ヘアエクステをつける前に知っておこう!値段や種類・特徴やデメリットは?

髪型は人の印象を変えることができる重要なポイントです。しかし切りすぎたり、イメージを変えたくなったりすることもありますよね?そんな時におすすめなのがヘアエクステです。そこで今回はヘアエクステについて、種類や値段、特徴からデメリットまで様々なことをまとめました。

ヘアエクステをつける前に知っておこう!値段や種類・特徴やデメリットは?

目次

  1. 髪は女の子の命!ヘアエクステでいろんな髪型を楽しもう
  2. ヘアエクステの種類をご紹介!メリット・デメリットや値段を知ろう
  3. 〔種類①〕自然に仕上がるシールタイプのヘアエクステ
  4. 取り付け時間が短いのがシールタイプのヘアエクステのメリット
  5. 強度に少し不安が残る?シールタイプのヘアエクステのデメリット
  6. 〔種類②〕最も定番の編み込みヘアエクステ!
  7. 長持ちするのが人気の理由?編み込みヘアエクステのメリットって?
  8. 髪のお手入れが少し面倒…編み込みヘアエクステのデメリット
  9. 〔種類③〕お手入れ簡単!超音波ヘアエクステの特徴やお値段は?
  10. いろんな面でオールマイティ◎超音波ヘアエクステのメリットはこれ
  11. 大きなデメリットはお値段について?超音波ヘアエクステのデメリット
  12. まだまだたくさんあるいろんな種類のヘアエクステもご紹介
  13. ヘアエクステをつけると髪になにか影響はあるの?知っておきたい注意点
  14. 付ける前と付けた後にはケアも必要!ヘアエクステに関するケア方法を教えて
  15. ヘアエクステは短期間な分気分転換にはぴったり◎飽き性な人はぜひ試してみて!

髪は女の子の命!ヘアエクステでいろんな髪型を楽しもう

髪を切りすぎたり、突然イメージを変えたくなることってありますよね?髪型を変えるだけ人の印象は大きく変わるので、大切に手入れしている女性は多いかと思います。しかし切りすぎるというトラブルは伸びるのを待つしかなく、伸びるまで悲しい気持ちで過ごさなければいけませんね。

そんなトラブルにぴったりなのがヘアエクステです。最近は前髪にのみ付けるものもあるので、ついやらかしてしまった時には便利ですね。また、地毛を染めると染め直しで髪が茶色くなるのが困る人やすぐに色を戻せるようにしておきたい人にはヘアエクステはとても心強いものです。

しかし調べてみるとヘアエクステにはたくさん種類があり、どう違うのか悩んでしまう人もいると思います。そこで今回はヘアエクステについて、種類や値段の違い、それぞれ種類ごとのメリットとデメリットについてまとめました。

ヘアエクステの種類をご紹介!メリット・デメリットや値段を知ろう

髪型を変えるならヘアエクステよりもウィッグを被った方が手軽じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、ウィッグだと「いかにもウィッグ」といった雰囲気が出てしまいがちです。生え際や髪質の違和感を払うにはそれなりの値段のものを購入する必要があります。

しかしヘアエクステなら、髪が絡まったりごわごわになれば取り外してすぐに新しくできますし、見た目を自然なまま髪の量だけ増やすこともできます。またその都度色などでイメージを変えることもできますね。特にパーマを掛けて付けた場合はほとんど見た目にはわからない自然さにすることができます。

あえて地毛とは違う色を付けることでアクセントにするのもいいですね。そんなヘアエクステには始めに描いたとおりたくさんの種類があります。種類ごとに定番のヘアエクステについて、特徴や値段、メリット・デメリットをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

〔種類①〕自然に仕上がるシールタイプのヘアエクステ

お値段や特徴について

1つ目にご紹介するのはシールタイプのヘアエクステについてです。このヘアエクステは地毛にシート状のシールを使ってエクステを付けていくのが特徴です。このヘアエクステを外す時には専用リムーバー、もしくはアセトンを使用して外すことができます。

装着部分は平たく透明なシールで巻かれたような仕上がりになります。ヘアエクステはとにかく短時間でエクステを付けたいという人や、顔回りや前髪などの目立ちやすいパーツに付けたいと考えている人、付けている間のストレスを最小限にしたいと考えている人におすすめです。

装着する店舗ごとにも異なりますが、だいたいのお値段は一束400円、10束4000円ほどです。これより安いシールタイプのヘアエクステは、質が良くない可能性もあるので注意が必要です。(付け放題は除く)持ちは約一ヶ月半ほどと言われています。

取り付け時間が短いのがシールタイプのヘアエクステのメリット

シールタイプのヘアエクステにはどんなメリットがあるのでしょうか?先ほどのコーナーでは顔周りのパーツにおすすめとご紹介しましたね。シールタイプのヘアエクステはつなぎ目のでき上がり状態が非常に平たいため、どんな場所に付けてもあまり目立ちません。

ですので髪の細い人や量の少ない人でも見た目に違和感を感じさせない仕上がりになります。また、シールでの取り付けは掛かる時間が非常に短いのも魅力的です。取り付けの際に髪を引っ張られることもないので痛いのを我慢する必要もありません。

もちろん取り付け部分が平たいということは、寝転がったりしてもぼこぼこが邪魔することもありませんので、違和感無く眠ることができます。洗髪の際も比較的洗いやすいので生活に支障を感じることはあまりないヘアエクステです。

強度に少し不安が残る?シールタイプのヘアエクステのデメリット

そんなシールタイプのヘアエクステにもデメリットはあります。シールタイプのヘアエクステは、付けるときも手軽でテープで装着しますが、その分強度が弱いのがデメリットです。強く引っ張られたりすると取れてしまうこともあるため引っかけないよう注意が必要です。

また、接着部分は毎日のシャンプーやトリートメントの成分によっても劣化してしまいます。さらに熱にもあまり強くありませんので、長時間高温のドライヤーで乾かすのもあまりおすすめできません。かといって乾かさなければ菌が繁殖しますので乾かさないわけにもいかないのが悩みどころ。

特性上劣化しやすいので、長期間ロングヘアでヘアアレンジを楽しみたいという人にはあまりおすすめできません。さらに平たいシート状の接着方法は、髪全体のボリュームを出したいという人には不向きであると言えます。

〔種類②〕最も定番の編み込みヘアエクステ!

特徴とお値段について

次にご紹介するのは、最も多くのサロンで使われている、スタンダードなヘアエクステ、編み込みヘアエクステです。名前の通り、地毛の根元から髪に編み込むことでヘアエクステを装着するのが特徴です。

また、編み込みだけではすぐにはずれてしまいますので、その後ゴムなどでしっかり固定してあります。編み込みと一言でいってもサロンごとに編み方は違い、三つ編み、四つ編み、その他サロン独自の編み方をするお店もあります。

こちらも店舗ごとに値段は異なりますが、基本的には一束500円、10束5000円ほどが定価です。この値段より安い場合は、毛束が細めで300円、太めなら800円くらいのお値段で付けてくれるお店もあります。

長持ちするのが人気の理由?編み込みヘアエクステのメリットって?

次は編み込みヘアエクステのメリットについてご紹介します。編み込みヘアエクステの何よりのメリットは、他のエクステと比べて長持ちしやすいことです。編み込んだ上からゴムなどでしっかりと固定するので、勝手に外れてしまうことがあまりないのが特徴です。

反対に外したいという時も、シールタイプのヘアエクステのように、専用の液やアセトンを必要としません。装着部分のゴムを切って編み混みを外すことで取り外せるので、手伝ってもらえば自宅でも簡単に外すことができます。

またカラーも自由なことが多く、毛を混ぜて使うことができるます。ですので少し特殊なヘアカラーを選んでもその色を混ぜ合わせることで、地毛と比べても違和感無く装着することができるのもメリットですね。

髪のお手入れが少し面倒…編み込みヘアエクステのデメリット

もちろんあ編み混みヘアエクステにもデメリットと言える所はあります。中でも最も大きなデメリットは、接着部分がぼこぼことしてしまうことです。編み混んでヘアエクステを取り付けるので編み混みの分、面積が大きくなってしまいます。

触るとすぐに編み混みヘアエクステをしていると分かってしまうので、付けている間少し違和感を感じるかもしれません。特に太めの束を付けた場合は違和感は尚更で、稀に寝るときに頭に何か付いている感じがして寝づらく感じる人もいるようです。

また編み混み部分は水分が溜まりやすく、しっかり乾燥させないと中が臭くなってきたり、頭皮にかゆみを感じることもあります。洗う時にもどうしても洗いづらさを感じてしまいがちです。ドライヤーの時間も長くかかるため、時間にはゆとりをもって行動する必要がありそうです。

〔種類③〕お手入れ簡単!超音波ヘアエクステの特徴やお値段は?

3つ目にご紹介するのは超音波ヘアエクステです。この超音波ヘアエクステは特別な専用機械で超音波を利用して髪にヘアエクステを付けるのが特徴です。方法としてはまだ取り入れているお店は少ないので、興味のある人は店舗を探す必要があります。

超音波で専用の接着剤を髪とヘアエクステに浸透させて接着していきます。お店ごとに接着には特徴があり、方法は異なるようですが、熱に反応して接着する熱収縮チューブと併用して接着する場合もあるようです。

店舗ごとの接着方法によっても値段の幅が大きく、一束500円から700円、10束で5000から7000円ほどとされています。また編み混みヘアエクステと同様、毛束の太さに種類があるため、一束あたりの値段はこの値段より安いこともあるようです。

いろんな面でオールマイティ◎超音波ヘアエクステのメリットはこれ

超音波ヘアエクステのメリットは装着に掛かる時間がとても短いことです。チューブや編み混みといった作業が無く、超音波の機械と専用接着剤で手早く付けられるので最も早くヘアエクステの中では最も早く装着できるものといえます。

当然何もアイテムを使用しませんし、編み込むこともないのでぼこぼことした手触りを感じさせずヘアエクステを装着できるため、睡眠時や髪を洗うときの違和感もうっとうしさもありません。もちろんドライヤーも特に気を遣わず普通に使用できます。

ヘアエクステをするに当たっての煩わしさやデメリットの多くを感じさせないのがこの超音波ヘアエクステのメリットなのです。一度他のヘアエクステを試したことのある人なら、超音波ヘアエクステの楽ちんさに驚くかもしれませんね。

大きなデメリットはお値段について?超音波ヘアエクステのデメリット

メリットがとても大きい超音波ヘアエクステ。超音波エクステにもデメリットはあるのでしょうか?超音波ヘアエクステのデメリットは先ほども少し触れたとおり、専用機械が必要になるため取り扱っているお店自体がまだ少ないことです。

同じ理由で値段も比較的高くなってしまう傾向にあります。またシャンプーやトリートメント、ドライヤーなどで取れやすくなる心配はありませんが、専用の薬液で取り外すため、自分で取りたいときに外すことができません。

すでに用意された色しか髪に付けることができないため、特殊な髪色の物を付けたい場合にもおすすめできません。稀に超音波の機械音で気分が悪くなるという方もいるようですね。しかし付けている間の付け心地はおそらく最も良いとされるヘアエクステです。

まだまだたくさんあるいろんな種類のヘアエクステもご紹介

定番どころ3つはここまででご紹介させて頂きましたが、そのほかにもいくつかヘアエクステには種類があります。それぞれの特徴も簡単にですがご紹介させて頂きます。

シリコンキャップ

ヘアエクステにはシリコンキャップで取り付けるタイプの物もあります。シリコンの筒状ビーズに髪と針金を使って取り付けるのが特徴です。取り付け時間が短く、自分でも切って外せるのがメリットですが、外れやすくボリュームを出しづらいのがデメリットと言えます。

熱収縮チューブ

先ほどちらりとご紹介しましたが、熱収縮チューブもヘアエクステの取り付け方法のひとつです。チューブに地毛とヘアエクステを通し、ヘアアイロンと接着剤で固定します。上手くすればひとりでも取り付け可能なヘアエクステです。しかし外す際には専用リムーバーが必要なので注意が必要です。

ヘアエクステをつけると髪になにか影響はあるの?知っておきたい注意点

ヘアエクステが初めてという方には、あらかじめ知っておいて欲しい注意点がいくつかあります。実際に装着したことがある人なら分かると思いますが、取り外ししやすい種類といってもあくまで他の種類のエクステと比べてという意味であり、簡単に外せる物ではありません。

ですので当然、髪にはある程度の影響があることは間違いありません。多くの人が感じる問題点は、エクステ付近は洗いづらいこと、編み込んだり接着した内部の毛はどうしても洗えないことです。ですので少なからず不潔な状態になりやすいといえます。

また取り付け方や相性によっては髪が引っ張られて「牽引性脱毛症」になってしまう人もいるようです。ヘアエクステは安くありませんので、付けると外すのがもったいなく感じてしまいますが、定期的に取り外してしっかり洗髪、頭皮を休憩させることをおすすめします。

付ける前と付けた後にはケアも必要!ヘアエクステに関するケア方法を教えて

先ほど書かせていただいた通り、ヘアエクステは少なからず頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。そのためヘアエクステを付ける前と付けた後にはしっかりと行っておきたいケアもあります。付ける前と付けた後、それぞれのケアについてご説明いたします。

ヘアエクステを付ける前にしておきたいケア

ヘアエクステを付ける前にはしっかりと頭皮を洗っておくことが大切です。先ほどもご説明したとおり、ヘアエクステを付けると頭皮や髪を洗う、乾かすといったことがしづらくなります。ですので付ける前日の夜や当日に朝はいつも以上に丁寧に洗髪するよう心がけましょう。

ヘアエクステを付けた後にしたいケア

ヘアエクステを付けた後は、様々な点で配慮が必要になります。例えば洗髪です。なるべく頭皮をメインに洗い、髪の先が絡まったりしないように気をつけることが大切です。また、エクステの接着部分のシャンプーやトリートメントは流し損ねることが多いのでしっかりと意識して流すようにしましょう。

また、ヘアエクステの部分を巻くなどスタイリングする場合は必ずコテ用のトリートメントをしてから巻くようにしてください。それを怠るとエクステ部分のダメージが大きくなり、すぐに傷んでしまいます。ハードスプレーなどのスタイリング剤もあまり使わないことをおすすめします。

Thumb巻き髪をキープするコツは?スタイリング剤のおすすめはどれ?

ヘアエクステは短期間な分気分転換にはぴったり◎飽き性な人はぜひ試してみて!

今回はヘアエクステについて、種類や特徴、メリット・デメリットなど、様々なことをご紹介しました。一ヶ月半ほどしか持たないと思うと短く感じる人もいるかもしれませんが、髪型をころころ変えたい飽き性さんにはむしろちょうど良いという人もいるようです。

また校則などで普段髪色を自由に変えられないけどどうしてもイメージを変えたい!という人には、期間が短く取り外すことのできるヘアエクステは人気なようですね。皆さんもヘアエクステを利用してやりたい髪型にチャレンジしてみてくださいね。

理想のロングヘアを手に入れたら読んでおきたい髪の巻き方やアレンジはこちら

Thumbヘアアイロンでモテ髪カールを作る!人気の巻き髪を簡単に作るやり方は?
Thumb編み込みの仕方の基本!簡単に自分でできるやり方とヘアアレンジ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-12 時点

新着一覧