かぼちゃのカビの見分け方は?白と黒の違いや削れば食べられるか調査

白カビや黒カビなどかぼちゃについたカビの見分け方や食べられるかどうかの判断についてまとめました。かぼちゃに白カビや黒カビがついている様子があったら食べられるかどうかの見分け方が大切。白カビや黒カビの見分け方をチェックしてかぼちゃが食べられるか判断しましょう。

かぼちゃのカビの見分け方は?白と黒の違いや削れば食べられるか調査

目次

  1. かぼちゃについた白カビや黒カビの見分け方を知りたい!
  2. そもそもカビとはどんなもの?
  3. かぼちゃをチェックする時に知っておきたい!カビの見分け方
  4. かぼちゃに白カビや青カビが生えたら食べられる?
  5. 黒カビが生えた場合のかぼちゃが食べられるかどうか
  6. カビが生えているかぼちゃを誤って食べたら?
  7. かぼちゃの表面についた白い色の見分け方
  8. かぼちゃにカビが生えずに食べられる状態をキープできる保存方法
  9. かぼちゃの食べられる状態を長くできる保存方法
  10. カビを予防してかぼちゃを長期保存するなら冷凍保存
  11. カビが生えていなければ栄養豊富なかぼちゃは健康に役立つ
  12. ホクホクして美味しいかぼちゃグラタン
  13. 濃厚な味わいのかぼちゃスープもおすすめ
  14. おやつにもぴったりなかぼちゃの蒸しパン
  15. かぼちゃのカビの見分け方をチェックしておこう

かぼちゃについた白カビや黒カビの見分け方を知りたい!

野菜を保存しているとついてしまいがちなカビ

せっかく野菜を購入して保存をしておいたら、いつの間にかカビが生えていたということはよくありますよね。いろいろな野菜にカビがつくことがありますが、かぼちゃも放置しておけばカビが生えてしまう野菜の1つです。白カビや青カビなどいろいろな種類のカビがありますが、かぼちゃにカビが生えた時はどんなカビなのか見分け方を把握しておくことも大切。

かぼちゃのカビの見分け方はもちろんのこと、かぼちゃにカビが生えないように注意しておくことも大切になります。正しい保存方法を取り入れておけば、かぼちゃにカビを生やさずに最後まで美味しくかぼちゃを食べることができるのでチェックしておきたいですね。かぼちゃはいろいろな料理に使うことができるので、カビを生やすことなく活用していきましょう。

カビの見分け方から食べられるかチェックしよう

「かぼちゃにカビが生えた場合の見分け方を知りたい」「かぼちゃにカビを生やさないためにはどういった保存をすれば良いの?」という場合に役立つかぼちゃに生えたカビの情報についてまとめました。かぼちゃにカビが生えた時の対処方法を知っておけば、いざという時も安心です。かぼちゃにカビが生えないためにやっておきたいポイントをチェックしましょう!

Thumbかぼちゃのカロリーは?ダイエット中でも大丈夫な食べ方や調理方法は?

そもそもカビとはどんなもの?

湿度やエサ、温度の条件が揃えばカビはどこにでも生える

そもそも、カビとはどういったものなのでしょうか?カビとは、真菌類に分類されるものです。真菌類はきのこと同じ種類のもので、常に空気中に漂っている状態にあるのが特徴。湿度やエサ、温度といった状態が整えばどこにでも生えることができるため、野菜などの食べ物だけでなく浴槽などでもカビが見られることが多いですよね。

カビの特徴としてあげられるのが、光合成はできないということ。光合成ができないため、外部からのエサを必要とします。カビのエサとなるのが糖分。糖分が多く含まれて湿気が高く、温度も適温であればすぐにカビは生えてきます。

水分と糖分のある野菜はカビに最適な繁殖場所

いろいろなところに生えてくるカビですが、カビが生えやすい環境が整いやすいのが野菜や果物。水分や糖分を多く含んだ野菜や果物はカビが生えるのに最適な物質です。あとは温度の状態さえ揃えばカビは簡単に生えてきます。このため、かぼちゃにもカビが生えてくることがよくあるのですね。

カビが生えやすい温度は20〜30℃と室温とだいたい同じくらいになります。温度管理をしっかりしておくことによってカビが生えることも防げるので、かぼちゃだけでなく野菜や果物を保存する時は気をつけてみましょう。

かぼちゃをチェックする時に知っておきたい!カビの見分け方

毒性の強い青カビや白カビ

カビと一口に言っても、3つの種類に分けることができます。もちろん、かぼちゃに生えてくるカビも3種類になるのでどういったカビが生えてくるのか見分けておくことも重要なポイント。まずカビの種類としてあげられるのが青カビ。青カビといえば、みかんや餅といった食材に生えてくる印象が強いですよね。もちろんかぼちゃにも青カビは生え、毒性が強いものもあります。

続いてあげられるのが白カビです。白カビは酵素の力が強いのが特徴。白カビが生えると急速に生えた箇所の成分を分解し、味や食感などを変えていきます。日本酒や醤油といったものを作る麹菌も白カビの一種ですが、家庭で生える白カビはこれとは違って有毒なので気をつけましょう。中には発がん性のある白カビもあるので、白カビが生えたら要注意です。

根深い黒カビ

最後にあげられるのが黒カビ。黒カビは特に湿気が多いところを好み、温度が高いところで生えやすいのでお風呂場などで見かけることが多いのではないでしょうか。黒カビは一度生えると根深いのが特徴。お風呂場などに生えた黒カビもなかなか取れないことが多いですよね。

黒カビは白カビや青カビと比べると有毒性が低くなりますが、黒カビが生えた状態が続くと喘息などの原因になるので気をつけましょう。また、黒カビは加熱をすると殺菌できるカビの一種でもあります。

かぼちゃに白カビや青カビが生えたら食べられる?

白カビ&青カビがかぼちゃに生えたらNG

それでは、実際にかぼちゃに白カビや青カビが生えたらどうなのでしょうか?昔は青カビなどは叩けば食べられる、という話もありましたがそれはNG。白カビや青カビには有毒性があるので、かぼちゃに生えてきたら食べるのはやめましょう。カビが生えた状態のかぼちゃを放置しておくと他の野菜にカビが移ってしまう可能性もあるので気をつけてください。

加熱をして食べられるわけではない

加熱すれば殺菌できるのでは?と思ってしまいがちですが、白カビや青カビは加熱をしても殺菌されないので加熱をした後でもNGです。白カビや青カビがかぼちゃに生えていたら、もったいないですけれどもゴミ箱に捨ててくださいね。たとえ、白カビや青カビを叩いて消えたように見えてもかぼちゃの内部に残っていることもあります。

黒カビが生えた場合のかぼちゃが食べられるかどうか

黒カビの範囲が狭ければかぼちゃを削って加熱すれば食べられる

続いて、黒カビが生えた場合の対処法についてチェックしていきましょう。黒カビが狭い範囲で生えているのであれば、その部分を5cmくらい削り、十分に加熱をすることで食べることができます。黒カビは加熱をすることで殺菌されるので、しっかりと処理をしておけば食べることも可能。ただし、気になる場合は他のカビと同様に捨てるのがおすすめです。

黒カビが大量に生えていたらNG

黒カビであっても大量に生えている場合は食べるのをやめましょう。黒カビは根深いので、たくさん生えている場合はいくら削っても黒カビの根が張って安全に食べられる可能性が低くなっています。この場合は加熱をしても食感や味も変わっていて美味しくなく、有毒な可能性もあるので食べないでください。黒カビが大量繁殖すると見た目も悪くなるのですぐに気づきます。

カビが生えているかぼちゃを誤って食べたら?

少量であれば大丈夫な場合もある

かぼちゃにカビがついているのに気づかずにうっかり食べてしまった、ということもありますよね。「あとでかぼちゃを確認したらカビが生えていた……」ということになったらショックですが、少量のかぼちゃであれば大丈夫です。一口や二口くらいだったら体への影響も少ないので様子を見ておきましょう。おかしな味がしたらすぐに食べるのをやめるのがベストです。

症状は1〜2時間後に出ることが多い

もしカビつきのかぼちゃを食べて体に影響が出てしまう場合は、食べてからだいたい1〜2時間ごと言われています。下痢や嘔吐といった症状が出てくるのが一般的。これは体内に入ったカビの毒素を排出する働きが作用しているとされているため、下痢止めなどは飲まずに排出したほうが良いと言われてます。症状がひどい場合は病院へ行って専門家の意見を聞いてくださいね。

かぼちゃの表面についた白い色の見分け方

白い箇所は白カビかデンプンか見分け方を要チェック

カットされたかぼちゃを購入した後、かぼちゃの表面に白いものがついているのに気づいたことはありませんか?白いものがかぼちゃに浮いている場合、一瞬カビかと思ってしまいがちですがカビではない場合もあるので見分け方のポイントを知っておくことが大切になります。

もし、かぼちゃがカットされた面のみに白い膜のような白いものが浮かんでいたら、それはデンプンなので食べることは可能。かぼちゃの糖分からしみだしたデンプンが白くなって現れているだけです。

ふわふわしたものが白カビ

かぼちゃのカットした表面に白い膜があるだけであれば大丈夫ですが、ふわふわとした白いものが生えていたらそれは白カビになるので気をつけましょう。白カビはカットした面だけでなくいろいろな面に現れるので、さまざまな箇所に白いものが見えてそれがふわふわとしていたら食べるのはやめておいてくださいね。デンプンか白カビかどうかしっかり確認しておきましょう。

かぼちゃにカビが生えずに食べられる状態をキープできる保存方法

保存方法を正しくしておけばかぼちゃを食べられる期間をのばせる

かぼちゃにカビが生えてしまうと悲しいですよね。せっかくかぼちゃを購入したとしても、カビが生えたら全体がダメになってしまうのでそうならないように気をつけることが大切になります。かぼちゃにカビを生やさないためには、かぼちゃの正しい保存方法を知ることが大切。かぼちゃを正しく保存しておけば、かぼちゃを美味しく食べられる期間をのばすことができます。

食べられる状態を維持できる保存方法をチェックしよう

食べられる状態を維持しておけば、煮物やグリル、スープなどいろいろな料理にかぼちゃをアレンジすることができます。栄養豊富なかぼちゃは食事に取り入れるだけで健康的な食卓になるのが嬉しいポイント。カビを生やすことなくかぼちゃを保存して、美味しく食べ切っていきませんか?かぼちゃの正しい保存方法についてチェックしていきましょう。

Thumbバターナッツかぼちゃのレシピ集!ハロウィンにも美味しい・簡単な作り方

かぼちゃの食べられる状態を長くできる保存方法

まるごとのかぼちゃは新聞紙に包んで野菜室へ

かぼちゃの保存方法はカットしてあるか丸ごとかによって異なります。丸ごとの場合は、まずは新聞紙て包みましょう。新聞紙で包んでから冷蔵庫の野菜室で保存すればOKです。丸ごとのかぼちゃは傷みにくいので、この状態であれば1ヶ月ほど保存することが可能。

カット後のかぼちゃは種とワタをとってラップで包む

カット後のかぼちゃの場合は、まずは種とワタを取りましょう。種とワタの部分から傷み始めるので、カットかぼちゃを購入した時や丸ごとのかぼちゃをカットした場合はまずは種とワタを取り除いてくださいね。種とワタを取り除いたら、ラップでぴっちりと包みます。それから保存袋に密閉して野菜室へ入れましょう。この状態なら5日ほど保存することができます。

カビを予防してかぼちゃを長期保存するなら冷凍保存

生の状態でも加熱後でもかぼちゃは冷凍できる

「かぼちゃがたくさんあって食べきることができない!」という場合におすすめなのが冷凍保存。特にカットした後のかぼちゃは傷むのが早いので、冷凍保存をしておくのがおすすめです。生のままでも加熱後でもどちらでも冷凍保存は可能。使い勝手の良い方法で冷凍保存しておきましょう。味付けをした状態で冷凍保存しておけば、解凍してすぐ使えるので便利です。

ラップで包んだかぼちゃを保存袋で密閉して冷凍庫へ

かぼちゃは食べやすい大きさにカットするかペースト状にしましょう。カットできたかぼちゃをラップで包んでいきます。しっかりとラップで包んだら保存袋で密閉してください。その状態で冷凍庫へ入れたら冷凍保存の完了です。冷凍しておけば1ヶ月ほど日持ちさせられるので、すぐにかぼちゃを食べられない場合は冷凍してみてはいかがですか。

カビが生えていなければ栄養豊富なかぼちゃは健康に役立つ

βカロテンやビタミン類が豊富なかぼちゃ

かぼちゃはβカロテンやビタミン類などいろいろな栄養が含まれた野菜として知られています。健康的な食卓を作りたい場合にぴったり。食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えたい場合にも役立ちます。そんなかぼちゃはバラエティ豊かな料理で活用することも可能。美味しいかぼちゃが手に入ったら、お好みの方法で料理にアレンジしてみてはいかがですか?

いろいろなかぼちゃ料理で活用してみよう

かぼちゃのアレンジ料理のレパートリーを増やしておけば、いざという時に役立ちます。そろそろかぼちゃの賞味期限が近づいているな、という時もかぼちゃ料理を作って美味しく食べ切っていきましょう。

Thumbかぼちゃには栄養価が沢山!炭水化物以外にも体に良い効果とは?

ホクホクして美味しいかぼちゃグラタン

加熱したかぼちゃにホワイトソースとチーズをトッピング

簡単で美味しいかぼちゃ料理としておすすめなのがかぼちゃグラタン。電子レンジで加熱して柔らかくしたかぼちゃを耐熱容器に並べ、ホワイトソースとチーズをトッピングします。その状態でトースターでこんがりと焼いたらかぼちゃグラタンのできあがり。とても簡単なので作ってみてくださいね。

余ったかぼちゃの煮付けを使っても美味しい

かぼちゃグラタンは、かぼちゃの煮付けを使っても美味しくいただくことができます。余ったかぼちゃの煮付けがあれば、すぐに作ることができるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

濃厚な味わいのかぼちゃスープもおすすめ

炒めたタマネギを入れるのがポイント

濃厚な味わいを楽しめるかぼちゃスープもおすすめです。炒めたタマネギも加えることによって甘みがアップするのでぜひ作ってみてはいかがですか。大人から子供まで美味しくいただけます。

加熱した食材をミキサーで攪拌すればできあがり

かぼちゃは電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。タマネギはスライスしてバターで炒めましょう。タマネギとかぼちゃ、コンソメ、牛乳をミキサーに入れたら滑らかになるまで攪拌して完成。あっという間なのに本格的な味わいに仕上がります。

おやつにもぴったりなかぼちゃの蒸しパン

材料を混ぜるだけでとても簡単

おやつにもぴったりなかぼちゃの蒸しパンもおすすめ。砂糖40g、加熱したかぼちゃ60g、薄力粉120g、牛乳120ml、ベーキングパウダー6g、サラダオイル12gを混ぜ合わせたらお好みの容器に入れましょう。後は蒸し器で加熱したらできあがり。かぼちゃの甘みをたっぷり感じられます。

アレンジしても美味しい

かぼちゃの蒸しパンはアレンジ方法もバラエティ豊か。かぼちゃの種を入れたり、チョコチップを加えるなど、いろいろなアレンジをしてみてはいかがですか。風味豊かにしたい時はシナモンを入れるのもおすすめ。ぜひ美味しいかぼちゃの蒸しパンをいただいてみてくださいね。このようにかぼちゃのアレンジ方法はバラエティ豊か。ぜひお好みで作ってみましょう!

Thumbかぼちゃのスイーツ人気レシピ集!簡単美味しいお菓子の作り方を紹介

かぼちゃのカビの見分け方をチェックしておこう

かぼちゃにカビが生えているのを確認したら、どういった種類のカビなのかを見分けていきましょう。白カビとデンプンの違いを知っておけば、安心して食べることができるようになります。カビは有毒なものが多いので、生えているのを確認したら食べるのは避けてくださいね。

正しい保存方法を取り入れておけばカビが生えることなく美味しく食べきることは可能です。いろいろな料理にアレンジしながら、かぼちゃを堪能していきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-20 時点

新着一覧