洗濯の新表示・マークを解説!PやFなどの意味・基礎知識まとめ

洗濯の表示が2016年12月より新しい表示のマークが変わったのはご存知でしょう。そんな新しい洗濯表示のマークについて大調査しました。大幅に変わった洗濯表示は難しく感じる点もありますが、実はとっても簡単な方法で見分けることが出来るのです。

洗濯の新表示・マークを解説!PやFなどの意味・基礎知識まとめ

目次

  1. 洗濯の新表示・マークを大調査!!
  2. 洗濯表示やマーク見てる?
  3. そもそも洗濯表示やマークとは?
  4. 洋服についているタグには何が書かれているの?
  5. 組成表示と合わせて洗濯表示のマークをチェックするとよくわかる?
  6. 洗濯表示やマークの見方が難しくなった?
  7. 洗濯表示のマークの見方について知りたい
  8. 「洗い方」の洗濯表示のマークの見方
  9. 「漂白」についての洗濯表示のマークの見方
  10. 「アイロン」についての洗濯表示のマークの見方
  11. 「乾燥」についての洗濯表示のマークの見方
  12. 「タンブラー乾燥」についての洗濯表示のマークの見方
  13. 「クリーニング」についての洗濯表示のマークの見方
  14. クリーニングに関する「F」と「P」の洗濯表示のマークについて
  15. 「F」の洗濯表示のマーク
  16. 「P」の洗濯表示のマーク
  17. 洗濯方法を間違ってしまったら?
  18. 新しい洗濯表示のマークは種類がたくさんあって難しい!?
  19. 洗濯表示のマークを簡単に覚える方法
  20. どうしても洗濯表示のマークを覚えられないのならアプリでチェックしよう
  21. まとめ:洗濯の新表示・マークを知って適切な方法で洗濯しよう

洗濯の新表示・マークを大調査!!

洗濯する時に何を基準に洗濯していますか?お洗濯の基準は、自分なりのこだわりなどがある方もいるでしょう。ですが、本当にその洗濯方法合っていますか?

2016年12月1日から洗濯表示が大幅に変わり、新しい洗濯表示になりました。それまでは日本独自の表示やマークだったのですが、国内外で統一されたのです。そんな新しい洗濯表示の見方や意味、さらには「F」や「P」といった気になるアルファベットの正体もご紹介します。

洗濯表示やマーク見てる?

洗濯する際、洗濯表示を見ている方はどれぐらいいるのでしょうか?実は、洋服を購入する際に洗濯表示やマークを見てから購入している方は、約4割程だそうです。半数以上の方は、洋服のサイズ感やフィット感やデザインなどを見て買っているようです。

そもそも洗濯表示やマークとは?

そもそも選択表示やマークとは一体何なのでしょうか?洗濯表示には、様々な記号や文字が書かれているのですが、その衣類の洗濯の方法が書かれているのです。

この洗濯表示を見ずに、間違った洗濯をしてしまうと大切な衣類の生地を傷めてしまったり、色が褪せてしまったりするのです。プロにお願いすると元の状態に戻せる物もありますが、かなりの金額と手間がかかってしまうでしょう。そういったことが無いようにするには、やはり洗濯表示やマークを見て判断する必要があるのです。

洋服についているタグには何が書かれているの?

洋服に付いているタグなどには、洗濯するために必要な情報がたくさん書き込まれているのですがご存知ですか?先ほどから何度も紹介している洗濯表示やマークの記載があることはもちろんですが、文字でさらに注意書きなどが書かれているのです。

他には、組成表示といってこの洋服などのアイテムがどんな繊維で作られたかが書かれています。どんな繊維がどれだけ使われているかなどが書かれています。

組成表示と合わせて洗濯表示のマークをチェックするとよくわかる?

先ほど紹介した「組成表示」ですが、この組成表示と合わせて洗濯表示を見ることで取扱い方法がよくわかります。例えば、ポリウレタンは燃えやすいので火に注意したり、毛が多い物は水洗いが出来なかったりと組成表示を見ればある程度わかるようになります。

稀に、洗濯表示と組成表示が合わないアイテムもあるようなので、しっかりと判断力をつけるためにも、合わせて見ることがおすすめです。

洗濯表示やマークの見方が難しくなった?

洗濯表示やマークは、以前は22種類ありました。実は、その洗濯表示やマークが2016年12月に国際規格(ISO)になり41種類と以前の約2倍ほどに洗濯表示やマークが増え、大幅に見た目も変更されました。

なぜ、大幅な変更がされたかというと、これまでの表示は日本独自の物だったので、海外へ輸出する際にはタグを付け替える必要があったのです。逆に海外のアイテムを購入した際には、洗濯方法がわからないということになっていたのです。

海外のアイテムをインターネットを通じて気軽に手に入るようにもなりました。そういったこともあり、大幅な洗濯表示やマークの変更と至ったようです。

Thumb洗濯の基本的なやり方とは?一人暮らしの初心者のために手順をレクチャー!

洗濯表示のマークの見方について知りたい

そんな22種類あった洗濯表示が41種類の新しい洗濯表示やマークになって1年が過ぎましたが、皆さん全部知っていますか?□や〇といった表示の他にも「F」や「P」といったアルファベットまで洗濯表示に登場するのですが、そんな難しいと感じるような「F」や「P」といった記号の意味もご紹介します。

まずは、簡単に洗濯表示やマークの見方ですが、大きくわけて5つに分けられていて、洗濯・漂白・乾燥・アイロン・クリーニングの表示が書かれています。その中でも乾燥について2つ、クリーニングについても2つに分けられていて、合計7種類の表示やマークがあります。

さらに、洗濯表示されているのは最低2種類です。洗濯と漂白に関する図柄は必ず表示されていて、他の表示やマークなどは表示されていないこともあります。洗濯表示は、推奨ではなく「取扱いの上限」が表示されているのです。なので、表示以下の洗濯方法で衣服などを洗濯することは可能なのです。

そんな新しい洗濯表示の意味などを知れば、今よりもっとお洗濯が楽しく、洋服なども今よりもっときれいな状態に仕上げることが出来るでしょう。

Thumb洗濯の時間はかけすぎに注意!10分の洗いで汚れを落とす方法は?

「洗い方」の洗濯表示のマークの見方

まず最初は、洗い方の洗濯記号のご紹介です。洗い方の表示は、洗濯桶の絵が書かれています。その洗濯桶の中に数字が書かれているのですが、数字は上限の水温を表しています。

ですが、衣類などのアイテムは水温は95度が上限で洗濯機で洗うことが出来ると表示がされていても、それだけの高温の水を洗濯機に入れても大丈夫かは、洗濯機の取扱説明書で確認する必要があります。

次は、洗濯表示の洗い桶の絵柄の下に書かれている線ですが、この線は水流の強さを表していています。線が多い場合は、弱い水流で洗う必要があり、強い水流で洗ってしまうと型崩れなどしてしまう可能性があります。

そして、洗濯桶と手が書かれた表示の場合は、40度までの水温での手洗いが可能で、洗濯桶の表示に×印が書かれたものは、家庭での洗濯自体が出来ない物という意味です。

ダメージを受けやすい衣服はおしゃれ着用洗剤がおすすめ

洗濯桶の絵の下に線が2本あるものや手洗いの洗濯が好ましいアイテムは、おしゃれ着用洗剤がおすすめです。おしゃれ着用洗剤を使うことで色褪せや伸びや縮みなどのケアを行ってくれます。おしゃれ着用洗剤と言ってもたくさん種類がありますが、蛍光剤無配合の中性洗剤と表示があるものがおすすめです。

ちなみに、おしゃれ着を洗う際は水温は30度以下で洗うようにしましょう。そして、手洗いする場合は、優しく洗うようにしましょう。強い力で洗うと繊維を傷めてしまい型崩れになることもあるようです。

Thumbジーンズの色落ちの方法まとめ!洗濯のやり方で全然違うって本当?

「漂白」についての洗濯表示のマークの見方

次は「漂白」について記号と意味をご紹介します。漂白に関する洗濯表示は、「△」で表示されています。「△」だと塩素系・酸素系などの漂白剤の使用が出来ます。

△の中に斜線が書かれている場合は、酸素系漂白剤のみ使用可能となり、塩素系漂白剤は禁止です。△に×印が付けられている場合は、酸素系漂白剤も塩素系漂白剤もどちらも使うことが出来ないという意味です。

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤とは?

塩素系漂白剤とは「次亜塩素酸ナトリウム」という成分が主に使われている漂白する力の強い漂白剤で、真っ白な衣服などに使用可能な漂白剤です。仮に、色柄物に使用した場合は、脱色してしまいます。

そして、酸素系漂白剤は、「過酸化水素や過炭酸ナトリウム」という成分などから出来ていて色柄物にも使用することが出来ます。酸素系漂白剤が可能な衣類などのアイテムは、色柄物などに使用しても脱色することはありません。

Thumb洗濯時の漂白剤の使い方!酸素系の効果や失敗しないポイントを調査

「アイロン」についての洗濯表示のマークの見方

次に紹介するのは「アイロン」についての表示とそのマークが表す意味ですが、アイロンについての表示はアイロンの絵が書かれています。

アイロンの絵の中に丸い点が書かれているのですが、その丸い点が1つの場合は、アイロンの温度の上限が110度、丸い点が2つになると上限が150度、丸い点が3つになると200度までアイロン仕上げが可能という意味です。

アイロンの絵の上に×印が書かれている場合は、アイロンの使用が禁止の物となります。他にもアイロンに関しては、別途で当て布が必要だったりと別途注意事項が記載されている場合もありますので注意が必要です。

アイロンの当て布とは?

当て布は、アイロンで仕上げをしたい物の上に1枚布を置いて、その上からアイロンがけをする方法です。アイロンの当て布は、綿100%の物や白などの薄い色の物がおすすめです。適当な布が見当たらない場合は、白のハンカチなどで代用も可能です。

当て布をすることで、アイロンをかけたことによるテカリや衣類などのアイテムをを柔らかく仕上げることが出来るのです。特に黒い生地の物はテカリが目立ちやすいので当て布をしてからアイロン仕上げすることをおすすめします。ちなみに、アイロン用当て布専用の布も販売されています。

「乾燥」についての洗濯表示のマークの見方

次に紹介するのは「乾燥」についての表示とそのマークが表す意味ですが、乾燥の洗濯表示は□で表されています。□の中に書かれている縦の線は、吊るして干すことが出来ます。縦の線が2本の表示は、濡れ吊り干しが良いとされていて左上に書かれている斜めの線は、日陰干しを意味しています。

横線の表示は、平干しが良いとされていて、横線2本の表示は濡れ干しが良いとされています。そして同様に左上の斜めの線は日陰干しを表しています。

平干しには平干し出来るランドリーハンガーもありますので、そういったアイテムを使用すれば簡単に型崩れを気にせず干すことが出来ます。セーターなどの型崩れしやすいアイテムは、ハンガーで干してしまうと伸びてしまったりする場合がありますので、平干し出来るランドリーハンガーは、格安で販売されているのでおすすめです。

Thumbワイシャツの洗濯方法を解説!しわにならない自宅での洗い方・干し方は?

「タンブラー乾燥」についての洗濯表示のマークの見方

次に紹介するのが「タンブラー乾燥」表示とそのマークが表す意味です。タンブラー乾燥も同じく□の印で表示されていますが、中に〇が入っています。この印が「タンブラー乾燥の表示」です。

□の中に〇がある表示の中に丸い点が書かれています。この丸い点が1つの場合は、排気温度が上限60度の低い温度でのタンブラー乾燥が可能です。丸い点が2つになると排気温度の上限が80度でのタンブラー乾燥が可能です。ちなみに、×印があるものはタンブラー乾燥自体が禁止という意味を表します。

タンブラー乾燥が禁止の衣類やアイテムは、自然乾燥や浴室乾燥機などのタンブラー乾燥以外の方法で乾かす必要があるということです。

タンブラー乾燥とは?

先にタンブラー乾燥についての洗濯表示のことをご紹介しましたが、タンブラー乾燥をご存知ですか?知らない方も多いようなので「タンブラー乾燥」についてご紹介します。

タンブラー乾燥とは、簡単にいうと「ドラム式の乾燥機」のことなのです。コインランドリーやドラム式乾燥機付き洗濯機で熱を加えながら回転し乾燥させる乾燥の方法を「タンブラー乾燥」というのです。

ちなみに、縦型洗濯機でも乾燥機付きの洗濯機は、ありますがこれは、タンブラー乾燥では無いので、洗濯表示だけを見て考えると縦型洗濯機の乾燥機能で乾燥が可能ということになりますが、おすすめは出来ません。縦型だから、ドラムだからという意味では無いようです。

家庭用乾燥機についてですが、家庭用乾燥機にはヒーター式とヒートポンプ式の2種類があります。ヒートポンプ式の乾燥機は、低温でスピーディーに乾かすことが出来るので衣服のダメージがヒーター式の乾燥機で乾かした場合よりも少なく、ヒーター乾燥方式の乾燥機はタンブラー乾燥で熱風で温めて乾かすので縮んだりすることが多いようです。

Thumbドラム式洗濯機の乾燥の時間はどれくらいかかる?かしこい選び方は?

「クリーニング」についての洗濯表示のマークの見方

次に紹介するのが「クリーニング」表示とそのマークが表す意味です。クリーニングに衣服などを出した際にお店側が見るので普段の生活には大きく影響はしないのですが、クリーニング不可のアイテムを持ち込んでもクリーニングを断られてしまうので予め知る必要があります。

クリーニングに関する洗濯表示やマークは〇の中に「F」や「P」や「W」3つのアルファベットで表示されています。まず〇の中に「W」と書かれているアイテムは、ウエットクリーニングについて表示されています。

このウエットクリーニングに関する表示は、新しい洗濯表示でクリーニング店などで特殊な技術を用いて洗濯する方法です。

〇の中に「W」の表示があるものはウエットクリーニングが可能という意味で、下に線が1本書いているものは、弱い操作でのウエットクリーニングが可能、2本になると非常に弱い操作でのウエットクリーニングが可能という意味です。

そして、クリーニングに関する「F」と「P」の洗濯表示のマークについてですが、溶剤の種類や洗い方が細かく表示される新しい表示に変わったのですが、細かくご紹介します。

Thumbドライマーク表示の正しい意味とは?自宅での洗濯方法と注意点を詳しく紹介

クリーニングに関する「F」と「P」の洗濯表示のマークについて

新しい洗濯表示に登場し一番難しく感じているのは、この「F」と「P」の表示ではないでしょうか?この「F」と「P」の洗濯表示のマークについてですが、溶剤の種類や洗い方が表示されています。

「F」と「P」に関しては、クリーニング店での確認が主な洗濯表示なのですが、基本的にはこの「F」と「P」などの表示に×が付いていないのであればクリーニング可能なアイテムだということですので、衣類などのアイテムなどを購入する際に〇のなかのFやPなどの表示を見ておくと安心です。

Thumbドライクリーニングとは何?洗濯表示や仕組みなど水洗いの基礎知識まとめ!

「F」の洗濯表示のマーク

まずは、「F」の洗濯表示のマークについて詳しくご紹介します。〇の中に「F」とアルファベットが書かれたアイテムは、クリーニングが可能ということは先ほど紹介しましたが、この「F」というアルファベットの意味は、「石油系溶剤」でのドライクリーニングが可能という表示です。

以前は、「ドライ・セキユ系」との表示がありましたが洗濯表示が新しいものとなり「F」という表示に変わりました。ちなみに、〇の中に「F」の表示があり下線がついているものいついては、弱いドライクリーニングが可能ということです。

「P」の洗濯表示のマーク

次は、「P」の洗濯表示のマークについて詳しくご紹介します。〇の中に「P」とアルファベットが書かれたアイテムは、クリーニングが可能ということは先ほど紹介しましたが、この「P」というアルファベットの意味では、「パークロロエチレン及び石油系溶剤」でのドライクリーニングが可能という表示です。

以前は、「ドライ」という表示がされていましたが洗濯表示が新しいものとなり「P」という表示に変わりました。ちなみに、〇の中に「P」の表示があり下線がついているものいついては、弱いドライクリーニングが可能ということです。

洗濯方法を間違ってしまったら?

ここまで洗濯表示の見方や意味などを紹介して来ましたが、実際洗濯方法を間違ってしまった場合どのようになってしまうのでしょうか?

簡単にいうと元の状態が損なわれるようです。セーターは、伸びきってしまったり、逆に縮んでしまったりという結果になる洗濯の失敗が多いようです。セーターなどの衣類などに限らず、寝具などのアイテムなども縮んでしまったり伸びてしまうこともあるようです。

他には、色落ちしてしまってウォッシュ加工のアイテムでもないのに、ウォッシュ加工されたアイテムに大変身してしまったり、乾燥の失敗で特に多いのは、シワです。乾燥機に入れて乾燥させたらしわくちゃになってしまうこともあるようです。

シワだけであればアイテムによっては、アイロンなどでシワを伸ばすことも出来るようですが、取り返しのつかない状態になってしまえばどうすることも出来ません。

色落ちなど大きな変貌でない場合は、クリーニング店に相談してみるのも良いかもしれません。必ず元の状態になるとは言い切れませんし、金額的にかなりの負担がある場合もあるようですが、どうしても元の状態にしたい場合は、頼ってみても良いかもしれません。

Thumb洗濯の「手洗い」知ってますか?基本の方法をマスターしておきましょう!

新しい洗濯表示のマークは種類がたくさんあって難しい!?

洗濯表示が新しい表示に変わり種類が多くて難しいと感じている方は多いでしょう。確かに22種類だった洗濯表示やマークが41種類と以前の約2倍ほどに増えたのですが、実はあるポイントだけ覚えておけば新しい洗濯表示も簡単に覚えることが出来てしまうでしょう。

洗濯表示のマークを簡単に覚える方法

新しい洗濯表示は大きくわけるとたった5種類

新しい洗濯表示って慣れなくて難しいと思っている方もいるでしょう。ですが、大きくわけるとたった5種類で表示されているのです。

洗うことに関しては、洗濯桶の表示がされていて、中の数字は温度です。△の表示は漂白に関する表示で参画の中に線があると色落ちしやすいので酸素系漂白剤と覚えると良いでしょう。

そして、□は乾燥に関する表示で、縦線は吊るし干し、横線は平干し、斜めの線があれば日陰でということです。アイロンは、アイロンの絵で表示されていて丸い点が少ないと低温、多いと高温でも可能ということです。

最後に〇で表されるのがクリーニングに関する表示ですが、この〇に×印がついていなければクリーニング店に持ち込みクリーニングが可能ということです。

他にもどの表示にも共通するのが下線。下線は線の数が増えると弱い力で洗わなければならないことを表します。表示が何を表しているのかなどをある程度覚えておけば大半の衣類やアイテムの洗濯方法の判断を間違うことは無いでしょう。

どうしても洗濯表示のマークを覚えられないのならアプリでチェックしよう

慣れないうちは、「この表示は…」などと悩むことが多いでしょう。そういった場合や、どうしても覚えきれないという方には、アプリの活用がおすすめです。

アプリは、様々なアプリがありますが中でもおすすめなのは、花王の「洗濯ナビ」というアプリがおすすめです。衣服などの洗濯表示されている図柄を選ぶだけで洗い方を教えてくれますので、洗濯表示の見方が覚えられないという方にはとってもおすすめです。

他には、「これ洗える?」というアプリは、自分の手持ちのアイテムを撮影しておけばスマホで簡単に管理することが出来ます。さらには、新しい洗濯表示は覚えたけどそれ以前の洗濯表示についても知ることが出来ます。

まとめ:洗濯の新表示・マークを知って適切な方法で洗濯しよう

洗濯表示は大きく分けて5種類あり全てを完璧に覚えることは難しく感じますが、どれもマークがありそこで判断したり、注意書きを読むことでわかることもあることがわかりました。大切な衣類やアイテムが縮んでしまったり伸びてしまったりする可能性があるので確認することが重要なのです。

お気に入りのアイテムを長く使えるように、さらには見た目もきれいを維持することで気分も良くなりますよね。特にセーターなどのアイテムは、洗濯を失敗すると伸びたり縮んだりして2度と着ることが出来ない姿になることもあるようなので、適切な方法で洗濯することはとても大事なのです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-20 時点

新着一覧