カードのキャッシングとは?特徴や利用方法・注意点などを詳しく紹介

カードのキャッシングは、借金をするというあまりいいイメージではないようです。でも、特徴を理解し、賢く利用すれば、キャッシングはとても便利な機能だと言えます。急に現金が必要になった時カードさえあれば簡単にお金を引き出せるので覚えておいて損はないでしょう!

カードのキャッシングとは?特徴や利用方法・注意点などを詳しく紹介

目次

  1. キャッシングとは?
  2. こんな時に役に立つ!カードキャッシング事情
  3. キャッシングの基本的特徴
  4. クレジットカードのキャッシングの仕組み
  5. クレジットカードとカードローンはどう違う?
  6. ATMでキャッシングを利用してみよう!
  7. ネットキャッシングを利用してみよう!
  8. キャッシングの増額は可能?
  9. キャッシングの返済方法
  10. カードキャッシングの返済でお得なのは?
  11. カードキャッシングの金利手数料について
  12. カードローンとの金利比較
  13. 繰り上げ返済をしよう!
  14. カードキャッシングを利用する時に注意すること
  15. カードキャッシングは賢く使おう!

キャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードなどの機能を使ってATMやキャッシュディスペンサーなどからお金を借りることを言います。数万円から数十万円の少額の融資が特徴で、カードを持っている人であれば誰でも簡単に利用することができます。急に現金が必要になった時など、賢く利用すればとても便利な機能です。カードキャッシングの特徴や利用方法をまとめましたので、参考にしてください。

こんな時に役に立つ!カードキャッシング事情

カードキャッシングというと、「お金を借りる」「借金」というイメージが強くなかなか行動にはできない人も多いでしょう。では、実際にカードキャッシングを利用する人は、どのような時に利用しているのかを見ていきましょう。

給料日前にお金がない!

まず多かったのは「給料日前にお金がなくなった」という意見です。給料日まであと数日なのに全くお金が無くなったので1万円だけカードで借りた、などです。生活のやりくりに失敗してしまい、予算オーバーと言ったところでしょうか。そんな時、少額で借りることができるカードキャッシングは便利なのですね。

冠婚葬祭で急な出費

予想外で困るのが冠婚葬祭の出費です。それなりの金額も必要になるうえに、急な不幸があった時などに出向いていかなければならない場合もあります。そんな時、手元に現金がないと、とても困ります。カードのキャッシングでは、すぐに引き出すことが可能なので、一時的に利用する人も多くいるようです。

キャッシングの基本的特徴

キャッシングに使えるカードとは?

キャッシングに使えるカードは、主にクレジットカードやキャッシュカードになります。引き出せる金額の上限はカードの契約の時の内容によって違います。また、契約をするには審査があり、それをクリアしなければキャッシングを利用することはできないという特徴があります。またキャッシュカードと似た機能でお金を引き出すことのできる、カードローンという物もあります。

どこでキャッシングできるの?

カードキャッシングでお金を借りる方法は、銀行やコンビニのATMやキャッシュディスペンサーなどが主ですが、最近ではインターネットなどでも簡単に借り入れができるようです。ATMではカードがあれば直接現金を引き出すことができますが、インターネットではキャッシングの申し込みをして指定の口座に振り込んでもらう形になります。手間はかかりますが手数料がかからないという特徴があります。

クレジットカードのキャッシングの仕組み

クレジットカードには枠がある

普段、買い物などでよく使うクレジットカードには、キャッシング機能も付いている場合があります。クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能があります。カードの申し込み時にキャッシングできる金額の枠を決めているはずですので確認してみましょう。また必要ないからと、申し込んでいない場合は、キャッシングに使うことはできません。

例えば、持っているクレジットカードの利用限度額が50万円だとします。そのうちキャッシング利用枠が10万円となっているとしましょう。そこで10万円のキャッシングを利用すると、買い物で使える金額は40万円ということになります。クレジットカードのキャッシングでは、利用限度額の中にキャッシングも含まれている、という特徴がありますので注意しましょう。

カードの契約時に利用限度額とキャッシング枠を申請して、審査を受けているはずですので、確認してみるといいでしょう。カード契約時の書類を見るか、インターネットなどのカード会員サービスを見るといいでしょう。自分の持っているクレジットカードの内容を理解するいい機会になると思います。

Thumbクレジットカードの審査で落ちるのは何故?基準をクリアする方法を調査!

クレジットカードとカードローンはどう違う?

クレジットカードはお買い物に使うイメージが強いのではないでしょうか?それに比べてカードローンとはキャッシングをメインに使用されるカードになります。どちらもキャッシングできるカードなのですが、違う特徴がいくつかあります。

まずは借り入れの上限額が、カードローンの方が大きな金額に設定されています。一例としてクレジットカードの上限が100万円程なのに比べ、カードローンでは200万円から1000万円となっています。そのため、審査もカードローンの方が厳しいという特徴があります。

クレジットカードでキャッシングした場合、返済方法は一括が一般的ですがカードローンの場合は分割払いになるのが特徴のようです。金利はクレジットカードの方がやや高めになります。しかし、ショッピングで利用するならクレジットカードの方が得な場合もありますので、使用目的に合わせてカードを使い分けるのが賢い利用方法です。

ATMでキャッシングを利用してみよう!

基本的にクレジットカードでキャッシングをする時、ATMなら24時間365日利用することが可能です。まず、自分の持っているクレジットカードのVISA、JCB、Masterなどのブランドを確認しましょう。ATMのところにそのブランドが記載されていれば使用することができます。

ATMに行ったら「お引き出し」または「クレジットカード」というボタンを押します。次に「お借入れ」というボタンを押してみましょう。そしてクレジットカードを差し込みます。暗証番号を入力します。すると返済方法が提示されているので希望の方法を選びましょう。次に希望の借入金額を入力します。

この時1万円単位での借り入れとなりますので注意しましょう。出てきた現金と明細書を受け取ります。カードを受け取り、これでATMでのカードキャッシングのやり方は終了です。銀行などで行うキャッシュカードのやりとりと大きな差はありません。基本的には画面に出てくる指示に従えば大丈夫でしょう。またATMは利用手数料がかかることを覚えておきましょう・

ネットキャッシングを利用してみよう!

カードキャッシングはATMならコンビニでも、大手銀行やゆうちょ銀行でも利用できます。しかし他にもネットを使ってキャッシングをするという方法もあります。ネットキャッシングとはクレジットカード会社へ連絡をして指定の口座へお金を振り込んでもらうことができるのが特徴です。

申し込みは、パソコンやケータイ電話、スマホ、タブレットなどで24時間受け付けています。利用しているクレジットカードの代金引き落とし口座へ希望の金額を振り込んでくれます。平日の9時から14時49分までに受付を完了出来れば最短数分で振り込みが可能です。また、日にちを指定して振り込んでもらえることもできます。

もしもクレジットカードの支払いにお金が足りない時、ネットキャッシングを利用して口座にお金を振り込んでもらえば、支払いが滞ることはありません。しかし、どちらにせよ、お金を借りたことになるので、一時しのぎに違いないので注意しましょう。計画的にキャッシングを利用するようにしましょう。またネットキャッシングの場合は手数料がかからないという特徴もあります。

キャッシングの増額は可能?

クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を10万円程度にしていたら、すぐに枠いっぱいになってしまった。など増額を希望する場合も出てくるでしょう。そんな時30万円くらいまではコールセンターやネットなどで申し込むことが可能です。

比較的簡単に行えることが多く、またカードによっては過去の実績から自動的にキャッシング枠を増やしてくれる会社もあります。クレジットカードのキャッシング枠も50万円以上の借り入れとなると、通常の消費者金融の借り入れと同じように、収入証明書などの書類の提出が必要になってきますので注意しましょう。

キャッシングの返済方法

一括返済とは

カードキャッシングの返済方法で、クレジットカードのキャッシングをした場合、一般的に使われるのがこの「一括返済」です。その名のとおり、借りた金額と利息をいっぺんに返済する方法です。

返済する日にちを決めたら、その日に合わせてATMや振り込みなどの方法でお金を返します。口座振替の場合は、返済日までに入金しておけば大丈夫です。ひとつ注意が必要なのは、ATMでは硬貨を扱っていない場合もあります。おつりがでないので気をつけましょう。

リボ払いとは

クレジットカードでキャッシングした金額を一括で返すのはちょっとキツイと思ったら。リボ払いを選択すこともできます。リボ払いとは月々の支払額と手数料を毎月支払っていく方法です。月々の支払額はカード会社が設定している最低金額より多ければ自分の好きな金額に設定できます。

リボ払いにすると、毎回手数料が発生しますので注意が必要です。ローンを組んだ時の利息のようなものです。計算方法は「利用残高×手数料率÷365×30」となります。この場合30日ごとに支払う設定にしています。もし25日ごとに支払うのであれば最後の数字は25になります。手数料率は年率15パーセントから18パーセントくらいが一般的なようです。

カードキャッシングの返済でお得なのは?

カードキャッシングは一括払いがおすすめ

例えば、20万円カードでキャッシングしたとします。返済は月々5000円のリボ払いです。年率15パーセントの手数料だとしてシュミレーションしてみましょう。

20万円を5000円ずつ返済すると40か月かかることになります。一回目の返済で5000円と手数料2054円支払うと、残高が19万5000円となります。最初の月は7054円返済にかかったことになります。二回目は5000円と手数料2484円で7484円支払いました。残高は19万円です。

このように40回まで返済していくと、手数料だけで5万円以上支払っている計算になります。月々の返済額が小さいのが魅力的ですが、総額で25万円支払うことになってしまいます。キャッシングをして一括で返済するのは大変な場合もありますが、リボ払いには大きな手数料がかかるので注意しましょう。合計の返済額を少しでも抑えたいなら、一括で返済してしまう方がお得でしょう。

カードキャッシングの金利手数料について

カードを使ってお金を借りた場合の利息を把握しておくことはとても重要です。カードキャッシングの金利の上限は18パーセントに設定しているところがほとんどです。20パーセントを超えてくるようなところはいわゆる悪徳業者ですので注意しましょう。まず一か月に支払う金利はどれくらいなのか、計算してみましょう。「借入額×年利÷12」でおよそ一か月の金利がでてきます。

日本には法律で定められた金利の条件があります。10万円以下の融資には20パーセント、100万円未満の融資には18パーセント、100万円以上の融資には15パーセントとなっています。カードキャッシングでは年利18パーセントとなっているところが一般的なようです。カードキャッシングを扱っている会社では、返済のシュミレーションができるところもありますので利用してみるといいでしょう。

カードローンとの金利比較

カードを使ったキャッシングではカードローンというものがあります。どちらもカードでお金を借り入れできる機能ですが、金利に差があるようです。クレジットカードのキャッシングの金利が18パーセントが一般的なのにたいして、大手の銀行系カードローンでは14パーセントくらいになっています。

現在、クレジットカードのキャッシングでリボ払いで返済している人は、カードローンに切り替えたほうがお得という事になります。カードローンの方が借入金額の上限が多く、さらに金利が低いので一括返済が難しい人は、カードローンでのキャッシングをおすすめします。

繰り上げ返済をしよう!

カードキャッシングやカードローンで借りたお金を、繰り上げ返済をすることで利息分を減らすことができます。毎月の返済する金額には、元本と金利手数料の両方が含まれています。しかし繰り上げ返済のお金は、すべて元本にあてることができます。そのため確実に借入残高を減らすことができるのです。

カードキャッシングでの金利手数料の計算でも分かる通り、借入残高に合わせて返済の金額が計算されます。そのため借入残高が少ないほど、金利手数料も少なくなります。合計の返済額を減らすためにも、少しでも手数料を少なくするためには、繰り上げ返済が賢い方法だと言えます。手元にお金の余裕があるときは迷わず、繰り上げ返済に回しましょう。

カードキャッシングを利用する時に注意すること

キャッシングの目的をはっきりさせよう!

カードキャッシングはとても簡単にお金を借りることのできる方法ですが、注意をしなければ使いすぎて返済できない!などの事態を招く危険もあります。まずは、カードでお金を借りる「目的」を明確にしておく必要があります。結婚式のため、旅行に行くため、などの目的をハッキリしなければ、ずるずるとカードキャッシングを繰り返すクセが付いてしまいます。

カードキャッシングは返済計画が重要

カードキャッシングで次に大切なのが、返済の計画をきちんと立てることです。月々の返済額は、自分の収入から無理なく返せる金額に設定しましょう。注意するのは、早く返したいからと大きな金額で設定してしまう事です。給料日前にはまた、お金が足りなくなり、カードキャッシングをするなどのくり返しは避けたいところです。

一時的に現金が必要になり、返済日には一括で返せる金額なら、クレジットカードのキャッシングが便利でしょう。ある程度大きな金額で、月々の返済日に、数回に分けて返していくのなら金利の低いカードローンがおすすめです。まずは、お金の目的と自分に合った返済計画をたてて、少しでも有利になるカードキャッシングを選ぶといいでしょう。

カードキャッシングは賢く使おう!

急にお金が必要になる、想定外の出費はいつやってくるか分かりません。そんな時、持っていたクレジットカードなどで現金が借りられるとしたら、それはとても便利ですよね。カードキャッシングは上手に使えばとても役に立つ方法なのです。ただ、あくまでも「お金を借りる」ということなので、翌月には返さなければいけません。そこを忘れずに上手に利用して、快適な生活を送りましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-11 時点

新着一覧