プルーンの美味しい食べ方とは?効能効果や1日の摂取量・選び方も紹介

皆さんは、プルーンという食材をご存知ですか?今回の主役は、プルーンです。プルーンには、実際にどんな効果効能があるか、選び方などが分からない方もいると思います。プルーンの食べ方や選び方、効果効能などたっぷりお届けします。食べ方を参考に摂り入れてみましょう。

プルーンの美味しい食べ方とは?効能効果や1日の摂取量・選び方も紹介

目次

  1. プルーンの美味しい食べ方を知りたい!
  2. プルーンの基礎知識
  3. プルーンの食べ方に活かす!プルーンの栄養素とは?
  4. プルーンの食べ方の前に…健康への効果効能をご紹介!
  5. プルーンの食べ方で違う!?美容への効果効能とは?
  6. 美味しいプルーンの選び方
  7. プルーンの美味しい食べ方をチェック!
  8. プルーンの食べ方と一緒に覚えておきたいことと?
  9. プルーンをさらに美味しく食べよう!おすすめの食べ方
  10. 食べ方次第でプルーンが身近な食材になる!

プルーンの美味しい食べ方を知りたい!

今回は、プルーンの美味しい食べ方や選び方、さらに効果効能など大特集します。ブルーンは、特徴的な形をした食材になります。果たしてプルーンとはどんな食材なのでしょうか?美味しい食べ方や選び方をチェックして、毎日の生活にプラスしてみましょう。

プルーンの基礎知識

最初にご紹介するのは、プルーンの基礎としても知っておきたいプルーンの基礎知識です。プルーンの美味しい選び方や食べ方、効果効能などの前に「プルーンとは何?」という部分を一緒にチェックしていきましょう。

プルーンとは…【プラムを乾燥させたもの】

プルーンとは、乾燥したプラムのことで紫の丸い果実が特徴です。プラムは、西洋のスモモのことで、生のものが「プラム」、乾燥したものが「プルーン」になっています。

しかし、全てのプラムがプルーンになれるわけではありません。スモモの種類は、300種類以上ありますが、その中でも糖度が低めで種がついたまま乾燥しても発酵しない特性のあるプラムがプルーンになります。

プルーンとドライプルーンの違いはある?

プルーンには、生のプルーンと乾燥しているタイプのプルーンがあります。この2つの違いは、どこにあるのでしょうか?生のプルーンとドライプルーンは、栄養価の高さに違いがあるようです。栄養価については、後ほど具体的にご紹介します。

プルーンの食べ方に活かす!プルーンの栄養素とは?

次にお届けするのは、プルーンの栄養素です。プルーンには、さまざまな効果効能の元でもある栄養素がポイントになります。紫の粒の中には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか?

栄養素①ビタミン類

プルーンの栄養素の1つめは、ビタミン類です。ビタミンB1、B2、B6、E、Aなどが含まれています。生のプルーンに比べるとドライプルーンの場合は、含まれているビタミン類の量が約5倍になるそうです。

栄養素②ミネラル類

プルーンに含まれている栄養素の2つめは、ミネラル類です。プルーンの中には、カリウム、マグネシウム、カルシウム、銅、マンガン、亜鉛などがあげられます。ミネラル類には、健康への効果効能が印象的です。

栄養素③ネオクロロゲン酸

プルーンの中に多く含まれている栄養素は、ポリフェノールです。その名前は、「ネオクロロゲン酸」です。ネオクロロゲン酸とは、フェノール類の1つで、ヒドロキシン桂皮酸ファミリーに属し、これはプルーンの中に一番多く含まれている栄養素とされています。

プルーンの食べ方の前に…健康への効果効能をご紹介!

続いてお届けするのは、プルーンの効果効能についてです。プルーンには、色々な効果効能が含まれています。ココでは、健康面と美容面の両方からプルーンの効果効能をチェックしていきたいと思います。

効果効能①貧血防止効果

プルーンの効果効能の1つめは、貧血を予防しくれる効果です。貧血と聞いて思いつく栄養素は鉄分ですが、プルーンには、そこまで多くの鉄分が含まれているわけではありません。貧血予防の鍵を握っている栄養素は、葉酸やビタミンB6などがあげられます。地を造るためのビタミンB群やビタミンCの栄養バランスがポイントになります。

効果効能②コレステロールの酸化防止効果

プルーンには、コレステロールを低下させ、酸化を抑えてくれる働きが期待出来ます。コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。悪玉コレステロールが増え過ぎると血管の内側を傷つけて悪玉コレステロールが酸化し、結果的にそれが異物と勘違いされてプラークというこぶを作ります。このこぶが血管を狭めてしまいます。

効果効能③便秘解消効果

3つめのプルーンの健康の効果効能は、腸内環境の改善効果です。プルーンには、水に溶けやすい水溶性の食物繊維が含まれています。その効果により、固くなってしまっている便を柔らかくして排出を助けてくれます。

プルーンの食べ方で違う!?美容への効果効能とは?

次は、プルーンあ持っている美容に関する効果効能です。先ほども少し触れましたが、プルーンには、健康だけの効果だけでなく、美容への効果も多く期待出来ます。

効果効能①アンチエイジング効果

プルーンには、ポリフェノールが含まれています。その効果により、さまざまな原因によって酸化してしまいがちな細胞が酸化するのを防いでくれる効果が期待出来ます。細胞の酸化を防ぐことで、老化を防いで年齢知らずのキレイなお肌を保つ手助けをしてくれます。

効果効能②美肌効果

プルーンの効果効能の2つめは、美肌効果です。プルーンには、食物繊維、ビタミン、ミネラルポリフェノールなどのお肌に嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。その効果により、お肌のトラブルを改善してくれたり、他の栄養素の効果によって、乾燥からお肌を守ってくる効果もあるようです。

効果効能③むくみ解消効果

3つめの効果効能は、むくみを解消してくれる効果です。腸内環境を活発にして便通をよくすることで、腸の働きが整って、老廃物の循環を促して代謝を活発にしてくれます。それと同時に、体内に溜まった余分な水分も外に排出してくれることで、むくみが解消されると言われています。

美味しいプルーンの選び方

ここまでは、プルーンの基礎知識や栄養素、効果効能などをご紹介しました。次にお届けするのは、美味しいプルーンの選び方です。食べ方を紹介する前にチェックしておきましょう。

選び方①表面に粉が吹いている物を選ぼう!

プルーンの選び方の1つめは、表面にある白い粉です。美味しいプルーンを見極める時は、このプルームと呼ばれている粉が吹いているものを選びましょう。プルームは、プルーンの表面を保護するためのものです。鮮度が落ちて来たりすると、粉が剥がれ落ちてしまいます。

選び方②軸が緑のものがGOOD!

美味しいプルーンを選び方の2つめは、軸が緑色のものです。これは軸がついている場合に限りますが、軸がついている場合は、軸の色がキレイな緑色のプルーンを選ぶことをおすすめします。

選び方③果肉が弾力のあるものを選ぼう!

3つめのプルーンの選び方は、果肉に弾力があることです。プルーンは、とてもデリケートな食材で、傷つきやすいので出荷の時には、未熟な状態で出荷されることが多いそうです。そのため、プルーンを選ぶ時は、果肉を触ってみて柔らかいものを選ぶようにしましょう。

プルーンの美味しい食べ方をチェック!

次は、プルーンの美味しい食べ方をお届けします。プルーンには、美味しい食べ方が色々あります。その中でも2つのシンプルで美味しい食べ方をご紹介します。

食べ方①そのまま食べる

プルーンの美味しい食べ方の1つめは、そのまま食べることです。皮を剥いてから種を抜いて、楕円形に切って食べるのもおすすめですが、皮の部分には、多くのポリフェノールが含まれています。そのため、皮が気にならないという方は、丸ごと食べるのがおすすめです。

食べ方②ドライプルーンとして食べる

プルーンと聞くと真っ先に思い浮かぶのは、ドライプルーンです。生のプルーンよりも栄養価が高く、健康にも美容にも効果的です。おやつの代わりにドライプルーンを食べてもいいですし、ヨーグルトやシリアルなどと一緒に食べるのもおすすめです。

プルーンの食べ方と一緒に覚えておきたいことと?

プルーンの1日の摂取量の目安は?

プルーンは、1日に何個食べても問題ないと言われていますが、1日の摂取量の目安があります。それは、2〜3粒ほどです。あまり多く食べるとお腹が緩くなり過ぎてしまったり、プルーンに含まれているシュウ酸塩の影響により、肝臓などに負担がかかる可能性があるので、1日の摂取量目安を守るようにしましょう。

注意することはある?

プルーンの栄養を効果的に摂取したいという場合は、タンニンが含まれるものと一緒に摂らないようにしましょう。コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害してしまう可能性があります。さらに、先ほども少し触れましたが、腎臓や胆嚢に違和感のある方はプルーンを食べることを避けるようにしましょう。

プルーンをさらに美味しく食べよう!おすすめの食べ方

最後にお送りするのは、プルーンのおすすめの食べ方です。先ほどご紹介したようにそのまま食べたり、ドライプルーンを食べる食べ方もありますが、調理してアレンジする方法もあります。早速いくつかご紹介していきましょう。

おすすめの食べ方①プルーンジャムを作ろう!

材料は、生のプルーン600g、砂糖200g、レモン汁大さじ1と仕上げように大さじ1/2を用意します。プルーンは、ヘタを取ってよく洗ってからアボカドを切る容量で半分に切ったら種を取り出しておきましょう。鍋にプルーンと砂糖を入れてレモン汁大さじ1をかけたら一晩置いておきます。プルーンから水分が出たら落とし蓋をして弱火で煮ましょう。

途中でアクが出て来たら掬って約1時間半ほど煮ましょう。鍋蓋は少しずらして被せ、プルーンが柔らかくなって来たら鍋蓋を落とし蓋をはずして木べらで実を粗く潰して、時々優しく混ぜながらさらに20分ほど煮込みます。仕上げに残りのレモン汁を振りかけて5分ほど煮たら火を止めて冷ましましょう。

おすすめの食べ方②プルーンのサラダ

材料は、2人分です。プルーン2個、ローストくるみ5〜6個、プチトマト3個、レタス2〜3枚、塩小さじ1/2、オリーブオイル大さじ1、レモン果汁大さじ1、粗挽き黒コショウ少々を用意します。プルーンを半分に切ってから種を取り、皮のまま8等分に切ります。

くるみを刻むか、すり鉢に入れて粗めに砕き、レタスは一口大にちぎり、塩、オリーブオイル、レモン汁、粗挽き黒コショウを合わせてドレッシングを作ります。レタス、トマト、プルーン、くるみをお皿に盛りつけてドレッシングをかけたら完成です。

食べ方次第でプルーンが身近な食材になる!

プルーンの食べ方は、今回ご紹介したもの以外にも色々あります。甘酸っぱい風味がクセになりますし、健康や美容の効果から女性に大人気の食材にもなっています。今までプルーンを食べたことがない方も是非これを機にトライしてみてはいかがでしょうか?

もっと食材の効果効能について知りたいあなたへ!コチラも要チェック!

Thumbフルーツは朝に食べるとダイエットにも効果的?おすすめの果物・量は?
Thumbお腹いっぱい食べても太りにくい?知って得をする食材や果物とは
ThumbビタミンCが多い食品ランキング!果物や野菜の効果的な摂取量は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-22 時点

新着一覧