冷凍カット野菜は健康に良い?栄養価や使い方・おすすめレシピを紹介

冷凍カット野菜の栄養や健康的な使い方、レシピについてまとめました。冷凍野菜を栄養を逃すことなく健康的に活用するためには、使い方やレシピを工夫することが大切。健康をキープする栄養を含んだ冷凍野菜の使い方をチェックして、レシピに役立てましょう。

冷凍カット野菜は健康に良い?栄養価や使い方・おすすめレシピを紹介

目次

  1. 冷凍野菜の栄養や使い方を知りたい
  2. 冷凍野菜とはどんなもの?
  3. 市販の冷凍野菜はどうやって作っている?
  4. 冷凍野菜の栄養はどうなっている?
  5. なぜ市販の冷凍野菜の栄養価が高いの?
  6. 市販の冷凍野菜の安全性は?
  7. 冷凍野菜の使い方のポイント
  8. 健康維持に役立つ冷凍野菜のおすすめの使い方
  9. こんな冷凍野菜の使い方もレシピに役立てられる
  10. 冷凍野菜を使った栄養豊富なレシピを健康に役立てよう

冷凍野菜の栄養や使い方を知りたい

健康的な生活に役立つ冷凍野菜

「美味しい野菜料理を気軽に楽しみたい!」という場合に役立つのが冷凍野菜です。冷凍野菜であれば、冷凍庫で保存することができるので使いたい時にすぐに野菜を取り出せるのが嬉しいポイント。あらかじめカットしてある冷凍野菜であれば調理の手間を省くことができるので、忙しい時でも冷凍野菜を活用して栄養満点の食事を楽しめるようになります。

冷凍野菜を使う時に気になるのが栄養。「野菜は冷凍したら栄養はどうなるのだろう?」と気になってしまいますよね。せっかく冷凍野菜を食べるのであれば、栄養もしっかり摂取したいのが本音です。そんな時は、冷凍野菜の栄養がどういったものを含んでいるのか、冷凍によって野菜の栄養は損なわれないのかを知っておくと安心ではないでしょうか。

栄養やレシピをチェックして冷凍野菜を役立てよう

「冷凍野菜の栄養は減らない?」「冷凍野菜にぴったりな使い方を知りたい!」という場合に役立つ冷凍野菜の栄養の情報についてまとめました。冷凍野菜の栄養がどうなっているのか知っておけば、いろいろなシチュエーションで冷凍野菜を使いやすくなります。冷凍野菜を使った健康的なレシピで、彩り豊かな食卓作りを満喫してみてはいかがですか。

Thumb生野菜の栄養・効果を紹介!温野菜との違いやおすすめの食べ方は?

冷凍野菜とはどんなもの?

市販の冷凍野菜と自宅で作る冷凍野菜がある

冷凍野菜と一口に言っても、市販の冷凍野菜と自宅で作る冷凍野菜の2種類があります。自宅で作る冷凍野菜は食べきれなかった野菜などをカットやペースト状などにして冷凍するのが定番ですよね。一方で市販の冷凍野菜は冷凍食品コーナーで見かけることができ、その種類はバラエティ豊か。かぼちゃやほうれん草など、日々の調理で役立つ冷凍野菜が充実しています。

自分で冷凍した野菜は栄養が落ちやすい

プロの技術によって加工された冷凍野菜は、栄養を逃さないような工夫がされているのが魅力。一方で家庭で冷凍した野菜は温度管理や加工の仕方が市販のものよりも甘くなってしまうので、栄養が落ちやすいのが特徴になります。なかなか野菜を食べきれない場合は冷凍するのも1つの方法ですが、栄養を逃さずに野菜を食べたい場合は市販の冷凍野菜が役立つかもしれません。

市販の冷凍野菜はどうやって作っている?

加熱処理をしてから冷凍する野菜がほとんど

それでは、市販の冷凍野菜はどのようにして作られているのでしょうか?市販の冷凍野菜は、洗浄やカットといった加工の工程を経てからブランチングという加熱処理をします。野菜を軽く加熱するブランチングという作業を挟むことによって野菜の鮮度をキープし、美味しい状態で冷凍をするのが冷凍野菜の特徴。ブランチングの過程を経ることで野菜の酵素をストップさせます。

野菜の酵素をストップさせることによって、冷凍した後も変質を防ぐのが冷凍野菜の特徴になります。酵素の働きが止まっているので冷凍後も変質を防ぎ、栄養もキープしやすくなっているのがポイント。「冷凍野菜というと栄養がダメになってしまうのでは?」というイメージが出てきてしまいますが、そういったことないように工夫されているのが市販の冷凍野菜です。

急速冷凍で野菜の変質を防ぐ

冷凍野菜は品質保持のために急速冷凍をしているのもポイント。野菜を冷凍する過程で時間がかかると変質や変色の原因となってしまいます。そうならないように野菜を急速に冷凍することで新鮮さを失わないようにしているのが特徴。このように市販の冷凍野菜には栄養を逃さずに美味しい状態をキープするための工夫が詰め込まれているので、気軽に冷凍野菜を活用したいですね。

冷凍野菜の栄養はどうなっている?

市販の冷凍野菜の栄養はほとんど変わらない

冷凍野菜は基本的に栄養価はほとんど変わりません。食物繊維やミネラルといった栄養は冷凍による影響はほとんど受けず、そのままの栄養をキープできるのが冷凍野菜の魅力になります。また、ビタミンAやビタミンEといった脂溶性ビタミンは熱にも強いので加熱処理によって失われる栄養もほとんどないのが嬉しいポイント。野菜の栄養を損なわずに冷凍状態を保てます。

水溶性ビタミンの栄養は解凍時に流れ出やすい

冷凍野菜に加工することによって流出する栄養はあまりありませんが、中には冷凍野菜から出て行ってしまう栄養はあります。ビタミンCやビタミンB群といった水溶性のビタミンは加熱処理をする場合に流出する可能性が高くなるのと同時に、解凍する段階で水分と一緒に流れてしまうこともあるので気をつけましょう。

水溶性ビタミンの量は減りますが、全体的にはあまり栄養価には変わりないと言っても良いのではないでしょうか。野菜をしっかり使った料理を作りたい場合に冷凍野菜が役立ちそうですね。

Thumb一人暮らしの野菜不足を解消しよう!おすすめの簡単おいしい料理レシピ

なぜ市販の冷凍野菜の栄養価が高いの?

旬の野菜を収穫後すぐに冷凍することで栄養をキープ

それでは、なぜ冷凍野菜は栄養をキープできるのでしょうか?冷凍野菜は旬の野菜を収穫後にすぐ冷凍しているのが特徴。野菜は旬を迎える段階で最も栄養価が高くなるため、シーズンオフの野菜を食べるよりは旬の時に収穫して冷凍した野菜の方が栄養をしっかりと摂取することができるようになります。旬の栄養をとりたい場合にも冷凍野菜がおすすめ。

急速冷凍で栄養を損なわない

冷凍野菜は急速冷凍しているのも大きなポイントになります。プロの加工技術で急速冷凍することで栄養や風味などを逃さずに野菜を冷凍できるようになっているのが魅力。また、冷凍野菜は価格が安定していることが多いので野菜の価格高騰があったとしても値段にあまり影響を与えることなく冷凍野菜を購入することができます。そういった意味でも冷凍野菜は魅力的ですね。

市販の冷凍野菜の安全性は?

冷凍野菜は保存料を使わなくても栄養を保持して保存可能

冷凍野菜を購入する時に気になるのが安全性。冷凍食品を購入する場合は、保存料などに注意しておきたいですね。基本的に冷凍野菜は低温で保存されているため、野菜が傷む原因となる細菌等の活動ができないようになっています。そのため、保存料を使わなくても冷凍野菜を長期保存できるのがポイント。保存料を使わない冷凍野菜は体にも優しい仕上がりになっています。

冷凍食品協会認定証マークをチェックしよう

どうしても冷凍野菜の成分が気になる、という場合は冷凍食品協会認定証マークを目安にしてみましょう。冷凍食品協会認定証マークとは、厚生労働省が設定した残留農薬の基準をクリアしたことを表すものです。残留農薬が気になる場合も、このマークを目安にしていけば安心して冷凍野菜を購入することができるのではないでしょうか。

Thumb野菜を使ったレシピ特集!人気で簡単なおかずはこれを見れば完璧

冷凍野菜の使い方のポイント

急速解凍する使い方がおすすめ

冷凍野菜を美味しく食べるためにはちょっとしたポイントをおさえておくことが大切になります。冷凍野菜を調理する場合は急速解凍するのがおすすめ。ゆっくり自然解凍をしていると出てきた水分から栄養が流出してしまいます。冷凍の状態でスープに入れたり、炒め物に使ったりといったように急速解凍するようにするのがおすすめ。

加熱しすぎる使い方は食感を悪くする

冷凍野菜は加熱処理を経て冷凍されている場合がほとんどなので、普通の生野菜を調理するような加熱方法を採用すると熱が入りすぎてしまうことがあります。冷凍野菜を使う場合は、加熱時間を短くしておきましょう。こうすることで食感や味を損なうことなく冷凍野菜を味わえるようになります。

健康維持に役立つ冷凍野菜のおすすめの使い方

冷凍ほうれん草はそのまま汁物や炒め物に使うレシピがおすすめ

それでは、定番の冷凍野菜の使い方についてチェックしていきましょう。冷凍野菜の定番でもある冷凍ほうれん草は、冷凍の状態で炒め物や味噌汁などの中に入れると風味を損なわずに食べることができます。簡単なほうれん草パスタにするのがおすすめ。オリーブオイルで炒めたほうれん草とツナ缶、ニンニクの中にパスタを入れて塩胡椒で味を調えれば完成です。

添え物に活用できる使い方が便利なブロッコリー

ブロッコリーも便利な冷凍野菜の1つとして重宝します。お弁当の隙間を埋めたり、野菜の添え物が欲しい時などは冷凍庫からブロッコリーを取り出せばすぐに活用できるのが嬉しいポイント。ブロッコリーをメインにしたい場合はグラタンにしてみてはいかがですか。冷凍ブロッコリーにホワイトソースとチーズをトッピングして焼くだけであっという間にできあがります。

こんな冷凍野菜の使い方もレシピに役立てられる

煮物やスープなどのレシピに使える冷凍かぼちゃ

かぼちゃもカットしてある冷凍タイプなら、処理の手間が減るので便利ですよね。醤油やみりん、酒、砂糖で軽く煮込んだかぼちゃの煮付けはちょっとした副菜が欲しい場合に最適です。潰したかぼちゃをマヨネーズや塩胡椒で味付けをしてかぼちゃサラダにするのもおすすめ。冷凍かぼちゃとコンソメ、牛乳、炒めた玉ねぎをミキサーにかければかぼちゃのポタージュになります。

健康に良い栄養価がアップする冷凍きのこ

きのこは冷凍することで旨味成分であるグルタミン酸がアップするので、美味しく食べたい場合は冷凍きのこがおすすめ。中華スープの素を溶かしたスープの中に入れればキノコスープのできあがりです。野菜と一緒に炒めれば炒め物の完成。鶏肉と冷凍きのこ、和風だしの素、醤油、みりんを入れてご飯を炊けば風味豊かな炊き込みご飯になります。

Thumb野菜のおかずレシピで人気はどれ?簡単に料理できて作りおきにもぴったり

冷凍野菜を使った栄養豊富なレシピを健康に役立てよう

冷凍野菜は栄養を逃さずに野菜を食べられる便利さが魅力。ぜひ冷凍野菜もチェックしてみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-21 時点

新着一覧