いちじくの栽培方法まとめ!鉢植えでの育て方のコツ・注意点は?

家庭菜園をする人が増えている中、あまり人気が無いいちじく。ちょっと栽培が難しそうなイメージがあるようですが、育て方のコツをつかむととっても簡単!いちじくを自宅で栽培して、収穫してみませんか?育て方のコツなど、詳しくご紹介していきましょう!

いちじくの栽培方法まとめ!鉢植えでの育て方のコツ・注意点は?

目次

  1. いちじくファン必見!いちじくは自宅で栽培出来ちゃう!
  2. 栽培の前にいちじくの知識を付けておこう!
  3. いちじくの育て方は実は簡単!栽培は苗木から
  4. 自宅でもいちじく野育て方は簡単!プランター栽培で栽培してみよう!
  5. いちじくの育て方!栽培でも重要な水やりと肥料は?
  6. 育て方で剪定の仕方や栽培で実を収穫するには?
  7. いちじくの育て方で注意が必要な害虫とは?
  8. 育て方で注意が必要ないちじくの病気とは?
  9. いちじくの育て方に慣れたら増やしてみよう!
  10. 育て方や栽培のコツを参考にいちじくを育ててみよう!

いちじくファン必見!いちじくは自宅で栽培出来ちゃう!

家庭菜園を始める人が増えてきていますね!天候不順などを理由に、野菜や果物の高騰が増えている今、家庭で野菜や果物を取れると大助かりです。最近では、白菜や大根などもプランター栽培が可能で家庭菜園で育てている人も増えています。定番のいちごやプランターでも育てれる柑橘類などの果物など、皆さん色々な家庭菜園を楽しんでいるようです。

そんな中、果物としては人気なのに栽培としてはいまいち人気が出てこないいちじく。実は家庭で育てられるのをご存知ですか?何となく、いちじくの育て方は難しいイメージがあるようですが、育て方のコツを掴めば簡単に自宅で栽培出来てしまうんです!ドライフルーツで購入しても高価ないちじく。自分で栽培して収穫出来たら、ちょっと嬉しいですね!

そこで!今回はいちじくを家庭で簡単に育てる栽培の方法をご紹介していきましょう!育て方は、今回はアパートやマンションでも育てられる方法としてプランターでの方法をご紹介していきます。いちじくの育て方のコツは?収穫する方法とは?こんな疑問も全部詳しくご紹介していくので、初めてでも簡単に育てることが出来ちゃいます!

栽培の前にいちじくの知識を付けておこう!

いちじくは、アラビア南部原産の暖かい地域の植物です。ドライフルーツやジャムで馴染みがありますが、実は果物でも野菜でもないんです!いちじくは、無花果と書くように花を見る機会がありません。なぜなら、私たちが普段食している部分が花の部分だからなのです!ちょっと意外ですが、いちじくは実の内側に花を咲かせる変わった木という事になります。

いちじくは、不老長寿の果物と呼ばれるほど栄養にも富んだ植物です!カリウムが豊富に含まれているので、動脈硬化などの予防にも効果があります。また、ペクチンと言う食物繊維も豊富に含まれているので便秘対策としても有効です。タンパク質を分解する成分であるフィシンと言う成分も含まれていて、食後のデザートとしてもおすすめです!

いちじくの育て方は実は簡単!栽培は苗木から

いちじくは、実がなる植物なので雄株と雌株があります。しかし、雌株だけでも実が付くので、収穫まで栽培したいと言う人には雌株を購入する事をおすすめします。いちじくは、実の中に花が咲く植物なので種は受粉していないものも多く、種から育てても発芽しません。購入するのであれば、苗木を購入して育てていきましょう!ネットで購入出来ます。

いちじくの育て方は、害虫に注意しながら日当たりの良い暖かい場所で育てていく事がコツとなってきます。暖かい地域の植物なので、寒くなって来たら室内などの暖かい場所に移動してあげましょう。植え付け時期は、11~3月の間なので、植え付けから夏になるまでは室内で育てていき、木が安定する5~6年くらいは冬は室内で育てていきましょう!

自宅でもいちじく野育て方は簡単!プランター栽培で栽培してみよう!

室内で育てて行くには、プランターでの栽培が楽ですね!と言う事で、今回は温度管理も簡単な方法としてプランターでの栽培方法をご紹介していきます。プランターで栽培出来れば、アパートやマンションなどのベランダでも簡単に育てる事が出来ます。プランターは、10号鉢程度の深さのあるプランターを選びましょう。1つのプランターで1株の栽培です。

いちじくの栽培で大事な土作りですが、果樹用の培養土が手軽でおすすめです!配合する場合には、赤玉をメインに腐葉土を混ぜて保湿性の高い土にしましょう!プランターに底石を敷き詰め、半分程度土を入れたら樹高30㎝程度に切り詰めたいちじくの苗木を差し、添え木を立てて土をかぶせます。終わったら、たっぷりと水やりをしてあげましょう。

いちじくの育て方に入る前ですが、大事なコツがあります。土作りは1ヶ月間程度前に行い、土を馴染ませてあげておきましょう!また、いちじくの苗木の根についていた土は丁寧に取り除き、しっかりと根をほぐしてあげてから植え付けると根付きが良くなります。根を広げながら土の上に乗せるイメージで置くと、上手く行きます。

いちじくの育て方!栽培でも重要な水やりと肥料は?

いちじくの育て方で大事な、水やり!水分は、いちじくにとってとっても大事ですが、常に土が湿っている状態では根腐れを起こしやすくなってしまいます。水やりのコツは、土の表面が乾燥してきてからあげるような方法を行うと良いでしょう。水やりする際には、たっぷりとあげても大丈夫です。暑い日が続いた際や、エアコンがある室内では注意して見ていきましょう!

肥料は、植え付けの時に堆肥をあげます。その後は、果樹用の肥料や有機肥料などを適度に与えていきましょう!3~10月の生育期には、1~2ヶ月に1度の目安で肥料を与えてあげます。いちじくは、生育期に十分な栄養が無いと上手く育ってくれなくなってしまいます。特に、生育期の肥料をしっかりと与えるように忘れないよう注意しましょう!

育て方で剪定の仕方や栽培で実を収穫するには?

いちじくの実は、2~3年程度で収穫出来ます。育て方をしっかりとしていれば、受粉などの必要が無く収穫出来るので簡単な果物と言えるでしょう。いちじくには、秋に実を付けるものと夏に実を付ける品種があります。それぞれによって、剪定の仕方が変わってくるので、実を収穫する育て方としては剪定がとっても大事!しっかりと行いましょう!

いちじくの育て方で一番大事な剪定ですが、まずは育て始めの1年目は12~2月のうちに行います。付いている枝、全てを20~30㎝程度に切り詰めましょう!その後、植え付けから2年目の春、枝が混み合っている部分を間引きしてあげましょう。害虫対策にもなります。

2年目の冬には、実を付ける時期によって剪定を変えます。秋に実を付ける物は、左右に伸びた枝はそのまま、1~2芽程度残して剪定し、それ以外は間引きます。夏に実を付ける物は、混み合っている枝は全て間引き、長さも切り詰めてしまいます。翌春の手入れの分もやってしまう勢いで大丈夫です。剪定の違いに注意しましょう!

いちじくの育て方で注意が必要な害虫とは?

いちじくには、あまり害虫が付きません。なので、育て方としては簡単な植物なのですが、カミキリムシには注意が必要かもしれません!カミキリムシは、幼虫のうちに木の枝の中に入り込み、成長しながら浸食していく害虫です。暖かくなってくると、枝の間などにおがくずがついていたらカミキリムシの被害にあっている可能性があります。注意して観察しましょう!

いちじくの木にカミキリムシの被害があった場合の対処法は、殺虫剤が有効です!カミキリムシが入り込んだ穴を見つけて、穴から殺虫剤を直接吹きかけましょう!一度で駆除出来ない場合もあるので、何度かに分けて殺虫剤を吹きかけると良いでしょう。剪定の時期に、枝ごと切り取っても大丈夫です。

育て方で注意が必要ないちじくの病気とは?

いちじくの栽培をするとなると、病気についても気になりますね。いちじくは、基本的に病気の心配はあまりありません。害虫もカミキリムシくらいなので、大変育て方が簡単な植物なのです。また、いちじくは収穫期も長いので、実が付き始めたら長く楽しむ事が出来ます。難しそうなイメージでしたが、いちじくはとっても栽培の簡単で楽しめる植物なのです!

唯一の難点と言えば剪定でしょう。初めてのうちはちょっと難しいかも知れません。また、いちじくは横に枝を伸ばしていく植物なので、剪定を怠るとちょっと邪魔になってしまいます。そこで、剪定が楽な小さめの品種をご紹介しましょう!ビオレッタと言う品種は、比較的小さめで剪定も楽に出来るので、これから苗木を検討する際には参考にしてみてください。

いちじくの育て方に慣れたら増やしてみよう!

いちじくの育て方に慣れてきたら、1株だけの収穫に満足できずに増やしてみたくなるかもしれません。新しい苗木を買う事はしなくても大丈夫!いちじくは、栽培が簡単なように挿し木で簡単に増やす事が出来るのです!剪定などで切り落とした枝から、挿し木として増やしていく事が出来るので、育て方に慣れてきたらぜひ増やしてみましょう!

挿し木の仕方は、切り落としたいちじくの木の根元を斜めに切り、水に1~2時間付けてから苗木の植え付け同様に育てて行きます。新芽が出るまでは、根も張っていない状態なので水やりや温度管理に特に注意が必要です。乾燥しないようにこまめに水やりをしましょう!後は、苗木から育てるいちじくと同じ育て方で育てていく事が出来ます。

育て方や栽培のコツを参考にいちじくを育ててみよう!

いちじくをたくさん栽培出来たら、収穫も増えてたくさんいちじくを楽しむ事が出来ます。ジャムやドライフルーツにしてみたり、楽しむ方法はたくさんあります!育て方のコツを参考に、いちじくを楽しんでみましょう!

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumbマンゴーの栽培方法まとめ!種からの育て方や注意点を詳しく紹介
Thumbレインボーコーンの種からの育て方まとめ!栽培方法や食べ方を紹介
Thumb白菜を栽培しよう!栽培方法・育て方のコツは追肥と害虫対策?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-18 時点

新着一覧