皮下脂肪と内臓脂肪の基礎知識!ダイエットに効果的な落とし方は?

「ウエストが気になる…」「健康診断で引っかかった…」など、ダイエットのきっかけは人それぞれですよね。単に肥満といっても、実は皮下脂肪や内臓脂肪など落とすべき脂肪は人によって違います。皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方や落とし方を理解して、賢くダイエットしましょう!

皮下脂肪と内臓脂肪の基礎知識!ダイエットに効果的な落とし方は?

目次

  1. みんな悩んでるダイエット…
  2. 皮下脂肪と内臓脂肪の違い、理解してる?
  3. 見分け方を知ろう【皮下脂肪】
  4. 見分け方を知ろう【内臓脂肪】
  5. 違いを理解して対策を!
  6. 皮下脂肪の落とし方
  7. 皮下脂肪をつけないためには…
  8. 内臓脂肪の落とし方
  9. 内臓脂肪をつけないためには…
  10. これでばっちりダイエット成功!

みんな悩んでるダイエット…

キュッとくびれたお腹やスラッとした細い足など、スリムな体型に憧れてダイエットに励む女性は多いですよね。しかし、ダイエットのために食事制限や運動を試してみても、なかなか思うような効果が出ないこともあります。そのような結果の出ないダイエットは、もしかすると自分に合った方法ではないのかもしれません。

Thumb脂肪燃焼する食べ物・飲み物は?ダイエット中に食べても大丈夫な食材まとめ

皮下脂肪と内臓脂肪の違い、理解してる?

ダイエットのための基礎知識!

ダイエットをする時、誰でも「脂肪を落としたい!」と考えますよね。この脂肪には、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」という異なる種類があるのをご存知でしょうか?脂肪の種類の違いによって、どのようにダイエットするのかという落とし方は変わります。

ダイエットの基礎知識として、皮下脂肪と内臓脂肪の違いを理解し、まずは見分け方を知りましょう。見分け方が分かれば、自分の肥満の原因が詳しく分かるようになります。その原因に合わせた落とし方でダイエットすれば、きっと効率よくダイエットを行えるはずです。

ここからは、皮下脂肪と内臓脂肪の違いと見分け方、そしてそれぞれの落とし方について解説していきます。うまくいかないダイエットに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にして自分に合った脂肪の落とし方を知ってくださいね!

Thumb脂肪分解酵素とは?脂肪を消化するリパーゼを含んだ食品の効果な食べ方

見分け方を知ろう【皮下脂肪】

皮下脂肪の基礎知識

まず、皮下脂肪とはその文字の通り「皮膚のすぐ下にある脂肪」のことをいいます。おなかや二の腕などのお肉を指でつまんで持てる場合には、それが皮下脂肪です。

皮下脂肪がついてしまうと見た目に分かりやすく影響するため、ボディラインの崩れが気になってダイエットを決意する女性の多くは、この皮下脂肪を蓄えている可能性が高いです。皮下脂肪は内臓脂肪よりも付きにくい脂肪だといわれていますが、一旦付いてしまうと内臓脂肪より落としにくい脂肪です。

男性に比べて、女性の方が皮下脂肪が付きやすいという特徴があります。それは、女性の大切な器官である子宮を守るためです。そのため、特に妊娠中には赤ちゃんを守るために皮下脂肪が増える傾向にあります。

皮下脂肪の見分け方

皮下脂肪の最も簡単な見分け方は、つまんでみることです。内臓脂肪は体の深部にある脂肪ですからつまむことは出来ませんが、皮下脂肪はつまむことが出来ます。おなかをぐっとひっこめた状態で、手のひらを使ってお腹を持ってみましょう。お肉をつまめるなら、皮下脂肪が付いていると判断できます。

皮下脂肪の場合、つまんだお肉を多少ひねったり引っ張ったりしても痛みを感じません。これも見分け方のポイントです。つまんだ部分をつねって傷みがある場合には、筋肉を刺激していると考えられるので、皮下脂肪ではないと考えられます。

さらに、皮下脂肪が付いたお腹はハリが無くてたるんだ感じの見た目になります。鏡で自分のお腹を見て、お肉が垂れているようなたるんだ感じに見えたら、皮下脂肪がついていると判断できます。

Thumbお腹の皮下脂肪の落とし方!効果的に減らすエクササイズでスタイル改善

見分け方を知ろう【内臓脂肪】

内臓脂肪の基礎知識

次に、内臓脂肪とはその文字の通り「内臓の周りに付く脂肪」のことをいいます。お酒の飲み過ぎや高カロリーなものを食べすぎると内臓脂肪が増える原因になります。内臓脂肪は皮下脂肪とは異なり、簡単に付いて落ちやすいという特徴があります。

また、内臓脂肪は女性よりも男性につきやすいといわれています。肥満の指標として「メタボリックシンドローム」という言葉が知られていますが、このメタボリックシンドロームは内臓脂肪が増えることが原因です。内臓脂肪は、様々な生活習慣病の原因になります。例えば、動脈硬化・高脂血症・血栓症・高血圧・糖尿病・心筋梗塞・脳梗塞など、命に関わることもあるような生活習慣病の原因になります。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて見た目に分かりにくく、一見太っていないような人でも実は内臓脂肪がたまっているということもあります。このような病気の原因になる脂肪ですから、見た目が太っていなくても、内臓脂肪にはきちんと気を付けておきたいですね。

内臓脂肪の見分け方

内臓脂肪がたまったお腹は皮下脂肪とは違い、パンパンに張った感じになります。おへそにくぼみが無いような丸く張ったお腹になっている場合には、内臓脂肪がたまっていると考えられます。また、お腹を触ってみた時の温度も、皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方のポイントです。

脂肪は冷えやすいという特徴があるため、お腹を触ってみて冷たく感じた場合、内臓脂肪が溜まっていて内部の温度が冷えていると考えられます。このような見分け方を使って、自分の脂肪がどのようについているのかを知りましょう。

Thumbお腹痩せマッサージのやり方!揉んで脂肪を落とすぽっこりお腹の解消法

違いを理解して対策を!

皮下脂肪と内臓脂肪の対策方法は違う!

ダイエットの基礎知識として皮下脂肪と内臓脂肪の違いや見分け方を知ることが出来ましたね。では、それぞれの違いを理解した上で、それに適した落とし方をチェックしていきましょう。原因が違えば、もちろん対策にも違いがあります。

脂肪が燃焼して減っていく順番は、まず内臓脂肪からです。そして、ダイエットを長期的に継続していくうちに、あとから皮下脂肪が減ってきます。この順番を理解しておくことは、脂肪を落としてダイエットを成功させるためにとても大切です。

Thumb体脂肪率を減らす方法・期間は?女性に適したトレーニングを紹介

皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪を落とすには根気が必要

先ほどもご説明したように、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落とすのに時間がかかります。皮下脂肪を落としたいなら、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたトレーニングが必要です。特に、筋力トレーニングなどの無酸素運動をした後に、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うと良いでしょう。

筋肉が育てば基礎代謝がアップするので痩せやすい体を作ることが出来ますし、筋トレをすることによって成長ホルモンが分泌されるため、脂肪の分解が促進されます。このダイエット方法は、皮下脂肪を落とすためにおすすめな方法ですが、これを実践すれば自然と内臓脂肪にも効果が出るでしょう。

また、皮下脂肪を落とすためにはマッサージもおすすめです。マッサージすることによって血行が促進されると、脂肪が落ちやすくなります。劇的な効果があるわけではありませんが、入浴中など体が温まっている時にマッサージを行うことは、ダイエットの助けになるでしょう。

Thumbお腹の脂肪の落とす効果的な方法は?自宅でできる簡単エクササイズ

皮下脂肪をつけないためには…

皮下脂肪の落とし方は分かったけれど、出来るならそもそも皮下脂肪を付けないようにしたいですよね。皮下脂肪は、付きにくく落としにくい脂肪です。

つまり、普段からカロリーの過剰摂取やバランスの悪い食事、運動不足など、悪い生活習慣をやめるように意識しておけば、対策できるということです。一度ついてしまった皮下脂肪を落とすのは大変ですから、ぜひ未然に皮下脂肪がたまるのを防ぎたいですね。

Thumb太ももが痩せる?短期間で脂肪がどれくらい減るのか効果を検証!

内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪の燃焼は比較的早い

内臓脂肪を落としたい場合には、有酸素運動がとてもおすすめです。有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどです。このような運動を、継続して行うことによって、内臓脂肪を燃焼させて減らすことが出来ます。

運動の時間は、一日当たり20分以上行うことが理想的です。毎日運動のための時間を作るのは大変かもしれませんが、通勤や通学、買い物などの移動で歩きや自転車などを取り入れることによって、日常的に有酸素運動をすることは出来ます。自分の生活に合わせて無理なく運動を続けられると、内臓脂肪を落とすために良いでしょう。

また、内臓脂肪が気になる場合には炭水化物の摂取量を控えることもおすすめです。炭水化物を摂りすぎると、代謝しきれずに余った糖が脂肪になって体に溜まります。また、ダイエットにいいといわれる「低GI食品」は、血糖値の上昇が緩やかなので内臓脂肪が気になる方におすすめです。

Thumbケトン体ダイエットは体脂肪を燃焼させる!やり方や効果について調査!

内臓脂肪をつけないためには…

内臓脂肪は高カロリーな食生活や運動不足によって簡単に付いてしまいます。しかし、内臓脂肪は落とすのも簡単なので、普段から意識して歩くようにするなど運動の習慣をつけ、摂取カロリーに気を付けていれば、比較的簡単に対策できると考えられます。

内臓脂肪対策のためには、普段から運動をするように心がけ、バランスの良い食事をとり、健康的な生活を送ることが大切です。ちなみに、内臓脂肪対策におすすめな低GI食品を選びたい場合には、うどんより蕎麦、白米より玄米を食べるのがおすすめです。パスタなら、精製されたものではなく全粒粉パスタが良いでしょう。

Thumbデトックススープで脂肪燃焼!痩せるだけじゃなく美肌効果も?

これでばっちりダイエット成功!

皮下脂肪も内臓脂肪も怖くない!

ダイエットに必要な基礎知識として、皮下脂肪と内臓脂肪の違いや見分け方、それぞれの落とし方を解説してきました、このような基礎知識が無いと、自分の太り方にふさわしくないダイエット方法に時間と労力をかけてしまうかもしれません。ダイエットしたい!と考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、自分に合ったダイエット方法を実践してくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-21 時点

新着一覧