かぼちゃの栽培方法・育て方まとめ!種まきや苗の植え方など詳しく紹介

野菜が高騰している今、自宅で野菜が作れたら素敵だと思いませんか?今回は、美味しいかぼちゃの栽培方法や育て方をお届けします。意外にも簡単に栽培することができるかぼちゃは、育て方が難しいと感じている方や栽培初心者さんにもおすすめです。

かぼちゃの栽培方法・育て方まとめ!種まきや苗の植え方など詳しく紹介

目次

  1. かぼちゃは家庭栽培ができる
  2. 自家製かぼちゃは美味しさも増す!
  3. かぼちゃ栽培の特徴は?
  4. かぼちゃの栽培に適した時期は?
  5. 栽培するかぼちゃの種を選ぼう
  6. かぼちゃを栽培してみよう!
  7. 手順1:まずは種まきから始めよう
  8. 手順2:栽培に大切な土作り
  9. 手順3:苗を植え付けよう
  10. 手順4:育ったかぼちゃの枝を整えよう
  11. 手順5:かぼちゃの葉が重ならないようにしよう
  12. 手順6:花が咲いたら受粉をしよう
  13. 手順7:摘果と肥料を行おう
  14. 手順8:かぼちゃを太陽に当てよう
  15. 手順9:かぼちゃが実ったら収穫しよう
  16. 手順10:甘みを出すには追熟しよう
  17. 立派なかぼちゃを栽培するコツは?
  18. かぼちゃ育て方・栽培のポイント!
  19. かぼちゃ栽培で気をつける病気は?
  20. 美味しいかぼちゃを栽培しよう

かぼちゃは家庭栽培ができる

秋の味覚として食卓に並ぶかぼちゃは、甘くてホクホクとした食感が美味しい野菜です。煮込んで和食にしたり、とろとろに柔らかくしたペーストのかぼちゃも洋食のメニューに取り入れることが出来ます。たくさんのレシピがあるかぼちゃは、栄養満点の野菜です。

美味しいかぼちゃをお家で作ることが出来たら嬉しいですね。今回は、家庭栽培でも人気の高いかぼちゃの栽培方法や育て方をご紹介します。かぼちゃは家庭栽培ができるおすすめの野菜です。美味しいかぼちゃの種まきの時期やかぼちゃ苗の植え付け方法、かぼちゃの育て方をご紹介します。

かぼちゃ栽培初心者さんは育て方は難しい?

かぼちゃは栽培が難しいと敬遠している方も多いことでしょう。しかし、意外にもかぼちゃの栽培は手間もあまりかからずに栽培することが出来ます。初心者さんでも安心して栽培を行うことが出来ます。ベランダのプランターで作ることができるので、お手軽に始めることが出来ますね。

自家製かぼちゃは美味しさも増す!

自家製かぼちゃは経済的

スーパーなどで購入するとお値段が張ってしまうかぼちゃも、家庭栽培をすることで経済的です。また、自分で作ったかぼちゃであれば美味しさも増すものです。美味しい自家製栽培のかぼちゃを作って収穫できたら、和食や洋食レシピに取り入れて家族みんなで食べたいですね。

かぼちゃは連作OK

初めてのかぼちゃ栽培であれば、大きなかぼちゃを作ることは難しいかもしれません。しかし、かぼちゃは連作が可能な野菜なので毎年改良を加えることで美味しいかぼちゃを育てることが出来ます。育て方のポイントや注意点を知れば失敗を防ぎながらかぼちゃを栽培することが出来ます。

かぼちゃ栽培の特徴は?

かぼちゃは、ウリ科の連作が可能な野菜です。かぼちゃの種類は、西洋系かぼちゃ・日本かぼちゃ・ペポかぼちゃに分けることが出来ます。西洋系かぼちゃはホクホクとした食感で甘みが強く、日本かぼちゃは煮物や揚げ物に適しています。ペポかぼちゃは変わった形が多いと言った特徴があります。

かぼちゃはたくさん収穫できる!

家庭栽培を行うのであれば、たくさん収穫したいですね。かぼちゃは、一株につき5個から6個のかぼちゃをつけることが出来ます。上手な育て方を行うことで、たくさん収穫できる野菜です。土壌病害にも強い性質があるので、あまり手間をかけずに育てることが出来ますよ。

かぼちゃ栽培はココに注意!

かぼちゃの栽培を行う上で注意する点は、ツルの広がりです。かぼちゃのツルは成長とともにどんどん広がるのでツルが伸びても大丈夫な面積が必要です。大きな面積を確保できない場合や、プランター栽培を行うときにはひとまわり小さなかぼちゃを選ぶとスペースを取らずに栽培することが出来ます。

かぼちゃの栽培に適した時期は?

かぼちゃの栽培には適した時期があります。かぼちゃ栽培に適した時期に行うことで、丈夫で美味しいかぼちゃを作ることが出来ます。まずは、かぼちゃの栽培スケジュールを立てることから始めましょう。大まかなスケジュールを組むことで、収穫の目処が立ちやすくなります。

種まきは春に行おう

かぼちゃの栽培時期は、3月下旬に為薪を行い苗を育てましょう。だいたい4月中旬から4月下旬にかぼちゃの苗が育つので、苗が育った4月下旬ごろにかぼちゃ苗を植え付けましょう。しかし、かぼちゃの種類や品種によって種まきや苗植えの時期が異なるのであらかじめ確認しておきましょう。

かぼちゃの苗の植え付けは、4月下旬から6月下旬まで行うことが出来ます。苗がしっかりと植え付けられ、順調に育っていけば収穫は7月から9月下旬までに行うことが出来ます。美味しくて丈夫なかぼちゃができるように、スケジュールを組んで大切に育てて行きましょう。

栽培するかぼちゃの種を選ぼう

かぼちゃを栽培するのであれば、よく育つかぼちゃや育てやすいかぼちゃにしたいですね。家庭栽培に向いているかぼちゃの種をご紹介します。かぼちゃを育てる大きなスペースが確保できているのであれば育ちやすいかぼちゃの種を、初心者さんであれば省スペースで育てることのできるかぼちゃの種がおすすめです。

育ちやすいかぼちゃの種は?

初めてのかぼちゃ栽培であれば、育てやすいかぼちゃの種を選びたいですね。初心者さんでも簡単に育てることのできるおすすめのかぼちゃ種は「はやと」「みやび」「えびす」と言った品種です。かぼちゃがよく育つ品種となっているので、おすすめの品種ですよ。

初心者さんにおすすめの種は?

同じく初心者さんにおすすめのかぼちゃ種は、「栗坊」「坊ちゃん」「プッチーニ」と言った品種のかぼちゃです。場所を取らないかぼちゃなので、ベランダで栽培するときやプランターを使った栽培に向いています。かぼちゃの種は常温で3年から4年保存することができるので安心ですね。

かぼちゃを栽培してみよう!

かぼちゃの種が決まったら、早速かぼちゃを栽培してみましょう。今回は、種まきから収穫までの育て方・栽培方法をご紹介します。かぼちゃの成長をしっかりとみながら栽培方法を行うことで、失敗を防ぎ丈夫で美味しいかぼちゃを作ることが出来ますよ。

かぼちゃ栽培に必要なものは?

まず、かぼちゃの種まきに必要なプランターを用意しましょう。プランターは標準タイプの60センチ程度のプランターがおすすめです。大きな身がつくかぼちゃを栽培するときには、一株に対して1つのプランターを使用するようにしましょう。こうすることで栄養が行き渡るので収穫量を増やすことが出来ます。

手順1:まずは種まきから始めよう

かぼちゃの育て方・栽培方法①種まき

かぼちゃの栽培方法は、かぼちゃの種まきから始めましょう。種を植える3号から5号の12センチポリポットの中心部分を1センチ程度指で押し込みます。押し込んだ部分に1粒から2粒ほど種まきを行います。種まきは、種の尖がった方を下向きにして種まきを行いましょう。

種まきができたら軽く土をかけて、たっぷりと水をやりましょう。種まきが終わったら、暖かい場所や環境で育てましょう。発芽するまでは暖かい場所や環境におくことでゆっくりと成長して行きます。土が乾かないように注意しながら水やりを行いましょう。

種まきが終わり苗を育てるときには、ホットキャップをかぶせて日光が当たりすぎないようにしましょう。ホットキャップをかぶせ続けてあまりにも高温になるとかぼちゃ苗が弱ってしまうので、様子を見ながら調節してください。かぼちゃの苗は発芽して本葉が出たら間引いて、本葉を3本から4本になるまで育てましょう。

手順2:栽培に大切な土作り

かぼちゃの育て方・栽培方法②土作り

かぼちゃの種まきが終わり苗が育っている間に、かぼちゃの土作りを行いましょう。かぼちゃの原産地は荒地のような乾燥地帯なので水はけの良い場所であればすくすくと成長します。水はけを良くするために、もみ殻堆肥など粗い有機物を入れ高畝を作りましょう。

かぼちゃの苗は、成長とともにツルがどんどん伸びて行きます。ツルがしっかりと伸びるように広い面積がある場所でかぼちゃの栽培を行いましょう。かぼちゃ栽培に必要な面積は畝幅80センチ、株間90センチを確保できるのであれば十分なスペースと言えるでしょう。

プランターでの育て方は?

かぼちゃをプランターで育てるときの土作りは、赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1を用意します。そこに石灰を用土10リットル当たり10グラムと化学肥料を用土10リットル当たり10グラム混ぜ合わせましょう。自分で土作りを行う他にも、市販の培養土を利用すれば簡単に作ることが出来ます。

手順3:苗を植え付けよう

かぼちゃの育て方・栽培方法③植え付け

かぼちゃの苗に本葉が4枚から5枚ほどついたら、植え付けを行いましょう。広い面積に植え付けるのであれば、株間は90センチ以上スペースにゆとりを持ちましょう。かぼちゃのつツルはどんどん伸びてしまうので、十分なスペースを確保してから植え付けを行いましょう。

植え付けは、表面の根が見える程度にして植え付けて根元をぎゅっと土に密着させて活着が良くなるようにしてあげましょう。かぼちゃの苗は、霜に当たってしまうと枯れてしまうので寒い環境を避けるようにしてください。植え付けが終わったら、しっかりと水やりを行いましょう。

万が一寒い環境で植え付けを行うのであれば、マルチや敷き藁を土にかぶせておき地温をあげておきましょう。土の温度が低すぎると、かぼちゃの苗が育たなくなってしまいます。寒さが戻ってしまう可能性があるときには、防寒対策を取っておくことも必要です。

手順4:育ったかぼちゃの枝を整えよう

かぼちゃの育て方・栽培方法④整枝

かぼちゃの苗が成長したら、整枝を行いましょう。西洋かぼちゃは親弦は実がなりやすいのでそのまま残して、子弦は2本から3本ほど残して他は摘み取ってしまいましょう。日本かぼちゃは、本葉5枚ほどになったら親弦の先端だけを摘み取りましょう。子弦は3本から4本伸ばせば実がつきやすくなります。

かぼちゃの苗は、成長するとどんどん葉がついてきます。葉が茂ってきたら、ツルの伸びる方に合わせて敷き藁を用意しましょう。敷いた藁に蔓を絡ませて伸びていくので、かぼちゃが土に固定されやすく雨や風が吹いたときにも飛ばされることがありません。

かぼちゃの実は虫などに狙われやすいものです。土の中から虫が出てきて身を食べないように、実の下に藁を敷いておくことで土から出てきたダンゴムシなどにかぼちゃのみを食べられることも防ぐことが出来ます。また、カビの発生も防ぐ効果もあるのでおすすめです。

手順5:かぼちゃの葉が重ならないようにしよう

かぼちゃの育て方・栽培方法⑤摘芯

かぼちゃの栽培では、成長に合わせて摘芯を行います。摘芯を行うことで、葉の重なりによって起こる日光不足を防ぐことが出来ます。かぼちゃの成長具合を一つずつ確認しながら、葉が重なり合っている部分を摘芯するようにしましょう。葉をずらす事で光合成ができるようになります。

本葉が5枚から6枚ほど開いたら、親弦を摘芯しましょう。。子弦を2本から3本ほど伸ばして同じ方向に誘引するようにしましょう。葉が多くなりすぎてしまったら、実のない枝を切って、風は中までよく通るようにしましょう。風通しが良くなることで、病気を防ぐこともできます。

かぼちゃの成長を見ながら肥料を与えよう

かぼちゃの成長を見ながら肥料を与えましょう。窒素過多になってしまうと、実がならない危険性もあるので適度に追加してください。実の成長が少ないときには、草木灰などを加えましょう。他には、ボカシ肥やマイガーデンベジフルといった配合肥料もおすすめです。

手順6:花が咲いたら受粉をしよう

かぼちゃの育て方・栽培方法⑥受粉

6月に入る頃になると、かぼちゃの花が咲き始めます。かぼちゃの花は、ガクの下に膨らみがあれば雌花、膨らみがなければ雄花と見分けます。かぼちゃの実を大きくするために、必要な受粉作業は花が咲いたら自然に授粉したり人工授粉させることが出来ます。

自然受粉であれば、ハチなどの昆虫が自然に授粉を行うので何も行う必要はありませんが自然授粉を行わない環境であれば人工授粉を行いましょう。晴れた日の早朝に、雄花を取って同じ位置にある雌花にこすって授粉をさせます。午後になると花がしぼむので早朝に行ってください。

一つのツルに対して、2個の着果を目安にしましょう。プランターや省スペースを使って栽培を行なっているミニかぼちゃであれば3つの着果を目安にしてください。受粉を行わないとかぼちゃの実は大きくならないので、花が咲いたら必ず行うようにしましょう。

手順7:摘果と肥料を行おう

かぼちゃの育て方・栽培方法⑦摘果

着果したら10枚以上の葉が開くようになります。葉の数が少ないと、1個を摘果 しておきましょう。15枚ほど葉がなっていると2つとも実を残すことが出来ます。かぼちゃの果実が直径5センチほどに成長したら、様子を見ながら二度目の肥料を加えましょう。

2回目の肥料を与えるタイミングは、2番果から3番果の着果後に与え流ようにしましょう。追加の肥料は、化成肥料30グラムから40グラムを目安にして株元から離れた場所に加えるようにしましょう。1番果が出来てもすぐに肥料を与えないように、2個、3個となるまで待ちましょう。

手順8:かぼちゃを太陽に当てよう

かぼちゃの育て方・栽培方法⑧玉直し

かぼちゃがどんどん成長していくと、根に近い地面に沿って大きくなります。地に張った状態になってしまうと、葉などに邪魔をされて太陽がしっかり当たらずに日光不足になってしまいます。日光不足は、かぼちゃの成長を妨げるので玉直しを行いましょう。

太陽に当たらない部分は、綺麗な緑色になりません。この、緑色にならない部分はグランドマークと言われています。味に直接の影響はありませんが色や形を整えるためにも玉直しを行ってしっかりと太陽を当ててあげましょう。実の位置を90度ほど変えるだけで玉直しが完了します。

玉直しで注意するポイント

玉直しを行うときは、下手の部分が切れないように注意しましょう。勢いよくかぼちゃの向きを変えてしまうと、下手ごとちぎれてしまうこともあるのでゆっくり慎重に行ってください。かぼちゃのヘタごと持って、無理やり引っ張らないように気をつけましょう。

手順9:かぼちゃが実ったら収穫しよう

かぼちゃの育て方・栽培方法⑨収穫

大きなかぼちゃが実ったらいよいよ収穫の時期です。かぼちゃに適した収穫時期は、開花から数えて45日から50日と言われています。かぼちゃの首の部分がコルク状態になれば収穫できるタイミングと言えるでしょう。かぼちゃの成長に合わせて収穫を行いましょう。

果実の表面がつるっとしている状態や、滑らかな状態になっているかぼちゃはまだ成熟していない状態です。かぼちゃに深い溝があって表面の艶が消えている状態のかぼちゃを選んで収穫するようにしましょう。また、ヘタの部分を見ながら選ぶと失敗しにくいでしょう。

分かりにくいときには、表面に爪を立てて食い込まないのであれば収穫できます。収穫するときは、手でちぎり取らずにはさみを使ってヘタの部分を取り除きましょう。収穫した後はそのまま調理せずに、一週間ほど日陰に寝かせて切り口を乾燥させると良いでしょう。

手順10:甘みを出すには追熟しよう

かぼちゃの育て方・栽培方法⑩追熟

収穫したかぼちゃを1週間寝かせて乾燥させるだけではなく、さらに乾燥させることで追熟させることが出来ます。かぼちゃは風通しの良い場所に置き2週間から1ヶ月ほど寝かせましょう。1ヶ月ほど寝かせることで甘みを増し、美味しいかぼちゃが出来上がります。収穫後は3ヶ月まで保存可能です。

立派なかぼちゃを栽培するコツは?

水やりにしすぎはNG

もともとかぼちゃは乾燥した地帯で作られているので、乾燥には強い野菜です。そのため、あまりに多く水やりを行ってしまうと病気を引き起こしたり害虫を招く原因になってしまいます。畑などで育てているのであれば自然の雨だけで十分です。プランターで育てている場合は、表面が乾いたら水やりを行いましょう。

成長を見ながら肥料を与えよう

かぼちゃを育てるときは、窒素肥料が多くなってしまうとツルボケしやすくなります。そのため、肥料は少しずつ与えるようにしましょう。かぼちゃを育てる上での肥料は、リン酸やカリウムの成分を含んだ肥料がおすすめです。二回目の肥料は、2個から3個ほど実ができたら与えるようにしましょう。

かぼちゃ育て方・栽培のポイント!

育て方ポイント①生育温度を気にしよう

かぼちゃを育てる上でのポイントは、生育温度です。かぼちゃの育て方に適した温度は、17度から20度と言われています。種まきの始まる4月や5月はまだ寒い地域もあるのでかぼちゃを育てるときは適した環境で行いましょう。10度以下になってしまうと、枯れてしまうので注意してください。

育て方ポイント②ツルボケ対策をとろう

成長に合わせてぐんぐん育つツルですが、放っておくとツルボケをおこしてしまいます。かぼちゃのツルボケを防ぐためには、必要な肥料を用意しましょう。用意する化成肥料は、窒素が少ないものを使用することでかぼちゃのツルボケを防ぐことが出来ます。

育て方ポイント③日光に当てよう

かぼちゃは、葉が大きく育つので見に太陽の光が当たらなくなってしまいます。こまめにかぼちゃをチェックして玉直しを行い太陽の光が届くようにしましょう。太陽がしっかりと当たることで、グランドマークが少ないキレイな緑色のかぼちゃが出来上がります。

かぼちゃ栽培で気をつける病気は?

粉状の白カビ「うどんこ病」

かぼちゃ栽培で注意したい病気は、うどんこ病です。うどんこ病とは、かぼちゃの葉の表面に白いカビが発生する病気です。薄く白いカビが発生してしてしまうと、かぼちゃの発育を妨げ成長できなくなってしまいます。美味しいかぼちゃを作るためにもうどんこ病には注意しましょう。

葉の裏にできる「べと病」

べと病もカビが発生する病気です。かぼちゃの葉の表面に、小さく黄色の病斑ができます。葉の裏面には、スス状のカビが発生してしまうべと病も、かぼちゃ栽培の上でかかりやすい病気なので注意が必要です。カビが発生しても気づけるようにこまめにチェックをしておきましょう。

葉が奇形化する「モザイク病」

分かりやすい病気としては、モザイク病があります。モザイク病とは、かぼちゃの葉の表面に濃淡のモザイク模様が表れます。モザイク模様が表れてそのまま放っておくと、どんどん侵食が進み葉が縮れてしまい奇形化します。葉のチェックはこまめに行うようにしましょう。

大敵は「ウリハムシ」

かぼちゃの苗を育てる上で気をつけたい害虫は、ウリハムシです。ウリハムシは体長7ミリから8ミリで、茶色の甲虫です。目に見えやすいので、苗についているのであれば簡単に見つけることが出来ます。このウリハムシは、放っておくとかぼちゃの葉を食べてしまって穴だらけにしてしまうので見つけたらすぐに取り除きましょう。

美味しいかぼちゃを栽培しよう

かぼちゃは自宅栽培することができるので、用意するものを揃えたらすぐにでも始めることが出来ますね。連作ができるので、使った土をそのまま活用することもできます。低コストで作ることができるかぼちゃは、たっぷりと愛情をかけて育ててあげたいですね。

高騰する野菜は、スーパーなどで購入しようと思うとお値段が高くなかなか購入できない場合もあります。育てやすいかぼちゃであれば、栽培することもできるので購入する手間もなくなり経済的です。愛情を込めて育てたかぼちゃは、気持ちがこもっているので美味しく感じることでしょう。

畑がない場合でも、プランターで栽培することが可能です。かぼちゃの栽培初心者さんにも簡単に育てることができるので、ぜひ栽培に挑戦してみませんか?春から秋のはじめまで、たっぷりと愛情を込めて育てたかぼちゃを使って美味しく食卓に並べましょう。

あわせて読みたい栽培についての記事はこちら

Thumbレインボーコーンの種からの育て方まとめ!栽培方法や食べ方を紹介
Thumbマンゴーの栽培方法まとめ!種からの育て方や注意点を詳しく紹介
Thumbアボカドを水栽培しよう!アボカドの種で出来る簡単なやり方は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-26 時点

新着一覧