉屋さんなどで、揚げたてを販売してくれる所もありますが、家庭でつくるとリーズナブルな上にたくさん作ることができます。

カットした鶏もも肉を合わせ調味料に漬けておくだけで、味はしっかりと付きますし、後は衣につけて揚げるだけなので、失敗することが少なく美味しく作ることができます。しかし、美味しい唐揚げをたくさん食べたいと思って作ると、意外と余ってしまった、なんてことありませんか?

唐揚げを元に和洋中どの料理にもリメイク出来る!

唐揚げがたくさん余ってしまった場合には、是非リメイクレシピを試してみませんか?唐揚げはもう味がしっかりと付いていますので、ちょっと味を足したり調理をするだけでさらに美味しいリメイクをすることができます。

また、唐揚げは和食、洋食、中華どの料理にも簡単にリメイク出来ますので、料理が苦手な方でも美味しい料理を作ることができますよ。また、唐揚げのリメイクだと一緒に野菜も摂ることが出来ますので、栄養バランスも整えることができます。

たくさん唐揚げが余った時には、是非リメイクレシピを試してみて下さい!どのレシピも美味しいですし簡単につくれますよ。

基本の唐揚げレシピ

唐揚げがたくさん余った、という前にまずは基本となる唐揚げのレシピを紹介します。唐揚げは先程紹介したように、合わせ調味料に漬けておくことが重要になります。鶏もも肉を買ってきた時に、下味をつけたまま冷凍しておくとお肉の劣化を防ぐことができますし、解凍すればすぐに作ることが出来ますのでおすすめです。

唐揚げの必要となる材料

唐揚げを作るのの必要となる材料は、鶏もも肉300g、合わせ調味料【おろしにんにく1片、おろしショウガ1片、酒大さじ2、醤油大さじ1と2分の1、ごま油小さじ1】、卵半分、片栗粉大さじ2、小麦粉大さじ2になります。

この他に揚げ油が必要になりますが、油の量はそれぞれの家庭にある揚げ物用の鍋に必要な量にしましょう。また、揚げ油は新しい油の方がカラッと揚がり、臭いも気にならないので、新しい油を用意しましょう。

唐揚げの基本レシピ

唐揚げの作り方は、鶏もも肉を1口大サイズにカットします。この時余分な油や筋は取り除いておきましょう。そして、カットした鶏もも肉をビニール袋にいれて、合わせ調味料を入れしっかりと揉み込みます。この時しっかりと揉むと味が鶏もも肉につくのが早くなります。

そして、揉み込んだ鶏もも肉をそのまま冷蔵庫で30分~1時間程度寝かせましょう。その後、解きほぐした卵を同じビニール袋にいれ、また良く揉み込み、そのまま30分程度冷蔵庫で寝かせます。もしも急いでいて、すぐに作りたい場合には、冷蔵庫で寝かせる作業は省いても大丈夫です。

そして、片栗粉と小麦粉を混ぜ合わせたものを、同じようにビニール袋に入れまんべんなく行き渡るようにしましょう。この間に、揚げ油をお鍋に入れておき、温度を160度に設定しておきます。IHなどで温度設定がしやすい人は温度設定で大丈夫ですが、温度がわからない場合には菜箸を鍋に入れて泡が少しでる程度になるまで温度を上げましょう。

揚げ油が温まったら、鶏もも肉を入れて揚げていきます。まだ完全に火が通りきらない状態で色も薄い時に一度取り出しましょう。その後鶏もも肉全体をアルミホイルでカバーして予熱で火を通します。時間にしたら5分程度になります。

その後揚げ油の温度を180度の高温に設定して、もう一度鶏もも肉をいれてカラッと揚げていきます。この時は、衣の色もちょうど良い茶色になるまで揚げましょう。2度揚げすることで、衣はカラッとして、中はジューシーになります。

Thumb鶏胸肉の唐揚げ!簡単に美味しくジューシーに仕上げるコツは?

冷めて水分を含んだ唐揚げはオーブントースターで復活させよう!

唐揚げはやはり揚げたての衣がサクサクしている時が、最高ですよね。ご飯はもちろんのこと、ビールも進みます。しかし、時間が立ってくると衣も水分を含んできますし、美味しさも半減してしまいます。また、家族が仕事などで食べる時間がバラバラになった時も、やはり美味しい唐揚げを食べて欲しいですよね。

そんな時、揚げたてに出来る限り近い状態にすることができるのが、オーブントースターです。オーブントースターを使って温めると、揚げたてには及びませんがサクサクの衣が復活しますよ。冷めた唐揚げの復活方法としては、温めたオーブントースターにくしゃくしゃにしたアルミホイルをひきます。

そこへ唐揚げを置いて5分程度温めましょう。温めている時に、唐揚げから余分な油が出てきてアルミホイル上に落ちてくれます。そうするとサクッと軽い食感を楽しむことが出来ますよ。今は揚げ物を温めなおすシートなども販売されていますので、そういったアイテムも便利ですよね。

唐揚げが余ったらどうしたら良い?唐揚げの保存方法

唐揚げがたくさん余った場合のおすすめの保存方法としては、冷凍保存がおすすめです。もちろん、たくさん余った唐揚げは冷凍だけでなく冷蔵での保存も可能ですが、すぐに食べない場合やもう少し後にリメイクしたい場合などには冷凍での保存が断然おすすめ。

冷凍で保存する場合には、冷ました唐揚げをラップに包み、保存袋にいれてしっかりと密閉させて冷凍庫へ入れましょう。もしも、金属トレーがある場合には、その上において冷凍させると急速冷凍が出来ますので、唐揚げの品質を損なわずに冷凍することができますよ。

解凍する場合には、凍ったまま電子レンジでチンしたり、アルミホイルにくるんでオーブントースターで温め中が完全に解凍出来たら、アルミホイルを取り除いて衣をカリッとさせましょう。冷蔵庫で保存するよりも、長い期間保存することができますので、おすすめです。

Thumb唐揚げのカロリーは?太る?ダイエット中に注意する事とは?

唐揚げの中華のリメイクレシピ

では、唐揚げのリメイクレシピを紹介します。唐揚げを使ったリメイクの中でも、簡単美味しいレシピで人気があるのが中華です。中華料理って手間がかかったり、味付けが難しかったりして難易度が高いイメージがありますよね。しかし、予め唐揚げがある場合には簡単に出来るんですよ。

人気レシピの唐揚げの甘酢あんやエビマヨ風のレシピを紹介します。どちらも、ご飯が進む味なのでメイン料理にピッタリですよ。

【リメイクレシピ①】たっぷり野菜と甘酸っぱいあんがおいしい!唐揚げの甘酢あん

唐揚げの甘酢あんは、老若男女問わず人気のメニューです。しかし、唐揚げの甘酢あんとなると、唐揚げを揚げなければならないですし、甘酢あんも作るのが大変ですよね。唐揚げがあれば、後は甘酢あんを作るだけですので、簡単に作ることができますよ。

唐揚げの甘酢あんのリメイクレシピに必要になる材料が、唐揚げ300~350g程度、ピーマン2分の1、パプリカ1個、人参2分の1、玉ねぎ4分の1、ごま油少量【甘酢あんの合わせ調味料】酢大さじ2、砂糖大さじ3、ケチャップ大さじ2、醤油大さじ1、酒大さじ1、水溶き片栗粉大さじ1です。

まず野菜を細切りにしましょう。同じ大きさにカットすると後で見た目も綺麗ですし、食感も美味しいですよ。そして野菜をカットしている間に、唐揚げをチンしたりして温めておきましょう。その後フライパンにごま油をひいて野菜を炒めます。

人参、玉ねぎ、ピーマン、パプリカの順番に入れて火が通ったら、温めた唐揚げを入れ一緒に炒めます。そこへ、甘酢あんの合わせ調味料を投入し、ふつふつとしだしたら、水溶き片栗粉を入れてとろみがつけましょう。唐揚げがベチャっとなって嫌な人は別の鍋で甘酢あんを作り、最後に唐揚げに掛けるのもおすすめです。

程よい甘さの甘酢あんが、唐揚げのしっかりした味にからんでとても美味しいのでおすすめのリメイクレシピです。また、唐揚げだけでは摂ることができない野菜の栄養も一緒に摂取できますので、子供にもおすすめです。

【リメイクレシピ②】エビが苦手な人にもおすすめ!唐揚げのエビマヨ風

中華料理のエビマヨって美味しいですよね。子供も大好きなエビマヨ味ですが、唐揚げで作るのもおすすめです。唐揚げに予めしっかりとした味が付いていますし、何と言っても唐揚げとマヨネーズの相性は抜群ですよね。そんな唐揚げのエビマヨ風は、火を使わずに作ることができますので、簡単に作ることができます。

唐揚げのエビマヨ風に必要な材料としては、ソースの合わせ調味料【マヨネーズ50g、練乳小さじ1、ケチャップ小さじ1、レモン汁小さじ2分の1】レタスやキャベツなどの添え野菜になります。練乳が無い場合には無糖ヨーグルト小さじ1と砂糖小さじ2分の1で代用することができます。

まずは添え野菜をカットしたりちぎってお皿に盛り付けておきましょう。その間に、唐揚げを温めておきましょう。今回は唐揚げは衣がカリッとしている方が美味しいので、オーブントースターでの温めがおすすすめです。時間がない場合には電子レンジで解凍し、最後オーブントースターでカリッとさせましょう。

そして、合わせ調味料をしっかりと混ぜ合わせておきます。唐揚げが温まったら、エビマヨのソースを絡めましょう。火を使わずに簡単にリメイクすることができますし、メインになる人気料理ですので是非試してみて下さいね。

唐揚げの洋風リメイクレシピ

唐揚げを使った洋風レシピも美味しくておすすめの料理です。洋食は子供も好きなメニューが多くなりますので、子供に食べて欲しい時には、洋風のリメイクレシピを試してみて下さい。さっと作ることができますし、簡単に人気メニューを作ることができますよ。

【リメイクレシピ③】ランチにもちょうどよい、唐揚げサンドイッチ

唐揚げのリメイクレシピで、簡単に作れるのが、唐揚げのサンドイッチです。ランチにも食べやすくて良いですが、朝食にもボリュームがあっておすすめです。さっと作ることができますので、リメイクにうってつけのレシピです。

唐揚げサンドイッチに必要な材料は、唐揚げ4個千切りキャベツ50g程度、粒マスタード大さじ1、マヨネーズ大さじ1、塩コショウ少々、食パン6枚切り2枚になります。唐揚げにボリュームがありますので、サンドイッチにするパンは6枚程度のしっかりと厚みがあるパンがおすすめです。

まずボールにキャベツ、粒マスタード、マヨネーズ、塩コショウを入れてしっかりと混ぜ合わせておきます。洗い物が面倒な場合だと、ビニール袋に材料を入れて揉むのも良いですね。そして馴染むまで5分程度置いておきましょう。

その間に、唐揚げを温めておきましょう。こちらも食感を楽しみたいので、温めるのはオーブントースターがおすすめです。冷凍している場合には、電子レンジで解凍してからオーブントースターにいれてカリッとさせましょう。その間に、食パンを焼いておきます。

食パンは色が変わる程度で大丈夫です。焼けたパンは粗熱がとれるまで少し置いておきます。粗熱が取れたらマーガリンを塗りキャベツと唐揚げを乗せましょう。そしてもう1枚の食パンで上からしっかりと乗せます。そしてラップで包みしばらく時間を開けましょう。

パンとキャベツが馴染んだらラップごとカットしましょう。ポイントはラップの上からカットすること。そうすると、食べる時に手が汚れずにすみますし、横からキャベツなどが溢れてしまう危険もありません。

ワックスペーパーなどを使うとおしゃれに見えますし、挟む具はキャベツ意外にも千切りの人参やスライスオニオンもおすすめです。もっとボリューミーにしたい場合には、目玉焼きやたまごサンドのたまごを乗せたり、チーズをいれるのも美味しいですよ。

【リメイクレシピ④】カフェ風ご飯におすすめ!スキレットで唐揚げドリア

おしゃれなアイテムであるスキレットも、唐揚げがあると簡単におしゃれなメニューを作ることができます。カフェ風ご飯にもおすすめの簡単レシピです。唐揚げドリアに必要な材料はご飯1膳分、唐揚げ4個程度、ケチャップ大さじ2、すりおろしにんにく少々、チーズ大さじ3、塩コショウ少々、オリーブオイル大さじ1、パセリ少々です。

耐熱のボールにご飯、ケチャップ、すりおろしにんにく、塩コショウをいれて混ぜ合わせチンします。スキレットにオリーブオイルを流し、ティッシュなどでスキレット全体になじませます。そして、そこにケチャップライス、温めた唐揚げ、チーズを乗せてオーブントースターで焼きましょう。

チーズが溶けたら、パセリを降って完成です。簡単に美味しいリメイクが出来るのでランチにもおすすめです。

唐揚げがあると簡単!お手軽な丼へのリメイクレシピ

忙しい日は、ご飯のメニューを考えるのも一苦労ですよね。そんな時に丼物は簡単ですぐ作ることが出来ますので、人気のメニューになります。野菜も合わせて丼物にしてしまうと栄養バランスもバッチリですね。では丼物での唐揚げのリメイクレシピを紹介します。

【リメイクレシピ⑤】さっぱりおいしい唐揚げのみぞれ丼

唐揚げは美味しいけれど、2日続けては胃がもたれてしまったり食欲がわかない時がありますよね。そんな時には、大根おろしを使ったみぞれ丼がおすすめ。必要な材料は、唐揚げ100g、ネギ少々、大根10cm程度、温泉卵、合わせ調味料【醤油大さじ1、酒大さじ2分の1、みりん大さじ2分の1、砂糖小さじ4分の1、水大さじ2分の1】です。

合わせ調味料を小鍋にいれて沸騰させとろみを出します。そしてそこへ大根おろしを入れて煮立てます。甘めの大根が好きな人は、少し煮ておくと甘みが増しますよ。温めた唐揚げをご飯の上に乗せて、タレを回しかけます。そこに温泉卵を乗せたら完成です。

唐揚げの下にキャベツをひいたり、大根おろしと一緒に玉ねぎなどを煮ても美味しいですよ。さっぱりと食べたいときには、おすすめの人気レシピです。

【リメイクレシピ⑥】熱い夏に食べたくなる!韓国風甘辛丼

熱い夏に食べると一層美味しいのが韓国風の甘辛丼です。唐揚げを揚げる手間が省けますので、簡単に作ることができますよ。韓国風甘辛丼の材料は、唐揚げ150g、ご飯1膳分、合わせ調味料【コチュジャン大さじ1と2分の1、ケチャップ大さじ1、みりん大さじ2分の1、砂糖大さじ1、すりおろしにんにく少量、水大さじ1と2分の1、白ごま小さじ1】です。

唐揚げを温めておき、合わせ調味料を小鍋に入れて煮立てます。そして、そこへ温めた唐揚げをいれソースを絡めましょう。丼ぶりにご飯を入れてソースを絡めた唐揚げをいれて完成です。飾りに三つ葉やのり、白ネギなどを乗せても美味しいですよ。

こってりとした韓国風のソースが食欲をそそります。ガッツリ食べたい男性にも人気があるメニューですね。

サラダに唐揚げを乗せるだけでも、ボリューミーになる!

余った唐揚げはサラダにさっと乗せるだけでも、一気に華やかになりボリューミーになります。ダイエット中で糖質制限をしている人もがっつり食べることができますので、唐揚げサラダもおすすめですよ。

また、おもてなし料理にも唐揚げのサラダはおすすめ。しっかり食べることができますし、タンパク質も一緒に摂ることができますよ。その場合、さっぱりしたい場合にはオニオンドレッシングや和風ドレッシングがおすすめ。さぱりと食べることができますよ。

唐揚げはどんなリメイクも美味しくなる!

唐揚げは人気のメニューですが余ってしまうこともあり、メニューって悩んでしまいますよね。今日紹介したメニューは人気がありながらも簡単に作ることができますので、是非試してみて下さいね。忙しい時こそ唐揚げのリメイクをしてみましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧